ライン通話 切り方。 LINEでビデオ通話をする方法

LINEグループビデオ通話の使い方!全機能を完全解説

ライン通話 切り方

スマートフォンのデータ通信費を低く抑えられる格安SIMが人気です。 すでに使っている方、検討中の方も多いと思いますが、注意していただきたいのが、電話の切り忘れが原因の長時間通話による高額請求トラブルです。 「身に覚えがない通話時間が記録された請求書が送られてきた…」 「電話をしたのは間違いないが長時間の通話をした覚えがない…」 といった相談が増えており、なかには数十時間の連続通話となってしまい10万円以上を請求されたケースも! そこで今回は、高額請求で慌てる前に知っておきたい、スマートフォンの通話切り忘れの原因と予防策についてお伝えします。 「通話終了ボタン」をタップしないと通話が終了しない スマートフォンで電話をかける際に使用する「通話アプリ」は、機種や設定、OSによって異なりますが、基本的に「通話終了ボタン」をタップしないと通話が終了しません。 「ホームボタン」や「戻るボタン」を押すと画面からアプリが消えるため、通話が終了したと考えてしまいがちですが、アプリ画面が隠れただけで実際はずっと通話状態を維持しているのです。 また、「電源ボタン」を押せば通話が切れるフィーチャーフォンに慣れている方は、スマートフォンも「電源ボタン」を押すことで通話が終了すると勘違いしてしまいますが、通話を切ることはできません(初期設定の場合)。 通話を切り忘れたとき、運悪く相手も操作ミスで通話を切らないとずっと電話がつながったままになってしまい、高額請求の原因になってしまうのです。 そして、切り忘れと同じように注意したいのが、ポケットやカバンのなかで画面になにかが触れて勝手に電話をかけてしまう誤発信です。 スマートフォンを取り出したら勝手に発信していて焦ったり、友人からガサゴソとしか聞こえない無言電話がかかってきたりした経験のある方は少なくないでしょう。 「格安SIMで通信量を節約するハズが手痛い出費になってしまった…」といったことにならないよう、スマートフォンの操作をしっかりマスターし、これから紹介する防止策も取り入れてください。 電源ボタンで通話を切れるよう設定 スマートフォンの操作と通話アプリの使い方をマスターすれば、誤操作の確率はかなり減りますが、人間誰しもミスはあるもの。 「うっかり通話終了ボタンをタップし忘れてしまった…」「通話を切ったつもりだったのに繋がっていた…」ということを防止するため「電源ボタン」で通話を切れるよう設定して、切り忘れを防止しましょう。 必ずアプリ内の切断ボタンをタップして通話を終了させてください。 誤発信を防止するには? 誤発信によるムダな通話、長時間通話を防止するには、指紋認証や顔認証、PINコードなどによる画面ロックを設定するのが一番手軽な対策となります。 スマートフォンのセキュリティも向上しますので、必ず設定しておきましょう。 誤発信防止アプリは、発信時に再確認画面が表示されたり、設定した通話時間になると通知したり自動で切断することができるアプリです。 ただし、すべての端末で正常に動作する保証はありませんので、具体的なアプリは紹介しません。 興味のある方は、「Google Play(Android)」や「App Store(iPhone)」で検索してください。 身に覚えがないのに高額請求されてしまったら? もし、身に覚えがない高額請求が届いたら、まずは明細とお使いのスマートフォンの通話履歴を確認します。 もし、明細と通話履歴が合致した場合は、操作ミスなどによる切り忘れの可能性が高く、請求額通りに支払わなければなりません。 「明細を見ても心当たりがない」「通話履歴が確認できない」「明細と通話記録は合致するが納得できない」といった場合は、通信会社のカスタマーセンターやサポートセンターに連絡して相談してみましょう。 ただし、通信会社側のデータに発信と通話時間の記録が残されている限り、免除や減額になる可能性はかなり低いようです。 その理由ですが、通信会社側では通話の内容を知ることはできず、誤魔化して支払いを逃れようとしているのか、本当に切り忘れだったのかを判断することができません。 それが10時間を超えるような常識外の長時間通話であっても、勤務時間中の長時間通話であっても例外ではありません。 また、たとえば子供が勝手に電話したといったように、契約者以外が無断で使用していた可能性も考えられるからです。 例外として、システム障害、ネットワーク障害などが発生していた場合や明らかな誤請求の場合は、免除や減額の対応となります。 また、分割払いなどの相談は受けてもらえる可能性があります。 どうしても納得できない場合は、消費生活センターに相談する、弁護士に相談するといった方法もありますが、過去の事例から判断すると料金の支払いが免除される可能性はかなり低いようです。 いかがでしたか? 格安SIMでスマートフォンを利用することが怖くなってしまうような内容だったかもしれませんが、通話の正しい切り方さえ覚えてしまえば長時間通話による高額請求の可能性はほとんどありません。 もし、初心者や高齢者に格安SIMのスマートフォンを渡す場合は、しっかりと操作を説明し、必ず電源ボタンで通話が切れる設定にしておきましょう。

次の

LINEのビデオ通話方法!無料テレビ電話のやり方を解説!

ライン通話 切り方

LINEグループビデオ通話の使い方!全機能を解説 ついにLINEがグループビデオ通話に対応しましたね。 音声電話ができるグループ通話じゃないですよ。 顔を見て話せるグループビデオ通話。 もちろん無料です。 ママ友会、女子会、家族会議、仕事の打ち合わせ、クラブや学校のグループでワイワイなどいろんな使いみちがあります。 ではさっそく使い方と機能を解説したいと思います。 グループビデオ電話のかけ方と出方 大前提としてあらかじめグループか複数人トークを作っておいてください。 グループ通話ができるのはそのグループだけです。 つまり誰でもかれでもビデオ通話に参加できるわけではなく、あらかじめそのグループに招待しておかなければなりません。 トーク画面上部のメニューの「招待」からできますので先に招待をしておいてください。 準備ができたらさっそくビデオ通話です。 電話のかけかた 電話アイコンをタップして、ビデオ通話をタップします。 たったこれだけです。 電話の受け方 電話を受けるのは簡単です。 通知がされるので通知をタップします。 トーク画面が開くのでビデオアイコンをタップすると通話開始です。 通知からじゃなく、友だち一覧からもどのグループ通話に招待されているか一目瞭然です。 立ち上げるとこんな感じ。 2人しか参加していませんが、下半分があなたです。 カメラの下部に名前が出るのでわかると思います。 グループ通話自体はなんと200人までできます。 ただ顔を見て話せるのは4人までです。 5人以上は右にプロフィールアイコンが並び、タップした人の顔が見れるという仕組みです。 注意!電話を切るときはちゃんとボタンを押すこと 普通の電話のように相手が切れば自動的に切れる、スリープになれば切れるということはありません。 電話を切るときはちゃんと電話を切るボタンをタップしなければずっと繋がったままです。 思いがけず相手に会話が聞かれることもありますのでちゃんと終了ボタンを押すようにします。 いろんな機能がある 基本的には上記だけでグループビデオ通話が開始されますが、いろいろ機能があります。 立ち上げたらこんな感じ。 顔を画すために下半分は表示していますが、メニューは左上のLINEアイコンだけのシンプルな画面です。 左上のLINEアイコンをタップするとメニューが立ち上がります。 左上の数字はグループの人数とそのうち参加している人数です。 右上のアイコンをタップするとカメラが閉じます。 ビデオ通話を閉じて他のメンバーを招待したり、他のアプリを使ったりできます。 さらに右上のメニューをタップするとインカメラと切り替えたり、他のメンバーを招待したりできます。 ハウリングするときは? キーンとか、ホワーンホワーンホワーン・・・と甲高い音が出るとき(ハウリングするとき)はミュートにしてみましょう。 画面下にもメニューがあり、マイクアイコンがミュート機能です。 普段は透明なアイコンですが、タップして白くなればミュート機能が有効になり、あなたの音声は相手に聞こえなくなります。 周りが騒がしいときやあなたが話さないときなどはこれを有効にしておき、余計な雑音はショットアウトしましょう。 寝起き、すっぴんなど見られたくない人は 夜に通話するときなどすっぴんで見られたくないときもあるでしょう。 また、プライベートな部屋を見られたくない人もいると思います。 そのときはカメラ機能をオフにすることもできます。 あなたのカメラ機能を無効にすることができます。 メニューのビデオカメラのアイコンをタップしましょう。 アイコンが白くなっていればカメラは無効です。 あなたは写っていませんので安心してください。 ただ、電話に出た瞬間はカメラ機能は有効になっていますので注意が必要です。 前回無効にしていても出る瞬間は有効になっていますのでカメラの穴を塞いでおくなど対処しましょう。 自撮りをデコるエフェクト機能がある ビデオ通話を10倍楽しくする新機能「スタンプ」があります。 いろいろ感情を表現できておもしろいですよ。 メニュー左下の顔のアイコンをタップします。 アイコンが出てくるので感情に合わせたアイコンをタップします。 上記は目がハートのアイコンをタップしたところです。 こんなのも。 ネットワークが不安定と表示されたら グループビデオ通話は音声、画像けっこうな通信量となります。 そのため、他のアプリが立ち上がっているとWifi環境でもすぐにネットワークが不安定ですという表示が出ます。 グループビデオ通話をしている間は極力他のアプリを立ち上げないようにしましょう。 また、それでも重いと思ったら、カメラをオフ、音声をミュートするなどすると軽くなりますので試してみてください.

次の

LINEでみんなと話せる「グループ通話」のはじめ方

ライン通話 切り方

ちなみに、通常の通話を行っている最中に画面内に表示されているカメラアイコンをタップするとビデオ通話に切り替えることもできるよ。 インカメラから外カメラに切り替える方法 ビデオ通話は基本的にインカメラが起動しますが、 外カメラに切り替えることも可能です。 映したい対象が別にある場合は以下の手順を参考にしてみてください。 ビデオ通話の画面内に上記のアイコンが表示されていると思います。 メンバーの招待方法 複数人でLINEビデオ通話を行いたい場合は以下の手順で操作します。 ビデオ通話用のグループを作成する• メンバーの一人が全体にビデオ通話をかける• 電話を取った後にメンバー全員がカメラをオンにする 上述したように、電話アイコンをタップすると「 ビデオ通話」という項目が表示されるので、そちらを選択してください。 通話の切り方・退席方法 また、通話から抜けたい時は通話終了アイコンをタップしましょう。 通話全体が終了されるのではなく、自分のみが途中退席という形になります。 一時離籍する際には、通話終了アイコンではなく「 ミュートボタン」と「 カメラアイコン」をタップしておくのがベターです。 ビデオ通話の料金は無料!通信量のみ ビデオ通話もLINE無料通話の機能の一部なので追加料金なしで利用することが可能。 上述の通り、通常のLINE通話を行っている最中にビデオ通話へ切り替えることもできます。 ただ、通話代がゼロ円の一方で、 データ通信量自体は消費します。 通話時間と通信量 月額料金が安い月1~3GBのスマホプランをお使いの方であれば「 電話のし過ぎで通信制限になったら…」なんて不安に感じるはず。 ビデオ通話は1GBのデータ容量で約3時間ほど通話することができるわ。 動画に比べればマシだけど、なるべくならWiFiに接続した状態で利用するのがベターね。 離席する場合はミュートアイコンとカメラアイコンをタップ。 料金について 料金自体は無料だが、データ通信量を多く消費するのでWi-Fi環境で利用するのがベター。 ビデオ通話はいつも使っている通話と同じく手軽に利用することができるから、仲の良い友人や家族間などで試してみてね。 ただし、人数によっては画面内に一度に表示できないケースもあるので、大人数でオンライン飲み会等をするならPC版のZOOMを利用するのがベターだね。

次の