映像 研 に は 手 を 出す な 実写。 齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月が出演する、実写版「映像研には手を出すな!」の映像初解禁!さらに最新ポスタービジュアルが完成!映画の前売券&特典情報も解禁!...|ニュース|乃木坂46公式サイト

【映像研には手を出すな!】見逃し動画の無料視聴&再放送情報!

映像 研 に は 手 を 出す な 実写

乃木坂46の齋藤飛鳥(21)山下美月(20)梅澤美波(21)が出演する映画「映像研には手を出すな!」(英勉監督)の公開日が5月15日に決まり、公開に先駆けてTBSなどでドラマが放送されることが17日、分かった。 3人が壁に貼り付けられている先行ビジュアルも解禁。 約3カ月間の過酷なロケに臨んだ3人の声も聞いた。 【横山慧】 引用: 今回、実写化される作品 「映像研には手を出すな」は「月刊!スピリッツ」で16年から連載している大童澄瞳氏の同名漫画が原作となっています。 主演の齋藤飛鳥さんは極度の人見知りだが、アニメのアイデアを次々と生み出す主人公の浅草みどり役。 山下はカリスマ読者モデルながらアニメーターを目指す水崎ツバメ、梅澤は金もうけが得意なプロデューサー気質の金森さやかを演じることとなっています。 実は皆さんには内緒で、ドラマも撮っておりました。 映画とドラマを同時進行で撮影した3ヶ月間、とても刺激的な時間を過ごしたような気がします。 誰も想像ができない「映像研には手を出すな!」の実写化。 あの世界が映画になるだけでもすごく興奮するのに、まさかの、ドラマまで作っちゃう。 企画してくださったのは東宝さんなのでしょうか? 流石でございます、驚嘆させられました。 そしてどうやら3ヶ月もあると、周囲の皆様が役に対して愛着を持ってくださるという事がわかりました。 それは我々にとってものすごく、本当に有難い事です。 更に同じようにお客様にも愛着を持ってもらうには、私には、観てもらう以外の方法が見つけられません。 とにかく世界中沢山の方に届くように、バカらしくも愛おしい3人の小さなやりとりで、誰かがホクホクしてくれるように、今はそんな事ばかりを考えています。 どうか…どうか音響さま、CGさま、監督の凄腕編集、色々な素晴らしい力によって、我々が映像研の世界を壊さぬような出来栄えになっていることを心から願っています。 お手柔らかにお願い致します…。 原作を読んだときに、「夢と現実の境界線を壊せるから、私は映像の世界が好きなんだ」と改めて思いました。 これはそんなロマンが詰まっている作品です。 私は映像研に手を出す、大・生徒会長 道頓堀透役ですが、道頓堀も自分なりの正義と情熱を持っているどこか愛おしいキャラクターなので、少しでも愛していただけたら嬉しいです。 ドラマでは、色々なことに半端ない情熱とこだわりを持った個性的な部活動がたくさん登場し、それぞれの対峙が本当に面白く、撮影中も笑いをこらえるのが大変でした。 スタッフ・キャストの皆さんの情熱が溢れる明るい現場で、本格的なドラマ撮影が初めての私にとってもすごく楽しかったです。 その世界観に無理矢理引きずり込まれるような…本当に恐ろしくなるほど魅力的な作品です。 私が演じる阿島は芝浜高校の斬り込み隊長と呼ばれる警備部のボスです。 原作ではまだフォーカスされていないので皆様の中でも謎に包まれたキャラクターなのではないでしょうか。 私も悩みながら、監督と相談して1からキャラクターを創り上げました。 自由気ままな阿島をどうやったら面白く表現できるか、自分に何ができるのか、を意識しながら精一杯挑戦させて頂きました。 私史上最高に、暴れに暴れた作品です。

次の

映像研には手を出すな 実写化の評価が想像以上!CG技術もすごい

映像 研 に は 手 を 出す な 実写

先日、大童澄瞳の同名漫画を鬼才・湯浅政明がアニメ化した『映像研には手を出すな! 』の最終回が終わった。 クリエイター賛歌でありながら、異様なまでに創作活動における時間と金銭コストリミットを意識させた作りは、本業でマネジメントを行い、趣味でブログ活動を行なっている私にとって生涯のバイブルとも言える作品になりました。 原作漫画は全巻揃えているものの、アニメ最終回以降の物語が描かれている4、5巻を1週間に1話ペースで味わって読んでいる程にこの物語に魅せられてしまった。 タイトルにもあるではあるまいか! 《映像研には手を出すな! 》 とはいえ監督が某福田雄一ではなく、英勉だったのは不幸中の幸いだったとも言える。 『』では、現実世界だったら怒り出してしまいそうな程クレイジーなヒロインを、スクリューボールコメディのヒロインが如く疾風怒濤フレーム内を駆け巡らせることでコメディとしての面白さを最大限まで引き上げることに成功した。 またそのアップデート版として描いた『』 ブンブンシネマランキング2017年新作邦画部門第10位 では、失速する暇を与えないぐらいのスピードでヒロイン平祐奈をいかに可愛く面白く撮るかを徹底して画面に落とし込んでいた。 反対に『』では、この手の作品でフォーカスが当たらない、学校のウォールフラワーに着目し、ウォールフラワーが立派な花に生まれ変わる様を描き切った。 さて白羽の矢が立ったであろう企画『映像研には手を出すな! 』実写化計画をどのように英勉監督が調理したのだろうか、原作やアニメ版と比較しながら分析していこうと思います。 尚、原作やアニメ版の ネタバレも込みで語っていくので、未見の方は要注意です。 ・ もくじ• 大衆レベルに微分するということ 英勉監督の鋭いところは、サブカルチャー、オタクカルチャーといったものを、大衆レベルにまで微分し、万人の物語に落とし込むところだ。 昨今の、日本のコメディ映画に欠けているところでもあり、業界人の内輪ネタを面白がれと観客に押し付けている作品とは違い、彼の場合は何がカルチャーを動かしているのかを捉えている。 そして第壱話では、彼の拘りがユニークな原作の掘り下げに繋がってくる。 何と言っても、原作及び漫画版では描写不足であった、他の部活や生徒会の動きを初回から物語の中心に持ってきているのだ。 まさか、初回から生徒会と部活動の助成金を巡るディスカッション劇を中心に持ってくるとは思いませんでした。 また、 原作では炭水化物革命研と生徒会との闘いが描かれていたのに対し、ドラマでは応援部と生徒会との闘いに変わっている。 原作では、多様性や最強の世界を意識するあまり囲碁サッカー部が出現してもおかしくない世界観になっているのだが、実写でそれを行なってしまうと途端に文化祭の茶番劇に見えてしまうだろう。 また、原作を知らぬ者、特に乃木坂46目当てで観る人を困惑させてしまうし、現実世界にないような部活をここで提示すると文字情報で原作漫画級に説明をしなくてはならなくなる。 赤坂太輔の『フレームの外へ: 現代映画のメディア批判』が批判する、映像が持つ武器であるフレームの使用を諦めてしまうような文字情報に隷属的な演出は、個人的に大衆娯楽作品においてある程度必要なものであると考えている。 それを最小限に抑えるための部活名変更は英断だったと言えよう。 英勉監督はポピュラーな部活動に毎回ユニークなエピソードを付加させ、今後《映像研》と驚くべき融合を成し遂げる予感を匂わせる。 応援部は普段応援されないような人たちを応援するのが使命です。 だからこの部は大事なんですとプレゼンテーションを行う。 それに対して生徒会は、我々が助成するのは応援にあたるが、そんな我々を応援するのは一体誰なんだとカウンターをかけて応援部を玉砕する。 また、野球部は《野球観》の違いで外野と内野が喧嘩をしているのだが、外野サイドに立っているマネージャーが口出しすると「外野は黙ってろ! 」と墓穴を掘り、沈黙してしまう。 原作が持つ、議論の中で滲み出る矛盾をエンターテイメントとして描きこむ演出を的確に捉えながらアレンジを加えているのだ。 このように英勉監督は、誰でも『映像研には手を出すな! ルッキズム問題とどう向き合うのか? 本ドラマを語る上でどうしても避けられないのは、ルッキズム問題だ。 漫画やアニメにおいて、この手の青春キラキラものやサブカルチャーもののヒロインはどうしても美女になりがちだ。 ましてや《アニメ》についての作品ならサークルの姫的感覚で美女を中心に添えがちだ。 大童澄瞳の場合、それを真っ向から否定し、小柄で少年的な浅草みどり、背が高く高圧的な金森さやか、そして美少女モデルでブルジョワでありながらもその美や富を自ら行使することを否定し続ける水崎ツバメを主役にこの物語を描いている。 そして物語の中に登場する生徒は、多国籍でありながらその国籍については一切触れない。 男だから、女だからといったこともなく、人として愚直に向き合う姿が投影されている。 そんな物語を 乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波で構築しようとすること自体が大問題であり、実写版はルッキズム問題を無視した結果となってしまった。 しかしながら英勉監督は、こういった問題も別な角度から斬り込むことで、傷を最小限に留めている。 それこそが、他の部活動に焦点を当てることにある。 またアニメ版を知る者からすると、違和感が出てしまう齋藤飛鳥の演技は、美貌を活かしつつも、彼女の美貌に似つかわしくない台詞をまくしたてるようにひたすら語らせることで、思春期、所謂厨ニ病特有の言葉と精神、あるいは言葉と肉体が乖離している様を体現している。 明らかに適任者がいないであろう、浅草みどり像を齋藤飛鳥の特性を引き出しつつ魅力的に演出してみせるところがまた英勉らしい手腕と言えよう。 アニメ内アニメを実写内アニメに翻訳すること さて、いよいよ一番の難関 《アニメ内アニメを実写内アニメに翻訳すること》について語るとします。 湯浅政明のアニメ版では、カット割でアニメが動くところを表現していた原作に対して、アニメの中の現実とアニメの中の虚構をグチャグチャに交差させることで、アニメの中であっても虚構の世界に興奮する人をアニメの中の人と同様の立場で享受することができた。 これは湯浅政明が『マインド・ゲーム』から『ピンポン THE ANIMATION』、『夜は短し歩けよ乙女』で度々描いてきた、アニメの中で絵を歪ませることで別次元の虚構を生み出す技法の集大成とも言えよう。 では、実写ではどうなのだろうか? キリル・セレブレンニコフが『』で、アングラバンドの男の感情が高まると落書きが世界を侵食し始め音楽が流れる演出を通じて、ミュージカル映画におけるリアルを失う瞬間を強調し、尚且つ音楽が持つ既成観念や社会に対するアンチテーゼの要素を深層部まで掘り下げることに成功した。 英勉のドラマ版でも同様の手法が取り入れられている。 3人が遂に集結し、最強の世界を目指してアイデアを交換する。 すると、部屋は工場に様変わりする。 本棚や机は、線描画で塗りつぶされ、虚構の脚立とリアルな脚立が共存する。 やがて、その線が生み出す乗り物は、3DCGのような特撮のような曖昧さを持ったものとなり、白組よろしくな虚構を自由に飛び回る演出となる。 大童澄瞳一色で塗りつぶされた原作、湯浅政明タッチ一色で塗りつぶされたアニメ版に対して、様々なタッチが飛び交う世界を描くことで、『映像研には手を出すな! 』に絡み付いていた蔓を薙ぎ払い、自由に空へと放つことに成功させたのだ。 まだまだ不安なところもありますが、一先ずは大満足である。 ひょっとしたら一時期考えていた大根仁がメガホンを取るよりかずっと良い作品に化けるかもしれません。 来週が楽しみで夜も眠れません。

次の

実写映画「映像研には手を出すな!」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

映像 研 に は 手 を 出す な 実写

2020年02月18日 09時00分 実写映画版「映像研には手を出すな!」の公開日&ドラマ版放送が決定、第1弾ビジュアル解禁 乃木坂46の齋藤飛鳥、山下美月、梅澤美波主演で実写映画化される「 映像研には手を出すな!」の公開日が 2020年5月15日 金 に決定しました。 また、映画公開に先駆けての TVドラマ化も決定しています。 映画『映像研には手を出すな!』公式サイト 公開日決定に合わせて、以下の第1弾ビジュアルも公開となりました。 「設定命」で様々な設定を湯水のように生み出す極度の人見知り主人公・浅草みどり 演:齋藤飛鳥 俳優一家に生まれて自身はカリスマ読者モデルながら、自分を表現するためにアニメーターを目指す水崎ツバメ 演:山下美月 浅草と水崎の才能を使ってアニメを作り一儲けを企むプロデューサー気質の金森さやか 演:梅澤美波 3人は「映像研究同好会 映像研 」で「最強の世界」を創り出すことに邁進していきます。 その映像研の前に立ちはだかるのが、部活動の予算管理・承認を行う「大・生徒会」。 果たして浅草たちは、「公立ダンジョン」と表現される芝浜高校を舞台にしたアニメを創ることができるのか。 ドラマは全6話構成で、ドラマの最終回が放送された週末から映画が公開されるというスケジュールになるとのこと。 MBSでは4月5日から毎週日曜24時50分、TBSでは4月7日から毎週火曜25時28分に放送開始です。 各スタッフ&キャストからのコメントを、過去に発表されたものも含めて以下にまとめました。 「映像研には手を出すな!」原作 大童澄瞳: オーケー、君の心を代弁しよう。 「『映像研には手を出すな!』には手を出すな!」 禁断の書に触れる十字架をボクは背負うんだなと。 やるんだったら実写でしか出来ない『見たことない映像研』をやるしかない! 乃木坂さんの背中に隠れて、頑張ろうと思います。 皆さま、手柔らかに。 浅草みどり役 齋藤飛鳥: 独特な世界観が描かれる作品。 こんな世界は今まで一度も体験したことがありません。 作者である大童澄瞳さんの妄想、描きたい世界が余すことなく描かれているこの作品は、初めて触れた時の衝撃がとても大きく残りました。 どうなるか?私はどうすればいいのか?全くわかりません。 誰も想像のできないこと。 実写化が本当に実現したら、それを成し遂げた製作陣の皆様は天才です。 こんなに素晴らしい作品。 自分の中に在ったものを真っ直ぐ描いている作者様は天才です。 その作品に出演する私。 天才の皆さんに、必死について行く他はありません。 「映像研」を研究して、研究して、その世界に足を踏み込んでも邪魔にならないように、心を込めて精一杯、演じさせて頂きます。 水崎ツバメ役 山下美月: この作品に触れて、フィクションには夢と希望と情熱が詰まっていると大きな衝撃を受けました。 とにかく何か大きな世界を創ってみたい、想像力を爆発させてみたいという願望が止まらなくなる作品です。 妄想と現実が入り交じるこの世界をどのように映像にしていくのかまだ未知数ではあります。 ですが制作陣の皆様のお力をお借りしなから、「私の考えた最強の世界」をリアルに創ることができたら最高に格好良いなとワクワクが止まりません。 賑やかに楽しくそして真っ直ぐで爽やかなわちゃわちゃとした毎日を、皆様にも感じていただきたいです。 3人のセンスがぶつかり合う熱く情熱的な映像研を描いていけるよう、精一杯頑張らせていただきます! 金森さやか役 梅澤美波: この作品を初めて読んだ時から、見た事のない描写で描かれるその世界に気づけば惹き込まれていました。 自分の描く世界がこの空間に創られていく、、、忘れかけていた挑戦心や屈しない姿勢、この作品を通して自分自身物凄く力をもらった気がします。 電撃3人娘が創る"最強の世界"。 私達もその世界に入り込めるのだと思うとワクワクしてなりません。 今は正直、彼女たちが妄想するあの世界を本当に再現できるのか?どうなっていくのか? 全く予想もできません。 スケールが莫大すぎて頭の中では想像すらできません。 けど、だからこそやりがいがあるのでは?と感じています。 制作陣の皆様、共演者の皆様とディスカッションしながら、金森さやかのどこか刺があるようで暖かい独特な雰囲気で浅草氏、水崎氏の良きパートナーになれるよう、この作品にいいスパイスを加えられるよう精一杯務めてまいります。 飛鳥さん、美月と共に、"最強の3人"になれるように。 自分自身にとってかなりの挑戦になるかと思います。 とてもワクワクしています。 楽しみにしていてください。 道頓堀透役 小西桜子: 映画、ドラマ、アニメ エトセトラ…が大好きな私にとって、『映像研には手を出すな! 』は好きのど真ん中でした。 原作を読んだときに、「夢と現実の境界線を壊せるから、私は映像の世界が好きなんだ」と改めて思いました。 これはそんなロマンが詰まっている作品です。 私は映像研に手を出す、大・生徒会長 道頓堀透役ですが、道頓堀も自分なりの正義と情熱を持っているどこか愛おしいキャラクターなので、少しでも愛していただけたら嬉しいです。 ドラマでは、色々なことに半端ない情熱とこだわりを持った個性的な部活動がたくさん登場し、それぞれの対峙が本当に面白く、撮影中も笑いをこらえるのが大変でした。 スタッフ・キャストの皆さんの情熱が溢れる明るい現場で、本格的なドラマ撮影が初めての私にとってもすごく楽しかったです。 命を懸けて好きなものに全力で向かっていく姿はみんなかっこいい! 是非、映画もドラマも楽しみにしていて下さい! さかき・ソワンデ役 グレイス・エマ: 初めて原作を読んだとき、さかき・ソワンデのカッコよさに惚れました! 役が決まった時、原作のソワンデのイメージを壊さないかとか、何より本格的な演技が初めてだったので不安でした。 その反面、映像研の世界がどう表現されるのかワクワクしました! 撮影現場はそんな私の不安も時飛んでしまうぐらい楽しかったです! 監督をはじめキャストの皆さんも優しくて、そういった雰囲気も伝わるといいな、と思います。 素敵な作品に関わることができ、本当に光栄です。 最強の世界を楽しみに待っていてください! 阿島九役 福本莉子: どこを見ても大童先生の夢とロマンがページの中で生きている。 その世界観に無理矢理引きずり込まれるような…本当に恐ろしくなるほど魅力的な作品です。 この魅力を実写で表現する事にプレッシャーを感じていますが、でもそれ以上に電撃三人娘が織りなす"最強の世界"を間近で目撃出来るのが楽しみで堪りません。 私が演じる阿島は芝浜高校の斬り込み隊長と呼ばれる警備部のボスです。 原作ではまだフォーカスされていないので皆様の中でも謎に包まれたキャラクターなのではないでしょうか。 私も悩みながら、監督と相談して1からキャラクターを創り上げました。 自由気ままな阿島をどうやったら面白く表現できるか、自分に何ができるのか、を意識しながら精一杯挑戦させて頂きました。 私史上最高に、暴れに暴れた作品です。 大・生徒会、いや、「映像研には手を出すな!」を楽しみに待っていてください!! なお、実写版撮影時のオフショットなどが公式Instagramで公開されています。

次の