セレナ 新型 2019。 日産 新型 セレナ e

日産 新型セレナ値引き交渉マニュアル2020年7月の値引き動向は?

セレナ 新型 2019

販売ランキングの上位には、軽自動車のホンダ「N-BOX」やスズキ「スペーシア」、小型車の日産「ノート」やトヨタ「アクア」など、比較的安い価格帯の車種が数多くランクインしている。 だが、セレナは手頃なグレードでも270〜300万円に達するにもかかわらず、人気のコンパクトミニバンであるトヨタ「シエンタ」をも僅差で抑えている。 そのようなことを考えると、セレナの販売は目下好調と言えるだろう。 そんなセレナへ、2019年8月にマイナーチェンジが施された。 今回のマイナーチェンジで最も注目したいのは、「フロントフェイス」が変わったことだ。 マイナーチェンジ後の日産 新型「セレナ」。 左がノーマルグレードで、右がハイウェイスター 従来のセレナには、水平基調でシンプルなフロントフェイスが採用されていたが、マイナーチェンジによって押し出し感が強いデザインへと変更された。 昨今のミニバンユーザーには、個性が強く存在感のあるフロントフェイスが好まれるため、マイナーチェンジによって流行りのデザインへと改められたのだ。 日産 新型「セレナ」ハイウェイスターのフロントフェイス部分のアップ。 トヨタ「アルファード」などを連想させるようなデザインパターンながら、日産のアイデンティティーである「ダブルVモーショングリル」も採用されている 特に大きく変わったのが、「ハイウェイスター」グレードだ。 たとえば、トヨタ「アルファード」や「エスクァイア」などを連想させるような、細かなクロームを散りばめたようなフロントフェイスが、ハイウェイスターに採用されている。 またハイウェイスターでは、リアコンビランプについてもノーマルグレードと異なる専用パーツが採用されている。 日産 新型「セレナ」ハイウェイスターには、テールライトも専用のリアコンビランプが採用されている 日産 新型「セレナ」のヘッドライトには、日産初の「アダプティブLEDヘッドライトシステム」が採用されている。 新型セレナには、日産車初の「アダプティブLEDヘッドライトシステム」が設定されている。 ハイビームで走行中に前方の対向車などを検知すると、片側に12個ずつ配置されたLEDライトの照射範囲を変えることで、ハイビーム状態を保ちながら対向車両の眩惑を抑えてくれる。 この機能は、「ハイウェイスターV」や「ハイウェイスターG」には標準装備されており、ノーマルボディの「XV」などでは9万1,800円(LEDフォグランプを加えると10万2,600円)のメーカーオプションになっている。 そのほか、「インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)」や「LDW(車線逸脱警報)」については、以前はオプション設定であったものがマイナーチェンジによって全車標準装備となっている。 また、「踏み間違い衝突防止アシスト」なども標準装備へと変更された。 運転支援機能の「プロパイロット」については、制御そのものが見直されている。 ドライバーが設定した速度を下り坂でも維持するためのブレーキ制御などが、以前に比べて滑らかになった。 セレナは、上記のような改善が加えられたことで安全性が高められているが、価格については割安だ。 特に、「ハイウェイスターV」(293万2,200円)は、マイナーチェンジ前に比べて5万7,240円値上げされたが、それ以上に装備を充実させている。 前述した、「アダプティブLEDヘッドライトシステム」(LEDフォグランプ付き/オプション価格は10万2,600円)や、「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」「BSW(後側方車両検知警報)」などを標準装備。 総額では、安全面を中心に22万円相当の装備が加わっているので、値上げ額を差し引いても約16万円割安になっている。 ただし、2019年8月上旬に販売店にたずねたところ「マイナーチェンジ前の在庫車が相当に残っている」と言う。 在庫車は安全装備が少なく、マイナーチェンジ後の車両に比べると価格が16万円ほど割高だが、値引き額も大きく「40万円以上は値引きする」とのことだ。 口頭で40万円なら、商談が進めば50万円近い金額になるだろう。 いっぽう、マイナーチェンジ後の値引きは20万円前後だから、安さを重視して在庫車をねらうという手もあるだろう。 また、日産では2019年9月30日までに「プロパイロット」「プロパイロットパーキング」「インテリジェントクルーズコントロール(ICC)」のいずれかを搭載する日産車を購入したユーザーを対象とした、「先進技術乗りかえキャンペーン」を実施している。 このキャンペーンを適用すれば、新旧セレナともにプロパイロットを装着した車両などを選ぶことで、メーカーから10万円のキャッシュバックが受けられる。 たとえば、在庫車のセレナ(プロパイロット装着車)を45万円の値引きで購入すれば、キャッシュバックを含めて55万円安くなるわけだ。 日産 新型「セレナ」を消費税増税前に購入するなら、8月のなるべく早い段階で契約しておきたいところだ マイナーチェンジを受けたセレナの場合、販売店によると「今のところ、新しいセレナの在庫車は少ない。 8月上旬にメーカーに発注した場合、お盆休みも入るから登録は9月中旬から下旬になる」と言う。 もし、マイナーチェンジを受けて安全装備を充実させたセレナを消費増税前に購入(9月中に登録を済ませないと消費税は10%になる)するなら、なるべく8月のなるべく早く段階で契約を済ませておいたほうがいいだろう。

次の

セレナのグレードの違いと売れ筋ランキングを解説!人気はVグレード

セレナ 新型 2019

マイナーチェンジ後の日産セレナ外観レビューです。 外観の変更点として、日産のアイデンティティとしている「Vモーション」がより強調され、よりスポーティなデザインとなっています。 納期:1ヵ月~2ヵ月 納期に関しては落ち着いており、売れ筋グレードなら標準的な納期となっています。 日産 セレナ インテリアカラー Gray & Black Interior 「新型セレナの値引き相場と納期がわかった!すぐに商談に行く!」。 しかし、 焦りは禁物。 商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。 自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、セレナの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、 買換え全体では損をする事になります。 まずはなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。 複数社に査定してもらうと査定の差額は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると すぐに相場がわかります。 新型セレナを見に行って 下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。 0L グレード 燃料消費率 税込価格 円 X 17. 0L グレード 燃料消費率 税込価格 円 X 15. 最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。 0L直4で、アシスト用モーターの付いたS-HYBRIDとなります。 e-POWERは、エンジンが1. エンジンは発電専用で、モーターの動力のみで走行するのが特徴です。 4WDは多くのグレードに設定されていますが、e-POWERは2WDのみとなります。 セレナのグレード構成 グレード構成はノーマルモデルがエントリーグレード「X」、中間グレード「XV」、上級グレード「G」の3種類。 また、内外装がスポーティーな「ハイウェイスター」、さらにスポーティな「AUTECH」と豊富なバリエーションが用意されています。 セレナのおすすめグレード セレナの特徴であるe-POWERによるモーターでの走りを楽しめつつ、装備が充実した中間グレードの「e-POWER XV」がおススメグレードです。 セレナの見積もり価格 おススメグレードの「セレナ e-POWER XV」に以下の装備を選択したケース• 0:361,328 円• ベーシックパック(フロアマット、ドアバイザーなど):99,360 円 車両本体(e-POWER XV(2WD)) 3,167,640 円 ナビレコお買い得パック 361,328 円 ベーシックパック 99,360 円 自動車取得税 79,100 円 自動車取得税(エコカー減税額) -79,100 円 自動車重量税 30,000 円 自動車重量税(エコカー減税額) -30,000 円 自賠責保険 36,780 円 自動車税(9月登録の場合) 17,200 円 リサイクル費用 10,780 円 登録諸費用(参考価格、消費税込) 49,299 円 支払い総額 3,742,387 円 (見積り作成は2019年9月16日時点) 標準的な値引き交渉で20万円+端数カットをしてもらった場合、セレナe-POWER XVの乗り出し価格は354万円となります。 人気のe-POWER搭載車という事もあって、ナビを装着すると350万円オーバーとなりましたが、更なる値引き交渉や社外品ナビにするなどで、乗り出し価格はまだ下げる余地があると思います。 特に市街地走行における発進・加速時にモーターの動力でアシストするため、市街地走行での低燃費性能に優れています。 5 5段階評価 ガソリンモデルで特にオプションを装備していない場合のリセールバリューは標準的より少し上程度ですが、e-POWERにプロパイロットを装備したモデルであればリセールバリューがかなり高くなります。 同車に対し利用できるディーラーオプション券5万円をプレゼントするキャンペーンを実施。 このオプション券は日産オリジナルナビゲーションなどのオプション購入に使えるほか、「25thスペシャルセレクション」のみで選べる3つのスペシャルオプションセットなどに利用が可能です。 通常価格67,010円が特別価格50,000円。 (取り付け費、消費税込) スペシャルセット2 ETC2. 0本体とリバース連動下向きドアミラー(助手席側)のセット。 通常価格65,996円が特別価格50,000円。 通常価格93,744円が特別価格50,000円。 (消費税込、取り付け費含まず) 2018年3月1日 「セレナ e-POWER」を発売 ホンダ ステップワゴン 2017 SPADA・Cool Spirit Honda SENSING 2015年4月にフルモデルチェンジし、5代目となったホンダのステップワゴン。 5Lターボというダウンサイジングエンジンで商品力強化を図っています。 また、2017年9月29日のマイナーチェンジにより、弱点だったフロントフェイスが精悍になると共にハイブリッドを設定。 商品力が大幅にアップしました。 ステップワゴンの独自アイテムとなる「わくわくゲート」(リアドアの横開き機構)は、後ろが狭い駐車場での荷下ろしや、お子さんウケが良いアイテムと言えます。 ステップワゴンも人気ですが、競争の激しいカテゴリなので、値引き交渉も緩くなりつつあります。 e-POWERは、トヨタのハイブリッドと異なり、エンジンは発電用に徹しており、電気自動車のような走行フィーリングとなります。 先進の自動制御技術「プロパイロット」 アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動制御する日産の先進技術「プロパイロット」を初採用。 この技術により、高速道路などでの長距離走行でのドライバー負担は大幅に軽減されます。 しっかりと広い室内 標準モデルは5ナンバーサイズに収めつつ、全高も高く室内空間はとても広い車です。 5 5段階評価 日産 セレナ e-POWER ハイウェイスターV サンライズオレンジ(RPM)/ダイヤモンドブラック(P)2トーン 最新のテクノロジーが体感できるミドルサイズミニバン 先代モデルのセレナは居住性は優れていたものの、特徴のないモデルだった為、モデル末期には大幅値引きで売るクルマとなっていました。 現行モデルではモーターで走行するハイブリッド「e-POWER」と先進安全技術「プロパイロット」を導入し、一躍ミドルサイズミニバンでの存在感を増しました。 内外装デザインにおいても非常にスタイリッシュとなり、販売台数も上位争いをしています。 一方でマイナス面も マイナス面としては、車の基礎となる部分は先代モデルからのキャリーオーバーが多く、車両自体はビッグマイナーチェンジと言える事。 また、e-POWERに組み合わされる1. 2Lエンジンは発電用に専用開発されたものではない為、高速での長い上り坂では発電が追い付かずにエンジン回転数が上がるなど、自動車の基礎部分でもう一声と思う事もあります。 車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握! 車の買い替えに 焦りは禁物です。 愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず 大きな損をする事に…。 まずはなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。 査定額の差は 【18万円】となる事もあります。 「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のように すぐに相場がわかります。 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。 新車ではなく未使用車という選択も 新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。 そんな方には 未使用車や低走行車もおススメ。 ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。 は、 お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。 「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

次の

2019年8月に日産セレナがマイナーチェンジ

セレナ 新型 2019

日産セレナは2019年夏ににマイナーチェンジでデザインを刷新 先行情報サイトが公開されています。 新型日産セレナの外観は、Vモーショングリルを強調したデザインになっています。 2019年8月1日に発表される予定です。 インテリジェントエマージェンシーブレーキ• 踏み間違い衝突防止アシスト• アダプティブLEDヘッドライト• ハイビームアシスト• RCTA(後退時車両検知警報)• 標識検知機能• インテリジェントLI 車線逸脱防止支援システム /LDW(車線逸脱警報)• インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)• プロパイロット(メーカーオプション)• インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)(メーカーオプション)• インテリジェント パーキングアシスト(駐車支援システム)(メーカーオプション)• インテリジェント ルームミラー(グレード別設定) 展示車両の動画 けっこうイメージ変わりましたね。

次の