夏休み 自由研究 小学生 工作。 【女の子向け】小学生低学年の夏休み工作&自由研究ランキング2019ベスト10!

自宅で簡単にできる小学生低学年向け工作【休校中の暇つぶしにも最適】

夏休み 自由研究 小学生 工作

送る ついに夏休みが始まりました。 この時期に頭を悩ませるのは夏休みの宿題、特に「 自由研究」は、お子さんだけでなく親御さんにとっても悩みのタネになっているのではないでしょうか。 そこで今回は、 自由研究のお悩みを丸ごと解決するために、 テーマ選びからまとめ方まで本当に役に立つ情報を紹介します。 まだ自由研究に慣れていない低学年(1年生、2年生、3年生)のお子さんから、ほかの子とはちょっと違うものに挑戦したい高学年(4年生、5年生、6年生)のお子さんまで、楽しく自由研究に取り組めるコツが満載です。 小学生のお子さんを持つ親御さんは必見ですよ! 夏休みの自由研究【小学生向け】:テーマ探しのコツ 自由研究の一番の難関といってもいいのが「 テーマ探し」です。 自由研究のテーマの選び方・基本ポイント 「」では、テーマ選びの基本ポイントを解説しています。 自分で進めていけるものかどうか• 休みが終わるまでに自由研究を終えることができるか• 使う材料はそろえられるか• 危ないことではないか この4つの条件を満たしていることが、自由研究のテーマに適しているかの基準となるので覚えておきましょう。 とくに1年生、2年生(低学年)のお子さんの場合、大人の目線で条件に当てはまっているかを判断する必要があります。 また当然ですが、自由研究のテーマ選びでもっとも重要なのは 「興味があるかどうか」です。 簡単そうだから、材料がすぐ手に入りそうだから、先生から評価されそうだから、といった基準で選ぶのではなく、「好き」のその先の 「もっと知りたい=好奇心」を刺激する題材であることが理想的だといえるでしょう。 自由研究のキットに安易に頼るのはNG そもそも夏休みの自由研究は、子どもの自主性や問題解決能力を育てることを目的としています。 「」でお伝えしたように、中学受験専門塾の代表である矢野耕平氏も、親が考えるべきことは 「子が『期限に間に合うように自由研究を終わらせる』のを目的にするのではなく、子が『 自由研究を通じて、自らが探究心を醸成していく』ように導くこと」だと指摘しています。 小学生の自由研究・おすすめテーマ一覧 ここから先は、無限にある夏休みの自由研究のテーマを分類してわかりやすく解説します。 1年生向けの簡単なものから、2年生・3年生向けの少し難易度が高いものまで、画像つきで詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 情緒と知性が融合した作品ができあがる【パステルすみ絵】• 想像力と創造力がつまった作品ができあがる【コラージュ絵本】• 自然の不思議を感じさせる作品ができあがる【フロッタージュ】• エコの意識も高まる【くず野菜を育てる実験】• 科学と工作、両方楽しめる【廃油キャンドルづくり】• 月の形が変わる仕組みが理解できる【月の満ち欠けの観察】• 雲の様子から天気や気温との関係性がわかる【雲の観察】• 天体や宇宙への興味が広がる【星・星座の観察】• ただ混ぜるだけなので気楽にチャレンジできる【夏野菜たっぷりおかずマフィン】• 五感を使った料理体験が子どもを成長させる【冷や奴のカリカリじゃこのせ】• 感謝の気持ちと自立心が育まれる【弁当づくり】• 動物園、水族館、科学館などの施設や、企業のイベントに参加する 夏休みの自由研究【小学生向け】:工作 小学生が行なう夏休みの自由研究の定番といえば 「工作」です。 ここでは、1年生でも簡単にできる「絵をメインにした工作」から、小学校6年生の理科の授業で学ぶ「電流のはたらき」につながる電池を使ったロボットづくりまで、 子どもの好奇心と創造力をぐんぐん伸ばすテーマをまとめました。 市販の工作キットで作る作品とは違う、世界にひとつの自分だけの作品ができあがりますよ。 パステルすみ絵を描こう:情緒と知性が融合した作品ができあがる! 普段あまり使うことがない画材 「パステル」を使った作品づくりにチャレンジ! 絵を描くことが好きな1年生、いつもとは違う道具を使って表現したい2年生、3年生のお子さんにおすすめです。 パステルで背景を仕上げたら、先の尖った割りばしペンを使って墨絵を描いていきます。 集中力もつきますよ。 コラージュ絵本をつくろう:想像力と創造力がつまった作品ができあがる! 絵本『はらぺこあおむし』でも使われている技法が、この「コラージュ」です。 絵具で描写するだけでは表現できない模様や素材感をほどこすことができるので、 ぱっと目を惹く個性的な作品が完成します。 ・ ・ また、芸術的な技法を取り入れた絵を描いてコラージュ絵本の素材として使用するのもおすすめです。 ワンランク上の作品に仕上がりますよ。 ストローで息を吹きかけたり紙を傾けたりして絵の具を動かしていくと、不思議な色の流れが浮かんできます。 何色も重ねると奥行きが出て、より芸術的な作品に。 絵の具が乾かないうちに紙をペタンと折り、ゆっくりと開くと左右対称の不思議な模様が目の前に現れます。 お花や魚などの形に切り抜いたり、画用紙の余白に絵を描いたりすることで、独特な世界観の作品ができあがりますよ。 フロッタージュで作品をつくろう:自然の不思議を感じさせる作品ができあがる! 「フロッタージュ」とは 「擦りだし」という技法です。 葉っぱの葉脈の凸凹を色鉛筆で綺麗に擦りだすことで、木の種類によって葉っぱの形や葉脈の太さが違うことに気づきます。 小学校4年生になると理科の授業で光合成について学ぶので、低学年(1年生や2年生)のうちから葉っぱの仕組みを意識するきっかけになるでしょう。 廃材モーターロボットをつくろう:プログラミング思考を発揮する作品ができあがる! ロボットをつくる材料は、プリンのカップやペットボトルなどゴミとして捨てられてしまうものばかり。 身近な廃材と電池を組み合わせてロボットをつくる作業は、子どもにとってとてもワクワクするものです。 また、電気を使った工作は、小学校6年生で学ぶ 「電流のはたらき」にもつながるので、機械やロボット好きのお子さんはぜひ挑戦してみてください。 夏休みの自由研究【小学生向け】:理科(実験・観察) 工作に並んで小学生の自由研究の定番といえる 「実験・観察」。 4年生の理科の授業では水の蒸発や星座について学ぶので、理科・科学に苦手意識が芽生える前に楽しみながら学ぶきっかけにもなりますよ。 実験を通して、 容器や置き場所を変えることで水の減り方がどのように変化するかがわかるはず。 まとめ方のコツもわかりやすく説明しているので、事前に確認してから観察の準備をするといいでしょう。 くず野菜を育てる実験:エコの意識も高まる! 普段なら生ゴミとして捨ててしまう野菜の切れ端を再生させることを 「 リボーン・ベジタブル(リボベジ)」と呼ぶそう。 イチから植物を育てて観察日記をつけるのはハードルが高くても、リボベジなら 「クズ野菜」「水を張ったトレイ」「光」のたった3つの要素が揃えばすぐに野菜づくりが始められます。 エコの概念を学ぶ良い機会にも。 廃油キャンドルづくり:科学と工作、両方楽しめる! サイエンスプロデューサーの米村でんじろう先生おすすめの 「廃油キャンドルづくり」。 料理でつかった油の残りをジャム瓶などに注ぎ、芯をさして油処理剤で固めると、簡単にキャンドルが完成します。 芯はタコ糸でも代用できますよ。 月の満ち欠けの観察:月の形が変わる仕組みが理解できる! 月の満ち欠けについては小学校4年生の理科で学習しますが、3年生までに月の形が変わる仕組みを理解しておくと安心ですね。 観察するときは「同じ時間・同じ場所」が原則なので、夏休みの間も規則正しい生活を送ることを意識させるきっかけにも。 雲の観察:雲の様子から天気や気温との関係性がわかる! 雲については5年生の理科の単元「天気の変化」で学習します。 もしお子さんが幼少時から空や雲に興味を示していて、しょっちゅう「なんで?」と疑問をぶつけてくるタイプなら、ぜひ自由研究で調べさせましょう。 雲の観察を続けていると 天気や気温との関係性に気づくので、そのうち 雲を見ただけて天気の傾向を予想できるようになるかもしれませんよ。 星・星座の観察:天体や宇宙への興味が広がる! 都会では満天の星空を見ることは難しいですが、夏休みを利用して大自然のもと星空を眺めたり、プラネタリウムや科学館で星座を身近に感じたりすることで、子どもの知的好奇心は刺激されます。 もちろん 自宅から見える範囲で星空を観察すれば、立派な自由研究ができあがりますよ。 恐竜しらべ:恐竜の謎を解くワクワクを味わう! 男の子なら恐竜に興味がある子も多いのではないでしょうか? 恐竜の名前を覚えたり図鑑を眺めたりする段階から一歩進んで学びにつなげるには、 「恐竜しらべ」がおすすめです。 国立科学博物館の『恐竜博2019』をはじめ、毎年夏休みには全国で恐竜展が開催されています。 自由研究に役立つ化石の発掘体験や、イベント型のフィールドワークが充実しているので、ぜひ足を運んでみてください。 夏休みの自由研究【小学生向け】:家庭科(料理・手芸) 続いては、お母さんやお父さんのお手伝いが好きなお子さんや、細かい作業が得意なお子さんに向けて、 家庭科(料理・手芸)の自由研究を紹介します。 この自由研究を通じて、わが子の成長を感じることができるでしょう。 夏野菜たっぷりおかずマフィンをつくろう(料理):ただ混ぜるだけなので気楽にチャレンジできる! 「おかずマフィン」は包丁もコンロも使わないので、はじめて台所に立つお子さんにぴったり! 材料を分量通りにきっちり計って、混ぜて、オーブンで焼くだけです。 作る過程を写真に撮ったり、スケッチしたりして、細かく記録しましょう。 味の感想や家族の反応なども添えると、自由研究としてうまくまとまります。 冷や奴のカリカリじゃこのせをつくろう(料理):五感を使った料理体験が子どもを成長させる! 少しステップアップしたメニューに挑戦したいなら「冷や奴のカリカリじゃこのせ」がおすすめ。 カリカリに焼いたじゃことうすあげがアクセントになり、大人も子どもも美味しく食べられます。 包丁と火を使うレシピなので、安全に充分気をつけてチャレンジしてみてくださいね。 弁当づくり(料理):感謝の気持ちと自立心が育まれる! 「お弁当はお母さんに作ってもらうもの」から「自分でも作れるもの」へと意識を変えることで、 お子さんの自立心を促し、食べ物への感謝の気持ちが深まります。 まずはどんなお弁当を作りたいか、イラストを描いてイメージをふくらませるところからスタートします。 材料をそろえて調理を開始し、それぞれのおかずをバランス良く詰め合わせるまでの過程を、写真に撮ったりスケッチしたりするといいでしょう。 葉っぱのコースターをつくろう(手芸):はじめての針と糸で集中力を養う! 家庭科の授業が始まっていない低学年(1年生、2年生、3年生)のお子さんには、手芸はまだ早いかな? と思っている親御さんも多いはず。 しかし、いざ針と糸を持たせたら意外と集中して取り組むものです。 時間がたっぷりある夏休みは、親御さんが丁寧に針と糸の使い方を教えてあげるチャンス。 夏休みの自由研究【小学生向け】:簡単・1日でできるもの ここからは、 簡単にできる自由研究や確実に1日で完成させられる自由研究を紹介します。 集中して短時間で終わらせたいお子さんにおすすめです。 1日で終わる自由研究のテーマ選びのポイント テーマを決める際には「楽なもの」「すぐに材料が手に入るもの」などを基準に選ばないようにしましょう。 「」でお伝えしたように、お子さんにとって興味があるジャンルに絞ってから、その中でもあまり時間がかからないテーマを見つけ出してください。 たとえば 「 サラダをシャキッとさせるには?」「 洗濯物のシミ抜き実験」など、家事にちなんだテーマなら親から子へわかりやすくアドバイスできます。 親子で一緒に「おうちの中にある疑問」を探してみるとヒントが見つかるかもしれません。 自由研究を1日で確実に完成させるポイントは、 「まとめ方」をイメージしながら進めていくこと。 取りかかる前に完成図を明確に思い描いていれば、必要な材料や情報を選ぶことができるはず。 無駄を極力省き、最短ルートでゴールにたどり着くにはどうすればいいか、お子さん自身にもしっかりと認識させましょう。 最近では、小学生の自由研究に活用できるキットも充実しています。 基本的にはキットに頼ることはおすすめできませんが、「どうしても何も思い浮かばない」「自由研究のヒントが欲しい」というのであれば、ホームセンターなどでアイデアのもとになりそうなキットを探してみてもいいかもしれませんね。 キットを活用しつつオリジナリティを出すには、ひと工夫加える必要があります。 展示用に凝った土台を作ったり、作業の工程を細かく記したレポートを付け加えたりすると、ぐっと個性的な作品に仕上がりますよ。 科学館などで自由研究のイベントに参加するのもおすすめ 親子で遠出できる時間があれば、動物園や水族館へ連れて行き、楽しみながら自由研究用のレポートをまとめてもいいですね。 出かける前にテーマを絞って、 どこを重点的に観察するか、きちんとメモをとっておきましょう。 家に帰ってから図鑑で調べ直すときにも役立ちます。 また、科学館や企業が開催しているイベントに参加するのもおすすめです。 夏休み期間中は、 科学実験教室やワークショップなど体験型のイベントも充実しているので、ぜひ参加して自由研究のヒントにしてください。 科学、生物、環境、ロボットなどの実験教室を開催。 毎日たくさんのプログラムとイベント、ワークショップを開催している。 プラネタリウムも併設されている。 夏休みの自由研究【小学生向け】:まとめ方のコツ 最後に自由研究のまとめ方について詳しく説明していきます。 自由研究のおすすめのまとめ方・4パターン 自由研究のまとめ方は、テーマによって異なります。 「」でお伝えしたように、低学年(1年生、2年生、3年生)のお子さんには、次の4パターンのまとめ方がおすすめです。 先に小さな紙で下書きをして、要点をまとめてから作成しましょう。 字やイラストを大きく描くと印象的に仕上がります。 変化の様子を見比べやすいように、 ページのデザインを統一するのがコツです。 作りながら感じたことを文章で表現すると、自由研究としての完成度がアップします。 絵の具も使えるので、色鮮やかで印象的な仕上がりになります。 自由研究のまとめに必須の5要素 基本的にはお子さん自身がやりやすい形態や書き方でまとめることが大切ですが、どのまとめ方をしても次の5つの要素を入れることを忘れずに。 表題とサブタイトル 人に「読んでみたい」と思わせるインパクトのあるタイトルを考えましょう。 表紙には研究の内容が伝わるサブタイトルも添えるとさらに目を惹きます。 この実験(観察・作品づくり)をすることにしたきっかけ なぜ興味をもったのか、動機や目的をはっきりさせることを意識しましょう。 準備したもの どんなものを揃えたのかを書くと読む人の参考になります。 手順と実験内容(作業工程) 写真やイラストを使って書く工程をわかりやすく説明しましょう。 結果と感想 もし失敗しても事実をありのまま書きましょう。 次の成功につなげるために、物事を多角的な視点で見る訓練にもなります。 自由研究をまとめる作業を側で見ていると「ここをもっとこうしたらいいのに」とつい口を出したくなりますが、そこはぐっとこらえて子ども自身に任せましょう。 人に伝えることの難しさを実感したり、わかりやすくまとめるにはどうしたらいいか工夫したりする経験こそが、大きな成長につながります。 *** 「夏休みの自由研究」と聞くと、少し憂鬱な気分になる親御さんも多いはず。 ですが本来、自由研究は子どもの好奇心や探究心を深める絶好の機会でもあるのです。 普段からお子さんが何に興味があるのか、どんな体験をしたいと考えているのかを注意深く観察するように心がけると、自由研究でやりたいことや表現したいことが見えてくるはずです。

次の

自由研究工作! 高学年向け手作り工作・おもちゃ30選 [工作・自由研究] All About

夏休み 自由研究 小学生 工作

もうすぐ待ちに待った夏休みですね!小学生のお子さんにとってはすごく楽しみでしかたがない長期のお休みです。 旅行へ行ったり、遊びに行ったりいろいろ計画もあるかもしれませんね。 しかし、忘れちゃいけないのが夏休みの宿題です。 特に、工作や自由研究などといったネタは毎年「今年は何をしよう~?」と親御さんも一緒に頭を悩ませるネタなのではないでしょうか? そこで、今回は小学生の男の子におすすめな夏休みの工作や自由研究ネタを紹介! 実際に、小学生のお子さんがいるママに直接聞いた内容で、ママから見たお子さんが工作や自由研究に取り組んでいる様子や感想、体験談もご紹介します。 ぜひ、参考になさってください。 スポンサーリンク 読みたい場所へジャンプ!• 夏休みの工作小学生の男の子低学年編アイデア9選 夏休みの工作小学2年生:万華鏡 使った材料• トイレットペーパーの芯• アルミホイル• 黒い紙• 折り紙• カラフルなもの ビーズや小さく切った折り紙など• これらを入れる容器 工作の作り方や手順• トイレットペーパーの芯の内側にアルミホイルを3面 上からみて三角形になるように にはめ込む。 トイレットペーパーの芯の片側に黒い紙を張り、除き穴をあける。 反対側にラップを張り、その下にカラフルなものを入れた容器 トイレットペーパーの円のサイズと合うもの をくっつける。 全体を折り紙などできれいに飾りつける。 なんでその工作をやろうと思ったの? 楽しそうに作っていました。 カッターナイフを使うところや、細かい部分は難しそうにしていたので、手伝いました。 顔のパーツを貼り合わせるところが、福笑いをしている感覚で一番楽しそうに配置していました。 夏休みの工作小学2年生:ぐるぐる貯金箱 使った材料• 空き箱• ビー玉• ハサミ• ボンド• 色マジックペン 工作の作り方や手順• 空き箱の中に、迷路の下書きを書く• 下書きに沿って 厚紙を貼付ける(ビー玉が転がるような間隔。 厚紙の高さに気をつける)• 箱の下部分に、10円,50円,100円等 貯める仕切りを作る• 箱の上部に、投入口を開けておく• イラストや色塗りをする• 箱を上手に動かして、ビー玉を転がし 目的の仕切りまで運ぶ なんでその工作をやろうと思ったの? 好きなことなので、集中して始めていたが 厚紙の貼付けは親ががりでした。 出来上がりでしばらく遊んでいました。 翌年はペットボトルを利用して、迷路遊びを作っていたので 気に入ったようです。 貯金という目的よりも、遊ぶおもちゃとして楽しんでいました・・・(苦笑) 夏休みの工作小学1年生:フロッタージュアート こすり出し 使った材料• 素材(平たくて凹凸がなるべくハッキリしたもの)• 画用紙• クレヨン、クーピー、鉛筆 2B~ など柔らかい素材の画材 工作の作り方や手順• まず素材となるものを調達します。 素材は小銭や服のボタンに 凹凸があれば 家の壁紙、落ち葉やアスファルトにマンホールなど何でもOKですが平たいもので表面に軽く凹凸があるものがおススメです。 画用紙を素材の上からかぶせてクレヨンやクーピーでこすり、素材の模様を写し取ります。 同じ素材でも位置を変えたり重ねて違う色でこすったり、また写し取った部分を切り取り別の画用紙に貼り合わせたりすると立派な作品に仕上がります。 なんでその工作をやろうと思ったの? 子どもの初めての夏休みの宿題だったので私が付き添って宿題を手伝いました。 子どもと一緒に自然の中や家の中で素材を探し、子どもの通学路のマンホールに公園に落ちていた葉っぱ、普段何気なく使っているタッパーのフタや気にもとめていなかった住んでいる家の壁紙、そしてそれを自ら発見し観察し真剣に画用紙に向き合って写し取る子どもの姿に私が見ていない間にどんどん成長しているんだなと感じ、とてもいい思い出になりました。 夏休みの工作小学1年生:割り箸の椅子 使った材料• 割り箸• ボンド• 紙ヤスリ 工作の作り方や手順• 割り箸を綺麗に半分に割って上下を逆にしてボンドで接着します。 それを何本もつくりイメージした形の椅子に作っていきます。 なんでその工作をやろうと思ったの? 笛の音がなかなか出なくて苦労しました。 夏休みの工作小学3年生:虫の標本 使った材料• 蓋の付いたタッパーまたは洗面器。 柔らかい筆• 発泡スチロールの板• 長い待ち針もしくは昆虫針の3号~5号(1頭の標本には40本~)• 昆虫針1号~3号 1頭の標本に必要なのは1本• 木工用ボンド• ピンセット(各パーツが折れたりバラバラになった場合は使用) 工作の作り方や手順 1「クリーニング・軟化」 昆虫を水道の水を入れたタッパーに5分間ほど漬けます。 中の水を捨て、ティッシュ2枚をタッパーにしき霧吹きで水をかけ、昆虫をおいて、ティッシュ2枚を被せさらに霧吹きで水をかけ、蓋をして一晩寝かします。 これで、死亡して時間のたった昆虫を柔らかくします。 柔らかくなったら、筆でそっと汚れを落とします。 テーブルに古新聞紙を敷き、その上にティッシュを乗せ昆虫を置いて、体の表面についている水分を完全に吸い取ります。 昆虫が六本脚で静止した場合の自然な位置(左右対称)を意識しながら整えます。 この時、脚などが取れたら、木工用ボンドで修復してください。 大体整えたら、発砲スチロールの板に昆虫を乗せてピンセットを使って、最終的な位置決めをします。 腹部の右側前翅(はね)の上側、やや中央寄りの位置に針をまっすぐ下に突き出るまで刺します。 そして、発砲スチロールの板に体を固定します。 まち針を使って、頭部の角度、触覚の位置、脚の位置を固定します。 3「乾燥」 直射日光が当たらない場所に置いて十分乾燥させます。 カブトムシで3〜4週間くらいが目安 なんでその工作をやろうと思ったの? かなり、繊細な作業が必要だった為、ほぼ親が作成しました。 しかし、捕まえるという対象から観察するという対象に変わったことで、昆虫の足はどこから何本出ているのか。 目はどうなっているのか。 触覚は、羽根はどうなっているかを子供と話ながら 意識させながら 作ることでとても勉強になったと思います。 夏休みの工作小学3年生:釘を使ったパチンコ風味 使った材料• 木の板• トンカチ• 塗装するための絵の具• タコ紐• ボール 工作の作り方や手順• 板に釘を打っていきます。 小さなボールが通る程度に隙間を空けます• 一応外にボールが出ないように周りを紐でくくりつけていきます。 塗装をしたければ絵の具で塗っていきます。 なんでその工作をやろうと思ったの? 割り箸ハウスを作る前に実際にログハウスを見に行ったり、写真を見たり、家族全員で楽しみながら工作できたので良かったです。 夏休みの工作小学5年生:アイスクリームの棒を利用した扇風機 使った材料• アイスクリームの棒• モーター• 電池ボックス• 単3電池• スイッチ 工作の作り方や手順• まず、土台となる電池ボックスの箱型を、アイスクリームの棒を少し加工などして、木工ボンドで作り、その中に電池ボックスを入れます。 そして、アイスクリームの棒(4本)を、木工ボンドで立てたあと、穴を開けて、そこにモーターを差し込みをして電池ボックスへと配線します。 その後、扇風機の羽もアイスクリームの棒で作って出来上がりです。 なんでその工作をやろうと思ったの? 私も子供と一緒になって手伝っていると、私も子供のときよく手伝ってもらってたなぁー(笑)って、思い出し、時代は繰り返すもんだと思いました。 スポンサーリンク 夏休みの自由研究小学生の男の子低学年編アイデア3選 夏休みの自由研究小学3年生:リュウグウノツカイ 使った材料• 白の模造紙• 絵の具• 図書館の本• タブレット検索 白の模造紙と絵の具は100均で手に入れることができました。 自由研究をやった工程や手順• 模造紙のど真ん中に大きくリュウグウノツカイの絵を書いた• 生態や特長を調べた• 模造紙に調べた内容をまとめながら書いた• 見た人が楽しめる工夫でクイズを作った。 なんでその自由研究をやろうと思ったの? 私が直接手伝った所はありません。 「色を変えて書いてもいいね」などのアドバイスはしました。 それで子供はラインなどを色分けしてわかりやすくしていました。 クイズも自分で考えて答えは隠してなど、「自分で考える力がついてきたなぁ」って、思いました。 夏休みの自由研究小学2年生:サメのなかまたち 使った材料• 100均のスケッチブック• 図書館で借りた本• ただでさえ遊ぶことで忙しい小学生が 宿題をすぐ終わらせることは、かなか難しいですよね。 そんな数ある宿題の中のひとつ、 「夏休みの自由研究」ってけっこう厄介ですよね。 テ … 夏休みの自由研究小学生の男の子高学年編アイデア2選 夏休みの自由研究小学4年生:地震について 使った材料• 100均のスケッチブック• タブレット検索 自由研究をやった工程や手順• 過去の巨大地震を調べる• 地震のしくみを調べる(絵をまじえて)• これから起きるとされている巨大地震について• 避難グッズや備えておきたい事• 感想 なんでその自由研究をやろうと思ったの?.

次の

【夏休みの工作!】小学生におすすめは?(低学年高学年・男子女子)

夏休み 自由研究 小学生 工作

夏休み自由研究で、ペットボトル(ペットボトルキャップ)工作 ペットボトルキャップを使った「糸車」「糸巻き戦車」の作り方です。 内部に輪ゴムを入れていて、その反発力で勢いよく動き出します。 輪ゴムのエネルギーが運動エネルギーに変換される点を、すこし調べて書くと良いですね! ペットボトルの本体に輪ゴムの動力を利用したプロペラを装着した「ペットボトルのプロペラ船」の作り方です。 輪ゴムに蓄積されたエネルギーがプロペラの回転エネルギーに変換されて、船が前進する仕組みが説明して、作った船と一緒に提出すればOKです! 「廃ペットボトルキャップを利用したミニチュア麦わら帽子」の作り方です。 少し細かい作業(工作)になりますが、何個かの手作り作品と、作成中に苦労した点などをレポートすれば、評価が高いと思います! 「ペットボトルのキャップ付近のパーツを二個利用したけん玉の工作」です。 説明通りに作成すればステキなけん玉が完成しますし、「昔からの伝統的な日本の遊び」などをレポートしたら、けっこう充実した研究報告になりますよ! 「ペットボトル風車」の作り方を詳細に説明しました。 羽の数や、本体のサイズは自由に設定かのうなので、状況に応じて作ってみて回転具合を研究して報告すれば、自由研究は大丈夫です! 「ペットボトルのプロペラ動力の自動車」を手作りした記事です。 ポイントは、「如何に空気抵抗の少ないプロペラを制作できるか」に名なっています。 多分、何回かプロペラの試作をしますから、その経過をレポートするのがおススメです! 夏休み自由研究で、風船や輪ゴムの工作 「風船カー」「バルーンカー」の作り方なんですが、こちらは風船内の圧縮空気が勢いよく噴出する力を、車が動く運動エネルギーに変換して走るという仕組みです。 この仕組みを、作成した風船カーと一緒に提出すればOKです! 「飛び出すパタパタ蝶」とか「マジックバタフライ」とか言われる、不思議な蝶々を作成して飛距離とか、飛行の状況、滞空時間などを研究したら、立派な自由研究になると思います! 「風船ホバークラフト」の作り方です。 実は、管理人は最初は上手く出来ませんでした。 失敗の原因も記事内に書いてありますので、参考にしてくださいね。 これを上手に作成して、現物と一緒に難しかった点を研究報告すれば、そこそこOKと思います! 「風船ヘリコプター」の作り方です。 「飛ばない時の改良点」と書いてあるように、こちらも最初は上手く作れませんでした。 失敗の原因と改良点も書いてあるので、参考にしてくださいね! この「 ロケットヘリコプター」は、ゴム動力二枚羽なんです。 つまり内部に輪ゴムが仕込んであって、その蓄積エネルギーを回転エネルギーに変換して飛びます。 作ってみると・・・真っすぐに思い通りに飛ばすには、コツが必要です。 そんな点も自由研究でレポートしてみてくださいね! 「 ダンボール自動車」という作品です。 輪ゴムの動力をダイレクトに車輪の回転力に変換しています。 と言っても、ちっとも難しい仕組みでもないですが、作成上の難しかったポイントなどをレポートして、作品現物と一緒に提出してみてくださいね! スポンサーリンク 夏休み自由研究で、その他、空き缶工作、牛乳パック工作、トイレットペーパー芯工作など 三種類の「弓矢」の作り方です。 レンズ、中身、反射材、外装などを検討した内容と、万華鏡本体を提出すれば自由研究完了です! 「飲み終わったアルミ缶の風車」の作り方を説明しています。 リサイクルアートでもあり、実際に工作した現物と、クルクルと回転している写真などを提出すれば、自由研究工作終了です! 自作の「綿菓子製造機」と、作った「綿あめ」の状態を解説しました。 簡単そうに思えますが、スムーズに動作させるには、各部の寸法や角度の調整などが上手くいかないと難しいので、そんなポイントをレポートしたら、よいのではないでしょうか! 「プラネタリウム風」というのがミソの、「手作り2種類の星空アート」です。 星座は投影されないので、可能なら幾つかのお好みの星座投影システムにして、レポートしてみるのも良いと思います! こちらは、「 手作りトイレットペーパー芯日記」と言います。 夏休みの思い出を、小さなトイレットペーパー芯の中に記録して、装飾にしてしまおうという作品です。 実際に10個程度の「芯日記」を作成して、その説明をレポートしたら面白いですね! 「 牛乳パック材料での竹とんぼ簡単作り方」です。 昔は、実際の「竹」で作成して遊んだのですが、現在は竹林も少なくなってしまったし、自由に入手が難しいので、牛乳パックが無難だと思います。 昔の遊びと現代の遊びの違いなんかをレポートしたら面白いと思います! 「 ドライフルーツ手作り」にチャレンジしようという記事です。 夏なので、乾燥させて作るドライフルーツとしては一番作りやすい季節なんです。 そこで、どんなフルーツが作りやすかったか、どれが美味しかったか、外れはどんな果物か、などをレポートしたら、すごく受けると思います!.

次の