お姫様 に なっ て しまっ た 件 について。 #ある日、お姫様になってしまった件について #アタナシア おはよう、また明日

ある日、お姫様になってしまった件について25話ネタバレ

お姫様 に なっ て しまっ た 件 について

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、クロードとジェニットは出会ってしまうが、彼女がアルフィアス公爵が保護している子で、さらにあることに気づいただけで、特に彼女に興味を持つこともなく、アタナシアと帰る。 アルフィアス公爵には、他に実子がいればアタナシアのように可愛がるだろうと言われたが、アタナシアが二人いない限りはあり得ないと言い切るほど、アタナシアを大切に思っているからだ。 そして馬車に乗るときに、デビュタントと誕生日おめでとうとアタナシアを祝うのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話のネタバレ その晩、アタナシアが上機嫌でベランダから外を眺めていると、泣いているかと思ったのに楽しそうだなとの声がした。 ルーカスが空からやってきたのだ。 なんで泣くのと彼女が聞き返すと、もう二度とダンスしたくないと父親にいわれなかったのかと言われる。 クロードの足踏むの予想していたのかとドキっとする彼女は、そんなこと誰も言っていないと答える。 他にも踊った相手がいるのかと言い、彼はぐっと顔を近づける。 これも他の奴につけられたのかとアタナシアのおでこを指で弾き、彼女の体を軽くする。 何か良くないものが彼女についていたようだ。 お前はメンテがなかなか面倒だ、さっさと寝ろと言い、魔法でアタナシアをベッドに寝かせ、子守歌まで流す。 彼は泣いているかと思ったと言っていたが、心配してきてくれたのだろうか。 アタナシアは、いい夢見てねと彼に言い、眠りに落ちた。 優しく微笑む彼。 彼女を眺めるルーカスは、放っておけば溢れる魔力ですぐ死ぬだろうが、まだ傍に居続けるべきかと思い、彼女の髪を指でクルクルとまわす。 そして、もう少し傍にいようと決め、その場を離れるのだった。 一方アルフィアス公爵邸。 勝手に動いたことについてジェニットは公爵に叱られていた。 公爵は、何の考えもなしにお姫様を追いかけ皇帝に会うなんてと、かなりご立腹のようだ。 イゼキエルが割って入り、今日はジェニットのデビュタントでもあるじゃないですかと助け船をだす。 アルフィアス公爵は、クロードのアタナシアへの思いや、あの黒髪の紳士に根回しが無駄だったなと言われたことで、だんだん悪い状況に進んだ気がして頭を悩ませるのであった。 ジェニットは自室に戻ると、満月を見上げながら、アタナシアがとても美しかったことを思い出し胸をときめかせる。 そしてクロードを思い出し、エヘと笑うのだった。 夜も遅くなり、貴族達は馬車で帰り始めた。 その様子を会場の屋根の上から眺めているのは、あの黒髪の紳士。 アタナシアやクロード、ジェニットやアルフィアス公爵を思い浮かべ、楽しくなってきたようだと笑う。 すると突然痛みで呻く。 そして、まずは魔力回復が必要だなと呟くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」34話の感想 クロードはアタナシアをとても大事にしていますが、ルーカスも同じようです。 なんだかんだ誕生日に顔を出したり、魔力を払い、あれこれと彼女のケアをしています。 まだ自分の感情がよく理解できていないようですが、ここからどのように彼女に恋心を抱いていくのかが楽しみです。 アタナシアは自分を大切に思ってくれる人に囲まれ楽しい一日を終えましたが、ジェニットは公爵に叱られていました。 でも根が明るいので、くよくよしそうではないですね。 イゼキエルもいますし。 クロードについてどのような感情を持ったのでしょうか。 実の父親だともう聞いているでしょうから、美しいアタナシアやクロードと家族になれるのだと、胸がときめいていたのでしょうか 正確にはクロードの兄ですが アタナシアの知る原作と全く違う内容になってきましたが、登場人物も違う者が現れました。 黒髪の紳士です。 隠してるようですが宝石眼を持つようです。 皇族の一人のようですが、一体どんな繋がりがあるのでしょう。 ちなみにですが、クロードの兄アナスタシウスと髪型が一緒で、クロードに攻撃されたところも、黒髪の紳士が痛がった腹部と同じです。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

ある日、お姫様になってしまった件について25話ネタバレ

お姫様 に なっ て しまっ た 件 について

出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」21話 本作の主人公。 アタナシア(Athanasia 、不滅という意味の名を持つ。 不死の意味を持つ名前は、後に皇帝となる正式な後継者にしか許されないが、彼女の母ダイアナが死に際に名付けた。 愛称はアーティ。 クロードの唯一の実子。 直系の皇族の証である宝石眼を持ち、ダイアナそっくりの容姿をしている。 本来の彼女は孤児院出身で、貧しい暮らしを送る地球の社会人だったが、ある日突然、異世界のオベリア帝国・皇帝の一人娘として転生していた。 前世では、前日に睡眠薬を飲んで眠ったため、睡眠薬のせいで死んだ可能性がある。 彼女は、仕事先で客が忘れていったロマンスファンタジー小説「かわいらしいお姫様」の内容と一致する世界に来てしまい、しかも実の父である皇帝クロードに愛されることなく、濡れ衣で彼に処刑されてしまう悲劇の姫・アタナシアとして転生してしまった。 小説の内容では、9歳で初めてクロードに会い、18歳で処刑される。 なので、生き残るためにこっそり逃走資金を貯め、クロードに会わずにして皇宮から脱出しようと計画する。 だが実際は5歳でクロードに出会ってしまった上に、どういうわけか頻繁に会うようになってしまう。 いつクロードの機嫌を損ね殺されるか戦々恐々と過ごすうち、ある程度の慣れが彼女を強くする。 現在、彼女の身体に収まりきらない魔力が、黒い子犬の神獣となって彼女の傍にいるようになった。 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」24話 オベリア帝国の現皇帝。 アタナシアの実の父。 帝国を救った英雄と称される。 後継者であった兄を殺し、今の地位につく。 そのため、クロードの名は不死に関するものではない。 宝石眼を持つ。 冷血な性格で、感情の起伏がない。 日々4時間くらいしか寝る時間がないので、いつも眠そうである。 愛した女性ダイアナがアタナシアを産んだ直後死んでしまったので、後宮のルビー宮にいる者たちを皆殺しにした。 生まれたばかりのアタナシアも殺すつもりだったが、ダイアナが名付けた不死の意味をもつ帝王の名を聞き、踏みとどまる。 だが、その後ルビー宮に立ち寄ることをせず放置し、アタナシアが5歳になるまで一度も会うことがなかった。 そのため、子育てに関してやや無知である。 小説内では、クロードの前婚約者との間にできた、彼に隠され育てられていたジェニットという可愛らしい娘と出会ってから、ジェニットだけを溺愛するようになる。 そしてアタナシアを一度も愛すことなく、濡れ衣でアタナシアを殺す。 実際には、無愛想ながらなんだかんだアタナシアを構うようになり、彼女が血を吐き気を失ったときは、ひどく動揺していた。 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」3話 原作の正ヒロイン。 隠され育てられたクロードの娘という設定。 天真爛漫で純真な彼女は、アタナシアとは違いクロードに愛され、さらにイゼキエルという優秀な婚約者と幸せに暮らすと原作には書かれている。 クロードの元婚約者フェネロペ・ユディットが生みの親だが、クロードの兄アナスタシウスとの不倫で産まれた子なので、クロードの実子ではない。 その上、アナスタシウスの実験により黒魔力を吹き込まれたという、混ざった子だ。 出産の際、フェネロペは死亡。 クロードの実子ではないことは、クロードと原作を知るアタナシア以外、誰もいない。 現在はアルフィアス公爵家で、身分を隠した状態で保護されている。

次の

【MAD】ある日、お姫様になってしまった件について/2002

お姫様 に なっ て しまっ た 件 について

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、イゼキエルがアタナシアに近づこうとすると、突然現れたルーカスによって止められる。 少年二人は互いを牽制しあう。 イゼキエルは帰り際、興味深い本がありますねと言い、彼女の手に触れながら図書館の本を渡し、自分もお茶会に読んで欲しいとささやく。 その本は隠し読みしていた恋愛小説で、ルーカスに取り上げられたアタナシアは、顔真っ赤で取り返そうとする。 図書館警備の騎士達にも見られ、恥ずかしい思いをする彼女。 その後アタナシアは、完璧なイゼキエルに嫉妬しているのかとルーカスに聞くも、俺の方が上だと言い張る彼なのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話のネタバレ 後日、またも皇宮でお茶会が開かれたが、相変わらずのイケメン談議で、アタナシアはついていけない。 前回、クロードにお茶会は楽しかったかと聞かれたので、楽しかったと答えたら、カレンダーが変わる前にまたピクニックが開かれたのである。 前回もそうだが、政治・身分関係なく色々な令嬢たちを招いたようなので、クロードはただアタナシアに友達を作ってあげたいようだ。 今回も参加してくれたヘレナ令嬢は、よほどルーカスが気に入ったのか、毎晩彼の夢をみると話す。 これは運命、私のこれまでの人生は彼と出会うためにあったのだ、孤高の黒狼ルーカス様、と熱弁するヘレナ。 全く理解できないアタナシアは、少し休憩と言い、その場を離れる。 木陰で休むアタナシアに、彼女を気遣い声をかけるジェニット。 ジェニットは、令嬢らとの会話は時間を忘れるほど楽しいと言うのだが、では何故そこから離れて自分の所に来たのだろうかと、アタナシアは疑問を持つ。 令嬢達との会話は初めて聞く内容なので、面白くて仕方がないというジェニット。 とくにイゼキエルのことを優しいカリスマと話すのが面白く、彼に教えたのだそう。 彼は、そんな話何処で聞いたのかと聞くので、お姫様のお茶会だと教えたら、なんとも言えない表情をしたというのだ。 やはりジェニットは女主人公だと思うアタナシア。 彼の表情が本当に面白かったと朗らかに笑うジェニットに、面白そうですねと言い、少し和らいだ表情になるアタナシア。 令嬢達が大盛り上がりしていたので、先に戻って会話を楽しんでくださいと、ジェニットに戻るよう促す。 ジェニットは少し黙ると、お姫様は私のことがお嫌いでしょうかと言う。 直球の質問に、言葉がでないアタナシア。 ジェニットはひどく落ち込むので、アタナシアは慌てて、実は同性の友達がいなかったから、慣れていないのだと説明する。 特に嫌いというわけではないとアタナシアが言い訳すると、ジェニットはキラキラした目で微笑んだ。 ジェニットはもじもじしながら、私も同じです、不快に思うかもしれませんが、私とお姫様は似ていると思いませんかと言う。 初めて見たときから、ずっとお姫様とお友達になれたらと思っていた、失礼でしょうかと、照れながら聞くジェニット。 小説の中で、幼いジェニットが家族という存在に恋い焦がれていた描写は、何度もでてきた。 クロードを本当の父だと思っているだろうし、アタナシアのことも姉妹だと思っているのだろう。 姉妹という単語につられ、失礼ではないと答えるアタナシア。 ジェニットは本当に嬉しいと言い、とても愛らしく微笑んだ。 そのあまりの可愛さに、ジェニットを警戒していたアタナシアの緊張がほぐれる。 ジェニットは、一度招待してみたかったと、アルフィアス公爵邸に来ませんかと誘う。 機会があればと答えるアタナシア。 警戒心が解けたり、そう答えられたのは、クロードが前より怖くないせいなのだろう。 その後、ジェニットは、他の令嬢からイゼキエルの好きなものを聞かれるが、答えに困っていた。 ふと、草陰を走る黒っぽい何かに気がつく。 気になり1人でおいかけてみると、見知らぬ宮殿に迷い込んでしまった。 何者かと声をかけられ、ジェニットが振り向くと、そこにはクロードがいたのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」39話の感想 アタナシアが全く理解できない、イケメン談義のお茶会がまた開かれました。 あのルーカスが異様に褒められているので、アタナシア的には聞くに堪えないようでしたね。 アタナシアの手が前回同様タコのようにぐるんと丸まっていましたが、韓国ならではの表現方法なのでしょうか。 耐えられなかったアタナシアは、少し離れたところに移動しますが、ジェニットが寄ってきました。 原作では、アタナシアから父の愛を奪った上に、間接的に命まで奪う人物なので、アタナシアはかなり警戒しています。 それでも、女主人公だからこその可愛らしい微笑みで、アタナシアの警戒心が解けていきました。 おまけにアルフィアス公爵邸宅に行く約束までしてしまいます。 アタナシアより上手のイゼキエルがいるだろうに、また彼が彼女にアプローチしてきそうですね。 アタナシアは気まずい思いをしそうです。 ジェニットはイゼキエルに、この前の茶会での内容を伝えたそうですが、アタナシアはあのとき皆をしらけさせないため、イゼキエルに好意的な発言をしていました。 それでイゼキエルはいてもたってもいられなくなり、アタナシアの図書館へ潜り込んだのかもしれませんね。 皇城から出してもらえないアタナシアなので、この訪問約束が実現するかが、まず問題ですね。 そしてジェニットは、女主人公の力なのか、迷い込んだ先でクロードに遭遇しました。 イベントを生み出しましたね。 もうアタナシアという愛する対象がいるクロード。 彼の目に、ジェニットはどう映るのでしょうか。 ジェニットは宝石眼を隠しているので、冷たくあしらわれてしまうのでしょうか。 次回が気になりますね。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の