変わり損。 女は損は本当?女で良かったこと悪かったことまとめ

固定資産の除却と廃棄の違い

変わり損

「骨董ハンター南方見聞録」の島津法樹さんの 道楽と趣味をかねた骨董蒐集の手のうち はじめに 骨董をやっていると言うと、 理解の無い人からは 「道楽ですね。 そこそこにやりなさいよ。 」と言われる。 しかし、いまや時代が変わり、 道楽という言葉が趣味という言葉に変わりつつある。 今どのように骨董を愛でるか考えてみたい。 道楽とはやや崩れた感じがし、 趣味とはスマートな人生の糧のようなものを感じる。 そこで道楽に陥らない、 単なる趣味でもない骨董蒐集の手ほどきをやってみたい。 こんな考え方から「損する骨董、得する骨董」という 誰しもが持つ骨董の一番本質的な部分を解説したいと思っている。 第1回 入門編 1 人は何故美しいものを求めるのか 美とは一体どのようなものなのだろうか。 緑豊かな風景、 ローマの休日のオードリー、 咲き誇る花や果実などを 殆どの人は美しいと認めるのではないだろうか。 骨董の世界においても流れるような筆遣いの書、 匂う様な呉須の施された元染付けの大壷、 虹色に輝く南宋の油滴天目、 神品といわれるほどに研ぎ澄まされた定窯の白磁などは まったく骨董に興味のない人たちでさえ感動する品だ。 しかし一方において壊れた茶碗や 腕の取れた不安定な石像を美しいと感じることがあるが、 それらも心の中で落ち着いた安定した姿を想像して 楽しんでいる場合が多い。 やはり訓練や教養というものが想像を補足していくのだろう。 日本人の佗寂とはこの分野の発展的な形である。 生物学的に美を分解してみると、人間の身体のどこかに ある種の美しいものを強く要求するDNAが潜んでいるように思う。 虫が食ったり腐ったりしたものよりは 丸々と太った木の実が誰しも好ましいと考える。 そのように太古より生物は認識していたに違いない。 恐らく美の最初の認識はそんなものではなかったかと思う。 ある種人間が文化的な発展をとげると 丸々と太った木の実を自らの近くに置くことによって 満足感や優越感、将来にわたる不安から解消されるという感情が 働いたに違いない。 文化や生活環境が変化してゆくと それらのような木の実のようなものからどんどん進化していって 絵画や彫刻、美しい家具などのように 人間の美の水準、欲求の水準が変化していったと思われる。 そういうわけでわれわれの周囲には 本能的な美から 感覚的、社会的なプライドのような美も生まれていった。 これからも美はどんどん変わっていくに違いない。 骨董とは正にそういうものであって 他の動物と人間とをもっとも顕著に区別するものである。 自らの側において置くだけで楽しく豊かになるもの、 それが骨董であり、 人はそのような美をこれからも高い次元で求めていくに違いない。

次の

「世帯年収1000万」が一番損な理由

変わり損

もともとせっかちな性格で、なんだか自分は損をしていると感じることはありませんか。 もし、自分でも変わりたいと思っているのであれば、できることから順番に試していき、自分の特徴に合った改善方法を見つけてみましょう。 早く結論を出したがる せっかちな人は、人の話を最後まで聞くことなく、結論を急ぐ傾向があるようです。 とくに、相手がゆっくりと話をする人であったり、前置きが長いような場合にはイライラしてきて、「こういうことでしょ」などと話を自分の理解の範囲内でまとめてしまうこともあります。 自分ではあまりよくないことだと分かっていても、ついついやってしまうクセです。 そんな性格を直す方法として、相手にペースを合わせることを意識することから始めましょう。 あせる気持ちやイライラとした落ち着かない気持ちが続くときには、一呼吸して相手がいわんとすることを最後まで言い終えるまで黙って耳を傾けましょう。 冷静に相手のメッセージを受け止められるようになります。 四六時中、忙しくないと気が済まない せっかちな人は、その責任感の強さゆえ、やらなければならないことで頭がいっぱいです。 なにもせずに時間を過ごすことをもっとも苦手としており、常にせかせかとスケジュールや用事をこなしていくことで、心が落ち着くようなところがあります。 起きているあいだ、ずっと義務感に縛られているようでは、ストレスも高まりますので、そのような方はあえて強制的に休憩の時間を取ることが必要です。 可能であれば、あらかじめ時間を決めて、10分や15分でもかまいませんので、コーヒーや紅茶を飲みながら寛ぐ時間を作ってみましょう。 「休むのも仕事のうち」と前向きに考えてリフレッシュすることで効率が上がることが分かれば、意外に長続きするはずです。 遅刻を極端に気にする 自分自身は常に余裕をもって行動し、他の人の少しの遅刻も許しません。 しかし、実際にはさまざまな理由や不可抗力により遅れることはあるものです。 どんなことにも例外は付きものだということを頭の片隅におき、大らかな考えを持つと物事が違って見えてくるはずです。 もし相手の人が遅れていれば、「大丈夫かな、何かあったのかな」という思いやりの気持ちをもって接することで自分自身も楽な気持ちでいられます。 仕事や用事は、すべて最優先 せっかちな人は、仕事や用事の優先順位づけが難しいことが多く、どれも「急がなければ」と焦る傾向があります。 締切期限まで数日の余裕がある場合にも、予期せぬ事態に備えて前もって取り掛かっておかないと心配。 すべてのことを同じように最優先だと考えます。 将来のことを心配すればきりがありませんので、なにかあればそのとき臨機応変に対応しようと心に決め、いま最低限やっておくべきことを2つか3つに絞ってみましょう。 自分の都合や気持ちが中心 せっかちな人は、気持ちに余裕がないため、自分を中心に考えて行動や言動を起こす特徴を持っています。 まったく悪気はなく、とにかく焦燥感にかられているため自分のことをこなすだけで精一杯なのです。 そのような自分の状態に気づかされたときには、まず、自分の意見を人に言う前に、相手の考えや希望を聞くことを優先するように行動パターンを変えてみましょう。 また、常に自然な笑顔を忘れていないか、鏡で自己チェックをしてみることで、心にも少し余裕が持てるようになり、人から話しかけられることも増えていきます。 完璧主義者なので常に心が緊張状態 せっかちな人は、完璧主義者であることが多く、少しのミスも許しがたいと考える傾向があります。 あらゆることを滞りなく計画通りに進められるように、事前のリサーチや準備を万全に進め、時間があるかぎり最善を尽くし続けるため、気が休まることはありません。 そんな緊張感が続く毎日を送り続けるうちに、ある一定のことだけに心が奪われ、人間らしい感情や感覚が薄れることもあるかもしれません。 そのような性格を変えるためには、心から好きなことや楽しめることを探し、自由気ままに没頭できる時間を確保するようにしましょう。 仲の良い友人と他愛もない話をして盛り上がったり、時間を気にせずに好きな音楽や映画を心ゆくまで堪能することで、心が解放され緊張も徐々にほぐれていきます。 せっかちな人は、知らず知らずのうちに自分を追い込んでいるため、ストレスを抱えてしまうことも多いようです。 気持ちが焦り過ぎて空回りすることで、余計にイライラとした感情が湧き起こるといった悪循環もあるかもしれません。 せっかちな性格を少しずつ変えてみようとすることで、毎日を楽しくほがらかに過ごせるヒントに気づけるはずです。

次の

株のリスクは?絶対に損をする?一昔前のイメージが定着か?

変わり損

廃車にすると自動車税は戻ってくるのか 所有車を廃車にした際、その年に納めた自動車税の一部が戻ってきます。 還付される金額は、支払った税額によって変わりますが、いつ廃車にしても同じ額が戻るわけではありません。 廃車のタイミングによって金額が大きく変動します。 基本的には、課税される4月以降、手続きを済ませるのが早ければ早いほど多くの還付金を受け取れます。 廃車すると決めたら、少しでも早く手続きを始めるのがおすすめです。 また、お金が戻ってくるとしたらいつ・いくらくらいになるのかも気になることでしょう。 自分の所有する自動車の税金がどのように計算され、還付されるのかをしっかり把握するために、まずは自動車にかけられる税金の基本を押さえることが大切です。 還付される税金は2種類ある 自動車にかかる税金には「自動車税」と「自動車重量税」の2種類があります。 それぞれの税金について、簡単にご説明します。 自動車税とは 毎年4月1日時点における自動車の所有者に課せられる地方税です。 自動車を所有していれば、本人が乗っているか否かにかかわらず、その日から翌年3月31日まで1年分の自動車税の支払い義務が発生します。 在住の都道府県によって変わりますが、通常5月中旬頃までに納付書が発送され、6月までには納付を済ませるのが一般的です。 課税額は自動車の排気量によって決められます。 自家用車の場合、総排気量が1,000cc以下の場合は年額25,000円、6,000cc超の場合は年額110,000円です(2019年10月1日以降に初度登録した車に限る)。 エコカー減税対象車や初度登録から13年経過している車などは課税額が増減するため、計算はより複雑になります。 参考: 年度の途中で廃車手続きをした場合、抹消登録が完了した日の翌月以降の税額を月割りで計算した金額が還付されます。 たとえば、6月中に抹消登録を終えれば、7月から翌年3月までの9ヶ月分が還付されるわけです。 自動車重量税とは 新車購入時と車検時に、車検の有効期間分をまとめて支払う国税です。 税額は軽自動車・普通自動車の重量別に決められています。 さらに2020年4月時点では、エコカーか否か、13年あるいは18年経過しているかなどの条件によって金額が変わります。 具体的な課税額は「エコカーありの0. 5t以下車」が最も安く5,000円、「エコカーなし18年経過の3t車」の場合は最も高く75,600円です。 自動車重量税が還付されるのは、抹消登録後、自動車が解体された場合に限られます。 売却した場合は原則、還付金を受け取れません。 正しく手続きが行われると、車検の有効期限の残存期間に相当する税額が還付されます。 廃車の手続きと注意点 廃車の際には「抹消登録」が必要です。 この手続きを行うと、自動車税の還付に必要な手続きも同時に完了します。 これ以外に自動車税の還付金を受けるための手続きは必要ありません。 抹消登録には、もう乗らない車を廃車にして登録を完全に抹消する「永久抹消登録」と、海外赴任や長期入院などの理由で一時的に車の使用を中止する「一時抹消登録」の2種類があります。 どちらも自動車税の課税を止めるための手続きです。 この手続きと同時に、税金が納められた年の残存期間に応じて還付金が決まります。 このとき注意しなければならないのは、還付額を算出するための起算日は所有者が業者に廃車を依頼した日ではなく、抹消登録が完了した日になるということです。 月末ぎりぎりに業者に依頼すると、その月のうちに手続きが間に合わず、登録の完了が翌月になってしまうことも考えられます。 そうなると還付金が1ヶ月分減ってしまうので、業者に依頼する際は手続きの完了予定日をしっかり確認しましょう。 また自動車重量税の還付については、自動車の最終所有者(廃車を依頼した時点での所有者)自身が解体を理由とする永久抹消登録(解体届け出)を行うと同時に、還付申請を行う必要がある点にも注意が必要です。 なお、廃車の手続きをしても、以下のケースでは自動車税が戻ってきません。 自分の状況がこれらにあてはまるかどうか、事前に確認しておきましょう。 軽自動車は自動車税が還付されない 自動車税の場合、還付が適用されるのは普通自動車のみです。 軽自動車は還付を受けられません。 軽自動車には自動車税とは異なる「軽自動車税」が課せられ、金額も自動車税に比べて安く、年間一律で支払います。 そのため月割りが適用されず、還付金制度自体がありません。 ただし、自動車重量税については軽自動車でも還付が受けられるので、忘れずに手続きを行いましょう。 地方税に滞納があると還付を受けられない 同じ地方税である住民税や事業税などに滞納がある場合、自動車税の還付を受けられず、本来還付される金額が未納分の地方税に充当されてしまいます。 滞納額が還付金よりも大きいと、当然ながら1円も戻ってこないので、あらかじめ税金の未納分は納めておきましょう。 自動車税を2年以上滞納していると廃車にできない 自動車税を滞納している場合でも、当年度の1年分だけの未納であれば廃車手続きを行えます。 廃車手続きをしないと毎年税金がかけられてしまうので、できるだけ早く手続きを済ませましょう。 それまで滞納していたとしても、自動車税の年度額を支払ってから廃車手続きをすれば、月割りで還付することができます。 ただ、2年以上滞納している場合は、自動車が差し押さえられていたり抵当に入っていたりして、何の手続きもできない状態になっていることがあります。 その場合は還付金どころか廃車にすることもできないため、先に自動車税を納めなければなりません。 還付される金額はどのように決まるのか 還付金の金額は、税額や廃車にした時期だけでなく、エコカー免税や減税の有無、初年度登録から13年以上経過など車両の条件によっても変わります。 ただ、一般的な金額であれば、納入した税額が分かれば算出可能です。 自動車税の還付金の計算方法 自動車税は、抹消登録を行った日を起算日として、その翌月からを還付の対象とします。 参考: たとえば、排気量1,500cc~2,000ccの自動車で39,500円の自動車税を納入し、その年の6月に廃車にしたと仮定しましょう。 よって、100円未満を切り捨てた29,600円が還付額となります。 これに加え、エコカー免税および減税や、初年度登録から13年または18年超か、といった条件によって還付額が変わります。 いつ頃、どのように還付されるのか 自動車の抹消登録手続きをすると、その日からおよそ1~2ヶ月で「還付通知書」や「送金通知書」といった書類が届きます。 この通知書は受取時に必要となるので、大切に保管しておきましょう。 また、還付金の受取手続きには1年の有効期限があり、期限を過ぎるとせっかくの還付を受け取れなくなってしまいます。 通知書が届き次第、速やかに手続きを済ませましょう。 自動車税は地方税であるため、都道府県によって有効期限や受取方法が若干違います。 通知書の内容によく目を通しておきましょう。 還付金を受け取る際の手続き 還付金を請求する手続きは必要ありませんが、受取の際には必要な書類や手続きがあります。 手続きに必要な書類は、還付通知書・印鑑・身分証明書です。 基本的には、手続きは指定された銀行などの金融機関や郵便局窓口で行います。 必要書類を窓口で提示し手続きをしたあと、その場で還付金を受け取れます。 この受取方法についても、都道府県ごとに異なります。 たとえば東京都の場合、5万円以下は窓口で受け取り、5万円を超える場合は振り込みです。 廃車手続きをする際に、在住の都道府県における還付金の受取方法を確認しておくとよいでしょう。 還付金で損しないベストなタイミングとは そろそろ廃車にしようと、1年以上のスパンで気長に考えているのであれば、3月中に廃車手続きを終えるタイミングがベストです。 3月に手続きを終わらせると還付金は0円ですが、そもそも還付金とは、前払いしたお金をあとから手間をかけて取り戻すものです。 3月であれば次年度の自動車税を納入する必要がなくなり、最も簡単に手続きを済ませられます。 それ以外の年度の途中であれば、早く手続きをすればそれだけ多く還付されるのが基本です。 また、日割はされないため、月の上旬よりも下旬に手続きをしたほうが得になります。 一方、軽自動車は税金の還付がないので、逆に納入した税金をフルに使い切る3月がベストです。 それ以外なら、4月に税金が発生してから遅ければ遅いほどよいタイミング、ということになります。 なお、次年度の課税直前の3月は、車の売却が殺到する時期でもあります。 あまりぎりぎりになると手続きが間に合わなくなる恐れもあるので、余裕をもって手続きを始めましょう。 面倒な手続きは信頼できるプロ「ハイシャル」に任せる 損はしたくないけれど、自分で調べたり書類を揃えたりするのは苦手という方には、手続きを専門家に任せる方法がおすすめです。 年間65,000件以上の実績を誇る廃車買取サイト「ハイシャル」では、廃車に関わる煩雑な手続きをすべて無料で代行してくれる上、還付金もしっかりと受け取れます。 高価買取はもちろんのこと、知識豊富な専門スタッフが年中無休で廃車に関するさまざまな相談に応じてくれるので、初めての廃車で不安な方にも心強いパートナーになってくれるでしょう。 まとめ 還付金の受取においては、何よりもタイミングが命です。 面倒だからといって、廃車を決めてからずるずると手続きを後回しにしていると、本来なら得られたはずの還付金を取りこぼすことになりかねません。 少しでも損を減らし、より多くの還付金を受け取るためには、事前に十分な情報収集と準備をしておくことが大切です。 そのためにも、信頼できる業者としっかり相談しながら、廃車に適切なタイミングを検討しましょう。 あわせて、より廃車について知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。 チェックしてみてください。

次の