グリーン姉さん。 ナナミ(ポケモン) (ななみ)とは【ピクシブ百科事典】

グリーンパークへようこそ45

グリーン姉さん

クリックで飛びます 体験談ってなんか読みたくなっちゃうんだよなー。 どうも。 Pcolleレビュー始めました。 管理人です。 ちょいとペースが落ち気味なのでここから巻き返したい。 無理に月間100本にこだわることもないんですが、もはや意地です。 それでは今月66本目のレビューいきますよー 今回の作者さんは さんです! 作品はこちら 今回は2組収録作品です。 1組目 5分02秒、顔有り まずはこちらのお姉さん。 平均以上~ちょいカワ。 現実感のあるお姉さんです。 短パンですがスタートからなかなか際どい。 そしてボリュームのあるこの太ももが良き。 さっそくズームしてみると綺麗に黒Pがはみ出てます。 屋外ということで光量もバッチリ。 肌の質感まで分かる高画質が実用性を押し上げる。 尺は5分なのでじっくりです。 引きから接写までたっぷり。 パンツだけでなく、顔撮りも何度かあるのも良いポイントです。 最後はここで終了。 2組目 4分11秒、顔モザ有り お次はこちらの制服JK2人組。 左の子がメイン。 細めの足が綺麗。 こちらも狙いを定めて接写。 重ねてはいるものの、いい具合にはみ出してくれてます。 ここで顔撮り。 モザイクがかかってはいるものの、薄めなので想像がつきやすい。 擦れてない系のJKちゃん。 そんな雰囲気があります。 こちらも引きから接写までじっくり。 お友達のほうも狙いますが、こちらは見えませんでした。 最後はここで終了。 それぞれ5項目に分けて評価。 販売者目線と購入者目線を合わせて、なるべく中立に。 ただ、僕の趣向や好みもあるので、あくまでも個人的な感想です。 親近感のあるちょいカワお姉さん。 でも薄めのモザイクなのでイメージが湧きやすいくて悪くない。 屋外ということもあってズームでも衰えない。 特に1人目は肌の質感まで分かる鮮明さです。 引きから接写までかなりじっくり見れます。 この狙い打ち、スナイパー的な臨場感はクセになります。 こちらの存在は悟られていないだけに、被写体の仕草も自然で良き。 どちらか1本だけでも単体として商品にできるレベル。 それを2人セットでこの価格。 コスパ最強です。 総合点 :80点 短パンや重ねとはいえ、これだけじっくり撮られていると侮れません。 しっかりはみ出していますし、お姉さんとJKという組み合わせも楽しみやすい。 価格が安いので買いやすいですし、ボリューム的にもお得な内容。 引きから狙いを定めてズーム、そして集中して見れる安定感。 まるでスナイパーのような臨場感と、この覗いてる感がこのシリーズの良いところ。 ズームでも画質が衰えず、肌の質感まで分かる鮮明な映像。 JKちゃんが顔モザなのは唯一い惜しい点だけど、薄モザなのでイメージも湧きやすいです。 むしろ妄想が膨らみやすい気もします。 お姉さんが好きな方にもJKが好きな方にもオススメ。 今日も買って損なし!な作品でした。

次の

erocru

グリーン姉さん

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます グリーン姉さん - アンサイクロペディアはてなブックマーク - グリーン姉さん - アンサイクロペディア プレビュー グリーン姉さん - アンサイクロペディアはてなブックマーク - グリーン姉さん - アンサイクロペディア グリーン姉さん - アンサイクロペディア この項目には、なが含まれています。 発生中等の理由でがする方は、グリー... 概要を表示 この項目には、なが含まれています。 発生中等の理由でがする方は、姉さんに相談して閲覧を中止するなどしてください。 姉さん - ねえさん とは、迷える子羊達に救いの手を伸べるべくこの世に舞い降りた、心優しいのである。 を図っている者を背後から優しく見守り、その者の死後もその魂に平穏が訪れる瞬間までぴったりと寄り添い続けるといわれている。 ちなみにはモタ男君。 、緑女、青カビ女、腐敗、グロとも呼ばれる。 [] その名が示す通り、姉さんはくすんだ美しい緑色の肌を持つ。 その軽く腐敗してカビが生えたような美しい素肌は、の半化の憧れの的であり、姉さんのは美しいグロの一つとしてを果たしている。 この緑色の肌は中毒死の象徴であり、ゆ.

次の

グリーン姉さん

グリーン姉さん

今回は、とある画像に関しての記事です。 知る人ぞ知る、いわゆる「グリーン姉さん」というグロ画像があります。 もう10年以上前の話ですが、よくネットで張られていたような気がします。 今では検索してはいけない言葉として、有名ですが、結局この画像はどこから広まったのでしょうか? グリーン姉さん 検索してはいけない言葉で、「グリーン姉さん」という言葉がある。 検索すると、グロ画像が表示されてしまう。 どんな画像かと言えば、緑色に変色した性の遺体なのだが、その表情を見ると、苦しんで亡くなったようだ。 鼻血が流れたまま固まっており、見た人はトラウマになっただろう。 この画像、自殺をした女性だという噂があるが、詳細は分かっていない。 そして、なぜこのような画像がネットに出回っているのか、真相は不明である。 グリーン姉さんを知っている方、いらっしゃるでしょうか? なかなかトのある名前ですが、結局のところ、この画像はどこから広まったのでしょう。 少し気になったので、調べてみたいと思います。 調べてみた ・日本で広まったのはいつ? 日本で広まったのは、恐らく2004年辺りからでしょうか。 少なくとも、「グリーン姉さん」と呼ばれ出したのはその頃だと思います。 ・【追記】 2001年にはすでに日本で話題になってた、という情報をいただきました。 当時、すでにの画像鑑定スレのテンプレに載っていたそうです。 貴重な情報、ありがとうございます。 ・どこから広まった? 肝心の画像なのですが、調べてみるとほとんどが「rotten. com」が引用元です。 どんなサイトかと言えば、グロ画像を集めたサイトです。 残念ながら、現在では見ることができません。 しかし、ネットに残っているので、見たい人がいればそこからご覧ください。 (さすがにグロサイトのURLは貼れないので、各自で調べてね) さて、このサイト、調べてみると、1996年にを取得していることが分かります。 Domain Name: ROTTEN. networksolutions. com Registrar URL: Updated Date: 2009-07-22T12:56:10Z Creation Date: 1996-07-23T04:00:00Z Registry Expiry Date: 2019-07-22T04:00:00Z Registrar: Network Solutions, LLC Registrar IANA ID: 2 Registrar Abuse Contact Email: abuse web. 8003337680 Domain Status: clientTransferProhibited Name Server: ZONE. AREA. COM Name Server: ZONE. RWX. COM DNSSEC: unsigned URL of the Inaccuracy Complaint Form: さらに、によれば、1997年からサイトを運営していた模様です。 いつ頃からグリーン姉さんが載せられていたかは不明ですが、2002年にはすでに載せられていたことが分かります。 (2002年のにはすでに存在している) このことから、rotten. comから広まったと考えていいと思います。 2001年に、日本には、もう話題になっていたとすると、rotten. comには2001年以前にも存在していた可能性もあります。 が残っていない以上、なんとも言えません。 ・死因は? 自殺と言われているこの画像ですが、詳しい死因はrotten. comには書いてありませんでした。 タイトルは、「Blonde on the slab」(直訳すれば板の上の金髪) で、説明らしき文は「Early stages of decomposition」(分解の初期段階)としか書かれていません。 また、自殺と言われている根拠は、身体の色が緑に変色しているから、らしいですが、自殺で緑色にはなりません。 即死濃度 800〜1000ppm 以上の高濃度ガスを吸引して死亡した場合、体内で形成される硫化ヘモグロビンの量が少ないため、死斑や血液の色調は通常の急死の場合とほぼ同じであり、遺体が緑色になるということは無い 屍蝋化しているとも言われてましたが、死体は腐敗すると誰しも緑色になるようです。 【西尾教授】死に際してひとつ平等なことがあるとしたら、誰しも死んで腐敗すると緑色になる、ということでしょうか。 腸の中の細菌が産生する硫化物が血液のヘモグロビンとくっつき、全身が緑色になるんです。 「Early stages of decomposition」と書かれているように、腐敗が進んだ段階なのではないでしょうか? 死因に関しては噂の域を出ないでしょう。 ・本物? この画像に関して、rotten. comがどこから拾ってきたかは不明ですが、によれば、rotten. comは載せられていた画像の遺族から訴訟を起こされていたこともあったようです。 (グリーン姉さんかどうかは不明) 少なくとも、本物の死体が映った画像を載せていたことは確かですね。 まとめ グリーン姉さんは海外のグロサイトから広まったものでした。 この画像、結構トがあるので、もし見たいという方は注意してくださいね。

次の