皿 うどん ソース。 福岡の「皿うどん」ってどんなうどん?

孤独のグルメで紹介の長崎ソースは「金蝶ソース」!?長崎皿うどん&ちゃんぽん

皿 うどん ソース

皿うどんのロシアンルーレット 市出身の僕にとって、「皿うどん」といえばアレ。 パリパリに揚げた細麺に具だくさんの餡がかかったやつだ。 そんな僕もに住んでもう20数年になるが、では「皿うどん」と注文すると、ある店では麺がごっつい「堅焼きそば」が出てきたり、ある店では「塩焼きそば」のようなものが出てきたり、ただの「ソース焼きそば」が出てきたり……。 そんな皿うどん事情のだが、で最も歴史のある中華の老舗 「福新樓」には「皿うどん」というメニューがあるという。 「」ならぬ「皿うどん」とはどんな料理なのか。 「福新樓」は明治37年創業ので最初の中国料理店。 現在は繁華街の天神からほど近い今泉の5階建てのビルで営業する中国料理店だ。 麺は太めの中華麺で、具材は餡かけではなく、麺に絡めて炒めてある。 見た目でいえば、前述の「皿うどん」よりも焼きそばに近い。 しかし、焼きそばと決定的に違うのは……麺が旨い!もっちもちの麺は味が麺の中までしっかり染みていて、麺そのものが旨いのだ。 肉も野菜もたっぷり入っているし、見た目以上に食べ応えもある。 ボリュームもけっこうある 「皿うどん」誕生秘話 聞けば「皿うどん」は昭和初期に「福新樓」で生まれた料理なのだとか。 そもそも「皿うどん」も「皿うどん」同様、ちゃんぽんの発展系。 「『皿うどん』って言うぐらいだから、元は細麺じゃなくて太麺でしょう?」と、「福新樓」の広報担当・張端宏さん。 当時、中華麺の製麺所はにしかなく、時間をかけてから汽車で運んでいた。 しかし、加水率が高い太麺は日持ちしないため、麺が着くと傷まないように焼き固めるようになった。 それを料理として出す際にスープで煮込んで戻していたことから、「皿うどん」が生まれたのだという。 2004年に創業100周年を迎えた「福新樓」では、「原点回帰」の一環として、「昭和初期の皿うどん」を復刻。 当時の作り方同様、イカやエビなどの海鮮の代わりに蒲鉾やてんぷらを使っていると言う。 メーカーは同じの100年企業「西門蒲鉾」(区上服町)だ。 まず具材を炒める。 具材に火が通ったら、スープを入れてしばらく煮る。 スープに具材の旨みが溶け込む。 ここでいよいよ用意していた麺を投入。 旨みたっぷりのスープを麺に吸わせる。 スープがなくなるまで麺を煮るので、麺には旨みがたっぷり。 意外と食べ応えを感じたのは、麺がスープを吸って重くなっているからなのかもしれない。 スープがなくなるまで煮込む。 「皿うどん」に中華の奥義あり! 「皿うどん」の調理には「揚げる」「煮込む」「炒める」など中華料理の技法の7割が入っているため、「福新樓」の新人料理人は3年間、社員のまかないとして「皿うどん」を作り続けるのだとか。 技法を身につけるというのは当然だが、いつ誰が作っても同じ品質のものに仕上げるためでもあるという。 まあ、作る方も大変だろうけど、毎日同じものを食べる方も、それはそれで大変だ。 恐るべし、料理人への道! こちらはベテラン、料理長の張さん。 美しく盛り付け! そういう訳で、この料理が生まれた昭和初期の様子を復刻したという「皿うどん」。 なかには「二代目(の社長)が作るのをよく食べていた」と懐かしむ年配のお客さんもいるという。 「皿うどん」といえば細麺パリパリという思い込みが強かったのであまり意識していなかったんだけど、この「皿うどん」に倣った皿うどんを出している中華料理店は、にはけっこうあるらしい。 「福新樓」でも自社のオリジナルメニューだからと独占している訳ではない。 それどころか、ホームページでは、作り方を動画で公開しているのだ。 あらためて考えてみると、「皿うどん」を注文したら「焼きそば」が出てきた、と思っていたのは、もしかしたら「皿うどん」だったということもあったのかもしれない。 とにかく、にも旨い「皿うどん」があるとわかったのは、大きな収穫だったとしよう。 「皿うどん」完成。

次の

皿うどんの由来

皿 うどん ソース

Googleで見つけた長崎ちゃんぽんと皿うどんの専門店。 日曜日の昼過ぎに家内と行ってみました。 JR円町駅から丸太町通を西に向かい、中信のある交差点を少し南に入ると、こちらのお店はすぐに見つかりますが、 普段、通りすがりに目に留まるようなお店ではありません。 駐車場はお店の斜め向かいにありますので、車で行くのもアリですね。 店内はカウンター席のみ。 外観からはイメージできないくらい、スッキリと小綺麗にされています。 壁には本日使用しているお米を掲示していたり、メニューにも自家製にこだわった表記がされており、 お客さんの視点に立った店主の思いが伝わってきます。 そのメニューの中から私がいただいたのは、皿うどんの小580円、セットのヤキメシ小200円、そしてクーポンを使ってギョーザ150円(いずれも税込)。 皿うどんは小サイズとはいえ、それなりのボリュームです。 豚肉、キャベツ、ネギ、かまぼこ、きくらげと、具だくさんの餡がたっぷりとかかっています。 麺は細麺をこちらのお店で揚げたものだそうで、針金のようにカリカリです。 ムダに油っぽさもなく、このまま振り塩でいただいたら、いいビールのアテになるんじゃないかなと思えるほどのクオリティです。 かかっているのが粘性の強い餡なので、これなら最後まで麺がやわやわになってしまうことがないでしょうね。 途中で机上に置いてあった長崎生まれの金蝶ソースというのをかけると、味か一変。 しょっぱく感じるかなと思いきや、深みのある甘さが増すように感じました。 この味、どこかで食べたなと思ってフッと頭に過ったのは、東京月島で食べたもんじゃ焼きです。 揚げた麺をベビースターに見立てると、まさにベビースターもんじゃ?ともオーバーラップしてしまいますが、 いずれにも感じるのは、素朴でやさしい味で、私は大好きです。 ヤキメシは豚肉、玉子、ニンジン、玉ねぎきくらげ、かまぼこなどが入ったもの。 あっさりと軽い塩味だけで、いい意味で家庭的な味です。 これにも金蝶ソースを加えてみると、これまた味が一変。 このソース、ただのウスターソースとはちがうようです。 ヤキメシには半熟のゆで卵が付いており、これまた金蝶ソースで美味しくいただきました。 ギョーザは5個お皿にのって出てきましたが、そのひとつがなかなか立派なサイズ。 中の餡もたっぷり詰まっていてやわらかな食感です。 ニンニクもよく効いてとても美味しい餡ですね。 皮も表面をカリッと焼き上げてあるので、中の餡のふんわりとした食感との対比がいい塩梅です。 机上にある「魔法のラー油」を餃子タレに加えていただきましたが、 これも旨味が強いもので、いろんな料理に合いそうです 400円で持ち帰り用に小分け販売されています。 いただいた料理の中では、皿うどんとギョーザが記憶に残る美味さでした。 3品たっぷり食べて、お会計はなんと1,000円でお釣りがきます。 このクオリティとCPなら行列必至のお店であっても何ら不思議ではないのですが、どうやら今は"穴場の名店"のようです。 お店の方に伺うと、店主が長崎で修行されたので、金蝶ソースも置いておられるのだそうです。 初めての利用ですが、すっかりファンになってしまいました。 今回は食べれませんでしたが、こちらには「尚丼(ひさどん)」という中華丼のようなご飯ものがメニューにあり、とても興味がそそられます。 次回はこの尚丼と皿うどんの小をいただくことにします。 あっ、でもギョーザも外せないな…。 尚丼は中サイズからなので、かなり空腹状態でお店に入らないと…。 美味しいお店を見つけられてラッキーでした。 ごちそうさまでした。 [夜] ¥1,000~¥1,999 [昼] ~¥999 支払い方法 カード不可 電子マネー不可 サービス料・ チャージ チャージ料なし 席・設備 席数 12席 (カウンターのみとなります。 ) 個室 無 貸切 可 (20人以下可) 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 有 店舗斜め向かいの砂利の駐車場に3台。 向かいの建物横に1台。 合計4台駐車できます。 店名のプレート有り。 空間・設備 落ち着いた空間、席が広い、カウンター席あり、有料Wi-Fiあり 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー 料理 野菜料理にこだわる、健康・美容メニューあり、ベジタリアンメニューあり 特徴・関連情報 利用シーン | | こんな時によく使われます。 ロケーション 隠れ家レストラン、一軒家レストラン サービス テイクアウト お子様連れ 子供可 小さなお子さま用の椅子もご用意しております。 ホームページ 公式アカウント このHTMLタグをブログに貼り付けると、お店の地図や情報を掲載することができます。 長崎ちゃんぽん・皿うどん専門店 尚 関連ランキング:ちゃんぽん 円町駅、花園駅、西大路御池駅.

次の

孤独のグルメで紹介の長崎ソースは「金蝶ソース」!?長崎皿うどん&ちゃんぽん

皿 うどん ソース

ど~も! 長崎出身のじろーパパです。 静岡に来て早10年。 コチラに来てモヤモヤと思っていることがあるんです。 それは、リンガーハットのおかげですっかり全国に広まっている長崎名物 『皿うどん』の食べ方について。 お店で写真のような状態で出てきて、そのまま食べてイマイチ美味しくないなんてレビューをたまに見かけることがあります。 驚くことに私の知り合いの同じ九州の宮崎県民でさえ、皿うどんはあんまり美味しくないと言っていました。 その方もソースをかける事を知りませんでした、、、。 いやいや、ちょっと待ってください! そりゃそうでしょう。 だってそれはまだ料理としては完成していないのですから。 餃子にタレをつけずに食べますか? ずっとごまラー油の出前一丁にごまラー油を入れずに食べますか? つまりそういう事なんです。 皿うどんはウスターソースをかけて初めて完成と言えるのです! なので、 皿うどんにソースは必要なんです! ソースは中濃ソースではなく 必ず ウスターソースで食べましょうね。 そこで今回は 『皿うどんの歴史と美味しい食べ方』をテーマに書いてみたいと思います。 皿うどんの歴史 鎖国時代に日本で唯一外国と交易し、外来文化を取り入れ独自の文化を築いてきた長崎。 その長崎に 中国からの影響で出来た料理が、ちゃんぽんや皿うどんなのです。 古くは江戸時代まで遡り、当時の中国人たちが街へ出て庶民相手の中国料理店を出すようになると、海の幸が豊富な長崎の風土が融合し、 中国と日本の文化が混ざり合って出来た庶民の料理が始まりだと言われています。 明治時代、当時日本のうどん屋では「かけ」や「もり」のうどんが10銭だったのに対し、中国人の店では 「魚介」「豚肉」「野菜」などがタップリ入って同じ10銭だったらしく、庶民に大変人気があったそうです。 大皿に盛られた皿うどんを、みんなでつつくという文化もこの頃から生まれたようです。 POINT 麺には 細麺と 太麺 の2種類があります。 お馴染みの 油で揚げてあるパリパリした食感の細麺が有名ですが、もちもちした食感の 太麺(ちゃんぽん麺)もあります! どちらもソースをかけるのは共通です。 【美味しい食べ方】 細麺タイプの場合で パリパリした食感が好きな方は、あんが面に馴染む前に素早く食べましょう! 逆に、 しっとり食感がお好きな方はしばらく麺をつぶしながらあんが馴染むのを待って食べると良いでしょう! 時間にして約10分も置けば、麺にアンがしっかり馴染んでしんなりしてきます。 太麺タイプの場合はソースをやや多めにつけて食べると、麺のもちもち感とあんの甘辛さが融合してとても美味しくなります。 皿うどんに酢は合うの? ある番組でマツコ・デラックスさんが、皿うどんに酢とソースをかけると言ってから反響がすごかったそうです。 長崎県民からすると 「そがんか食い方せんばい!」(そんな食べ方はしないよ!) 「えったふうけろ!」(あまりふざけないで!) 「酢ばかけて食うもんがあるもんか!」(酢をかけて食べる人なんていないだろ!) というお叱りの言葉が出てきそうですが、実はあながち間違いでも無いんです。 おススメのソースは? 先ほどからソースをかけるというお話をしてきましたが、ウスターソースで特におススメなのが長崎名物 金蝶ウスターソースというご当地ソースなんです! リンク このソースを作っているのは、長崎県民で知らない人はいないであろう チョーコー醤油という会社です。 その会社が 地元長崎中華街で中華屋さんに何度も意見を聞いて、改良に改良を重ねて出来たのが金蝶ソースなんです。 一般的なウスターソースは、どちらかというと甘めに作られています。 それに対し金蝶ウスターソースは 酢をベースにしてそこに20種類以上の香辛料をブレンドし、酸味の効いたスパイシーなウスターソースに仕上がっています。 つまりマツコ・デラックスさんが言っていたのは、市販で売られている甘みの強いウスターソースに酢を加えることにより、金蝶ソースに似た味になったということなんですね。 詳しくはHPをどうぞ 地元でおススメの太麺皿うどんのお店 今はリンガーハットのおかげで、太麺タイプも世の中で知られるようになってきましたが、本場長崎では麺が独特のお店があったりします。 もし長崎に行かれるようなら、長崎空港がある大村市で 「かねやす食堂」で太麺皿うどんを食べてみて下さい。 ちゃんぽんや皿うどんとセットで頼む事が多いのでご紹介しておきます。 大村名物『大村角ずし』って何? 大村角ずしとは押し寿司で、 武士が刀で切ったから角すしと呼ばれるようになったと伝えられています。 錦糸卵の下には、かまぼこやかんぴょう、柏漬け、しいたけなどが入っています。 まとめ いかがだったでしょうか? もし今までソースをかけずに食べていた方は、ぜひソースをかけて食べてみて下さいね。 皿うどんはウスターソースをかけて初めて完成する料理である• 鎖国時代に、中国からの文化が入ってきた長崎で生まれた日本と中国の融合料理• 皿うどんには細麺と太麺がある• 細麺は、好みによって食べ方が変わる• パリパリ食感を楽しみたいなら、あんが馴染む前に素早く食べる!• しっとり食感がお好きな方は、10分ほど置いてあんが馴染むように麺を潰しながらゆっくり食べる!• ウスターソースは金蝶ソースがおすすめ!• 太麺はソースをやや多めにかける。 太麺なら「かねやす」がおすすめ!• ちゃんぽんや皿うどんと相性が良いのが「角すし」で「やまと角すし」が有名 今や全国的に知られる料理となった皿うどん。 ウスターソースをかけるということを知って、より美味しく食べてもらいたいと思い記事にしました。 特に金蝶ソースは安くてネットでも買えるので、ぜひ味わってみて下さい。 愛車はH8年式の500psのBCNR33GT-Rです! NROC エヌロック)というチームに所属しツーリングやオフ会を楽しみながら、日々子育てに奮闘しています。 2017年7月に古物商許可証を取り、副業で中古車販売をしております。 アーカイブ アーカイブ タグ.

次の