分数 の 足し算。 小学生の算数 分数 練習問題プリント 無料ダウンロード・印刷|ちびむすドリル【小学生】

帯分数の計算方法(足し算・引き算・掛け算・割り算)|小学生への教え方のポイント|数学FUN

分数 の 足し算

分数電卓! ~ パソコン用 分数の計算機 ~ 分数の計算は、普通の電卓ではできないので、パソコンで簡単にできるものを作成しました。 足し算、引き算、掛け算、割り算ができる計算機です。 答えは、帯分数(整数部と分数部に分かれている数)と分数(仮分数または真分数)および小数の 3種類表示されます。 分数を使うちょっとした計算をするときや、分数計算の答え合わせなどに、ご利用ください。 スマートフォンをご利用の方は、アプリ版(無料)またはスマホ用ページをご覧ください。 iPhoneの方はこちらをお使いください。 スポンサードリンク 使い方 必要なところに数字を入力して「=」ボタンを押すと、計算結果が表示されます。 式が整数部分のない分数のとき・・・ 整数部分は入力しないまま計算してください。 式が整数のとき・・・ 整数部分に整数だけを入力して、分母と分子は入力しないまま計算してください。 式が負(マイナス)の分数のとき・・・ 整数部分を負の数として計算してください。 整数部分が無い負の分数のときは、整数部分に -(マイナス記号)だけを入力してください。 小数の計算結果を分数で確認することもできます。 式が小数のときは、整数部分に小数だけを入力してください。 メモリーコンボボックスには最大で10個の数値が格納されます。 「クリア」ボタンを押すと、メモリー以外の全項目がクリアされます。 「オールクリア」ボタンを押すと、メモリーコンボボックスを含む全ての項目がクリアされます。 注意事項 ・数字と記号は全て半角で入力してください。 ・ブラウザでJavaScriptが許可されていないと動作しません。

次の

分数・分母が同じ1以下の足し算

分数 の 足し算

分母が同じ分数同士の足し算なので、先ほどと同じように分子同士を足し算します。 このように、分母が同じ分数の足し算は、分母をそのままにして、分子同士を足すことで計算できます。 この問題の 2 つの分数の分母は、それぞれ 2 と 3 で異なる数なので、足し算をするにはまず、通分によってこれをそろえる必要があります。 通分するときには、基本的に各分母の最小公倍数に合わせます。 2 と 3 の最小公倍数は 6 なので、今回は分母を 6 にそろえましょう。 分子と分母に同じ数を掛けても、その値は変わらないことを確認しておきましょう(お互い約分できますね)。 分母がそろったら、あとは「」と同じように、分子同士を足します。 最後の答えが約分できる分数は、忘れずに約分しましょう。 最後に、この計算の流れをまとめて書くと次のようになります。 整数の 2 を分数に書き換えると、次のようにできます。 よって、次のように計算できます。 帯分数の足し算 帯分数の足し算は、整数部分の和と分数部分の和を合わせて書きます。 次の計算問題を解いてみましょう。 よって、答えは次のようになります。 帯分数の足し算は、必要に応じて分数部分の通分をしたり、仮分数となった計算結果を帯分数に直したりする必要があります。 帯分数を使うのは小学校くらいで、中学校以降はすべて仮分数で書き表すようになるので、帯分数の足し算はそれほど重要ではないと思います。

次の

【平方根の計算】ルートの分数の足し算・引き算の仕方がわかる5ステップ

分数 の 足し算

分母が同じ分数同士の足し算なので、先ほどと同じように分子同士を足し算します。 このように、分母が同じ分数の足し算は、分母をそのままにして、分子同士を足すことで計算できます。 この問題の 2 つの分数の分母は、それぞれ 2 と 3 で異なる数なので、足し算をするにはまず、通分によってこれをそろえる必要があります。 通分するときには、基本的に各分母の最小公倍数に合わせます。 2 と 3 の最小公倍数は 6 なので、今回は分母を 6 にそろえましょう。 分子と分母に同じ数を掛けても、その値は変わらないことを確認しておきましょう(お互い約分できますね)。 分母がそろったら、あとは「」と同じように、分子同士を足します。 最後の答えが約分できる分数は、忘れずに約分しましょう。 最後に、この計算の流れをまとめて書くと次のようになります。 整数の 2 を分数に書き換えると、次のようにできます。 よって、次のように計算できます。 帯分数の足し算 帯分数の足し算は、整数部分の和と分数部分の和を合わせて書きます。 次の計算問題を解いてみましょう。 よって、答えは次のようになります。 帯分数の足し算は、必要に応じて分数部分の通分をしたり、仮分数となった計算結果を帯分数に直したりする必要があります。 帯分数を使うのは小学校くらいで、中学校以降はすべて仮分数で書き表すようになるので、帯分数の足し算はそれほど重要ではないと思います。

次の