お 眼鏡 に かなう。 about us

お眼鏡にかなう

お 眼鏡 に かなう

10月1日はメガネの日 今回は 「メガネの日」について解説していきます! なぜ10月1日が「メガネの日」なのかというと、 1をメガネのツルとして0をレンズとみなすと「1001」でメガネの形になることが由来となっています。 「メガネの日」については日本眼鏡関連団体協議会によって1997 平成9 年に制定された記念日となります。 日本眼鏡関連団体協議会によるとこの日を「 普段からメガネを愛用している人に感謝の気持ちを表す」という事を目的とした記念日としています。 また、10月10日には「目の愛護デー」という記念日が制定されていて、 10月1日から10月10日までの期間を「眼とメガネの旬間」としています。 昔に比べてパソコンのモニターやスマートフォンの画面を見る時間が増えたせいか、メガネを掛けるという人の割合が過去に比べてかなり増えていますよね。 筆者が子供だったころはメガネをかけているという生徒はあまり見かけませんでしたが、 現在では小学生の高学年ぐらいになるとクラスの半分近くがメガネをかけているというところもあるそうです。 視力を落とさないための画期的な仕組みが開発されない限りは、今後もますますメガネを愛用する人が増えそうですよね。 メガネの雑学 今回は「メガネの日」にちなんで「 おめがねにかなうという言葉の由来」「 昔はメガネは悪魔の道具とされていた」などメガネにまつわる面白い雑学を紹介します。 おめがねにかなうという言葉の由来 皆さんは「おめがねにかなう」という言葉を聞いたことがありますか? 「おめがねにかなう」とは目上の人に気に入られたり実力を認められたりすることを意味する言葉なんですが、 「おめがねにかなう」の「めがね」ってどんなメガネのことなんでしょうね。 実はこの「おめがねにかなう」の「めがね」については、皆さんが普段から使っているメガネのことではなく、 「拡大鏡」が由来となっているそうです。 拡大鏡は美術品を鑑定する時に目利きをするのに使われたり、新聞などに書いてある小さな文字を読みやすくする時に使われるものです。 そしてこの拡大鏡が目利きなどに使われることから、 目上の人などが人間を目利きするような意味の言葉となって「おめがねにかなう」という言葉が誕生したのでした。 昔はメガネは悪魔の道具とされていた 視力が昔に比べて低下してしまっている現代人にとってメガネは欠かせない存在になりましたよね。 しかし、 メガネが発明されたばかりのころは悪魔の道具として忌み嫌われていたって知っていましたか? メガネが発明されたばかりの頃は宗教による信仰が強く、 視力の低下などについては神が与えた試練であり乗り越えるか耐え忍ぶものだと考えられていました。 そんな 神が人間へ与えた試練を妨げてしまうメガネについては悪魔の道具だと考えられていたのです。 そもそも当時はメガネの原理なども一般人には不可解なものであったため、 治療もせずに薬も使わずに視力が戻るメガネはとても不気味なものだったそうです。 このような超常現象を起こせるのは悪魔の仕業に違いないと思われていたんでしょうね。 以上がメガネの雑学でした、いかがでしたか?.

次の

メガネの日の由来と面白い雑学、10月1日の今日は何の日?

お 眼鏡 に かなう

開高健はユーモアあふれる文章を書いた作家だったが、いかにもというこんな文章がある。 「西独ではパンティ大王のお目にかなって湖とモーターボートと下男を提供された。 釣竿のせいである。 釣竿を持っていると、時あってそういう不思議なことが起るらしいのである。 なぜもっと早くこの道にいそしまなかったかと、これまた悔まれてならない。 」(『三つの戦争と難民収容所』1970年) 釣りファンならずとも続きを読みたくなるのだが、私にはもう一か所注目したい部分がある。 どこかというと「お目にかなって」のところ。 この「お目にかなって(お目にかなう)」は、「お眼鏡にかなう」が本来の言い方とされているのである。 私のワープロソフトも「お目にかなう」と入力すると、《お眼鏡にかなうの誤用》と親切に教えてくれる。 ところが、「お目にかなう」と言っている人はけっこう多いらしく、文化庁が行った2008年度の「国語に関する世論調査」でも、「お眼鏡にかなう」を使う人が45. 1パーセント、「お目にかなう」を使う人が39. 5パーセントとかなり拮抗している。 しかもこの調査の結果では、10代と60代は、「お目にかなう」を使う人の方が多いという結果が出ている。 私と同じ60代に「お目にかなう」と言う人が増えている理由はよくわからないのだが、確かに「お目にかなう」も本来的な言い方かどうかは別にして、意味的には通じそうだ。 それに多少こじつけめいたことを言うと、「お眼鏡にかなう」は目上の人に評価されるという意味だが、その目上の人が眼鏡をかけていなかったら、「お眼鏡にかなう」とは言いにくい、ということもあるのかもしれない。 もちろん「お眼鏡」は「眼鏡」の、「お目」は「目」の尊敬語である。 「お眼鏡にかなう」はそれが「かなう(適う)」、つまりちょうどよく合うという意味から派生した語である。 使われた例としては、『日本国語大辞典』に引用されている、江戸時代後期の人情本『閑情末摘花(かんじょうすえつむはな)』(1839~41)の例が今のところ一番古い。 「お目にかなう」は本来の言い方ではないとされているが、私が調べた範囲では唯一『大辞林』が見出しにしている。 改まった文章では「お眼鏡にかなう」とすべきであろうが、口頭で「お目にかなう」と言ってしまったとしても、問題はないような気がする。 あとは、辞書として、『大辞林』に追随するかどうかということであろう。 さらに、辞書編集者だけが知っている日本語の面白さ、ことばへの興味が増す辞書との付き合い方などを紹介。

次の

「お目にかなう」は誤用か? : 日本語、どうでしょう?

お 眼鏡 に かなう

10月1日はメガネの日 今回は 「メガネの日」について解説していきます! なぜ10月1日が「メガネの日」なのかというと、 1をメガネのツルとして0をレンズとみなすと「1001」でメガネの形になることが由来となっています。 「メガネの日」については日本眼鏡関連団体協議会によって1997 平成9 年に制定された記念日となります。 日本眼鏡関連団体協議会によるとこの日を「 普段からメガネを愛用している人に感謝の気持ちを表す」という事を目的とした記念日としています。 また、10月10日には「目の愛護デー」という記念日が制定されていて、 10月1日から10月10日までの期間を「眼とメガネの旬間」としています。 昔に比べてパソコンのモニターやスマートフォンの画面を見る時間が増えたせいか、メガネを掛けるという人の割合が過去に比べてかなり増えていますよね。 筆者が子供だったころはメガネをかけているという生徒はあまり見かけませんでしたが、 現在では小学生の高学年ぐらいになるとクラスの半分近くがメガネをかけているというところもあるそうです。 視力を落とさないための画期的な仕組みが開発されない限りは、今後もますますメガネを愛用する人が増えそうですよね。 メガネの雑学 今回は「メガネの日」にちなんで「 おめがねにかなうという言葉の由来」「 昔はメガネは悪魔の道具とされていた」などメガネにまつわる面白い雑学を紹介します。 おめがねにかなうという言葉の由来 皆さんは「おめがねにかなう」という言葉を聞いたことがありますか? 「おめがねにかなう」とは目上の人に気に入られたり実力を認められたりすることを意味する言葉なんですが、 「おめがねにかなう」の「めがね」ってどんなメガネのことなんでしょうね。 実はこの「おめがねにかなう」の「めがね」については、皆さんが普段から使っているメガネのことではなく、 「拡大鏡」が由来となっているそうです。 拡大鏡は美術品を鑑定する時に目利きをするのに使われたり、新聞などに書いてある小さな文字を読みやすくする時に使われるものです。 そしてこの拡大鏡が目利きなどに使われることから、 目上の人などが人間を目利きするような意味の言葉となって「おめがねにかなう」という言葉が誕生したのでした。 昔はメガネは悪魔の道具とされていた 視力が昔に比べて低下してしまっている現代人にとってメガネは欠かせない存在になりましたよね。 しかし、 メガネが発明されたばかりのころは悪魔の道具として忌み嫌われていたって知っていましたか? メガネが発明されたばかりの頃は宗教による信仰が強く、 視力の低下などについては神が与えた試練であり乗り越えるか耐え忍ぶものだと考えられていました。 そんな 神が人間へ与えた試練を妨げてしまうメガネについては悪魔の道具だと考えられていたのです。 そもそも当時はメガネの原理なども一般人には不可解なものであったため、 治療もせずに薬も使わずに視力が戻るメガネはとても不気味なものだったそうです。 このような超常現象を起こせるのは悪魔の仕業に違いないと思われていたんでしょうね。 以上がメガネの雑学でした、いかがでしたか?.

次の