神戸 いじめ 教員 現在。 神戸「教員いじめ・暴行事件」、加害者たちは今何をしているのか(秋山 謙一郎)

神戸教員いじめの加害者の現在「顔などを晒され外を歩けない」とも

神戸 いじめ 教員 現在

別の日には目にもカレーがつけられた 《これからもずっとずっと君たちの笑顔は先生の宝物であり、生きがいです》 兵庫・神戸市の教員間いじめ事件の被害教員は発表した手記で、教え子らにそんなメッセージを伝えた。 被害教員の代理人は週刊女性の取材に、 「先生は児童のことばかり話しています。 そして教壇に戻りたい、とそればかり。 加害者を憎むようなことは話しません。 すごく優しい、優しすぎる人かもしれません」 ベテラン先輩教員4人がグルになり、20代のX教員にいじめの限りを尽くした前代未聞の教員間いじめ事件。 関係者らの証言でさらに悪質な余罪が浮き彫りになりつつある。 関節技をかける、首を絞める、ビール瓶を口に突っ込ませ飲ませる、衣服を破る、乳首に掃除機を当て吸わせる、など50項目を超える。 X教員のほかにも被害者がいた。 同校の20代の教員男女には無理やり性行為を命じ、その証拠写真を送らせたという週刊誌報道も飛び出した。 X教員に激辛カレーを無理やり食べさせる動画には、満面の笑みを浮かべた、女帝の大笑いが、しかと記録されている。 「10月16日の保護者説明会で4人の謝罪文が公表されました。 A先生は『自分の行動が間違っていることに気づかず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです』と記していました」(全国紙記者) と、いまだに反省も自覚もなさそうだ。 授業もうまく、休み時間も児童と遊ぶなど、「保護者からも児童からも人気でした」(保護者)というX教員。 咋年までは女帝との関係も良好だったが、「2人の関係性」は崩壊し、ベテランとして指導するべき若手はいじめのターゲットになった。 X教員の現状について、前出・代理人はこう伝える。 「精神的に不安定な状態が続いています。 PTSDのような症状かもしれません。 事件がフラッシュバックすることもあるそうです」 しかしX教員は、《いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます》と手記に寄せているように、つらかった記憶にも立ち向かおうとしている。 事件について、元小学校教員で児童福祉が専門の沖縄大学名誉教授の加藤彰彦氏は、 「自分より劣っている、やっても大丈夫だと認識した先生をストレスのはけ口にした。 ただし、1人ではできないので集団で。 子どもたちのいじめの構造と同じです。 ほかの教員たちも関わらなければ安泰という構造に入っていた」 と指摘。 では、なぜX教員は教員を続けたのか。 加藤氏は当事者でなければわからないが、と前置きをしたうえで、 「X先生は夢があって教師になったからそれを曲げなかった。 耐えながら一生懸命、登校し、先生をやり続けたのでしょう。 私は立派だと思います」 前出・保護者も、 「先生が戻ってきたら児童はもちろん、保護者も全力でサポートすると話しています」 この言葉が、被害教員に届くことを願いたい。

次の

《神戸・教師いじめ》親族も困惑する、リーダー格 “女帝” 教員のあきれた素顔

神戸 いじめ 教員 現在

加害教師4人は主犯は私ではないと罪を擦り合っているようだが、横で見てて止めもせずゲラゲラ笑っていれば同罪だ。 フザけてんじゃねえよ!にしてもくだらねえ、いい大人が揃いも揃ってバカじゃねえの?• 288• 「あの人の方がひどかった」、ガキの言い方だろ! 4人共教師の資格はない〜!!• 281• 「有給休暇中」だって、こんな糞教師共を税金で食わせてやっているなんて、文科大臣しっかり監督しろ!!!• 216• 訴えるなり起訴するなり自由だが、まずはこの輩の教員免許を停止しなよ。 無罪になったら停止解除、有罪なら剥奪すれば良いでしょ。 問題があったのは事実なんだからこれぐらいのことやれるでしょ。 特別扱いするなよ。 210• 小学校は「生徒」ではなく「児童」. 人を数えるときは「名」ではなく「人」• 122.

次の

神戸教師いじめ 加害教師の現在|BIGLOBEニュース

神戸 いじめ 教員 現在

「12月に入り通院の頻度も減り、薬には頼っていますが夜も眠れるようになってきました。 早ければ来年度には教壇に戻れるように調整をしているようです」(X教員の代理人弁護士) 30〜40代の先輩教員4人が20代のX教員に対し、いじめの限りを尽くした兵庫県神戸市の東須磨小学校で起きた教師間いじめ事件。 X教員を羽交い締めにし、激辛カレーを無理やり食べさせ、大笑いしている教員たちの動画が報道されると、加害教員たちへの怒りは列島を駆け巡った。 ネットで晒し者、外出できず 暴力、暴言、教師とは思えない非道な行為は50項目以上。 追い詰められたX教員は2019年の夏休み明けから登校できなくなり、事件が明るみになった。 市教委は同年10月に外部調査委員会を設置。 12月20日に報告書を公表、'19年内にも加害教員らを処分する予定だったが、 「X先生が被害内容を訴えたメモなどの資料10点ほどを調査委員会に提出し忘れていました。 隠蔽ではないです」 と前出・市教委の担当者は謝罪。 公表時期は年度内とはされるが未定だ。 X教員は被害届も提出。 兵庫県警は4人から任意で事情も聞き、慎重に調べを進める。 加害教員たちは自分たちの行為を省みているのだろうか。 「加害教員たちは精神的に憔悴していました。 するとD教員は「不当だ」と訴え、市の人事委員会に審査請求。 D教員は関与を認めているものの、「激辛カレー強要など悪質性の高い行為には関わっていない」と主張、納得できないとしている。 「加害者からは弁護士経由で定型的な謝罪文など文書が届いていますが、示談の申し入れはない。 本人たちはすっかりどこかに雲隠れしている様子だった。 しかし、学生時代を知る同級生らの間では女帝の昔話がひそかな話題になっているとか。 同じ学校に通っていた同級生の親は、 「彼女はわがままというか、当時から性格がきつくて友達も少なかったみたい。 高校で不登校になったこともあったそうですが、そのときはお兄さんが世話をしたそうです」 今回もまた教育関係者の兄たちが骨を折るのだろうか。 外部サイト.

次の