喜ばれるお返しランキング。 法事のお返しに人気の品物ランキング2020!和菓子や日本茶がおすすめ

【還暦祝いのお返しは必要?】お返しの方法と、絶対に喜ばれるおすすめお返しギフト!

喜ばれるお返しランキング

香典返しとは 「香典」とは、「仏式葬儀」にて「故人の冥福」を祈り、「香に代えて霊前に供える金品」のことです。 本来、「香典返し」は必要とされていないとですが、現在では「いただいた香典のお礼」としての慣習が定着。 「四十九日 七七日忌 」の「忌明け」を迎えた後に、「挨拶状」に添えてお贈りするのが一般的とされています。 ただし、「忌明けの時期」に関しては、以下のように「宗教」によって異なってきますので、予めどういった形式に該当するかを確認することも重要と言えるでしょう。 【宗教別忌明けの時期の目安】• 香典返しの選び方 一般的な金額の相場 近年は「金額の3~7割にあたる品物」をお贈りすることが多くなってきていますが、一般的には「半返し いただいた金額の半分程度 」を目安とすれば間違いありません。 また、「地方・地域」によっても「詳細」が異なってくるようですので、以下を参考にしてみてください。 北海道地方• 基本的には「500~1,000円程度」の品物を「礼状」に添える• 近年では「忌明け 四十九日・七七日忌 」のタイミングで「高額の香典をお持ちいただいた方」に対して「香典返し」をすることが増えている 東北地方• 基本的には「1,000~3,000円程度」の品物を「即返し」して、「忌明け 四十九日・七七日忌 」のタイミングで「高額の香典をお持ちいただいた方」に対して「香典返し」をすることが多い 首都圏・関東地方• 「2,000~5,000円程度」の品物の「即返し」が多く、「忌明け 四十九日・七七日忌 」のタイミングで「高額の香典をお持ちいただいた方」に対しては「香典返し」をする 北陸地方• 「2,000~3,000円程度」の品物の「即返し」が多く、「忌明け 四十九日・七七日忌 」のタイミングで「高額の香典をお持ちいただいた方」に対しては「香典返し」をする 東海・甲信越地方• 「即返し」が多い 近畿地方• 「当日」には「粗供養 会葬礼品 」として「500~1,000円程度」の品物をお渡しする• 基本的には「忌明け 四十九日・七七日忌 返し」 九州・沖縄地方• ただし、「親族」の場合は特に「弔電」「花環」「生鼻」「果物」をいただくことが出てきますので、該当するときは「多少加味」するかたちで「金額」に反映するようにされることがおすすめです。 尚、「親族への香典返し」として利用率が高い品物は、「コーヒー」「お茶類」「椎茸」「海苔」「調味料」「タオル」「洗剤セット」「寝具」となりますが、「高額」であるほど「カタログギフト」を取り入れる方が多くなっています。 「幅広い金額」に対応できるところが、「カタログギフト」の大きな魅力と言えるでしょう。 タブー・いけないもの 「 香典返し」に「タブー・いけないもの」として、代表的なものは「四つ足生臭もの」と呼ばれる「生の魚類・肉類」。 これらは、「地域慣習・宗教的背景」も関係することから、古くから避けられてきました。 「地域・地方」によっては、「忌明け 四十九日・七七日忌 」まで「四つ足生臭もの」を控えるということもあるほどですので、注意が必要です。 ただし、「魚類・肉類」とは言え、「食料品セットの一部商品で瓶詰め加工などがされているもの」であれば、そこまで気にすることもありません。 その他、「慶事 結婚式などの祝い事 」を連想させる「お酒」「昆布・かつお節 よろこんぶということで 」や「金額が明確にわかる商品券」は控えるようにしましょう。 特に、「しきたりを重んじる方」「目上の方」に対して「商品券」をお贈りするのは、「失礼」にあたります。 参考: どこで買う? 「香典返し」は、「デパート」「ギフト専門店」「通販サイト」などで購入することができますが、以下のようにそれぞれ「メリット・デメリット」がありますので、ご自身にあった場所での購入を検討してみてください。 デパート• 格・ブランドとしての価値が高い• 即日持ち帰りができる• 定価での購入が一般的で値引きがないので費用がかさむ ギフト専門店• 品揃え・香典返しへのサービスが豊富• 即日持ち帰りができる• デパートよりも安価• ブランド力が劣る 通販ショップ• 複数サイトでの比較が簡単にできる• 品揃えが豊富• 非常に安価で購入できる 人件費などが省かれるため• 店頭へ足を運ぶ手間ひまがかからない• 現物を見ることができない• 届くまでに日数がかかる 香典返しに喜ばれる品物人気ランキング 「香典返しに喜ばれる品物」としては、やはり「カタログギフト」が断トツで人気を博しています。 「選ぶ楽しみがある」というのが、「カタログギフト」の醍醐味でもありますよね! 次いで、「コーヒー・ドリップセット」「タオルセット」「洗剤セット」と続きますが、「5位」の「食品系セット」では、「お菓子類」「そうめん類」の他にも「調味料セット」「フレッシュジュースセット」などの「おしゃれな品物」も近年話題です。 尚、一言で「カタログギフト」と言っても、「種類」「金額」は本当に豊富なバリエーションが揃えられていますので、ぜひご自身でもお楽しみになりながら選んでみてくださいね。 以下、大手ギフト専門店「Shaddy・シャディ」の公式サイト人気ランキングとなっていますので、こちらも合わせてチェックされると良いでしょう。 【公式サイト】: [1位]:カタログギフト 「カタログギフト」では、比較的「安価」のものから「高額」のものを取り揃えられていることもあり、不動の人気を誇ります。 「見ているだけでも楽しめる」という点も、大きな魅力と言えるでしょう。 [2位]:ドリップセット 「ドリップセット」は、「手軽に美味しいコーヒーが飲める」という点に優れており、こちらも人気の高い品物となっています。 「コーヒー好き」の方には、特におすすめです。 [3位]:タオルセット 「タオルセット」は、年齢性別問わず日常的にご使用いただける品物。 きっと、どのような方にもお喜びいただけることでしょう。 [4位]:洗濯用洗剤セット 「洗剤」は、日常生活でなくてはならない存在であるため、いただけるだけで「嬉しく」もあり「助かる」と言える品物です。 中でも、「普段使用しないこだわりの香りがあるもの」は、特に「非日常感」も有していますから、こういった機会にお贈りするのも良いでしょう。 「お好み」に合わせて「普段お召し上がりになれない」ような「高級感」のあるものは、特におすすめ。 「日持ち」がするという点も、評価を伸ばしている、嬉しいポイントです。 用途別香典返しの品物 センスのいい香典返し [1]:高級・自然派調味料セット 「香典返し」では、「好みが分かれづらい」「日常的に必須のアイテム」が高い人気を誇ります。 中でも、「調味料」は「日持ち」が良い上に、「ギフトセット」のような「贅沢品」は、普段中々購入できるものではありませんので、お喜びいただけること間違いなしです。 [2]:こだわりジュースセット 「高級な素材」を用いてつくられる「こだわりジュース」は、お子様からお年寄りの方まで、幅広い年齢の方にお楽しみいただけるので、非常におすすめです。 「日持ちする」という点も、不動の人気を誇る理由の1つと言えるでしょう。 高額な香典を頂いた時 [1]:カタログギフト 「幅広い金額」に対応できる「カタログギフト」は、「高額な香典のお返し」としてもおすすめ。 特に、以下にご紹介する「リンベル」では、「30,000~50,000円」に及ぶ、「品格高い高級カタログギフト」を取り揃えています。 [2]:工芸品・和食器 「高額な香典へのお返し」としては、「工芸品・和食器」などの「かたちにのこるもの」をされる方も多くいらっしゃいます。 特に、こちらの「山田平安堂」さんは、「宮内庁御用達漆器」を取り扱っている名店。 心に残るような逸品をお選びいただけることでしょう。 送料無料の品物販売・通販サイト 「通販サイトでの購入を検討しているけれど、送料は無料が良い」とお考えの方におすすめしたいのが、「全商品送料完全無料」に対応しているショップです。 以下、2サイトはこれに該当しますので、ぜひ参考にしてみてください。 どちらも、品揃え豊富であるとともに、「香典返し」への知識も兼ね揃えています。 まとめ ここまで、「香典返しの基本的な選び方」から「人気の品物」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 近年、「香典返し」に用いられる品物の種類はさらに増えてきていますが、やはり「カタログギフト」は常にトップの支持を受けています。 その他、「おしゃれな調味料・ジュース」「タオルセット」「コーヒーセット」「お菓子セット」なども不動の人気がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の

ホワイトデーのお返し 本命ランキング5選 2020 絶対に喜ばれる品を!

喜ばれるお返しランキング

Contents• ホワイトデーお返し人気ランキング|2020年の平均予算を調査 ホワイトデーの予算について悩んだことはありませんか?本命の妻や恋人、オフィスでの義理チョコなど、贈る相手によって適切なプレゼントも異なります。 ホワイトデーのお返しとして贈るプレゼントの平均予算を調査しました。 本命へのお返し: 平均5,000〜10,000円• 義理へのお返し: 平均500円〜2,000円 あまりにもお返しの金額が予算よりも低かったり高かったりすると、 相手に不要な気を遣わせてしまうこともあるため要注意です。 【ランキングの前に】ホワイトデーのお返しとしてプレゼントする時の注意点は? 続いて、ホワイトデーのお返しをする際の注意点をお伝えします。 会社でまとめてお返しする際には、 人数を把握する• 相手の趣向をあらかじめ把握する(甘いものが好き、コーヒーが苦手など) 基本的ですが、押さえていないとせっかくプレゼントを贈っても相手をがっかりさせてしまうため気をつけましょう。 生地の縫製も、メゾンの服も仕立てる熟練した日本工場で行っているので、ミシン目がチクチクするような感覚もなく、 安らぐために徹底して作られたリラックスウェアです。 ふわふわの雪を触ったような柔らかくて、軽い触り心地のタオルは一度使ったら他には戻れないと、お客様からもご好評いただいています。 Foo Tokyoのタオルギフトは2000円代から2万円代まで、用途やシーンに応じた幅広いギフトアイテムを揃えているので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の

ホワイトデーのお返しランキングで嫁(妻)に喜ばれるプレゼントは?NGなものもご紹介!

喜ばれるお返しランキング

今ではごく当たり前のように聞こえてしまいますが、実はこれ、日本で生まれた風習である事をご存知でしたか? そもそもの始まりは昭和55年頃、お菓子業界の提案でホワイトデーのイベントが店頭で行われ、キャンディーやマシュマロといった贈り物が並んだのが最初だったと言います。 また、もう1つ別の説としては、バレンタインデーの1ヶ月後に、恋人たちが改めて永遠の愛を誓い合ったというエピソードがあり、それがホワイトデーの由来になっているとも言われます。 さらに別の説としては、バレンタインデーが日本で浸透してきた頃、「チョコをもらうだけで、お返しをしないのは心苦しい」といった声から、全国飴菓子協同組合が日本の古典 古事記・日本書紀 から飴製造の起源をひろったという話もあります。 純潔なイメージの「白色」から名付けられたという「ホワイトデー」。 そのルーツに関しては諸説ありますが、もらったものに対してお返しをするという、日本人らしい考え方が大きく浸透するきっかけになったのかもしれませんね。 ホワイトデーのタイミングだからこそ、大事な人への感謝の気持ちをこめて、素敵なギフトを送りたい。 そんなお客様へのために、ここでは、ホワイトデーのギフトをお選びいただくポイントから、ホワイトデーに関する様々な情報をご紹介しています。 今年のホワイトデー・ギフト選びの参考になさってください。 「ホワイトデー」の情報まとめ• ホワイトデーのお返しで喜ばれるスイーツにはどんな種類があるの? バレンタインチョコのお返しをする日でお馴染みのホワイトデーには、気持ちのこもったスイーツを相手に贈るのが定番の1つ。 例えばチョコレートやケーキ、クッキー、マカロンなど、ホワイトデー前には多くの商品が店頭に並びます。 スイーツ業界の一大イベントであるバレンタインデーからホワイトデーにかけてのシーズンは、ショコラティエやパティシエが一年の中で最も腕をふるう時期。 凝ったチョコレートや珍しいチョコレート、お手ごろ価格から高級品に至るまで、様々な種類のチョコレートが登場するので、贈る相手の好みに合ったチョコレートを探す楽しみもあります。 また、ケーキに関しては、生クリーム系やフルーツ系、チーズケーキなどバラエティも多彩で、甘いものが苦手な人でも楽しめるケーキはたくさんあります。 そしてクッキーは日持ちも良いので、ホワイトデー当日に買い物に出れない場合でも便利なスイーツです。 様々な種類が入ったクッキーの詰め合わせは、職場の女子たちへのお返しにもぴったりかもしれません。 さらに見た目もカラフルで可愛いらしいマカロンは、女子がお返しでもらって嬉しいスイーツの1つ。 そもそもの見た目が綺麗なので、2~3個入りのマカロンでも、比較的華やかに見えるのがちょっとしたポイント。 そして相手のペースで楽しんで食べてもらえる、それもマカロンが人気を集めている理由の1つと言えるかもしれません。 関連コラム• ホワイトデー・ギフトの相場はいくら? バレンタインデーにチョコレートやギフトをもらう事自体は嬉しいものの、ホワイトデーのお返しにどんなものを贈るべきか、悩む人も結構多いと思います。 お返しする相手によっても相場感やギフト選びは変わってきますが、ここでは本命の相手、義理の相手などに分けて、気になる相場感を調べてみました。 例えば「義理チョコ」のお返しの場合は、1,000円~3,000円程度の相場感でのお返しが多いようです。 これには、もらった義理チョコにちょっとだけ上乗せして返す、そんな感覚が働いているのかもしれません。 もし相手が職場の同僚や上司の場合は、周囲の人と相談しつつ、同程度の相場感でお返しを選ぶのが無難でしょう。 あまりに安いギフトでは相手をがっかりさせてしまいますし、逆に高価過ぎるギフトというのは、あらぬ勘ぐりを受けてしまう可能性もあるため、控えておくのがベターです。 そして気になる「本命チョコ」のお返しの方は、3,000円~5,000円程度の相場感で何らかのギフトを選ぶ人が多いようです。 もちろん中には予算を度外視し、奮発したギフ選びをする人もいると思いますが、全体的な相場感としては、この程度の予算で考える人が多いようです。 価格帯別でお選びならこちら• チョコの賞味期限・保存どれくらい? なんとく長期保存できそうなイメージがあるチョコレートですが、種類にもよっても賞味期限に差があります。 例えば水分を多く含まないビターチョコの場合、賞味期限が1年~1年半くらいというものも多く、味わいや風味の変化を除けば、一般的には長期間保存しておくことができます。 しかし、ミルクチョコレートやホワイトチョコレート、フレーバーチョコレートなどのように、チョコレート以外に混ざるものが多く入っている場合は、賞味期限も短くなる傾向となっています。 その他に水分を多く含む生チョコなどの場合は、賞味期限が1~2週間と短くなっています。 これらは生菓子に近い種類なので、できる限り早めに食べてしまうようにしましょう。 尚、チョコレートの保存に関しては、直射日光が当たるような環境を避ければ、常温で保存する事もできます。 ただし、夏場は気温が上がって暑くなるため、冷蔵庫で保存しておく方が溶ける心配もなく安心できます。 また、チョコレートを箱や袋に入れず、そのままの状態で保存してしまうと、他の食品に匂いが移ることもあるので注意しましょう。 風味や味わいを損なわないためには、しっかりと密封した状態で保存しておくのが基本です。 どんな贈り物が人気あるの? 日本でバレンタインデーという習慣が定着しつつあった頃、頂きものにはお返しをした方がいいという日本人らしい考え方に着目し、これを新たな記念日にしようとお菓子業界が提案、浸透していったと言われる「ホワイトデー」。 今では世間で当たり前のように受け入れられ、バレンタインデーのアンサーデーのような特別な日になっています。 しかしそもそも、ホワイトデーのギフトのお返しにはどんな意味があるのか、皆さんはご存知ですか? 例えばお返しのギフトとしても人気のマシュマロには、「あなたのことが嫌い」という意味があるとも言われますが、一方で「あなたの愛を純白で包む」といった意味があるとも言われています。 また、クッキーには「友達」、キャンディーには「あなたが好き」といった意味があるとも言われています。 実際のところ、これらの意味を1つ1つ気にしてスイーツを選ぶ人は多くないと思いますが、ちょっとしたニュアンスを込めてスイーツを選んでみるのも、ホワイトデーを楽しむ方法の1つになるかもしれませんよ。 関連コラムを読む• ホワイトデーのお返しの由来は? バレンタインデーのお返しは、昔も今もクッキーやチョコレートなどのスイーツを贈るのが定番です。 最近は幅広い種類や値段のスイーツが店頭に並んでいるため、好みや予算に応じたギフト選びができるようになっています。 加えて様々な種類のスイーツが少しずつ入った、詰め合わせセットなども多く販売されているため、職場のみんなでシェアするような目的の場合は人気となっています。 ちなみに「本命チョコ」のお返しの場合は、もらって嬉しい華やかなスイーツが欠かせませんよね。 例えば自分では買えないような高級スイーツ、限定のプレミアムスイーツ、有名パティシエが作るスイーツなども人気となっています。 そして「義理チョコ」や「友チョコ」のお返しの場合は、スイーツ以外にも個人の好みに合わせた紅茶やハーブティー、お酒などを贈ってみるのもお薦めですよ。 もし迷ってしまって選べないという場合は、本命の相手と一緒にお店へ行き、2人で贈り物を選ぶというのも、楽しいひと時になるかもしれません。 その他にもぐるなび食市場のようなお取り寄せサイトのラインナップも充実してきているため、2人で好きなものを選んでお取り寄せしてみるというのも、便利で楽しい時間になるかもしれませんよ。 関連コラム• 日本国内と海外のホワイトデーの違いは? 「頂きものにはお返しを」という日本人的な考え方をもとに、お菓子業界の提案で世の中に広く浸透していったと言われる「ホワイトデー」。 今や日本国内では、毎年バレンタインデーとセットになって盛り上がっているイメージがありますが、海外のホワイトデー事情はどうなっているのでしょうか? 例えば韓国や台湾、中国の一部などを見てみると、日本と同様にホワイトデーの習慣が広まっていて、韓国ではバスケットにギフトを入れ、華やかに包んで相手に贈るのも人気となっているようです。 また、台湾やベトナムでは、バレンタインデーの日は男性から女性へ、そしてホワイトデーの日は女性から男性へギフトを贈る習慣になっていて、日本とは全く逆の状況となっています。 同じホワイトデーのイベントでも、地域が違えば事情も様々に異なっています。 ちなみに欧米の方では、そもそもホワイトデー自体がないのだとか。 欧米ではバレンタインデーの日に男性から女性へ、または女性から男性へ贈り物を行うのが一般的だそうで、日本のバレンタインデーのように、女性側が男性に贈り物をする日という考え方とはちょっと異なるようです。

次の