歌詞 興味ない。 気まぐれメルシィ

【RADWIMPS/そっけない】歌詞の意味を徹底解釈!MVの情景とリンクする男女間の感情がリアル過ぎる!

歌詞 興味ない

J-POP以外のジャンルの音楽が好き 音楽にはもちろん、J-POP以外のジャンルのものもたくさんあります。 より多くの人が聴くという意味ではJ-POPが一番メジャーですが、それぞれの好みもありますので、J-POP以外のジャンルの音楽を好んで聞く人も多いです。 例えばわかりやすい例として、洋楽があげられます。 特に洋楽はJ-POPと比べると音楽性も大きく異なるものが多いので、洋楽が大好きな人は自然とJ-POPから離れる傾向にあります。 それから、近年韓国のK-POPなども流行っていますね。 美男美女のアーティストが多く、音楽も魅力的なものが多いです。 J-POPに興味はなく、ひたすらK-POPを追いかけている音楽ファンも多いです。 また、特に年配者はJ-POPよりも演歌の類をすき好む方が多いです。 音楽と一言で言っても、そのジャンルは多岐にわたり、それぞれ傾向としてよく聴く年代なども異なります。 J-POPに興味が無いという人は別のジャンルの音楽が好きだからという場合が非常に多いです。 多くの人が好きなものに寄りつきたくない J-POPに興味がわかない人の心理として、大勢の人がすき好むものに対して自分も寄りつくのは気が進まないという考えもあります。 特に年頃の若い男女に多いですが、少し斜め上をいくものを好きになろうとする心理が働くのです。 このため、J-POPのような皆が大体好きというようなジャンルの音楽は聞こうとしなくなることが多く、その結果として洋楽やレゲエ、ヒップホップなどの、J-POPと比べて多くの人が寄り付かないジャンルを選ぶことになります。 確かに皆と同じものを好きと言っているのでは、自分の個性がなくなってしまう気がするという心理は理解できますね。 そこから自分の個性を光らせることができる音楽に出会っていくのでしょう。 似たようなアーティストが多くてつまらない あなたはJ-POPと聞いて、どのようなアーティストを思い浮かべるでしょうか。 現在の日本の音楽シーンは、AKB48などの女性アイドル、ジャニーズなどの男性アイドル、EXILEなどのメジャーグループが牽引しています。 やはりJ-POPといえば若い世代を中心に人気のジャンルですから、アイドルなどのグループに人気は集まりやすいものです。 しかしこのことは、捉え方によっては「似たようなアーティストばかりでうんざりする」と思う人もいます。 もちろんJ-POPで活躍しているアーティストはたくさんいますが、上であげたようなグループの人たちがより目立っているのは確かです。 特に日本はアイドル文化が盛んですから、最近は多種多様なアイドルが出てきています。 これを似たようなアーティストばかりでうんざりすると思う人はなかなかJ-POPには興味を持てないでしょう。 そこにアイドル文化に対する苦手意識も追加されてくればなおさらですね。 J-POPの歌詞が恥ずかしい 音楽の中で最も多いのはラブソングです。 真っ直ぐに大切な人への愛をうたった歌詞も多く、これを普通に読んでいくのは気恥ずかしい気もする人も多いでしょう。 もしくはラブソングではなくても、若い頃の青春をうたったものや、大切な友人との友情をうたったものもあります。 これらの歌詞はほとんど真っ直ぐで苦手な人は苦手でしょう。 愛、青春、友情など、少し青臭いものを並べられて逆に寒気がしてしまうという人は、それだけでJ-POPが苦手になる場合もあります。 音楽にそもそも興味がない 音楽が好きな人は多いですが、中にはもちろん音楽そのものに興味がないという人もいます。 自分自身が音痴でどうしても音楽というものに楽しさを見出せなかったり、たくさんの音が流れてくるのをうるさいと感じてしまったり、音楽に興味を示せない場合は、そもそもJ-POPを好きになることはなかなかないでしょう。 もともと無音の場所で静かに過ごしていることが好きな人もいますし、もしくは音楽を好きだと言っている人が嫌いだから音楽がそもそも嫌いという考えを持っている人もいます。 もちろんマナーを守って音楽を楽しんでいる人が一般的ですが、中には好きな音楽をところ構わず歌って他人に迷惑をかけてしまう人もいます。 そのような人を見ていると、音楽そのものを好きではなくなってしまうことがあっても不思議ではないかもしれません。 J-POPに興味がない人の心理を知ろう J-POPはメジャーな音楽ジャンルですが、誰もが好きかと言われれば、あまり興味が無い人も少なからずいるものです。 特に音楽というものを深く知れば知るほど、いろいろなジャンルがあって、いろいろなアーティストがいることが分かってくるので、そこから他のジャンルへの興味が強まり、J-POPへの興味が薄まってしまう場合もあります。 もちろんその時代のJ-POPの音楽性が好きになれないという場合もあるでしょうし、そう感じたときは新たなジャンルを開拓してみてもいいかもしれませんね。 「J-POPに興味がない人の心理とは?なぜJ-POPはダサいと感じて聞かないのか」への感想コメント一覧•

次の

歌詞に興味がない人は、失恋経験が少ないせい?

歌詞 興味ない

女性アイドルソングに多い一人称「僕」 先日このような記事を見つけた。 ネタ記事なので内容にツッコもうとは思わない。 ユーモアがあって面白い内容だと思う。 ただ女性アイドルソングは一人称が「僕」であることが多いことを、ふと疑問に感じた。 その理由について興味を持ってしまったので、分析してみることにした。 特に秋元康が書くアイドルソングは一人称「僕」が多い。 正確な情報源は不明だがその理由を聞いたことがある。 男性がカラオケで歌いやすいことや、ファンの多数を締める男性が歌に感情移入しやすいためなどの理由があるらしい。 これは正確な情報かは不明だが、納得できる理由ではある。 歌の主人公のキャラクターをわかりやすくするためという理由もあるかもしれない。 「僕」「俺」「わたし」「うち」など様々な一人称があるが、それを変えるだけでイメージが変わる。 一般的には「僕」は男性が使うことが多く「私」は女性が使うことが多い。 主人公の性別を一人称の変化でリスナーに伝えている面も大きい。 しかし他にも理由があるのではと思う。 それに女性アイドルだけでなく、女性アーティストも一人称が「僕」の曲は多い。 これには複数の理由があり「僕」を使う必要性があるのかもしれない。 40年以上前から女性歌手は「僕」を使っていた 1975年に森田童子は『さよならぼくのともだち』でデビューした。 楽曲自体は1970年には存在していた曲で、歌詞の一人称は「僕」である。 浜崎あゆみ• J-Pop• provided courtesy of iTunes 2000年代をすぎると「僕」はより自然と使われるようになった。 社会現象と言えるほどのヒットを連発していた浜崎あゆみも代表曲の『Voyage』などで「僕」を使っている。 また『M』や『Dearest』では一人称が使われていない。 Every Little Thingも「僕」を使う歌詞が多い。 そして一人称を使わない歌詞も多い。 『恋文』や『またあした』の一人称は「僕」だが『fragile』や『Time goes by』は一人称がない。 浜崎あゆみもELTも「私」を一人称に使っている曲もあるが、あまり使わないようにと避けているようにも感じた。 その手段の一つとして「僕」を使ったり一人称を使わない歌詞を書いているように思う。 これにも理由があるはずだ。 「私」はメロディに乗せずらい ほとんどの日本の大衆音楽は洋楽の影響を受けている。 基本的には英語圏の音楽を取り入れたものが日本の主流になっている。 つまり元々は英語を乗せやすいメロディの楽曲が多いので、日本語をメロディに乗せづらいのだ。 英語詞は一つの音符に対して一つの単語を乗せることが容易だ。 しかし日本語は一つの音符に対して一つの文字を乗せる場合が多い。 日本語の発音では一つの音符に対して一つの単語を乗せることが難しい。 桑田佳祐のように日本語を英語的な発音にして歌ったりと工夫をするアーティストもいるが、それは例外だ。 だから少ない文字数で出来る限りの情報を乗せることが重要になってくる。 「ぼく」なら2文字だが「わたし」だと3文字になってしまう。 自分を含めた複数人の場合は「ぼくら」「ぼくたち」とさらに長くなる。 「わたしら」「わたしたち」では一人称として使うには長すぎる。 「わたしら」は一般的には「ぼくら」よりも日常的に使われることが少ないので、歌詞として使うなら「わたしたち」になってしまう。 一人称に5文字も使うことは特殊な事情がない限りはメロディに乗せることが難しい。 逆に二人称も「あなた」よりも「きみ」を使われる歌詞が多い。 これも文字数が関係しているのかもしれない。 つまり「わたし」ではメロディに乗せづらいため女性歌手も「僕」を使う場合が多く、「わたし」を避けて一人称を使わない歌詞を書くことが多いのかもしれない。 ちなみに秋元康が書いたおニャン子クラブの歌詞は一人称がない曲が多い。 AKBや坂道グループと違い女性目線の曲が多いからだ。 秋元康も「わたし」はメロディに乗せづらいので避けていたのかもしれない。 歌詞を先に書く女性アーティストは「わたし」と「あなた」を使う 「僕」を使うことが極端に少ない女性アーティストもいる。 aiko、鬼束ちひろ、SHISHAMOだ。 この3組は一人称が「わたし」であることが多い。 SHISHAMO• ロック• provided courtesy of iTunes SHISHAMOはフィクションの物語を書く手法で作られた歌詞も多い。 『量産型彼氏』や『明日も』などは物語を作るように書かれた歌詞だと思う。 そのためSHISHAMOの歌詞には「僕」も「私」も「君」も「あなた」も出てくる。 しかし『君と夏フェス』のようにメンバーと等身大の主人公の場合や、『熱帯夜』のように感情の動きを歌っている楽曲の多くは「私」と「君」を使っている。 この3組には共通点がある。 それは「曲よりも先に歌詞を書くアーティスト」であることだ。 曲を先に制作すると、歌詞は曲のメロディに合わせて書くことになる。 そのためメロディに合うように歌詞を調整したり変更する必要が出てくる。 その場合は文字数が多い「わたし」「あなた」は使いづらい。 「僕」にするか思い切って一人称をなくした歌詞の方が書きやすいのだ。 しかし歌詞から先に書くのならば、文字数を気にする必要はない。 歌詞に合わせて曲を書いて、メロディを当てはめればいいのだから。 そのため作詞者が日常的に使うことが多い一人称の「わたし」を使っているのかもしれない。 その方が自分らしい表現ができる。 あえて「僕」を使う必要がないのだ。 そう考えると秋元康も普段から「僕」を一人称に使っているので、歌詞の一人称に「僕」を使うことが多いのかもしれない・・・・・・。 「僕」か「私」かなんて、どうでもいい 一般的に一人称が「僕」だと男性が、「私」が一人称だと女性が主人公だと思いがちだ。 しかしそれも変わりつつある。 むしろ変えていった方が良いのかもしれない。 コレサワ:『たばこ』は、失恋して以降、家に閉じ籠もってしまったちょっと気持ちがくよくよしている女の子が主人公です。 『たばこ』を発表して以降のリアクションは凄く驚きました。 とくに、カバーしてくれる人が多いのには、私もビックリです。 自分の元から離れ、それぞれみんな自由に自分らしい歌い方で表現してくれているのも嬉しいことです。 中には、"君"と"僕"という言葉からボーイズラブ風に自分の好きなキャラに見立て、「なんか、ヤバい」と想像を掻き立てながら聞いてくれてる人もいるように、そういう解釈って面白いなと思います。 引用: コレサワの代表曲『たばこ』の主人公は女性だ。 しかし一人称は「僕」を使っている。 そのためファンからも様々な解釈がされているようだ。 コレサワ• J-Pop• provided courtesy of iTunes 「男=僕」で「女=私」という認識が古い考えかもしれない。 最上もがも元ゆるめるモ! のあのちゃんも一人称は「僕」だ。 一人称は自由で構わない。 英語の一人称は性別関係なく共通している。 日本語は様々な一人称があり「男性が使う一人称」「女性が使う一人称」と自然と分かれている部分がある。 それによって日本語詞は深い表現ができるようになったし、一人称を変えることで奥行きのある魅力的な表現の歌詞を生み出せたと思う。 しかし女性でも「僕」を使いたい人もいるし、男性でも「私」を使いたい人もいる。 一人称が「僕」だから主人公は男と決めつけることも、「私」だから女性と決めつけることも誤りかもしれない。 今までは一人称の違いで歌詞の意味を変化させていたが、これからの時代はもう一歩先の表現が必要になってくるのかもしれない。 コレサワの『たばこ』の一人称が「僕」でありつつも主人公は女性であったように、一人称で主人公の性別を決めることができないが増えるかもしれない。 それでも名曲を作れることはコレサワが証明した。 それによって新しい表現も生まれるはずだ。 好きな一人称を使えばいい。 メロディに乗せやすいからという理由で「僕」を使うのも問題ない。 メロディに乗せずらくても「私」を使っても問題ない。 性別関係なく一人称なんて好きなものを使って歌詞を書けばいい。 普段の生活も好きな一人称を使えばいい。 もしかしたら「僕」と「私」に感じる固定概念をぶち壊したら、さらに深くて魅力的な歌詞が生まれるかもしれない。 秋元康には「僕」を使わせるべき しかし秋元康には一人称を「僕」にした歌詞を書かせるべきだ。 女性目線ではなく男性目線の歌詞をかかせるべきだ。 秋元康が作詞を行った、なこみく&めるみお HKT48 の『アインシュタインよりディアナ・アグロン』という楽曲がある。 この歌詞を見て驚いた。 秋元康のビジネスセンスは天才だと思っているし、良い歌詞もいくつも書いていると思う。 例えば乃木坂46『君の名は希望』や『サヨナラの意味』は良い歌詞だ。 しかし女性目線の歌詞を書かせると、誰かを傷つける歌詞を書いてしまうかもしれない。 表現は守られるべきものだと思う。 しかし超えてはいけないラインがある。 それを無意識に超えてしまう人もいる。 その超えてはいけないラインを意識しつつ作品を作るべきだ。 それで表現の幅が狭まるのならばその程度の作品ということだ。 むしろそのラインを意識しつつ作品を作ることで、多くの人に受け入れられ、多くの人の心に残る名曲が生まれるのかもしれない。

次の

しゅうまつがやってくる! ms.topmarketer.net 歌詞情報

歌詞 興味ない

しゅうまつがやってくる! 作詞 sasakure. UK 作曲 sasakure. UK 唄 sasakure. UK 国のエラい人 こぞって机とにらめっこ 何も進展 かわら ないよ 知っている現実 こと だけ知らんぷり 今日も曲がり角 偶然だね、とウソをついて 君のひだり キープ 5分と笑顔が宝物 "世界が"どうなっちゃうとか 全然実感わかないよ ただ君との距離が今、肌と両手に伝わる 幸 福 感 終末がやってくる! そんなこと別に 興味ないんだ 週末がやってくる! 今度こそ想い 伝えなくちゃ 世紀末の大予言も オオハズレ 人類ビックリです シュウマツロンだって きっと 宇宙人? かなにかのイタズラでしょ? 国のエラい人 こぞって机とにらめっこ 何も進展 かわら ないよ 知っている現実 こと だけ知らんぷり 君は突然さ 『遠く』に行ってしまったんだ 大人達のヒトコトで 幸福論なんてチリ紙で 『世界』がなんて知らないよ 「戦争? 」「天災? 」知らないよ ただ君との距離が今、肌と両手に伝わる 喪 失 感 終末がやってくる! そんなことホント 興味なかった 週末がやってくる! どうしよう気持ち 伝えなかった 抑えきれない想い 願い 夢 うたを つめこんだ 手紙 一つじゃ足りないの どれだけ書いても 伝わんないんだ もう 両手じゅう想いのピース 「送る相手? 」知らないよ それならば いっそのこと 世界中にばらまいてしまおうか? しゅうまつがやってくる! 愛のうた ひとつ いかがですか どこかのだれかがちょっとでも 笑顔になれるよな 世界なら 終末がやってくる! 君はもうやってこないのにな 週末がやってくる! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 sasakure. UKさん『しゅうまつがやってくる! 』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 sasakure. UKさん『しゅうまつがやってくる! 』の歌詞 シュウマツガヤッテクル words by ササクレユーケイ music by ササクレユーケイ Performed by ササクレユーケイ.

次の