ほうれん草 電子レンジ。 ほうれん草を茹でる理由と栄養素を逃さない茹で方は?電子レンジで加熱しても良いの?

ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間!レンジ調理が1番?【動画付き】

ほうれん草 電子レンジ

豊富な鉄分をはじめ、鉄分の吸収を助けるビタミンC、葉酸、マグネシウムなどが含まれ、栄養満点のほうれん草。 和、洋、中さまざまなメニューで活用できる万能食材の1つですよね。 でも、鍋でお湯を沸かして茹でるのが面倒…と思っている人も多いのでは? そんなときにおすすめなのが、を使ってほうれん草を茹でる方法。 とっても簡単で、火のそばにずっとついている必要もなし、後片付けもラクチンとメリットいっぱい! 今回はレンジを使ってほうれん草を茹でる方法や、ほうれん草を使ったレシピなどをご紹介します! ほうれん草をレンジで茹でる方法 ほうれん草を電子レンジで調理する方法を2パターンご紹介します。 さっそくチェックしましょう! 【ラップを使う場合】 1 流水に当てながら、根元や茎を開くようにして、ついている泥などの汚れを洗い流します。 2 根元に十文字の切り込みを入れ(火が通りやすくなる)、根元と葉先が交互になるようにラップにのせて、ぴっちりと包みます。 3 100gあたり、電子レンジ600Wで1分くらい加熱します。 200gだと600Wで2分くらいになります。 足りないようであれば追加で30秒ずつ加熱してみましょう。 4 ラップごと水につけ、粗熱がとれたらラップを外してアクを抜きます。 5 水から上げて束ね、水気を絞れば完成です。 【保存容器を使う場合】 1 流水に当てながら、根元や茎を開くようにして、ついている泥などの汚れを洗い流します。 2 ほうれん草の水気を軽くきり、食べやすい長さにカットして、耐熱容器に入れます。 3 ふんわりとラップをして、100gあたり、電子レンジ600Wで1分くらい加熱します。 200gだと600Wで2分くらいになります。 足りないようであれば追加で30秒ずつ加熱してみましょう。 4 水を入れたボウルに3のほうれん草を入れ、アクを抜きます。 5 水気を絞れば完成です。 レンジで加熱の場合、ほうれん草のアク抜きは必要? レンジでほうれん草を調理する場合、アク抜きは必要です。 ほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれており、アク抜きをしないでほうれん草を食べると、このシュウ酸によって苦味やエグミを感じやすくなります。 小さな子どもに食べさせる場合は特に、きちんとアク抜きする必要があるでしょう。 シュウ酸は水に溶け出しやすい性質があり、鍋で茹でた場合は、茹でることでシュウ酸を減らすことができます。 が、レンジ調理の場合は水で茹でないため、必ずアク抜きを行うこと。 とはいえ、あまり長く水にさらしてしまうと、摂取したい栄養素も水に溶けだしてしまうので、5分くらいを目安にしましょう。 冷凍ほうれん草の場合、レンジでの加熱は何分が目安? 最近スーパーでも手軽に買えるようになった冷凍野菜。 中でも冷凍ほうれん草は使い勝手も良く、冷凍庫に常備しておくととてもです。 冷凍ほうれん草は、既に加熱処理済みのため、下茹でやアク抜きの必要もなく、解凍するか、凍ったままでも使えます。 和え物やサラダなど火を使わない料理に使用する場合は解凍が必要です。 冷凍ほうれん草を解凍する場合は、必要な分を皿にとり、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱します。 加熱時間は、商品のパッケージなどに記載されている時間を目安にしましょう。 だいたい、冷凍ほうれん草100gにつき2分30秒〜3分くらいかかることが多いよう。 使用する量によって異なりますが、電子レンジは加熱ムラもできやすいため、様子を見ながら加熱するとよいでしょう。 常温で解凍した場合、加熱せずにそのまま食べるのが気になる方は、解凍後に熱湯にさっとくぐらせてから流水で冷やして使用するのがおすすめです。 レンチンしたほうれん草はどんな料理に使える? レンジ加熱したほうれん草は、茹でたほうれん草と同じようにさまざまなレシピに使えます。 簡単にできる料理の代表選手がおひたし。 小鉢料理を1品追加したいときや、お弁当の彩りに使いたいときに重宝します。 おひたし以外にも、ナムルや胡麻和えも簡単に作ることができますよ! ほうれん草を加熱する際に一緒にベーコンとバターを加えれば、一気にほうれん草のソテーもできちゃいます。 アレンジ次第でさまざまなレシピを手軽に楽しめますね。 では、ここからは、ほうれん草を使ったおすすめのレシピをピックアップしてご紹介! ほうれん草をレンチンで仕上げれば、より手軽に作ることができます。 ぜひお試しあれ。 花かつおをたっぷりひとつかみ入れるのがポイントです。 調味料と花かつおが少ないと感じたら、全体になじむように味見をしながら調味料を調整していきましょう。 ほうれん草を細かく切ることで味がなじみやすくなりますよ。 オリーブオイルで炒めたベーコンと、ニンニクたっぷりの和風ドレッシングを添えればスタミナ満点のサラダが完成します。 最後の仕上げに温泉卵をトッピングするのもポイントです。 ほうれん草の緑、にんじんのオレンジ、カニカマの紅白の色合いが鮮やかな1品です。 あらずりの白ごまをたっぷり入れることで香ばしさをプラスしているのもポイント。 常備菜としてもお弁当のすき間おかずとしてもおすすめです。 おろしにんにくを加えることでパンチの効いた味わいになり、ご飯のお供にもぴったり!お酒のおつまみとしてもおすすめです。 難しそうに感じるタルタルソースも、このレシピではレンジ調理可能なので意外と簡単!お弁当のおかずにもメインディッシュにもぴったりの1品です。 ほうれん草は下茹でが面倒と思われる方も少なくありませんが、ここで紹介した方法やポイントを押さえれば、下茹での手間や負担を軽減することができます。 ぜひ自宅でも試してみてくださいね。 まとめ/暮らしニスタ編集部 外部サイト.

次の

ほうれん草を茹でる理由と栄養素を逃さない茹で方は?電子レンジで加熱しても良いの?

ほうれん草 電子レンジ

ほうれん草を電子レンジで調理する方法を2パターンご紹介します。 さっそくチェックしましょう! 【ラップを使う場合】 1 流水に当てながら、根元や茎を開くようにして、ついている泥などの汚れを洗い流します。 2 根元に十文字の切り込みを入れ(火が通りやすくなる)、根元と葉先が交互になるようにラップにのせて、ぴっちりと包みます。 3 100gあたり、電子レンジ600Wで1分くらい加熱します。 200gだと600Wで2分くらいになります。 足りないようであれば追加で30秒ずつ加熱してみましょう。 4 ラップごと水につけ、粗熱がとれたらラップを外してアクを抜きます。 5 水から上げて束ね、水気を絞れば完成です。 【保存容器を使う場合】 レンジでほうれん草を調理する場合、アク抜きは必要です。 ほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれており、アク抜きをしないでほうれん草を食べると、このシュウ酸によって苦味やエグミを感じやすくなります。 小さな子どもに食べさせる場合は特に、きちんとアク抜きする必要があるでしょう。 シュウ酸は水に溶け出しやすい性質があり、鍋で茹でた場合は、茹でることでシュウ酸を減らすことができます。 が、レンジ調理の場合は水で茹でないため、必ずアク抜きを行うこと。 とはいえ、あまり長く水にさらしてしまうと、摂取したい栄養素も水に溶けだしてしまうので、5分くらいを目安にしましょう。 冷凍ほうれん草の場合、レンジでの加熱は何分が目安? 最近スーパーでも手軽に買えるようになった冷凍野菜。 中でも冷凍ほうれん草は使い勝手も良く、冷凍庫に常備しておくととても便利です。 冷凍ほうれん草は、既に加熱処理済みのため、下茹でやアク抜きの必要もなく、解凍するか、凍ったままでも使えます。 和え物やサラダなど火を使わない料理に使用する場合は解凍が必要です。 冷凍ほうれん草を解凍する場合は、必要な分を皿にとり、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱します。 加熱時間は、商品のパッケージなどに記載されている時間を目安にしましょう。 だいたい、冷凍ほうれん草100gにつき2分30秒~3分くらいかかることが多いよう。 使用する量によって異なりますが、電子レンジは加熱ムラもできやすいため、様子を見ながら加熱するとよいでしょう。 常温で解凍した場合、加熱せずにそのまま食べるのが気になる方は、解凍後に熱湯にさっとくぐらせてから流水で冷やして使用するのがおすすめです。 レンチンしたほうれん草はどんな料理に使える? レンジ加熱したほうれん草は、茹でたほうれん草と同じようにさまざまなレシピに使えます。 簡単にできる料理の代表選手がおひたし。 小鉢料理を1品追加したいときや、お弁当の彩りに使いたいときに重宝します。 おひたし以外にも、ナムルや胡麻和えも簡単に作ることができますよ! ほうれん草を加熱する際に一緒にベーコンとバターを加えれば、一気にほうれん草のソテーもできちゃいます。 アレンジ次第でさまざまなレシピを手軽に楽しめますね。 では、ここからは、ほうれん草を使ったおすすめのレシピをピックアップしてご紹介! ほうれん草をレンチンで仕上げれば、より手軽に作ることができます。 ぜひお試しあれ。

次の

ほうれん草を電子レンジで茹でる!アクは抜けるの?

ほうれん草 電子レンジ

豊富な鉄分をはじめ、鉄分の吸収を助けるビタミンC、葉酸、マグネシウムなどが含まれ、栄養満点のほうれん草。 和、洋、中さまざまなメニューで活用できる万能食材の1つですよね。 でも、鍋でお湯を沸かして茹でるのが面倒…と思っている人も多いのでは? そんなときにおすすめなのが、を使ってほうれん草を茹でる方法。 とっても簡単で、火のそばにずっとついている必要もなし、後片付けもラクチンとメリットいっぱい! 今回はレンジを使ってほうれん草を茹でる方法や、ほうれん草を使ったレシピなどをご紹介します! ほうれん草をレンジで茹でる方法 ほうれん草を電子レンジで調理する方法を2パターンご紹介します。 さっそくチェックしましょう! 【ラップを使う場合】 1 流水に当てながら、根元や茎を開くようにして、ついている泥などの汚れを洗い流します。 2 根元に十文字の切り込みを入れ(火が通りやすくなる)、根元と葉先が交互になるようにラップにのせて、ぴっちりと包みます。 3 100gあたり、電子レンジ600Wで1分くらい加熱します。 200gだと600Wで2分くらいになります。 足りないようであれば追加で30秒ずつ加熱してみましょう。 4 ラップごと水につけ、粗熱がとれたらラップを外してアクを抜きます。 5 水から上げて束ね、水気を絞れば完成です。 【保存容器を使う場合】 1 流水に当てながら、根元や茎を開くようにして、ついている泥などの汚れを洗い流します。 2 ほうれん草の水気を軽くきり、食べやすい長さにカットして、耐熱容器に入れます。 3 ふんわりとラップをして、100gあたり、電子レンジ600Wで1分くらい加熱します。 200gだと600Wで2分くらいになります。 足りないようであれば追加で30秒ずつ加熱してみましょう。 4 水を入れたボウルに3のほうれん草を入れ、アクを抜きます。 5 水気を絞れば完成です。 レンジで加熱の場合、ほうれん草のアク抜きは必要? レンジでほうれん草を調理する場合、アク抜きは必要です。 ほうれん草にはシュウ酸という成分が含まれており、アク抜きをしないでほうれん草を食べると、このシュウ酸によって苦味やエグミを感じやすくなります。 小さな子どもに食べさせる場合は特に、きちんとアク抜きする必要があるでしょう。 シュウ酸は水に溶け出しやすい性質があり、鍋で茹でた場合は、茹でることでシュウ酸を減らすことができます。 が、レンジ調理の場合は水で茹でないため、必ずアク抜きを行うこと。 とはいえ、あまり長く水にさらしてしまうと、摂取したい栄養素も水に溶けだしてしまうので、5分くらいを目安にしましょう。 冷凍ほうれん草の場合、レンジでの加熱は何分が目安? 最近スーパーでも手軽に買えるようになった冷凍野菜。 中でも冷凍ほうれん草は使い勝手も良く、冷凍庫に常備しておくととてもです。 冷凍ほうれん草は、既に加熱処理済みのため、下茹でやアク抜きの必要もなく、解凍するか、凍ったままでも使えます。 和え物やサラダなど火を使わない料理に使用する場合は解凍が必要です。 冷凍ほうれん草を解凍する場合は、必要な分を皿にとり、ふんわりとラップをかけて電子レンジで加熱します。 加熱時間は、商品のパッケージなどに記載されている時間を目安にしましょう。 だいたい、冷凍ほうれん草100gにつき2分30秒〜3分くらいかかることが多いよう。 使用する量によって異なりますが、電子レンジは加熱ムラもできやすいため、様子を見ながら加熱するとよいでしょう。 常温で解凍した場合、加熱せずにそのまま食べるのが気になる方は、解凍後に熱湯にさっとくぐらせてから流水で冷やして使用するのがおすすめです。 レンチンしたほうれん草はどんな料理に使える? レンジ加熱したほうれん草は、茹でたほうれん草と同じようにさまざまなレシピに使えます。 簡単にできる料理の代表選手がおひたし。 小鉢料理を1品追加したいときや、お弁当の彩りに使いたいときに重宝します。 おひたし以外にも、ナムルや胡麻和えも簡単に作ることができますよ! ほうれん草を加熱する際に一緒にベーコンとバターを加えれば、一気にほうれん草のソテーもできちゃいます。 アレンジ次第でさまざまなレシピを手軽に楽しめますね。 では、ここからは、ほうれん草を使ったおすすめのレシピをピックアップしてご紹介! ほうれん草をレンチンで仕上げれば、より手軽に作ることができます。 ぜひお試しあれ。 花かつおをたっぷりひとつかみ入れるのがポイントです。 調味料と花かつおが少ないと感じたら、全体になじむように味見をしながら調味料を調整していきましょう。 ほうれん草を細かく切ることで味がなじみやすくなりますよ。 オリーブオイルで炒めたベーコンと、ニンニクたっぷりの和風ドレッシングを添えればスタミナ満点のサラダが完成します。 最後の仕上げに温泉卵をトッピングするのもポイントです。 ほうれん草の緑、にんじんのオレンジ、カニカマの紅白の色合いが鮮やかな1品です。 あらずりの白ごまをたっぷり入れることで香ばしさをプラスしているのもポイント。 常備菜としてもお弁当のすき間おかずとしてもおすすめです。 おろしにんにくを加えることでパンチの効いた味わいになり、ご飯のお供にもぴったり!お酒のおつまみとしてもおすすめです。 難しそうに感じるタルタルソースも、このレシピではレンジ調理可能なので意外と簡単!お弁当のおかずにもメインディッシュにもぴったりの1品です。 ほうれん草は下茹でが面倒と思われる方も少なくありませんが、ここで紹介した方法やポイントを押さえれば、下茹での手間や負担を軽減することができます。 ぜひ自宅でも試してみてくださいね。 まとめ/暮らしニスタ編集部 外部サイト.

次の