Zoom ゲスト。 ホストキーを使ってホスト権限を受け取る方法

Zoom(ズーム)Web会議やオンラインミーティングに使えるソフトZoomの使い方まとめてみました

Zoom ゲスト

Zoomで通話やセミナーを録画する方法 ユーザー同士の通話やセミナーはZoomの代表的な機能です。 さらに、Zoomではそうした通話やセミナーを録画することもできます。 外部のキャプチャソフトを利用せず、単体で録画までできるのはZoomならではの特長です。 セミナー等を録画する場合には、2種類のレコーディング方法があります。 有料会員の必要がありますが、保存しているデータをブラウザ上で確認できたり、URLで動画を共有できるなど、便利な点が多数あります。 詳細な保存場所はトップ画面の「設定」から確認・指定可能です。 無料プランでも利用できるのは、こちらのローカルレコーディングになります。 レコーディング先を決定したら、録画の操作は簡単です。 通話中にミーティングの画面で下部に表示されているメニューから「レコーディング」をクリックすると録画が始まります。 また、録画は一時停止してから再度開始することも可能です。 【管理者編】録画の許可を参加者に与えるには? ここまでご紹介したのは、ミーティングのホスト(主催者)のレコーディング方法です。 Zoomではホストが各ゲスト(参加者)に録画の許可を出すことで録画が可能となります。 ギャラリービュー(参加メンバーが一覧で表示される方式)のメンバーの画面で右クリックし、「レコーディングの許可」をクリックすると許可が出せます。 最初から全員に録画を許可した状態でミーティングを始めることはできません。 また、ゲストによる録画のリクエストを通知する機能はないため、ホスト側で一人ひとりに許可を出す必要があります。 なお、先ほどご紹介したように、ホストがクラウドに保存した上で、参加者に動画のURLを共有すれば、その都度、録画の許可を出す手間を省くことができます。 クラウドレコーディングのメリットは? 上述の通り、Zoomの有料会員になると、レコーディング機能が大幅に強化され、クラウドレコーディング(録画のクラウド保存)が可能になります。 ここでは、クラウドレコーディングのメリットを紹介します。 データが圧迫されない クラウドとは、ユーザーごとに割り当てられたインターネット上の記憶領域です。 クラウドにレコーディングすれば、パソコンの記憶領域が圧迫されません。 クラウド上のレコーディングをダウンロードしてローカルに保存することもできます。 クラウドに保存できるデータ量は初期状態では1GBです。 ミーティング際の画面共有、参加者の動画、チャット情報等の様々な要因により最適なサイズの動画が作成されるため一概には言えませんが、1GBおよそ3~4時間のレコーディングに相当します。 有料でクラウドストレージを追加することも可能です。 別の端末からも視聴できる 同じアカウントでサインインすれば、違う端末でもクラウド上のレコーディングを視聴可能です。 共有が容易 ローカル保存した場合、「他のユーザーと録画したデータを共有したい」という際には、いちいちデータをやり取りしなければなりません。 しかし、クラウドレコーディングでは、リンクを共有することで、他のユーザーもレコーディングを視聴できるようになります。 レコーディングはブラウザ上で再生されるため、視聴だけであればZoomをインストールする必要がない点も魅力でしょう。 視聴者を限定できる レコーディングは、同一ドメインのみに視聴を限定することもできます。 さらにパスワードを設定すればレコーディングが保護され、パスワードを共有していないユーザーによる視聴を防止できます。 文字起こし機能 Zoomには、クラウド保存した動画から自動的にテキストを起こしてくれる文字起こし機能があります。 (2019年2月現在、英語のみの対応) 日本語は、近日中に対応予定とのことですので、是非お試しいただければと思います。 レコーディング機能まとめ クラウド保存では、上記のように保存しているデータをブラウザ上で確認できます。 クラウド保存に興味のある方は で使用感を確かめてみてはいかがでしょうか? 特に、クラウドレコーディングについては、 Zoomを日常的に使っている方であればぜひ活用していただきたい機能です。 これまでオンラインミーティングソフトとは別にキャプチャソフトを立ち上げていた方は、Zoomでミーティングから録画までを完結させてはいかがでしょうか。

次の

WEB会議にはzoom!ホストとは?スマホでも大丈夫?使い方解説

Zoom ゲスト

スポンサーリンク 何もしなくても勝手に準備が進んでいくので、しばらく待機しておきましょう。 インストールが完了すると、自動的にzoomが起動します。 最初にこのような画面が一緒に出てくるので、そのまま緑色の「コンピューターでオーディオに参加」のボタンを押しましょう。 すると、相手とコミュニケーション出来る状態になります。 声をかけてみたり、チャットを使ったりして相手に声をかけてみましょう。 この赤枠の部分をクリックすれば簡単に通話に参加できます。 ポイント: また、今後はもっと簡単に通話に参加したい!という場合には上のとおり「zoom Meetings リンクに行った操作を記憶する」という所にチェックを入れておきましょう。 すると、その後のzoomへの通話参加時にはURLをクリックするだけでソフトが立ち上がるようにできます。 まとめ それではzoomの通話参加方法についてでした。 おさらいといなりますが、zoomの通話参加方法はとても簡単で、以下の順番で行う形で参加することができます。 相手(ホスト)に招待リンクを送ってもらう• ソフトをインストールする• 緑色のボタンを押す• 通話に参加できたら相手に声をかけてみる この4ステップで簡単に通話をスタートすることができます。 ぜひ、zoomを使って便利にネット通話を楽しんでいきましょう。

次の

Zoomの使い方をマスターしよう!

Zoom ゲスト

zoomとは?skypeと何が違うの? テレワーク・リモートワークが普及しつつある現在。 オンラインでコミュニケーションが取れる、 skypeを利用してきた会社や企業は多いと思います。 しかし、 利用シーンが増えるにつれ、 オンラインミーティングツールも増えてきました。 zoomもそのうちのひとつです。 では、zoomとSkypeにはどのような違いがあるのでしょうか。 skype skype は『ビデオ通話』ツールです。 チャットやビデオ通話をするためには、 お互いの ID 登録をする必要があります。 複数名で通話やビデオ通話をすることも可能ですが、 LINE のようにグループを作って行う必要があります。 個人間のつながりを必要とするツールであると言えます。 zoom zoomは『WEB会議』ツールです。 チャットやビデオ通話をするために、 お互いの ID 登録をする必要はなく、 ホストが Web 上に会議室を作りURL を共有することで、 会議に参加することができます。 ID 登録などをする必要がないので、 個人間のつながりを持つ必要がありません。 必要な時に必要な人を呼ぶ、そんな会議室を作るイメージです。 先日もZoomを使って「Zoom初心者テレワーク無料セミナー」を開催しました。 その様子の動画をYouTubeの限定公開で無料公開しています。 実際のセミナー様子をご覧いただいたほうがわかりやすいです。 ご興味ある方はから。 スマホでも使用できるの? もちろん、スマートフォンでも使用できます。 IPhoneでもAndroidでも専用のアプリがあるので、 是非ダウンロードして活用してください。 zoomの料金プラン zoomには、このような料金プランがあります。 ・基本 無料 ・プロ 月額2000円 ・ビジネス 月額2700円 ・企業 月額2700円 詳しくはzoom公式サイトにてご確認ください。 ホストとは ビジネスで使用する場合ホストとは、『主催者』や、 『主人』として理解されています。 つまり管理職や上司にあたる場合が多いです。 ズームでいうホストは、主催者と考えると良いかもしれません。 このホストが、一緒に会議を行いたいメンバーを招待するからです。 では具体的に、 どのようにズームを使って会議を行うことができるのでしょうか。 ホストの立場になって、その方法を見てみましょう。 zoomアカウント開設方法 まずzoomにサインアップする必要があります。 上記 URL からズームの公式ウェブサイトにアクセスします。 右上の『サインアップは無料です』をクリックします。 仕事のメールアドレスを使用したい方は、 アドレスを入力し『サインアップ』をクリックします。 Google アカウントなどで、サインインをすることも可能です。 ちなみに私は Google アカウントでサインインします。 招待の方法 サインインができたら、一緒に会議したいメンバーを招待してみましょう。 この行為は、ホストが対策を施すことによってある程度シャットアウトできます。 詳しくはこちらの記事をご確認ください。 zoomの画面右上から『ミーティングを開催する』をクリックし、 開催したい会議の種類をクリックします。 このような画面になりますので、 『コンピューターオーディオに参加する』をクリックします。 画面下の『招待』をクリックします。 招待を送信するメールサービスを選んでクリックします。 次に、選んだメールサービスごとに画面は異なりますが、 招待のメールを送れるような画面になりますので、 招待したい相手へメールを送ります。 これで招待は完了です。 後は招待された相手がメールを確認し、 会議に参加してくれるのを待つだけです。 画面共有も出来ちゃう! 次に画面を共有する方法を見てみましょう。 こちらは Skype と同様に、パソコンの画面を共有して、 同じ資料を見ながら会議を行うことができます。 画面下の『画面の共有』をクリックします。 画面上部からファイルを選択して、希望のサービス名をクリックします。 右下の『画面の共有』をクリックします。 今回は を例に出します。 上記画面になったら『 Connect』 をクリックします。 このように画面共有できるファイルが表示されます。 その中から、 今回使用したいファイルを選択します。 このように、簡単なステップで画面共有を行うことができますね。 予約方法 zoomでは時間を指定してミーティングを予約することもできます。 その方法を解説していきます。 上部メニューの『ミーティングをスケジュールする』をクリックします。 そうすると、 以下のように詳しく会議の予約内容を設定することができます。 ここで注意したいのは、 基本プランでは参加者が3人以上のミーティングに、 40分の時間制限が適用されるということです。 3人以上で40分以上のミーティングをしたい場合は、 アップグレードするか一旦このミーティングを終了した後、同じURLから入り直す と良いでしょう。 ミーティングの詳細を一番下まで入力し、 保存を押すとミーティングをスケジューリングすることができます。 その際各種カレンダーに追加することも可能なので、 大変便利だと思います。 録画方法 レコーディングをクリックすると、 会議の音声・画像・動画を録画することができます。 会議に参加することができなかった社員へ共有する際や、 いつでも振り返ることができるように、 データとして抽出する目的にも使用できます。 レコーディングをクリックするとこのような画面になり、 一時停止したり停止したり自由に行うことができます。 気をつけたいのは、 このミーティングのホストは自由にレコーディングすることができますが、 参加者はレコーディングを行いたい場合、 ホストに許可を得なければいけないということです。 しかし、ホストが許可を出せばすぐにコーディングすることができますし、 ホストが初めから、レコーディングを許可しておくこともできます。 なので、ミーティングを行う際の問題にはならないでしょう。 ウェビナーとは 参照: ウェビナーは小規模な社内会議ではなく、 下記のようなシチュエーションで使用することをおすすめします。 ・全体会議 ・大規模トレーニング ・製品発表 ・マーケティングリードジェネレーション また、ビデオウェビナーを使用することで、 一度に多くのお客様と関連構築することも可能です。 事前登録の機能により的確な情報を収集し、 最大1万人のウェビナー出席者を管理できます。 また、 Facebook ライブまたは YouTube ストリーミングと連携して、 プレゼンテーションを行うことが可能です。 ビデオウェビナーを使用して、 幅広い視聴者にアプローチし効果を広げることができるようです。 まとめ 今回は、Web 会議ツール Zoom についてまとめてみました。 まだまだskypeに比べると知名度の低いzoomですが、 Web 会議・ Web ミーティングというジャンルで考えると、 skypeに勝ると言っても良い、質の良いサービスを提供していると感じます。 弊社ブランドバディーズでも、ミーティングの際はzoomを使用しています。 実際に利用されるときに、など、セキュリティーが心配という方も多いはず。 多くの専門家が指摘していますが、Zoom側も最速で対策をされているようです。 頻繁に、セキュリティーのアップデートの報告メールが届きます。 色々なプランがありますが、無料プランから試してみて感触が良ければ、 有料プランに変更することを検討しても良いでしょう。 を利用される方もいるようです。 実際に使用してみて、 無料プランでも十分ミーティングの役割を果たしてくれると感じています。 今回の記事が少しでもお役に立てれば、嬉しいです。 コロナショックで「うちの会社には頼れない!」って方。 自宅で独立や副業に向けて準備を進めている方。 オンラインスクールでセルフブランディングを学ませんか? たったの3000円から受講できます。 スマホやタブレット、パソコンでオンライン動画がいつでも見放題です。 詳細は下記をご覧ください。 オンラインスクールは。

次の