野獣 シーク と 契約 しま した。 恋の神様はスケベなのです。 3巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

中古B6コミック 野獣シークと奴隷契約しました。(2) 通販 価格比較ならユアガイド

野獣 シーク と 契約 しま した

野獣シークと奴隷契約しました最新40話ネタバレ「声を愛でたい」(蜜恋ティアラ 環レン) 女性たちとの修練の後、従者たちと廊下を歩いていた愛。 従者たちから今日明日の休みの過ごし方を提案されます。 愛の修練が休みとなるのでした。 お茶を飲んで過ごしたり、まだ着ていないドレスに袖を通したり、美容の維持のためのハーブやオイルもあると聞かされます。 従者から愛のためにシークが新しく作ったお風呂だと聞かされます。 シークが愛に砂漠の美しさを感じてほしかったのだと、従者が笑顔を浮かべて話します。 愛はシークのやさしさを思い、砂漠を美しいと感じているから大丈夫だと内心思います。 従者たちがお風呂の後にマッサージや浴衣を用意しているいからと次々と勧めてきます。 言い争いになる従者たちを見て、笑顔を溢れる愛。 興味がある愛でしたが、傷がついてはいけないからと、シークが愛の鷹訓練をゆるしていないことを従者から聞かされます。 そこに、アミル王子が愛に鷹の訓練を教えてあげるとやってきます。 アミル王子は、シークが執務中のため訓練をこっそり抜け出してきたのでした。 愛はシークと会えなくて寂しい気持ちになります。 アミル王子がもうすぐ結婚するという話になり、王族の結婚が早ければ生前から決まるものだと聞かされます。 シークもそれは同じでした。 妃教育として第4妃に入った女性が第一正妃になり、シークに嫁いでいたのでした。 愛は悲しげに第一妃のイレムのことを思います。 アミル王子とシークの結婚の経緯を話していると砂の庭にシークがやってきます。 シークが訓練を抜け出したアミル王子を咎めると、愛は自分が呼んだのだとかばいます。 シークは事情を聞かせてもらうと言って愛を抱えて馬に乗り、砂漠の中へ走り去っていくのでした。 愛がシークを困らせてばかりなことを謝ります。 シークは愛をギュッと抱きしめ、愛の名前を呼ぶと、自分も愛に触れられなかったことを伝えます。 寂しい気持ちは愛だけではないのだと、愛を間近で見つめて言います。 キスをし、シークは愛の胸を揉むと、はだけさせて乳首をいじり始めます。 愛は執務中ではないのかと聞きますが、抜け出してきたと答えるシーク。 愛は嬉しくて笑顔でシークの名前を呼びます。 キスをされると、入り口から一層溢れさせてしまうのでした。 シークがさらに腰を動かし、それに合わせて愛は声を上げてしまいます。 可愛い声だというシーク。 シークは今まで愛の声を聞けなかったことにもったいなさを感じていました。 愛を抱き上げると、自分の耳元でそのかわいい声をもっと聞かせるように言います。 愛を後ろから突き上げるシーク。 愛もシークの耳のすぐそばで感じている声を上げるのでした。 シークは自分のアーイシャと言って口づけをし、愛していると顔を近づけてささやきます。 \おすすめのU-NEXTで今すぐ無料で読む方はこちら/ 無料で読む方法を簡単にまとめると•

次の

野獣シークと奴隷契約しました。(分冊版)

野獣 シーク と 契約 しま した

作品内容 灼熱の砂漠の国で囚われ、男たちに慰み物にされる娘・さき。 コンビニで働いていたさきは、同じバイト仲間で留学生のアッシュの面倒を見ながらバイト生活を楽しんでいた。 まるで、わんこのようになつくアッシュ君は、たまに男の顔をして……。 少し秘密はあるが、憎めない彼の目に熱が帯びてくる。 ある日のランチタイム。 弁当を交換して食べさせ合うと、急にアッシュ君が強引に迫ってきた! そして翌日、さきの手を引き、超高級ホテルのスウィートルームに連れ込み「俺、さきと婚約の儀式しまシタ。 さきは俺のモノだから」と宣言。 さきの服を脱がせながら、キングサイズのベッドに押し倒すと、わんこのようだったアッシュが野獣に豹変!? 13』に収録されています。 重複購入にご注意ください。

次の

中古B6コミック 野獣シークと奴隷契約しました。(2) 通販 価格比較ならユアガイド

野獣 シーク と 契約 しま した

3 3 こまやかなDVDプレーヤー 四巻目 : 星三つ。 前巻までで新展開の糸口かと思わせたエピソードも全て曖昧に終わり、25話終わって未だ全ての謎が謎のまま。 どのエピソードもシーク・マスウードが如何に愛ちゃんを溺愛しているかHで見せたる!で終わる感じ。 激しさ一本やりのHもそろそろ食傷気味なので、そろそろ謎の種明かしを始めて欲しいです。 それにしても愛ちゃんの鷹揚さはお嬢様の証なのでしょうか? どうして自分の事を知っていたのか、どうして自分はマスウードの事を思い出せないのか、日本に長く住んでいたのは何故か、お兄様との関係は等々、私ならマスウードか侍女達に聞かずにはいられないと思うな。 二、三巻目 : 完結を待てずに二、三巻も無期限購入しました(笑)。 ハーレムでの様子も少しは垣間見れ、オークションに登場していた香港マフィアやマスウードの兄(メチャメチャいわく有り気!)登場など展開に動きが出てきて、ここまで星四つです。 H多目なのは良いのですが、もう少し2人の会話とか、愛ちゃんの日常生活、この国/ハーレムの慣習・決まり事といったことにも触れていって欲しいかな。 あと、Hシーンが雑と言うか、2人の体がどんなになってるのか「???」だったり、何の絵だか全く解らなかったりする事多々。 でも、謎の答えを知りたいし、溺愛物は好きなので、完結を待って残りも借りるつもりです。 結果、大満足です!毎回ストーリーも含め、見せ場がちゃんとあり、綺麗な絵で、構図もマンネリ化しておらず素晴らしい!かなり官能的だけど、基本は王道ハーレクイン的です。 なので、ストーリーはゆるゆるとで好いんじゃない!?という軽いスタンスで読む方が満足度が高いと思います。 短髪、ヒゲ有りの格好いいシークは貴重です。 増えてほしいなぁ。 私はシーク物は好きだけど「長髪、ヒゲなし」シークはファンタジーが過ぎるのでもう要らない。 なので、この作家さんのシークものは買い!量産してほしい。 ついでに、男性はラブシーンを参考にしてほしい。 読んでくれたらいいのに。。。 2019-02-02 2249730 0 1 qMMs-a-v2 8ctg-lemon-v2 1 2 くるくるパンチ レビューが多く、まとまった単行本もあったので3冊読み、4巻が出たので久しぶりに続きを読んだら、Hシーンでページ数を稼いでて、ストーリーがほとんど進まない所と、ページ数多すぎのHシーンが何を描いているのかわからない、しかも手抜きに見える所が耐えられない。 激しく求められ、責め抜かれ、アイーシャが許しを乞うても、自分が満足するまで抱くことをやめないマスウード。 アイーシャへの最高の褒美が、自分の子供を孕ませること。 それが叶うまで、激しいセックスを続けるつもりなのだろう。 マスウードに愛され尽くして、アイーシャのカラダはウエストはか細いまま胸ばかり大きくなり、シークの思うつぼ。 長い髪とまつげ、細い指先と手首足首は男の理想。 一番奥で受け止めるまで、繰り返し責め続けるのだろう。 心は受け入れてるのに。 絵は綺麗です。 一巻目収録の第一話で、しょっぱなから人身売買だ、香港マフィアだなんだでポカァ〜ンとしているうちに、今度は中東のどこかの王国へ連れてこられるヒロイン。 第二話目から香港マフィア再登場くらいまでは、お話が多少進んでいる感じもするのですが、なんで日本に住むただの資産家の養女であるヒロインに、香港マフィアが目をつけていたのかとか、中東のシークと十年前に面識があったのかとか、それをヒロインが忘れているのかとか、色々疑問があったり、まだ伏線がちゃんと回収されていないという感じのお話です。 (王宮からヒロインを連れ出した人が、結局、マフィアとシーク、どちらの味方で、ビデオ録画をしていたのは何のため?とか消化不良な疑問は、これからも出てきそう…)そして、謎が解消しないまま、話数が進むたびにお話の進行が遅くなっていきます。 ヒロインとシークの性描写が、毎話かならず入っていて、ページ数がそこにとられるからです。 ストーリーが性描写で薄められてしまう感じ。 単にひたすら性描写を読みたい場合は、問題ないと思われますが、ストーリーやある程度の話のテンポを重視する方には、まだるっこしく感じられると思います。 あと、ヒロインが素直というかすさまじく環境適応能力が高いんでしょうかね? ほぼ強姦から始まったような関係なのに、あっという間にシークに陥落して愛するようになるまでがめちゃ早い。 ある意味、たくましいのか…?というように、いろいろツッコミどころ満載ですが、重ねて申し上げますが絵が綺麗でヒロインの女体がなまめかしく、シークの体はムッキンムッキンなので、観賞するならばよろしいのではないかと思います。 そっちのほうが安かったので… 絵は好みが別れる所でしょうね…お話はヒロインの愛が人身売買 ! で売られてお妃として 性奴隷?に近い 生活してゆく話です。 最初は拒んでいたんだけど、段々とシークの優しさにひかれてゆく…という内容です。 まだ6巻までしか読んでませんが、第一婦人がいるのでな〜んか雲行きが怪しい予感。 続きが気になりますね。 エッチはしょっちゅうしてます笑シークの愛撫がいやらしくて私的に好きです。

次の