ムゲンダイナ 型。 【ポケカ】ムゲンダイナVMAX「タッグコール型」デッキレシピと解説

ムゲンダイナ

ムゲンダイナ 型

1 ファイナルトーナメントを勝ち進む 2 まどろみの森に行く 3 ナックルシティのナックルスタジアムに向かう 4 ローズとポケモンバトル 5 ホップに話しかけ、リフトを上がる 6 階段を上るとムゲンダイナ フォルム1 と戦闘開始 7 倒すとムゲンダイナとのマックスレイドバトルが始まる 8 ムゲンダイナを倒し、最後に捕まえる ホップに話しかける際にレポートする ローズとの戦闘後、ホップに話かけるとムゲンダイナがいるタワートップまでリフトで上がることになります。 ムゲンダイナとの戦闘前に 階段を上る移動が入るので、その際にレポートを書いておくのがおすすめです。 オートレポートは切っておこう 今までオートレポートにしていた方は手動に変更しないと厳選ができないため、設定でオフにしておきましょう。 設定>おまかせレポートをしないで切ることができます。 撃破後イベント捕獲に ムゲンダイナは1回戦目で捕まえることができず、2回戦目はレイドバトルになるので、通常の捕獲のように HP調整などをしてボールを投げる必要がありません。 レイドバトルでHPを削った後、ストーリーの流れで捕獲することになります。 好きなボールを用意しておこう イベント捕獲になるので、 どんなボールでも確定で捕まえることができます。 つまりオシャボ厳選ができます。 ムゲンダイナとのイベントが進行する前に、あらかじめ捕まえるボールを用意しておくのがおすすめです。 ムゲンダイナは厳選するべき? ムゲンダイナは性格や実数値など厳選しておくべきなのか掲載しています。 レイドで重宝するため厳選はしておきたい ムゲンダイナが覚える「 ダイマックスほう」は、ダイマックスに対して2倍のダメージを与える効果を持ちます。 レイドは高個体のポケモンやキョダイマックスの厳選、アイテム収集などで頻繁に利用することになるので、必然的に 使用頻度が高くなるため出来るだけ厳選はしておきたいです。 バトルタワーやトーナメントでも活躍 バトルタワーやトーナメントといったクリア後のエンドコンテンツでも、持ち前の種族値の高さや優秀な専用技で活躍ができるポケモンです。 ムゲンダイナのおすすめの性格 ひかえめがおすすめ ムゲンダイナの性格は、レイドで頻繁に使用することになる「ダイマックスほう」が特殊技のため、 特攻補正がかかるものが望ましいです。 中でも、特殊アタッカーでは不要になる攻撃補正が下がり、特攻補正が上がる「 ひかえめ」が最もおすすめです。 ミントであとから補正変更も可能 本編クリア後に挑戦できるバトルタワー関連のBPショップ報酬などで入手できる「ミント」を使えば、性格の補正値を変更することができます。 ただし必要BPが50と重いので、簡単に変更はできません。 ムゲンダイナ理想個体の実数値 ジャッジが使えないため実数値で確認 ムゲンダイナを捕獲する段階では、ストーリーの進行度的にまだジャッジ機能が使えず、一目でどこがVか確認できないため、個体値まで粘る場合は理想個体の実数値をあらかじめ知っておく必要があります。 素早さ130族なのでトップクラスに足が速く、ドラゴン技だけでなく、 シャドーボールや ヘドロウェーブといったサブウェポンで様々なポケモンに対応できます。 レイド特化ならHC252 完全にレイド特化にするなら、生存率を上げるためにH(HP)に振ってHC252振りもありです。 CS型でもLV100ならそこまで気になりませんが、たまに星5レイドのダイアースやダイサイコが怖い場面もあるので、そういった場面でより安定すると思います。

次の

【2020年6月21日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察【全26デッキ紹介】

ムゲンダイナ 型

今回の解説はムゲンダイナです。 基本データ No. 0m 重さ 950. 0kg 特性 プレッシャー 性別比 ふめい 卵グループ タマゴ未発見 図鑑説明 ソード 胸のコアがガラル地方の大地から涌きだすエネルギーを吸収して活動している。 シールド 2万年前に落ちた隕石の中にいた。 ックスの謎に関係しているらしい。 「キョダイ」という分類の通り、すべてのの中で最大の大きさを持つ。 ガラルの大地から湧き出すエネルギーを胸のコアから吸収して活動する。 ガラル独自の現象であるックスの謎にも関係しているらしい。 数少ないどくタイプの伝説ので、公式大会に出れない""では初。 ムゲンックス このは「ムゲンックス」という特殊なックスを行う。 キョックス同様、巨大化したうえで姿が変化する。 しかし、その姿は頭部が5つに枝分かれしているという極めて異形なもので、体自体も細長くなった。 もともとがックス並みの巨体を持つ存在だけに、巨大化すると大きな建物をすっぽり覆ってしまうほどの大きさになる。 60前後に育てておこう 通常状態のムゲンダイナは60レベルで出現。 火力が高くレベル60前後まで上げておくことで効率的に戦えるので、レベリングが重要だ。 通常状態では捕獲できないので、厳選の際は最初から全力で倒すことになる。 厳選の際は話の速度を最速にしておくことのがオススメ。 厳選の手順 1. 「ホップ」の前でレポートを書く 2. 話を進めて戦闘開始 3. ムゲンダイナを倒す 4. ムゲンダイナ キョックス を倒す 5. レポートを書く前に必ず、「おまかせレポート」をオフにする。 捕獲後ストーリーを進めて、ステータス確認できれば終了。 ムゲンダイナは特殊アタッカーなので攻撃ダウン・特攻アップの「ひかえめ」がオススメ。 対戦のムゲンダイナ 能力 禁止伝説級としてはかなりの素早さを誇る。 HPや特攻も高水準。 だが、防御と特防は禁止伝説にしては低い。 ところが、ムゲンックスをすることにより耐久値が恐ろしいことになる。 特性 「プレッシャー」は技を受けた時、技のPPを2減らす。 /レベルの高い野生のと出会いやすくなる。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選方法とおすすめの性格・努力値【ソードシールド】

ムゲンダイナ 型

マックスレイドバトルは『ムゲンダイナ』が強いと言われており、様々なレイドで活躍できる性能を持っています。 この記事ではマックスレイドバトル用のムゲンダイナ育成方法をまとめていきます。 ムゲンダイナはなぜマックスレイドバトルで強いのか? ・専用技「ダイマックスほう」がダイマックス相手なら威力2倍 ・単純にステータスが最高級 ・誰でも入手できる ムゲンダイナはストーリー中にゲットできる伝説のポケモンであり、誰でも入手することができます。 ストーリー中での厳選は少し難しいものの、今作では性格補正を変えることができ、個体値を引き上げることができるので 非厳選個体でも無問題です。 ただしフェアリータイプ相手にはダイマックスほうが無効化されるため、フェアリータイプには別のポケモンを用意するか、ムゲンダイナの毒技で対処しましょう。 ムゲンダイナのマックスレイドバトル用育成方法 ・リゾチウムやポケジョブで特攻努力値を最大まで上げる ・ダイマックスほうのPPを最大にする(ポイントアップ、ポイントマックスを使う) ・けいけんアメを使ってレベルを100に上げ、すごいとっくんをする ・性格補正をひかえめミントで変える まずムゲンダイナの運用をする前に、特攻努力値を最大まで引き上げましょう。 他の努力値も上げたければ上げても良いのですが、レイド以外で使わないという場合は他の箇所を上げなくても問題ありません。 個体値は攻撃以外を最大になるように『すごいとっくん』をしましょう(バトルタワー右のカウンター)。 『すごいとっくん』は『おうかん』で個体値を最大まで上げる効果があり、レベル100のみ利用可能になります。 マックスレイドバトルを遊んでいればアメは沢山手に入るので、レベル100に上げるのはそこまで難しいことではありません。 『ぎんのおうかん』は様々な場所で入手でき、ワイルドエリアのハノシマ原っぱにいる『穴掘り兄弟』に依頼すると簡単にゲットできます。 レイド用ムゲンダイナに持たせる持ち物 ムゲンダイナには 『こだわりメガネ』を持たせましょう。 ダイマックスほう以外を使用することが無いため、一部例外を除いて安定の道具となります。 その一部例外は『特性プレッシャー』『メタモンソロ』などが該当します。 プレッシャー持ちはPPが足りず、ソロメタモンはフェアリー持ちにへんしんされる可能性があるため、こだわりメガネ持ちは不向きです。 ちなみにこだわりメガネは「スパイクタウンでネズと戦ったステージの右端」から拾うことができます。 ポケモン剣盾 初心者向け記事リンク 当サイト『ポケモンまとめマスター』では、ポケモンソードシールドからポケモンを始める人、対戦を始めようと思っている人に向け、初心者向けの記事を用意しています。 攻略や調べ物にお役立てください。

次の