尽力いただいた。 「ご尽力いただき」の意味/類語・ビジネスメールの例文

「ご尽力いただき」の意味/類語・ビジネスメールの例文

尽力いただいた

「尽力」とは? ビジネスシーンでよく目にする「尽力」というワード。 まずはその読みと意味から紹介します。 読み方は「じんりょく」 「尽力」は「じんりょく」と読みます。 「尽」「力」ともに音読みで、「尽」は訓読みにすると「つ(くす)」となります。 「力」には同じ音読みで「りき」もありますが、「尽力」は「じんりき」ではなく「じんりょく」となるのがポイントです。 最大限努力すること・精一杯対応すること 「尽力」は「力を尽くす」と書き、「何かのために最大限努力すること」「精一杯対応すること」といった意味になります。 そもそも、「尽くす」には、全部費やす・すべて出すといった意味があり、「尽力」は力をすべて費やす、というニュアンスを持ちます。 「尽力」は他人に対する努力・対応に使う 「尽力」は何かのために最大限努力するという意味ですが、自分の事には使わないのがポイントです。 たとえば、自己啓発のために勉強するのは「尽力」とは言いません。 自分のために勉強する場合には「努力」を使います。 「尽力」は誰かのために行動する際に使う言葉です。 「尽力」の使い方と例文 力を出し切る、という意味の「尽力」は、実際にはどのような表現で使われているのでしょう。 例文を紹介します。 「尽力いたします」が一般的 「尽力」は決意表明などで、「尽力いたします」という表現で使われるのが一般的です。 ビジネスの改まった場で「頑張ります」と言ってしまうと、幼稚で頼りない印象を与えてしまうことがあります。 そのような場合に「尽力いたします」とするとスマートな印象になるのでおすすめの表現です。 「尽力いたします」とすることで、誰かのために力を尽くす・継続して努力するといったニュアンスも加わり、好印象につながります。 「尽力して参ります」という表現も 「尽力いたします」以外にも、「尽力して参ります(まいります)」という表現も使われています。 「まいります」とは、行く・来るの謙譲語で、相手に対してへりくだった(自分を低く見た)表現です。 意味は同じでも、「尽力してまいります」のほうが相手への尊敬の念を込めた表現になります。 「尽力させていただきます」も丁寧 同じく丁寧な表現では、「尽力させていただきます」という表現もあります。 「させていただきます」は「させてもらう」の謙譲表現のひとつで、「微力ながら尽力させていただきます」とすると、より謙虚な姿勢が伝わります。 ほかにも、「尽力させていただく所存です」とすることもあります。 既に行ったことに対し「尽力した」とはしない 「尽力」はこれから起こることに対して使う表現で、すでに努力したことに関して「尽力した」という言い方はしません。 誰かのために努力する、という意味を持つので、過去形で「あなたのために頑張った!」としてしまうと、押しつけがましい印象を与えてしまう懸念もあります。 済んだことに対しては、「ご協力いたしました」や「お手伝いさせていただきました」といった謙虚な表現がベターです。 「尽力を尽くす」「尽力を注ぐ」は誤用 「尽力」は、「尽力する」という言い方が適切です。 「尽力を尽くす」は、漢字からも分かるように「尽くす」という意味が重複しています。 「尽力」という単語には「尽くす」という意味が含まれていますので、誤用表現になるのです。 また、「力を注ぐ」という意味で「尽力を注ぐ」とされることもありますが、こちらも誤用です。 「尽くす」と「注ぐ」は似た意味の言葉なので意味が重複してしまいます。 「尽力」の敬語表現は? 「尽力」は、自分が努力する場合だけでなく、相手の行為に対しても使うことができます。 相手の行為に使う際の敬語表現について解説します。 相手に使う場合には「ご尽力」 相手の行動に使う場合には、尊敬の「ご」をつけて、「ご尽力」とします。 たとえば、「ご尽力されている環境活動について伺う」という風に使うことができます。 主に感謝を伝える際に使う 「ご尽力」は何かをしてもらったという感謝の気持ちを伝える際によく使う表現です。 たとえば、「ご尽力いただきありがとうございました」や「ご尽力、感謝申し上げます」などという使い方をします。 成果を伴う場合には「ご尽力の賜物」 同じく、感謝を伝える言葉としては、「山田様のご尽力の賜物です」という言い方もあります。 「ご尽力の賜物」とすることで、相手が力を尽くしてくれたおかげで、何らかの成果が得られたという意味になります。 「ご尽力の賜物と深く感謝申し上げます」とすると一層丁寧です。 また、「ご尽力のおかげ」という表現も便利で、「部長のご尽力のおかげで、無事に契約の運びとなりました。 ありがとうございます。 」などとすることもできます。 「尽力」は謝罪で使うこともある 感謝だけでなく、謝罪シーンでも「ご尽力」は使うことができます。 たとえば、「ご尽力いただいたにもかかわらず、残念な結果となり申し訳ございません」という風に、相手に助けてもらったのに期待された成果が得られなかった場合などに使用します。 「尽力」は何かをお願いする際には使えない 相手に助けてもらった際に使える「ご尽力」ですが、こちらからお願いする場合には使用できません。 そのため、「ご尽力いただけませんか」という表現は不適切です。 「尽力」には全力で対応する、という意味がありますので、相手に「ご尽力」してくれるようにお願いするのは厚かましいのです。 手伝ってほしい、対応してほしいという場合には、「お力をお貸しいただけませんか?」というような表現がベターです。 「尽力」の類語とその違い 「尽力」の類語として、「努力」や「注力」という言葉があり、相手の行動・対応に対して使う類語としては、ご協力・ご支援・お力添えなどがあります。 中でも使い方に気をつけたい「お力添え」との違いについて解説します。 「尽力」と「注力」の使い方の違い 「尽力」と似た言葉には「注力」もあります。 「注力」は読んで字のごとく、力を注ぐことを言います。 「尽力」と同様に、何かに対して努力したり、対応したりする際に使える表現ですが、「尽力」と「注力」では力の度合いが異なります。 「尽力」は、力を出し尽くすというニュアンスがあり、100%全力のパワーで対応します。 一方、「注力」は力を集中させるような意味はあるものの、必ずしも全力とは限りません。 そのため、「全力で頑張ります!」というような場合には「尽力」が適切です。 些細なことの場合には「お力添え」に言い換える 「お力添え」は力を添えるという字のごとく、手を貸してもらう・援助してもらう場合に使う言葉です。 「お力添えいただきありがとうございました」と感謝を示す際などに使います。 この「お力添え」は、どんなに些細なことであっても援助や手助けを受けた場合に使えるのがポイントです。 一方「尽力」には「全力」とうニュアンスがあり、相手が自分のために使う力の度合いが異なります。 「お力添え」は他人からの援助 「お力添え」は、尊敬の「お」を除いても、自分の行為に使う言葉ではありません。 ほかの人からの援助・手助けのみに使用する言葉です。 一方で、誰かに援助をお願いする場合には「お力添えいただけますでしょうか」「お力添えの程、よろしくお願いいたします」という言い方ができる点が「尽力」とは異なります。 まとめ 「尽力」は、自分が力を尽くして対応するという意味で使用できる言葉で、ビジネスでは「頑張ります!」ではなく「尽力いたします」というのが通例です。 また、してもらったことに対して感謝を示す際にも使うことができ、その場合は精一杯やっていただいたというニュアンスになります。 ビジネスシーンでのコミュニケーションに欠かせない言葉ですので、ぜひ覚えておきましょう。

次の

「お力添え」「ご尽力」の正しい意味と使い方を解説【例文あり】

尽力いただいた

さて話をもとにもどしますね。 今回の取引で先輩が目上の人に力を借りたのは事実です。 でもその大恩ある目上の人に「ご尽力いただき」=「力をつくしていただき」なんて使うのって失礼じゃないですか? だって目上の人に力をつくしてもらうんですよ! あなたはどう思いますか? ということで今回は「ご尽力いただき」という言葉は目上の人に使ったら失礼になるのか。 そして失礼かどうかの結論が出てから言葉の 意味もきちんとみてみましょう。 さらに実践で使えるように 例文を紹介します。 そのうえであなたの会話の幅が広がるように 類語もみてみましょう。 似たような意味の言葉でいろんな類語を使うことで会話の幅が広がるんですよ。 それではまいりましょう。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼なの? 目上の人にわざわざ力をつくしてもらう「ご尽力いただき」という言葉。 ちょっと考えると目上の人に使う言葉としては失礼なような気もします。 でもこの「ご尽力いただき」には目上の人への敬意と感謝の心があふれている言葉です。 「尽力」に尊敬の意味でつける接頭語「 ご」をつける。 さらに「~してもらう」という言葉の謙譲語の「 いただき」。 相手に敬意を表し、相手に敬意を持ちへりくだって言う謙譲語までつけているんです。 どれだけ 相手への敬意が高いんだ!という言葉だったんです。 ということで「ご尽力いただき」は 目上の人に使っても何の問題もありません。 プロジェクトを成功させるために先輩にご尽力いただきました• ご尽力いただき本当にありがとうございます• 我が社が契約できるように大変 ご尽力いただき感謝いたしております• 日ごろから弊社商品の口コミに ご尽力いただき、まことにありがとうございます• 弊社の業績アップは ご尽力いただきましたお取引様のおかげです 心から感謝と敬意を伝えたいときに使う「ご尽力いただき」という言葉。 言葉って、ほんのちょっと言い方を変えるだけで自分の気持ちを相手に伝えることができるんですね。 類語 相手に敬意と感謝の心を表す「ご尽力いただき」という言葉。 せっかくですから類語もみてみましょう。 似た意味の言葉をいろいろ使えると会話で幅がでてきますから。

次の

「ご尽力いただき」の意味と使い方・例文・類語|相手別/メール

尽力いただいた

「ご尽力」の意味と使い方 じん りょく [1] [0] 【尽力】 ( 名 ) スル ある事をなすために,力をつくすこと。 努力すること。 ほねおり。 「再建に-する」 「尽力 じんりょく 」とは、字の通り力を尽くすこと・精一杯努力することという意味であり、それに対して尊敬の意味を持たせた言葉が「ご尽力」です。 相手の方の砕身の努力、力を尽くしてくださったことに対するお礼やお詫びの気持ちを込めて使います。 使い方によってはやや大げさな印象になりがちなので、相手と状況をよく考えて使用するように心がけましょう。 また、自身の努力を表す場合には「ご尽力」は尊敬語ですのでふさわしくありません。 その場合は「尽力」を使うよう留意してください。 それでは具体的な例文を見ていきましょう。 「ご尽力」を使った例文(お礼とお詫び) ・お礼をする場合 「〇〇様のご尽力に心より感謝申し上げます」 「この度はご尽力いただきまして誠にありがとうございました」 「皆様の厚いご尽力のおかげで今日という日を迎えられたことを心より感謝申し上げます」 ・お詫びをする場合 「〇〇様のひとかたならぬご尽力にもかかわらず私の力不足により不本意な結果となりましたことを深く陳謝申し上げます」 「並々ならぬご尽力をいただきながら力及ばずこのような結果となりましたことを、心よりお詫び申し上げます」 結果の善し悪しに関わらず、相手の方の努力や苦労を慮った上で感謝していることを伝えられる言葉です。 お詫びの際には自身の力が至らなかったことを伝え、相手の方が負担に感じないように心を配った表現を心がけましょう。 「尽力」を使った例文(自分に対して使う場合) 先にも述べましたが、自分に対して使用する場合には尊敬語である「ご尽力」はふさわしくありません。 「尽力」を使用するように注意しましょう。 「誠心誠意尽力いたします」 「今後とも社員一同いっそう尽力してまいります」 また「微力ながら」「及ばずながら」などのクッション言葉を使用するとより謙虚な印象になります。 「僅かな力ではありますが」「足しにはならないですが」という意味であり、自分の力を謙遜した表現です。 「微力ならぱ必要ない!」という考えの方も中にはいらっしゃるので、相手や状況を熟慮して使いましょう。 「及ばずながら尽力させていただく所存でございます」 「微力ではございますが尽力いたします」 重ねて申し上げますが、この場合は「尽力」とするように注意しましょう。 「誠心誠意尽力いたします」 「微力ながら尽力させていただく所存です」 「今後とも社員一同尽力してまいります」 「お力添え」の意味と使い方 ちからぞえ -ぞへ [0] 【力添え】 ( 名 ) スル 助けること。 「及ばずながらお-しましょう」 「お-を願いたい」 一方で「お力添え」とは、手助けすること・援助をするという意味合いがあります。 「ご協力」のより丁寧な表現です。 また、「ご尽力」とは異なり努力をするというニュアンスはありません。 従って相手の方に何かしらの協力をお願いしたい場合には「ご尽力」ではなく「お力添え」と表現するのが望ましいでしょう。 自分のために力を尽くして努力してほしいというのはややおこがましい印象を与えかねないためです。 もちろん支援や後押しをしていただいたお礼や、残念ながら結果が伴わなかった場合のお詫びをする際にも使用できます。 それでは具体的にどのように使えばよいのか、例文を見ていきましょう。 「お力添え」の例文(お願いする場合) 自身のために協力をお願いする場合は、相手の方の事情を配慮した表現を心がけましょう。 「大変申し訳ありませんが」「お忙しい中恐縮ではございますが」などのクッション言葉を使うと、相手の方の心象もぐっと良くなります。 「どうかお力添えをお願いできませんでしょうか」 「お忙しい中大変恐縮ではございますが、お力添えのほど何卒お願いいたします」 「お願いするのはしのびないのですが、お力添えいただけませんでしょうか」 「お力添え」の例文 お礼とお詫び ・お礼をする場合 「これも〇〇様のお力添えのおかげと心より感謝申し上げます」 「この度は皆様にお力添えいただきましたことを心より感謝申し上げます」 「これもひとえに皆様からの多大なるお力添えのおかげです」 自分の努力だけではなく相手の方からの支援や手助けがあってこそ成果を得られたという感謝の気持ちを表すことができます。 ・お詫びをする場合 「お力添えをいただいたにもかかわらずこのような結果となってしまい誠に申し訳ございません」 「〇〇様の多大なお力添えにもかかわらず、私の力が至らず残念な結果となりましたことを深く陳謝致します」 思うような結果が出せなかったという場面でも「お力添えにもかかわらず…」というフレーズを使用することによって、報告と謝罪だけではなく相手の方の手助けや支援を理解して感謝しているということを表現できます。 目上の人に使っても大丈夫? 「ご尽力」「お力添え」ともに相手の方の手助けや援助に対して尊敬の意味を持たせた表現です。 したがって目上の方に対して使用する言葉と言えますので全く問題はありません。 ただ気をつけたいのが、相手の方の努力や協力を低く見積もるのはもちろんのこと大げさになりすぎても慇懃無礼な印象を与えてしまうこともありますので、使い方には注意しましょう。 控えた方がいい使い方は? たとえばあなたが主催するイベントに少し顔を出しただけという方に対して「この度はご尽力いただきまして誠にありがとうございます」という表現はやはり大げさといえますし、嫌味にも捉えられかねないので控えた方がよいでしょう。 この場合はあなたが主催するイベントのために奔走してくださったというような方に対して使うのが適切です。 大げさにならないよう、かといって過小にもならないよう状況をよく考えて使用するように心がけましょう。 「ご尽力の賜物」の意味は? 「ご尽力の賜物」こちらもよく耳にするフレーズですが、改めて意味を調べてみましょう。 まずは賜物の意味から見ていきます。 いただいたもの。 「努力の-」 上記のとおり、賜物とは自分以外の方から受けた恩恵や良いことの積み重ねで与えられた成果を指す言葉です。 したがって「ご尽力の賜物」とは「相手方が力を尽くしてくださったおかげで得ることの出来た成果」という意味合いになります。 話し言葉というよりも書き言葉ですので、メールや文書で使用します。 それでは例文を見ていきましょう。 「この日を迎えることができたのも〇〇様のご尽力の賜物です」 「これもひとえに皆様からの厚いご尽力の賜物と心より御礼申し上げます」 「並々ならぬ」「ひとかたならぬ」というフレーズを使用することによって「身に余るほど力を尽くしてくださった」という気持ちを表現できます。 「これも〇〇様のひとかたならぬご尽力の賜物と深く感謝いたしております」 「今回のプロジェクトが成功したのも、〇〇様の並々ならぬご尽力の賜物にほかなりません」 言葉を正しく使えば人間関係もよりスムーズに!.

次の