いいとこ見てみたい コール。 牛乳を断固拒否する息子、そこで一気コールっぽく煽ってみたら予想外の行動に

飲み会コールで盛り上がろう!

いいとこ見てみたい コール

飲み会の定番「ちょっといいとこ見てみたい」 使いやすい 流行に関係なく昔から使われているコールなので 相手の趣味や年代を気にせず使えます。 単純なリズムと言葉の繰り返しなので初めて聞いた人でも、すぐにノリに合わせられ盛り上がります。 言葉の印象も柔らかいので、初対面でもそれほど抵抗なく受け入れてもらえます。 手拍子で一体感も生まれるので飲み会の最初の方で使うと緊張もほぐれやすくなります。 罰ゲームで一気飲みをする時にもぴったり。 「イッキ、イッキ…」の部分があまり長いと間延びしてしまうので飲むペースが速い人向きです。 あまり飲めない人には小さめのグラスを渡してスピーディに飲んでもらいましょう。 また、掛け声は「ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ、ドドスコスコスコ…おいしー!」や「ラララライ、ラララライ、それけいけゴーゴー」など 流行のギャグのコールと組み合わせても楽しめます。 和やかムードで飲ませる「飲んで飲んで」 使う相手をチェック! お酒が進んでない人や、グラスが空いてしまった人に 次を勧めるときに使いやすいコールです。 最初におだてるところから入っていくので、無礼講と言われる席であれば先輩や上司などお酒を勧めにくい相手にも声をかけやすいコールです。 上司や先輩に飲ませるときには、飲み終わった後に「ありがとうございましたー!」などと声をかけると気持ちよく飲んでもらえます。 突然始まる「ライ縦コール」 コールの仕方 ラララライ!ラララライ!ラララ(手拍子) ライ縦 ライ横 ライ斜め的な(手を縦、横、斜めに広げる) ラララライ!ラララライ!ラララ(手拍子) ライ縦 ライ横 ライボルト的な(手を縦、横に広げてから、ウサインボルトの決めポーズ) 盛り上がるためのコツ 動画SNS「Tik Tok」でも人気になった、特に大学生など若い世代の人たちに人気のあるコール。 いい感じで飲み会が進んでいる中で突然始められるのが特徴です。 ライ縦コールをする時は ぜひ振りも付けましょう!数人でこのコールをかければ飲み会がより盛り上がること間違いなしです。 元ネタは「バスターコール」という曲の歌詞で、原曲も飲みをテーマにした曲。 バスターコールには海軍の緊急招集という意味があり、あまり飲んでいない人を盛り上げたい時にもぴったりのコールです。 ただし盛り上がり過ぎて相手を撃沈させてしまわないように気を付けて! みんなが盛り上がる「サンバコール」 コールの仕方 サンバ!サンバ!ブラジルサンバ 憧れのブラジルサンバ! いっき!いっき!いっき!いっき パンダ!パンダ!上野のパンダ 憧れの上野のパンダ! 盛り上がるためのコツ 20年以上も前から飲み会で使われる定番のサンバコール。 年代問わずに盛り上がれるので、幅広い年代の人たちが参加している飲み会でもおすすめのコールです。 歴史の長いコールだけにバリエーションも豊富で、上記でご紹介したもの以外のコールも存在するようです。 場面的には 飲み会が中だるみしてきた中盤ぐらいで使うのがおすすめ。 特にサンバやパンダという言葉に意味も無いのですが、ほどほどに酔っ払っているとそれが逆に盛り上がります。 雰囲気がグダついてきたら、みんなでサンバコールを大合唱して飲んじゃいましょう! みんな歌える「森のくまさん」 みんながすぐわかるメロディー 替え歌の定番「森のくまさん」のコールです。 「森のくまさん」はいろんな替え歌になっているので、元々の歌詞は知らなくてもメロディーはほとんどの人が聞いたことがあるはず。 くりかえしが多く短い歌なのですぐに覚えられます。 1番から3番までを同じ人にしても良いのですが、同じ人が何度も飲むのがつらそうなときは2番、3番は他の人の名前でコールして負担を少なくしましょう。 1番を歌いきったときにグラスがあいているかを目安にすると良いですね。 また、自分がコールされたときには、3番は素早く他の人の名前をコールして逆に飲ませてしまってもおもしろいです。 ノリノリで楽しんじゃおう!AKB48「フライングゲット」 カラオケならよりおすすめ カラオケでよく使われる使えるコールですが、普段の飲み会では 音楽なしのアカペラで使うこともできます。 カラオケで歌う時には普通に歌い、サビから替え歌でコールします。 アカペラで使う場合は「ナーナーナー」の部分を歌った後にすぐにサビの部分に入りコールしましょう。 例えば 「私のことは嫌いになっても、お酒のことは嫌いにならないでください!」と叫ぶとさらに盛り上がります。 カラオケでは曲を入れると自然にコールに繋がりますが、アカペラで歌う場合はお酒が運ばれてきたタイミングやお酒を注ぎながら「ナーナーナー」と始めると自然にコールに入れます。 アカペラの場合は長く歌うのが大変なので、2回目の「フライングゲット~飲む飲む飲む飲む!」の後にすぐ「ラブお酒!カンパーイ!」と叫んで切り上げても良いですね。 「飲む! 飲む! 飲む! 飲む飲む飲む飲む!」の部分は歌詞とは文字数が合わないのですが、リズムだけを合わせるイメージで歌うと上手くいきます。 ビールが好きな人はコレ!ブルーハーツ「リンダリンダ」 ビンに素早く反応 超有名曲の、ブルーハーツの「リンダリンダ」という曲のサビを変えたコールで、この曲を知らない人でも、かなり盛り上がれるようになっています。 振りやすいコールなので、気軽に誰かに振ることができます。 ビール瓶を持っている人を見たら、このコールで盛り上がりましょう。 コールの仕方 「あれぇ?ゆーじ、ビン持ってんジャン」 ハイッ! ビンだビンだ~! ビンだビンだビンだ~あ~! ビンだビンだ~! ビンだビンだビンだ~あ~! 盛り上がるためのコツ ビール瓶やジーマなどの瓶を持っている人がいたら、すぐにこの歌を歌い出しましょう!また、急にサビから始まってもいいですが、サビが始まる前の「ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真にはうつらない うつくしさがあるから」というフレーズから入っても、かなり盛り上がれますよ。 サビに入るまでは、かなりゆったりとした曲ですが、サビになると曲調が変わるので、みんなで激しく歌っちゃいましょう。 飲み終わるまで永遠にこのコールが続くので、盛り上がること間違いなしです。 お酒を持っている人を見つけたら「なんで持ってるの?」 仕返しにもアリ 他の人に飲ませてばかりで自分は一気飲みを避けている人への反撃に使えるコールです。 誰かに飲ませようとお酒を持って近づいてくるのを見たら、すかさずこのコールを使って本人に飲ませてしまいましょう。 コールの仕方 なーんで持ってるの? なーんで持ってるの? 飲み足りないから持ってるの! は~い、飲んで飲んで飲んで飲んで~ 盛り上がるためのコツ 相手を素早く見極めるのがポイント! タイミングを間違うとコールさせてもらえず、逆に飲まされることになることもあります。 何人かで「あの人が立ちあがったらみんなでコールしよう」と打ち合わせしておくと失敗がなく良いですよ。 失敗した人に「SO・SO・U(そ・そ・う)」 うっかりをチャンスに 飲み物や食べ物をこぼしてしまったり、誰かが失敗(粗相)したときに使えるコールです。 使う場面は少ないかもしれませんが、 失敗を笑いに変えることができるので覚えておいて損はないです。 コールの仕方 「あれ~! コールをしながら汚した場所を素早く片づけてあげると好感度アップにもつながります。 泥酔して本気の失敗をした人に使うと大変なことになるので、あまり酔っていない人限定です。 余裕があれば、自分が粗相したときに「粗相しちゃったんで挽回します!コールおねがいします!」と言えれば盛り上がりますね。 飲み会中のちょっとしたことでも盛り上げる 戻ってきたらコールでお出迎え 飲み会中、状況に応じてですが些細なことでも盛り上げることができます。 楽しい飲み会の途中……急用のお電話対応で店の外まで行ったり、お手洗いまで行ったり、どうしても席を外すタイミングがあると思います。 飲み会を盛り上げようと思った時、誰かが席を外した時はチャンスです。 その人が帰ってきた時に「おかえりコール」をすることで盛り上げることが可能です。 他にも、誰かに何かを貰ったとか、代わりに頼んでもらったとか、一言お礼がしたいですね。 …… そのお礼に「ありがとうコール」を添えてみましょう。 コールの仕方 お~かえり!お~かえり!(手拍子付きで) または…… あ~りがとう!あ~りがとう!(手拍子付きで) 盛り上がるコツ 基本的に言葉を変えるだけですが、色々なバリエーションができます。 ですが、些細なことに反応するということは、 ある程度のしつこさもあるので相応の注意が必要です。 例えば帰りが遅かったり みんなが注目している場で盛り上げの添加剤に使うのがベストでしょう! かわいくお願い「おねだりコール」 かわいさアピールにも使える!? 合コンでコールを振られたけれどももうこれ以上飲めないというときや、 飲めないふりをしたいときに使えるコールです。 かわいく男性陣にお願いしちゃいましょう。 合コンなら女子からお願いされて断る男性はいないはずです。 飲み終わった後は「ありがとー!」や「さすが!」とほめてあげることもお忘れなく。 何回も使ってしまうと男性から嫌がられたり、女子から反感を買う恐れがあるので、ここぞという時に1~2回使う程度にしましょう。 合コンなどの飲み会は 本気の恋に繋がる大きなチャンス!でも気になる男性を目の前にしてしまうと、飲み会でいつもの調子で盛り上がれないこともあると思います。 そんないじらしい乙女心を持ったシャイなあなたには『電話占い』がおすすめです。 恋愛相談のプロフェッショナルである占い師が悩みを聞いてくれる電話相談なら、恋に関する大きな悩みから小さな悩みまで気兼ねなく聞いてもらえます。 彼がどんな女性が好きなのか、飲み会ではどんな風に振る舞ったら彼の心を掴めるのかなども聞くことができますよ。 電話占いについては以下の記事に詳細をまとめておきましたので、ぜひ確認してみてください。 きっと良い方法が見つかる筈です。 番外編:ホストがよく使うコール より楽しめる ホストでは、よくコールが行われていますよね。 お客様がホストに振ることもあれば、ホストがお客様に振ってくることも。 楽しいコールを知っておけば、もっとホストで楽しめますよね。 ホストでは色んな種類のコールがあります。 ホストにコールを振られたら、無理に全部飲む必要はないですが、一気することで場も一層盛りあがるはず。 コールを覚えておくことで、ホストに行ったときに自分からホストに振ることができるので、間違いなく楽しめますよ。 グイ!グイ!グイグイよし来い! ホストのコールの中でも、このコールは最もよく使われています。 ホストに行く際は、必ず覚えておきたいコールです。 夜の世界以外では、このコールをしている人はほとんどいませんが、 夜の世界では定番中の定番です。 盛り上がること間違いなしで、気軽にコールできるし、誰にでもわかりやすいのが嬉しいポイントです。 コールの仕方 「 グイ!グイ! グイグイよし来い!グイ!グイ!グイグイよし来い!」 盛り上がるコツ このコールはすごく簡単なので、急にコールを振ってもいいでしょう。 ホストに行くと、その場の気分だけでもすごく楽しいですよね。 でもコールがあれば、もっと盛り上がれます。 ホストに振るのでもいいし、自分に振られたら一気して場を盛りあがても良いでしょう。 また、飲みきれそうになかったら、 担当のホストにバトンタッチしても良いです。 コールされていたのに、いつのまにかホストのターンになっていたりと、かなり盛り上がれますよ。 ホストクラブで出会った彼に本気で恋をしてしまったけれど、担当ホストと客の関係性から抜け出せない、もしくは恋人として扱ってくれているけれど彼を信用していいのかどうかわからない……。 そんな苦しい恋の悩みを抱えてはいませんか? そんな方におすすめしたいのが『電話占い』です。 電話占いは恋愛の悩みを抱える女性にとって、とても頼もしい存在。 人には言いにくい悩みも電話越しに相談できるので、プライバシーも守られ安心です。 もしもあなたが今悩んでいるのなら、電話占いを使って悩みを解決に導きましょう。 晴れやかな心で恋を楽しめるように、様々な方向から占い師たちがサポートしてくれます。 以下の記事に詳細がまとめてあるので、ぜひ確認してみてくださいね。 まとめ 飲み会は静まり返っているより、みんなでワイワイ盛り上がった方が楽しいですよね。 簡単に盛り上がれるコールは飲み会の強い味方と言えます。 ただ、コールで盛り上がると予想以上に飲みすぎてしまうこともあるので、連続でコールするのではなくゲームや食事などで休憩を挟みながら楽しく飲みましょう。 また、罰ゲームなどで何回も同じ人に当たるようであれば注ぐ量を加減したり、飲み切っていなくてもコールの終わりで飲むのをやめるなどして飲みすぎないように気を付けてあげましょう。 調子が悪い人が出てしまうとせっかくの飲み会が台無しですよね。 量を飲むというよりコールする一体感を楽しむつもりで盛り上げていきましょう。

次の

【第1弾】現役早大生が教える!飲み会コール集

いいとこ見てみたい コール

忘年会・合コン・コンパなど大勢でお酒を飲む時に一番盛り上がるのが、コールですよね。 そんな「コール」の本場といえばホストクラブであり、ホストクラブの世界ではコールは盛り上がりには欠かせない存在となっています。 実は「コール」にはたくさんの種類が存在し、場面によって使い分けられています。 そこでこの記事では、それらコールそれぞれのセリフや歌詞と、その使用例を紹介します。 ホストといえば、お酒のイッキコール 全員で「いっき! 、いっき! 」と手で音頭をとっているのを見たり・みんなで一緒ににやったりする事があると思います。 いわば、誰もが知っているド定番の「コール」です。 クラブだけでなく、合コンや忘年会等々いろいろな場所で盛り上がることができるので使いどころバツグンです。 イッキとはお酒を一気に飲み干す事を意味しているので、グラスを持っている方は多少無理してでもグラスを空になるまで飲んでしまいます。 また、ついつい無理してでも飲んでしまう環境をつくってしまう不思議な力を持っています。 ホストの方々は、単価の高いお酒をご用命(注文)いただいたお客様から頂くので、無言で飲むよりは、みんなで楽しく飲む場を提供する意味でもコールを使用します。 知っておけば、何倍もホストを楽しめること間違いなし 「コール」はお酒を飲ませるテクニックでもあり、飲みの場を楽しく盛り上げるために使用します。 ホストクラブがたくさん存在しているように、コールもたくさんの種類が存在します。 こんなのあるの!? おもしろい!と思えるものが想像している以上に存在し、やってみたいと思えるものがたくさんあります。 ただ、いきなり知らないリズムのコールが始まっても、知っているのと知らないとでは、断然に楽しみ方が変わってきます。 覚えておきたい、ホストクラブの定番コール集 飲み会等の回数を多く重ねている人ほど、いろんな種類のコールを知っている・いろんな引出しを持っている人が多いです。 それゆえ、ホストクラブこそいろいろなコールを持っています。 いろいろな地方から「名を上げたい!」 と思い上京したホストが集う場所である歌舞伎町などでは、その地方で流行った・人気があった・盛り上がったコールが集まってきますので、新しいコールと出会えるかもしれません。 今回はたくさんある「コール」の中から、定番の一部を紹介します。 「〇〇ちゃん(さん)のちょっといい~とこ見てみたい」と軽く歌いながら、お酒をグラスいっぱいに注ぎ、グラスに手をかけたら、コールをかける人が 「ハイッ」または「ソーレ」と言います。 同時に他の人たちも一斉に「イッキ、イッキ、イッキ」と音頭をとり、飲み終わるまでコールをかけ続けます。 このコールのセリフと動作は以下の通りです。 知らないと少し恥ずかしいくらいの定番中の定番でもあります。 お酒に強い!・全然酔わない!・飲み足りない!と言っている人がいた時に突如使うと一気に盛り上がりますし、年齢問わずで盛り上がれるコールです。 あまりやりすぎると反撃を食らう事があるので注意が必要です。 このイッキコールは、条件(対象者がお酒を持っている)さえ整っていればいつでも始めることができます。 このコールの歌詞は以下の通りです。 注文したお酒を手にとってしまった瞬間に『なーで持ってんの?』なんて事もあるので、あまり乱用するのは控えましょう。 このコールもやりすぎると反撃を食らいます。 もちろん、同僚同士の飲み会でも全く問題ありません。 気を使う対象者がいる席でも使用できる万能型の「コール」です。 このコールのセリフは以下の通りです。 『今日のお酒が飲めるのは〇〇さんのおかげです!』 『〇〇さん、ありがとう!それイッキイッキ!』 目上の人を「ヨイショ」で持ち上げながら飲ませちゃう このコールの良い点は、無礼講と言いながらも、上司への感謝の気持ちを忘れずに飲ます事が出来る点です。 また、おごってくれる時やおごってもらいたい時に使ってみるのも面白いです。 上司や目上の方に使用するときは、酔い加減やノリの良さを考慮して、自分の判断でコールしましょう。 このコールのセリフ・歌詞は以下の通りです。 『〇〇ちゃん、飲みたい騒ぎたい!』 『はいっ!胃腸に関して自信があるある!』 『漢方漢方漢方 漢方一気漢方!』 漢方漢方のとこは何言ってるのか聞き取れなくなりがちですが、だいたいみんなノリで言ってます。 (笑) 「胃腸に関して自信があるある」まで言えれば基本大丈夫です。 名指しでイッキコールされたらノリノリ間違いなし 条件不要で使える指名制のコールなので、盛り上がっている時に最高に使えます。 あまりにも不意なタイミングで使うと、まわりから笑われたり冷めた目で見られる事があるので、使いどころとタイミングが重要です。 コールが嫌な人に対するホストクラブの「掟」 お腹いっぱいの時でも、アルコール度数が高いお酒でも、コールがはじまるとグラスのお酒を飲み干さなければなりません。 しかし当然中には、コールが苦手なお客様もいます。 ホストクラブでのホストの役割は、お客様に最高の時間を過ごしてもらう事を第一優先にしていますので、当然の接客としてお客様が嫌がる事・態度はとりません。 控え目な方や、話を主としているお客様に対しては飲まない事もあります。 お客様に満足していただく事を優先にしているからこその配慮となるのです。 ですので、お酒が飲めない人も安心してホストクラブを楽しめます。 ホストは注がれたお酒は全て飲み干す イッキの場合、ホストはグラス内のお酒は一滴も残らず飲み干します。 なぜなら、お客様から頂いたお酒である事と、お客様に満足してもらう事が、ホストクラブの売上につながるからです。 これはイッキだけに限らず、お客様卓についた時点で注がれたお酒は必ず飲み干すルールでもあります。 ある程度お酒に強い必要があり、また、飲むペースもコントロールする必要もあるので、ホストにどんどん飲ませるのは出来るだけ控えてあげた方が良いかもしれません。 コールが止まず、悪酔いが続出するケースも 飲んでばかりだと酔いが早く回り、しんどくなり、自分ではなくほかの人にイッキさせようとしてしまいます。 このループで、飲む回数が多くなりさらに酔いが回り、トイレに駆け込むなどの醜態につながる事もあります。 当然、ホストもイッキが原因でトイレでの嘔吐に繋がったり、アルコール度数の高いお酒の一気が原因でアルコール中毒になる事もあります。 悪酔いにつながりやすいコール 『ごちそうさまが、きこえない』ですは、悪酔いにつながりやすいコールと言えます。 一気のコールを受けて、グラス内のお酒を飲み干した後、そのままグラスを置いた途端に突如始まるコールの一つです。 ごちそうさまを言っていないからまだ飲みたいのね?という意味です。 これだけで約2杯分のグラスのお酒を一気することになります。 炭酸系のお酒だと、お腹もパンパンになります。 イッキの後は『ごちそうさまでした』の一言は必ず言うように意識しましょう。 ホストの目の前で醜態をさらさないために、傍らには「チェイサー」を チェイサーとは、バーなどでアルコール度数が高いお酒(ウィスキーなど)を飲む際に一緒に飲む水の事です。 適度にカラダに水分を補給することで、悪酔い・脱水症状・二日酔い等をある程度防ぐ事ができます。 また、飲み過ぎの予防にもつながります。 チェイサーをたくさん飲んでいれば頭痛や吐き気の予防にもつながります。 チェイサーを飲むタイミングは、お酒を飲んでいる合間が理想的であり効果が見込めます。 せっかくのお酒の席を長い時間楽しめれるように、どんどん活用してください。 まとめ 近年では、お酒を飲まない人・不得意な人が多くなり、ホストクラブ等でもイッキやコールの回数が減少傾向となっています。 お酒を一滴も飲めない人もホストクラブに通っているようです。 要は、いかに楽しい時間・癒しの時間を過ごすかが重要であり、イッキやコールはその目的の中の1つの手段であるということです。 ぜひ機会があれば、本場を体験し、節度を持ってテンションとノリで最高の時間を堪能してみてください。

次の

飲み会コールで盛り上がろう!

いいとこ見てみたい コール

お子さんを育てる親御さんの悩みの一つ「好き嫌い問題」。 苦手なものを食べたくないという気持ちは理解できますが、やはり成長期という重要な時期。 好き嫌いをせずにバランスよく食事をしてもらいたいものですよね。 今回ご紹介するは、ある日息子さんに牛乳を出しました。 しかし息子さんは牛乳を飲みたがらなかったのです。 そこで、すうさんはある方法を閃きます。 その方法とは、イッキコール! ヤンチャな若者たちが、ひと昔前に使っていたイッキコールで息子さんをノリノリにさせ、牛乳を飲ませようとしたのです。 息子さんが思う(自分の)ちょっといいところっておちんちんだったのですね。 間違っていないと思います。 あの頃の男の子ってホントに下ネタが大好きですからね。

次の