ネイビー ブルー ヘア カラー。 ヘアカラーで大人気!ネイビーブルーの楽しみ方♡スタイル&ケア方法

ヘアカラーで大人気!ネイビーブルーの楽しみ方♡スタイル&ケア方法

ネイビー ブルー ヘア カラー

青山・表参道・原宿• 恵比寿・広尾・六本木・麻布・赤坂• 代官山・中目黒・自由が丘・武蔵小杉・学大• 三軒茶屋・二子玉川・溝の口・青葉台• 品川・目黒・五反田・田町• 新宿・高田馬場・代々木• 中野・高円寺・阿佐ヶ谷• 下北沢・成城学園・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘• 池袋・目白• 銀座・有楽町・新橋・丸の内・日本橋• 上野・神田・北千住・亀有・青砥・町屋• 吉祥寺・荻窪・三鷹・国分寺・久我山• 八王子・立川・国立・多摩・日野・福生・秋川• 両国・錦糸町・小岩・森下・瑞江• 門前仲町・勝どき・月島・豊洲• 御茶ノ水・四ツ谷・千駄木・茗荷谷• 明大前・千歳烏山・調布・府中• 赤羽・板橋・王子・巣鴨• 鷺ノ宮・田無・東村山・拝島• 町田・相模大野・海老名・本厚木・橋本• 横浜・関内・元町・上大岡・白楽• 大井町・大森・蒲田・川崎・鶴見• 横須賀・小田原• センター南・二俣川・戸塚・杉田・金沢文庫• 湘南・鎌倉・逗子• 大宮・浦和・川口・岩槻• 大山・成増・志木・川越・東松山• 練馬・ひばりヶ丘・所沢・飯能・狭山• 西新井・草加・越谷・春日部・久喜• 上尾・熊谷・本庄• 東大宮・古河・小山• 流山・三郷・野田• 千葉・稲毛・幕張・鎌取・都賀• 船橋・津田沼・本八幡・浦安・市川• 柏・松戸・我孫子• 市原・木更津・茂原・勝浦・東金・銚子• 八千代・佐倉・鎌ヶ谷・成田• 宇都宮・栃木• 取手・土浦・つくば・鹿嶋• 前橋・高崎・伊勢崎・太田・群馬• 水戸・ひたちなか・日立・茨城• 梅田・京橋・福島・本町• 心斎橋・難波・天王寺• 江坂・千里中央・十三・豊中・池田・箕面・新大阪・吹田• 茨木・高槻• 堺・なかもず・深井・狭山・河内長野・鳳• 昭和町・大正・住吉・住之江• 高石・府中・岸和田・泉佐野• 門真・枚方・寝屋川・関目・守口・蒲生・鶴見• 平野・八尾・松原・古市・藤井寺・富田林• 鴫野・住道・四条畷・緑橋・石切・布施・花園• 長岡京・伏見・山科・京田辺・宇治・木津• 舞鶴・福知山・京丹後• 三宮・元町・神戸・兵庫・灘・東灘• 姫路・加古川• 川西・宝塚・三田・豊岡• 西宮・伊丹・芦屋・尼崎• 三木・北区・西区・長田・明石・垂水• 和歌山.

次の

ヘアカラーで大人気!ネイビーブルーの楽しみ方♡スタイル&ケア方法

ネイビー ブルー ヘア カラー

カシスベリージュ• カーキアッシュ• キャメルオリージュ• クリーミーココア• グレーアッシュ• スモーキーブルージュ• セピアグレージュ• セピアラベンダー• テラコッタオレンジ• ネイビーブルー• パープルアッシュ• ピンキッシュコーラル• ピンクアッシュ• ピンクコーラル• ブルーグリーン• ブルーバイオレット• プレミアムグレージュ• ベビーピンク• マットカーキ• ミルクベージュ• ミントアッシュ• メタリックアッシュ• モノトーングレージュ• ラベンダーアッシュ もっと見る.

次の

ヘアカラーで大人気!ネイビーブルーの楽しみ方♡スタイル&ケア方法

ネイビー ブルー ヘア カラー

ブルーブラックにすることはできるのか さてさてこんな素敵な髪色のブルーブラック。 カラーをすればできるのか? を始めにお伝えすると 『 元の髪色がかなり明るくないとできない』 そして 『 黒髪からではできない』 です。 一見黒っぽい青なら、「日本人は黒髪なんだし、青を染めればブルーブラックになるんじゃないか??」と考えると思います。 これは正解であって正解ではありません。 確かに黒と青を混ぜることでブルーブラックのような色を作ることができます。 しかし、 日本人の髪の毛は一見黒のようで、実は赤や茶色、黄色が濃く混じり合った色だということです。 元の色素が邪魔をする この画像は『 色相環』という波長である色を体系化したものです。 茶、黒を表現しているユーメラニン。 そして 赤や黄色を表現しているフェオメラニン の、大きく分けてこの2種類。 白髪はメラニン色素が入っていないので白色なのです。 ブルーブラックにするのに大切な色味は青。 しかし 青色は、黄色と混ざると緑色になり、赤色と混ざると紫になります。 できた緑と紫を混ぜると打ち消し合って茶色になってしまいます。 色相環で真逆にある色を『補色』と言い、補色同士を混ぜ合わせるとお互いに打ち消し合い、茶色のような濁った色になるのです。 色相環で並びあう色を表現することはとても簡単。 例えば赤と黄色をまぜてオレンジを作ることは難しくありません。 しかし、色相環の 真逆の位置にある色を表現しようとすると、色が濁って発色しにくくなってしまうのです。 日本人の色素は特に赤、茶、黄色が強く、補色関係にある青色の表現はとても難しく発色しにくいのです。 ブルーブラックを作るためには ここまでの説明で、青色をだすのに髪の毛がもともともっている色素が邪魔をすることがお分かりいただけたと思います。 ではブルーブラックをつくるためにはどうしたら良いのか。 それは単純。 髪の毛が元々持っている色素を減らしてあげればいいのです。 つまり『 ブリーチ』です。 ブリーチを使うと髪の毛のメラニン色素を一気に減らすことができます。 髪がもともともっている色素が少なくなれば、赤~黄色とは逆の青の色が出やすくなります。 黒髪のまま染めるよりもはるかに発色しやすいのです。 記事の初めに参考として載せさせていただいた写真は二枚とも毛先にブリーチがされています。 よ~く見ると、青に透明感があってキレイ出ている部分と濁っている部分があります。 それはブリーチされて色素が薄くなって青が出ている部分と、黒髪のままで濁っている部分なのです。 青にしようとしたら緑になる 髪の毛をブリーチしておかないと絶対に「青」の色は発色しません。 しかし、 ブリーチを1回2回しただけでは「黄色」が残ってしまいます。 目指すのは青っぽい黒。 緑っぽい黒ではありませんよね。 ではどうしたらいいのか 答えは 『紫』を青に少し混ぜるのです。 紫には青と赤の色素があります。 青と黄色が混ざると緑になる。 ならば、その緑になったものをさらに打ち消してあげればいい。 そして緑の補色が「赤」 なので紫を入れるのです。 もちろん黄色がたくさん残っていたり、黄色の手前のオレンジ状態ではまだまだブリーチが足りません。 どんなにブリーチしてもかならず薄い黄色は残るので、紫を混ぜてバランスをとるのです。 まとめ ブルーブラックの「青」はイメージよりずっと発色が難しい色です。 ハッキリとした青を発色させるには、ブリーチが必要。 しかし金髪に戻ってしまうというリスクもあります。 なので、「もともとヘアカラーができないから」という理由で色の濃いブルーブラックを目指すのはおススメできません。 「ほんのり青っぽいかな?」で満足できるのであればマニキュアで青を使うと、髪の毛に傷みもなく染めることができますよ。 「」 (青系ヘアカラーはコチラ)• 「」 (男女に人気のアッシュグレーカラーにする方法です)• 「」 (グレートとベージュを混ぜたヘアカラーはコチラ)• 「」 (人気のベージュカラーはコチラ) ヘアカラーの人気色についてまとめてあります。 合わせて参考にしてください。

次の