大渕アンチ。 大渕愛子ママスタ: ちょっと気になるニュース日記

2020年版!創価学会の芸能人!脱会した芸能人の理由がヤバイ!

大渕アンチ

プロ野球に静かに異変が起きている。 「アンチ巨人」が消えたのだ。 一昔前なら、前日の巨人の結果を気にして「負け」だと、やたらと機嫌のいいおじさんが近所に必ずいた。 居酒屋などではファンとアンチが激しく討論する姿も見られたし、巨人選手の欠点や監督采配のおかしさを語らせたら右に出る者はいないほど、「嫌いなのに詳しい」人がいたものである。 ライバル・阪神タイガースの情報にめっぽう強い『デイリースポーツ』元編集局長の平井隆司氏が語る。 「アンチ巨人といえばもちろん阪神ファンに多い。 彼らはとにかく巨人を倒すことこそが快感だった」 そもそもアンチ巨人はどのように生まれたのか。 『プロ野球なんでもランキング』(イースト・プレス刊)など、野球に関する著作が多いライター・広尾晃氏はこう分析する。 「かつて巨人が強大な戦力を持ち、圧倒的な勝ち方をしていたからです。 野球の本場・米国でも、強すぎるヤンキースに対するアンチとして作られた有名なミュージカル『くたばれ!ヤンキース』に代表されるように、野球では強すぎるチームに対してアンチが生まれるのです」 かつての巨人は強かった。 代表的なのはV9(1965~1973年)であろう。 ON(王貞治・長嶋茂雄)を中心に据え、9年連続日本一という圧倒的な実力で球界を席巻したこの頃は「強すぎて面白くない」といわれ、世にアンチ巨人を多く生み出すきっかけとなった。 だからこの時代は、巨人に立ち向かう「巨人キラー」の存在が光った。 大洋のエース、平松政次氏はカミソリシュートでONをきりきり舞いさせ、対巨人通算51勝(歴代2位)の戦績を持つ。 「あまりにも巨人が強いのでやっつけるチームや投手が待望され、応援してくれたんでしょう。 大洋ファンでも平松ファンでもなく、あくまでアンチ巨人だった。 巨人に勝った時は持ち上げてくれるけど、負けると相手にもされなかった(笑い)」(平松氏) 同じく打倒巨人に燃えた広島のエース、安仁屋宗八氏が続ける。 「僕たちの時代は巨人、特にONを打ち取って初めてエースと呼ばれたからね。 巨人が憎いとかでなく、強い巨人を倒したいという気持ちなんですよ。 そこには憧れや嫉妬があったんだと思う。 その意味で僕は、まだアンチ巨人です(笑い)」 前出の広尾氏が頷く。 「ともかく当初は強くて、都会的で、どこかいけすかない巨人に対する反発心が、アンチを生んでいました。 そう考えるとどう見ても弱点があるような今の戦力では、アンチが存在すること自体が難しくなるのがわかると思います。 今の巨人にはスターもおらず、同情したくなるようなベテラン選手しかいない。 同情からはアンチは決して生まれませんからね」•

次の

大渕愛子氏、根強いアンチの声? 家族の“最高のショット”を公開するも、子供の扱いに猛批判

大渕アンチ

大渕弁護士-お子さんの頭の形を整えるヘルメットを使用 大渕愛子弁護士は自身のブログで、次男・昴生君(5カ月)の頭の形を整えるため、矯正用のヘルメットを装着し「治療」することを報告。 装着時間は「1日23時間」とのこと。 これに対して賛否両論の声が寄せられています。 大渕氏はこれまでのブログで、昴生くんについて、生まれた時から「 頭の形 頭の半分、左側が絶壁になっていて、全体的に歪みが」あったことが気になっており、「頭蓋形状誘導ヘルメット」を装着し、矯正することにしたことを報告していた。 「ヘルメット、どのくらい装着しておくものなのか…というと、なんと1日23時間です!」と伝え、お風呂に入るとき以外は「ずっと装着するのが原則」とほぼ終日、1日23時間着用することを明かした。 これまでは「 眠くなると、ヘルメットかぶってるとうまく寝付けず、泣いてしまう」ことも。 まだ5カ月の乳児にはなかなか厳しい試練であるようだ。 最近はうつ伏せ寝が多いが、「ヘルメットをつけていると、ヘルメットが顔に食い込んじゃうんですよね」「夜中に泣いて起きて、ヘルメットを外すと、ヘルメットの跡が顔についていたりします」とも。 大渕氏は「目標の23時間までまだ遠い…」とつづっていた。 yahoo.

次の

大渕愛子弁護士

大渕アンチ

アンチですから、 辛辣で当たり前なんですけど・・・ 大渕愛子さんは、今日9月2日、1ヵ月ぶりに ご自身のブログを更新しているのですが、 それについてのコメントが多いですね。 新しい投稿のタイトルは「ご挨拶」で、 「 テレビの仕事は当面見合す」、 「 弁護士業務の見直しと再構築」等が書かれていました。 テレビの仕事は、 大渕さんが出演を控えるとかの問題ではなく、 テレビ局が大渕さんを使わないでしょう。 番組のスポンサーも、 大渕さんの出演に 同意するとは考えにくいですし。 また、弁護士業務も 再スタート直後は容易ではないはず。 なにせ、本業の 弁護士業務でやらかしたわけですから! つまり、弁護士の立場を利用して、 自分が弁護すべき依頼人を 欺くような行為をしたわけです。 本人の言う「弁護士業務の見直しと再構築」。 一度失った信頼は、 短時間での回復は困難でしょう。 筆者個人的には、 有利な立場を利用して、 弱い立場の人に不要なお金を 請求するような人は、 弁護士としての適正を疑わざるをえません。 大渕さんご本人曰く、 「知らなかった」そうですが、 「知らなかった」で全てが許されるなら、 法律、警察、さらには弁護士さえも、 この世の中には不要なはずです。 いつも応援ありがとうございます!.

次の