やぶさか では ない 意味。 誤用に注意!!「やぶさかではない」の本当の意味と正しい使い方とは?

意外と知らない? 「やぶさかではない」の正しい意味や使い方!

やぶさか では ない 意味

先述した通り、「やぶさかではない」は「喜んで~する」という前向きな意味を持ちます。 ところが、平成25年度の「国語に関する世論調査」では、「やぶさかではない」の意味を正しく認識している人の割合はわずか3割。 4割以上の回答者は「仕方なく~する」という意味だと勘違いしていました。 この結果を踏まえると、相手側が「あまり乗り気ではないけれど、しぶしぶ~する」という意味で受け取る可能性があるということになります。 誤解を避けるためには、前向きな表現と一緒に使うと相手に真意が伝わりやすいのではないでしょうか。 【NG使用例】 ・そこまでおっしゃるのなら、 協力するにやぶさかではありません。 「お世話になった〇〇さんのお願いであれば、協力するにやぶさかではありません。 何なりとお申し付けください」といった使い方なら、真意が伝わりやすい。 続いて「やぶさかではない」の言い換え表現をご紹介します。 (1)「喜んでお引き受けします」 積極的に協力したい気持ちをよりシンプルに伝えるのなら、「やぶさかではない」よりも「喜んでお引き受けします(致します)」という表現の方が適しているかもしれません。 【例文】 ・今回のご依頼、 喜んでお引き受けします。 本当に簡単な仕事に対して用いる場合もありますが、 大切な相手からの依頼であれば面倒ではないという積極的な姿勢を 示すのに使うこともあります。 【例文】 ・いつも迷惑ばかりおかけしていますから、そのくらい お安い御用です。 (3)「願ってもないお話です」 自分が期待した以上の良い話が舞い込んだとき、待ち望んだ仕事のオファーをうけたときなどに使います。 【例文】 ・ご提案頂いたプロジェクトは、弊社にとっては 願ってもないお話です。 自分で引き受ける際に「快諾です」とは言いませんが、「 幸いに快諾してもらえたよ」などと状況説明に使われます。 また、 依頼を引き受けてもらったときのお礼のメールでもよく使われてい ます。 【例文】 ・この度は、 ご快諾頂きありがとうございました。 「まんざらでもない」「やぶさかではない」の違いは? 「まんざらでもない」は、「必ずしも悪くはない/嫌ではない」という意味。 「まんざらでもない」と「やぶさかではない」の意味を混同している方が多いようですので、違いを覚えておきましょう。 【例文】 ・協力するのはまんざらでもありません。 意味を間違って覚えている人が多い言葉ですので、相手が「やぶさかではない」を使っているときにも、どのような意味で使っているのか見極める必要があるかもしれませんね。

次の

誤用率高し!「やぶさかではない」の本当の意味は?【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#10】

やぶさか では ない 意味

「やぶさか」の意味と使い方 「やぶさか」の意味は物惜しみすること 「やぶさか」を漢字で表記すると「吝か」となります。 「吝」という文字は「けち」とも読めますが、このことからも分かるように、「やぶさか」は「物惜しみするさま」「けちなさま」「躊躇するさま」を意味する言葉です。 平安時代には「やふさがる」という動詞の形や、「やふさし」という形容詞の形で用いられていましたが、鎌倉時代以降になると「やふさか」という形で使われ始め、徐々に「やぶさか」に変化していきました。 「やぶさか」は否定形でよく用いられる 「やぶさか」という言葉は、そのままの「やぶさか」という形ではなく、「やぶさかではない」あるいは「は」を省いた「やぶさかでない」という否定形でよく用いられています。 「やぶさかでない」は否定の形を取っていますが、意味のうえでは「物惜しみしない」「躊躇するものではない」というような、意欲的・積極的に物事に取り組むときに使用します。 「やぶさかでない」で見られる、肯定を意味する二重否定の用法は「緩叙法(かんじょほう)」といい、同じ用法に「少なくない」「悪くない」などの事例があります。 「やぶさか」はそのままではあまり用いられない 「やぶさかでない」という否定形で用いられることが多い「やぶさか」という言葉は、そのままの形ではあまり用いられることがありません。 たとえば「申し訳ありませんが、今回のお誘いについてはやぶさかであるとお伝えください。 」といった場合です。 「誘いに応じることに乗り気ではない」といって断っているのですが、煮え切らない態度に受け取られかねません。 また、「やぶさか」があまり使われなくなっているため、意味が正しく伝わらない懸念もあります。 「やぶさか」という言葉使わず、率直に「ご辞退いたします」と伝えたほうが分かりやすく、誠実な対応といえるものです。 「やぶさか」のよくある誤用とは 「やぶさか」はそのままの形で使われることが少ないため、よく使われている「やぶさかでない」にみられる誤用について解説します。 「やぶさかでない/やぶさかではない」はきっぱりした肯定 たとえば「新規事業に関与することにやぶさかでない」という言い回しは、新規事業に対して積極的に関わりたいという気持ちの婉曲な表現です。 文型は否定形であり表現も婉曲的ですが、内容的には強い肯定を表すため使い方には注意が必要です。 よくある誤用は、「やぶさかでない」を「気が進まないけれども仕方なくやる」「どちらかと言えばやってもいいかな」というような、あまり乗り気でないことをいいたいときに使うという例です。 「やぶさかではない(吝かではない)」を乗り気でないときに使うと誤用 政府が「消費増税の実施にやぶさかでない」という表現をした場合、「ほんとうは消費増税はしたくないが、社会保障費の確保のためやむを得ずやる」という意味ではなく、「積極的に消費増税を実施する」という意味になります。 したがって、会社で行う宴会の幹事を打診されたとき、気が進まないけれど仕方なく引き受けるという意味で「やぶさかでない」を使ってはいけません。 「あの人は喜んで引き受けてくれた」ということになり、その後も幹事役が回ってくることになりかねないので、どうぞ気を付けてください。 「まんざらでもない」という意味で使っても誤用 「やぶさかでない」を「まんざらでもない」という意味で使っているケースも見受けられます。 「まんざらでもない」には「必ずしも悪くはない」あるいは「かなり良い」の二通りの意味がありますが、使い分けは文脈によって決まるため注意が必要です。 たとえば「まんざら捨てたものでもない」といった場合、「捨てるほど悪くはない」という意味と、「捨てて置けないほどいい」という意味の二通りが考えられます。 「やぶさかではない」には物事の良し悪しを判断する意味合いがないため、「まんざらでもない」という意味で使うことはできません。 「やぶさか」の類語 「やぶさか」の類語は「けち」 そのままの形で使われることが少ない「やぶさか」ですが、類語は「けち」「気が進まない」「賛成できない」などです。 一般的によく使われている「やぶさかでない」の類語には、「快諾する」「進んでする」「喜んでする」などが挙げられ、誤用されることが多く誤解を招きやすい「やぶさかでない」より、類語のほうがよく用いられています。 まとめ 「やぶさか」と「やぶさかでない」の意味と使い方および、よくある誤用や類語について解説しました。 誤用が増えているということは、意味が間違って受け取られかねないということでもあります。 言葉の正しい意味を知っておくことは、もちろん大切です。 しかし、誤用されがちな表現はできるだけ使わないようにして、誰にでも分かりやすい言い回しを心がけることも社会人としての嗜みといえます。

次の

誤用率高し!「やぶさかではない」の本当の意味は?【あらためて知りたい頻出ビジネス用語#10】

やぶさか では ない 意味

Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 A ベストアンサー 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。 それも「かかわる」でなく「かかる」です。 「人命に係 かか る問題」「係 かか り結び」など。 前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合 常用漢字の基準では 「係わる」でなく「かかわる」です。 結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。 漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。 ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。 漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。 一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的 「関わらない」「係わらない」 にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。 ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。 念のため。 「物書き」のひとりです。 まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか わる 」がないことです。 常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。 音訓表に無いものの代表的なもの よく使われるもの として「全 すべ て」「画 えが く」「〇〇に依 よ れば/拠 よ れば」などが思いつきます。 本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー 「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。 しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。 これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。 あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。 私もにた様な経験があります。 美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。 といったら「だから、木曜以降って! 聞いてました? 木曜は駄目なんですよぉ 怒。 と言われたことがあります。 しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。 「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。 goo. php3? 普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。 パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。 残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。 当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。 従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。 ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。 それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。 例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。 これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。 風に抵抗できない。 いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。 しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。 しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。 少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。 人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。 自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。 そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。 ……このような意味の比喩ではなかったかと思います。 この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。 パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。 彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。 パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。 暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。 弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。 パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。 「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。 普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。 パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し... A ベストアンサー 目からうろこが落ちる 普通、「目から鱗が落ちる」という場合、思いもよらなかった発想や考え方に、目が開かれるような思いになったことや、全く新しい体験を経験することによって、考え方がいっそうされたようなときに使うようです。 つまり、偏見や先入観から解放されて、自由なものの見方や考え方に至った場合に、「目から鱗が落ちる あるいは落ちた)」と言うようです。 実は、この「目から鱗が落ちる」という言葉は、「豚に真珠」と同じように聖書の中の言葉なのです。 この言葉は、使徒行伝の9章にでてくるのですが、この9章は、イエス・キリストが死んでまもなくの、キリスト教がキリスト教としての歩みを始めた極めて初期の時代のことが記されています アナニヤがサウロの上に手を置き、「イエス・キリストが、あなたのところに私をおつかわしになった」ということを告げたとたん、サウロの目が見えるようになったのです。 このとき聖書は、「サウロの目から鱗のようなものが落ちて、再び見えるようになった。 」といっています。 そしてここに、「目から鱗が落ちる。 」という言葉の語源があるのです。 サウロという人は、当時のユダヤ教の学者の中では一級の人物ガマリエルと言う人の弟子でした。 そういった意味ではエリートと呼ばれるような立場にあり、自分の力と才覚でいろんなことを考え実行できる人であったと言えるでしょう。 そのサウロが、人生の一大転機の時に視力が奪われ、人に手をひいてもらい、自分の力ではなく他人に頼らなければ何事もできないということを経験するのです。 まさしく、人間の能力や力の限界といったものを経験したのです。 それは、厳格なユダヤ教徒からキリスト教徒になるという、信じる内容の変化だけでなく、自分の力と才覚によりすがって生きていく生き方から、自分の力と才覚の限界をしって、ただ神によりすがって生きていく生き方へと目が開かれていく転換でした。 その境目に「目から鱗のようなものが落ちた」のです。 そういった意味では、「目から鱗が落ちる」ということの本当の意味は、人間が自分の力や才覚を誇り生きていくような生き方ではなく、自分の限界や無力さを知り、神に頼るということに気がつくということなのかもしれません。 nifty. html 目からうろこが落ちる 普通、「目から鱗が落ちる」という場合、思いもよらなかった発想や考え方に、目が開かれるような思いになったことや、全く新しい体験を経験することによって、考え方がいっそうされたようなときに使うようです。 つまり、偏見や先入観から解放されて、自由なものの見方や考え方に至った場合に、「目から鱗が落ちる あるいは落ちた)」と言うようです。 実は、この「目から鱗が落ちる」という言葉は、「豚に真珠」と同じように聖書の中の言葉なのです。 この言葉は、使徒行伝の9章にでてく... A ベストアンサー もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。 話す時はどちらでもいいですよ。 ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。 「すいません」はちょっとくだけた感じかな。 でも、これはあくまで私個人の語感。 人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。 書くときはもちろん「すみません」にしましょう。 これも、話す時にはどちらでもいいです。 「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

次の