アーロ と 少年 歌。 ピクサー最新作「アーロと少年」日本版ED曲、Kiroroの「Best Friend」に決定

少年ケニヤ

アーロ と 少年 歌

概要 [ ] のを舞台に、孤児になった日本人少年ワタルが仲間のの酋長やジャングルの動物たちと冒険をする物語。 からまで「産業経済新聞」(現:)に連載されていた。 『少年ケニヤ』は大人気となり、映画化、化、、アニメ映画化なども行われた。 その人気ぶりに『少年ケニヤ』は週1回の掲載から毎日の連載になり、「産業経済新聞」が一時は「ケニヤ新聞」と言われたほどだったという。 山川惣治にとっては『少年王者』に次ぐ大ヒット作品であり、代表作ともなった。 にがアニメ映画化した際にはからでリバイバルされて、全20巻が復刊された。 公式には輸入が禁じられていたのでも、の形で出版されて人気を博した。 ストーリー [ ] 12月、日本はを攻撃。 米英と交戦状態に入った。 日本のとして英国植民地のに駐在している村上大介と10歳になる息子のワタルは敵国人として拘束されるのを恐れ、自動車で奥地へと逃れた。 途中、ワタルは父とはぐれ、ひとりぼっちとなるが、マサイ族の酋長のゼガやケートと呼ばれる不思議な美少女と出会い、彼らの助けも得ながら冒険の旅を続けて、最後は父親に巡り合う。 キャラクター [ ] ワタル 幼いときにケニヤで父とはぐれたが、たくましく成長し、父を探す冒険の旅を続ける少年。 村上大介 ワタルの父親。 勃発の混乱のさなかで生き別れたワタルを探し続け 戦争の終結も知らぬまま、密林をさまよう。 ケート 原始人の部族から「白い神」と崇められている美少女。 実は赤子の時にさらわれてきたイギリス人。 お転婆ぶりと寝相の悪さでは誰にも負けない。 ワタルと共に両親を探して旅をする。 ゼガ の酋長。 ダーナ ワタルたちのピンチに現れるワタルの守護神的な大蛇。 ちなみに連載時、兜町ではダーナが登場した日は株価が上がると言われていた。 ナンター の群を率いる巨大なアフリカ象。 ワタルの味方。 ワタル達の迷い込んだ地底世界にいた大恐竜。 ケートに惚れ込み、地上世界まで追いかけてきて暴れまわりダーナと死闘を繰り広げる。 この恐竜のビジュアルは後に山川の弟子であった絵物語作家であるがデザインしたの形態にヒントを与えたという説もある。 ラジオドラマ [ ] この節のが望まれています。 少年ケニヤ ジャンル テレビドラマ 原作 山川惣治 監督 出演者 製作 制作 NET 放送 放送国・地域 放送期間 1961年5月4日 - 1962年2月8日 放送時間 木曜18:15 - 18:45 放送分 30分 回数 41 1961年5月4日から1962年2月8日までNET(現:テレビ朝日系)で放送。 放送時間は木曜日18時15分 - 18時45分。 四部作、全41話。 制作は。 『』の後番組として放送された。 提供は『ナショナルキッド』と同じく一社。 予算は『ナショナルキッド』の一本当たり100万円を上回る130万円がかけられ、このことはマスコミに大々的に宣伝された。 原作と異なり本作の時代設定は1961年で、村上大介も原子力科学者で、国際アフリカ資源調査団の一員と改められた。 主演のは一般公募により1800人の中から選ばれており、芸名も本作に主演するためのものであった。 の主演スターだった、が出演しており、後に中山は、特撮ドラマ『』でキリヤマ隊長役を演じるが、子供向けのテレビドラマへの出演は本作品が最初であった。 本作は1本当たりの制作費が130万円ほどで、当時の通常のドラマ制作費の約2倍の予算だった。 撮影所のオープンセット以外でのロケ撮影はや、の雰囲気を出していた山林のあった などで行われた。 アフリカへのロケも行われたが、その関係で制作が遅れ、前作『ナショナルキッド』が急遽放映を延長することになった。 特撮専門誌『』でのスタッフへのインタビューに拠る アフリカロケは、大草原などの風景や動物を撮影するために行われ、日本で撮影されたドラマ部分に挿入されて臨場感を出している。 では第1話が何度か放送された事がある。 長年第2話以降のポジフィルムは行方不明になっていたが、後に東映から全話分のポジフィルムが発見され、2017年に全話収録されたDVDボックスが発売されているものの、東映チャンネルでは現在でも全話の放送はされていない。 1990年頃に、TBS『』で最終回のオープニングとラストシーンの映像が放送された。 ラストシーンは空港。 ワタルは父親と再会し日本に帰国することとなり、ケートもイギリスに帰国する。 ワタルはケートに自分の吹いていたピッコロをお別れにプレゼントすると、再会を約して機上の人となる。 キャスト [ ]• ワタル -• ゼガ(マサイ族の元酋長) -• 村上大介博士(ワタルの父) -• ロンダ(マサイ族の少女) -• ガルゴ(三魔神) -• オンドン(三魔神) -• センゲ -• ポンコ -• マサイ族 - 、、• タリタリ小僧 - (現・谷隼人)• トスネ -• ジョジョ -• バジャー国王 -• クレオ姫(バジャー国王妃) - 萩京子• 女官長エンマ -• ベラ(エンマの腹心) -• 女官ブード -• 女官アンナ -• チョウの配下 - 、• 村上博士夫人 -• ジョンソン -• マリヤ夫人 -• ナイロビの医師 -• キャサリン大尉 -• アルマス -• カラホ -• コマロ -• インテラ - 古賀京子• 伊藤タケオ -• アナウンサー -• スタッフ [ ]• 監督:仲木睦• 企画:中井義• 構成・脚本:松浦健郎• 脚本:朝島靖之助• 撮影:中町武• 照明:吉岡伝吉• 録音:大家忠男• 美術:有隅徳重• 助監督:柳生六弥• 特殊撮影:常田弘之• 編集:山口一喜• 記録:小橋菜菜• 進行:竹内源三郎• 音楽:• 主題歌:「少年ケニヤの歌」「父を探して」• 作詞:井田誠一、作曲:いずみたく、歌:児童合唱団() 放送局 [ ] 同時ネット• NET• 時差ネット• :日曜 11:00 - 11:30• (1963年に放送):土曜 17:35 - 18:05• (1963年に放送。 本放送当時は未開局):日曜 8:00 - 8:30• 映像ソフト化 [ ] にベストフィールドより全話が収録されたデジタルリマスター版のDVD-BOXが発売。 画はが担当。 同時上映は『』。 原作者の山川自身がオープニングとラストシーンの実写映像に出演した。 そのオープニングは山川が語る後ろに挿絵が流れていくというものだったが浮いているような山川の全身と輪郭の家具という大林ワールドが炸裂している。 監督にはこれまでに角川映画で3作品を監督して来た実写畑のが起用され、大林は商業用アニメ映画でありながら、さまざまな実験的・前衛的な手法を取り入れた。 さらに大林は「アマチュアの感性も取り入れたい」とも発案し、アニメーターが一般公募され、これにまだ高校生だったやらが合格。 細田は不参加だったものの、実際にうるし原がアニメーターとして作画に参加している。 ケートは12歳の少女と設定されている が、1コマだけを露出するシーンがあり、当時の角川特番では「監督のささやかなイタズラ」と称して紹介された。 テレビドラマ版の主演を務めた山川ワタル(沓名信夫)は、本作の興行について『』に完敗であったと証言している。 上映後にビデオ化され2003年にDVD化され2008年に再発された。 その露出と惨敗のせいかレンタルはビデオのみでDVDは非レンタルである。 上映前にシナリオの決定稿と絵コンテとスチールで構成された角川文庫「シナリオ少年ケニヤ」が発刊された。 キャスト [ ]• ワタル -• ケイト -• ゼガ -• シュタイン博士 -• 村上大介 -• 村上葉子 -• フォン・ゲルヒン -• ワカギ(マサイ族) -• グレ(ポラ族) -• アゲラ(トカゲ族) - スタッフ [ ]• 製作:、• プロデューサー:田宮武• 監督:• 共同監督:• 脚本:、、• 音楽監督:• 編曲:• 撮影監督:福井政利• 美術監督:田中資幸• 作画監督:我妻宏• 作画監督補佐:、山本福雄、敷島博英、八島善孝• 原画:、、、、 ほか• 編集:花井正明、大林宣彦• 製作担当:関良宏• アニメーション制作: 主題歌 [ ]• 「」(作詞:、作曲:、編曲:) 出典 [ ]• 三谷薫、中村圭子編『山川惣治 「少年王者」「少年ケニヤ」の絵物語作家』河出書房新社、2008年、pp. 4,72-83。 101。 文化放送公式サイト内• 「宇宙船」VOL. 10、1982年、朝日ソノラマ。 「ビデオコレクション1982」1981年、東京ニュース通信社、「週刊TVガイド」臨時増刊12月2日号• 64 - 65。 C0676。 C0076。 最終回」(アントレックス 2017年8月)p. 8 - 11• 真鶴町は「」のロケ地でも有名な所だった。 『』1961年5月4日 - 1962年2月8日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1961年10月19日 - 1962年2月8日付朝刊、テレビ欄。 『』(マイクロフィルム版) 1961年(昭和36年)6月、テレビ欄。 『福島民報』1963年7月6日 - 12月14日付朝刊、テレビ欄。 『福島民報』1963年10月6日 - 1964年7月12日付朝刊、テレビ欄。 2017年3月23日閲覧• 小黒祐一郎「」WEB 2009年8月11日• 『マイアニメ』1983年12月号、秋田書店。 タライふゆ 「」 WEBアニメスタイル 2006年6月19日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - の紹介ページ.

次の

シネマレビュー その16 『アーロと少年』

アーロ と 少年 歌

今回、Kiroro「Best Friend」を日本版のエンディング主題歌に起用することが判明。 Kiroroの「Best Friend」は2001年6月に発売され、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」の主題歌として人気を博した名曲。 15年経った今でも結婚式や卒業式の定番ソングとして幅広い世代から支持されており、本作では2人の声を新しく録音した新録音源「Best Friend ~Mother Earth Version~」が流れる。 以下、コメント。 ・Kiroro 玉城千春(ボーカル担当) 『アーロと少年』の日本版エンドソングに決まって、とても光栄です。 心が折れ、毎日が苦しかったのを覚えています。 声がでなくてもあなたらしく想いを伝えられればいいと、いつもとなりで綾やマネージャーが励ましてくれました。 あれからもう15年。 Kiroroは子供を産み、育てながら、また歌い始めました。 何か人生の壁にぶち当たったとき、1人じゃないんだと感じた時、今まで以上の力がでたりすることがあります。 この映画を通して、恐怖心や自分の弱さにもう一度向き合ってみようと、もうすぐ40才になる私が感じています。 これから先色々あるけれど、乗り越える力は、皆持っているということ、そして、そのあと見える景色はきっとすばらしいんだと、この映画を通して自分の心で感じてほしいと思います。 誰かと一緒なら、その力はもっと強くなるはず。 そんな誰かと、素敵な景色を見れますように。 ・Kiroro 金城綾乃(ピアノ担当) 私自身もたくさんのディズニー/ピクサー映画やディズニー映画で育ちました。 この作品を観て共に乗り越えてきた日々を思い出しました。 実をいうと、僕がこの曲を聞いた時、僕自身もまた自分の大切な友人たちと過ごした大切な日々の思い出がよみがえりました。 彼女たちのような素晴らしい才能があるアーティストと協働できたのは、本当に嬉しいことです。 ・ディズニー担当者 感動に満ちた友情の物語を贈り届けてきたディズニー/ピクサー映画の最新作『アーロと少年』は、隕石がぶつからず恐竜が絶滅しなかった地球を舞台に、大きいけれど弱虫な恐竜アーロと小さいけれど勇敢な少年スポットの奇跡の友情を描く感動のアドベンチャー・ファンタジー。

次の

ピクサー最新作「アーロと少年」日本版ED曲、Kiroroの「Best Friend」に決定

アーロ と 少年 歌

舞台は巨大隕石の衝突が回避され、絶滅を免れた恐竜たちが文明を築いた世界。 アパトサウルスのアーロはある日川の急流に飲み込まれ、生まれ育った土地から遠く離されてしまう。 目が覚めた彼が出会ったのは、人間の子供・スポットだった。 それは、大人の心にこそ突き刺さる現実的な目線と毒っ気、そして厳しい現実を受け入れたうえでもなお、挑戦し変化してゆくことの大切さを純粋に心に訴えかける素晴らしいストーリー展開があったからだと思うんですね。 本作にそれが無いというわけではないんです。 ただ、その描き方がピクサーにしてはあまりにも平坦で新鮮味に乏しいんですよ。 異なる種族同士の交流を描いた作品としてはほかに『モンスターズ・インク』がありますが、こちらが圧倒的なアイディアとビジュアルセンスで誰もがワクワクする大傑作に仕上がっていたのと比較すると、本作には明らかに物足りなさが残る。 要は、別に恐竜と人間じゃなくても成り立つんですよ、このお話。 とはいえ映像の素晴らしさはもはや実写と遜色ないレベルですし、こども向け映画として一定水準を十分に越えた作品だとは思います。 札幌市内で『アーロと少年』を上映している映画館は 「ユナイテッド・シネマ札幌(サッポロファクトリー内)」と「札幌シネマフロンティア(ステラプレイス内)」です。

次の