オオクワガタ 繁殖。 オオクワガタの産卵時期と産卵期間について

オオクワガタ

オオクワガタ 繁殖

今回は国産オオクワガタのブリード方法を一通りご紹介いたします。 国産オオクワガタはクワガタブームの火付け役でもあるクワガタでブリード入門には最適です。 オオクワガタの基本情報 オオクワガタってどんなクワガタ まずは基本情報ですが、まずはオオクワガタってどんなクワガタ?なかなか実物を見た事もない方もいると思いますので、まずはここからスタートします。 生息地域ですが、ほぼ日本各地に生息しておりますが、 各地ともポイントが限られている事が多く、なかなか見られない地域も数多くあるといえます。 例えばコクワガタは多くの場所で発見できますが、オオクワガタは実際にはなかなか見る事ができないイメージを持ってる方も多いのではないでしょうか。 寿命が長いのが特徴で3年以上生きる事が多く、最長では7年も生きた例があるとの話しもあります。 途中途中でNG行為などもご紹介致しますが、基本的には難しい事はありません。 さて、まずは成虫の確保です。 上記のとおり野外採集をするにはよっぽどのポイントを押さえていないと難しいので、まずは購入する事をおすすめします。 オオクワガタの販売はでも行っています! 購入の際に必ずチェックして頂きたいのが「羽化日」というものです。 羽化日とは蛹から成虫になった日をさし、その日からおよそ6ヶ月経たないとブリードが始められないのです。 クワガタにも成熟する期間が必要で成熟して初めて産卵が可能になります。 それに必要な期間がおよそ6ヶ月が目安になります。 羽化日を確認するには、購入時に販売店で確認します。 もし表記が無い場合には、問合せをして羽化日を確認してから購入しましょう。 オオクワガタの基本情報 まとめ 1 生息地は全国各地だが野外採集は難易度は高い 2 最初は採集より購入がオススメ 3 ブリードにはオオクワガタが成熟しているかが重要 4 成熟には羽化後6カ月くらいかかる。 (個体差あり) 5 成熟の目安になる羽化日は購入時に確認する。 菌床産卵セットです。 飼育ケースはを用意します。 サイズに関してはこの記事の画像をご参照下さい。 次に昆虫マットを準備します。 が良いと思います。 きのこマットを底から2~3cmほど敷き詰めます。 そうしましたらをその上にまるまる1個入れます。 を幾つか入れればOKです。 期間は約1週間も入れておけば大丈夫だと思います。 を使うとお手軽にオオクワガタの産卵にチャレンジできます。 初めての方にはオススメです。 この時期(産卵前)はエサをよく食べる傾向があります。 大食い時期です。 パワーをため込んで産卵をしてもらいます。 その後1ヶ月程度様子を見ながら飼育を行います、 産卵セットの中のブロックが穴だらけになっていたりしますと産卵されている可能性大です。 オオクワガタのメスは幼虫を食べてしまう事もありますので念のためにです。 産卵セットの中に幼虫の姿を見つける事ができたら割り出しのタイミンクかと思います。 「割り出し」産卵セットから幼虫または卵を取り出す事を言います。 方法としましては、産卵セットの中のクヌギブロックをケースから取り出してビニールシートか何かの上で、ブロックを少しずつ丁寧に手で崩していきます。 この時は 幼虫をつぶしてしまわないようになるべく丁寧に行って下さい。 「割り出し」の様子、タライの上に産卵セットをあける。 菌糸ブロックに幼虫が食べた痕が見えます。 産卵成功、菌糸ブロックで孵化した幼虫が出てきた様子。 割り出すと「卵」も見ることができることもあります。 卵で出てきた場合には幼虫になるまでケースに戻して管理します。 幼虫飼育の開始 オオクワガタの幼虫を割り出す事に成功したらいよいよ幼虫飼育の開始です。 幼虫は1頭づつ飼育する事をオススメします。 幼虫飼育は菌糸ビンを使います。 幼虫には「エサ」兼「住居」になります。 菌糸ビンとは広葉樹のオガクズ成分をキノコの菌で分解したもので、ビンの中に詰まっております。 幼虫はその中で菌糸を食べて大きくなります。 基本的には成虫になるまでこの菌糸ビンを使って飼育します。 菌糸ビンの中に幼虫を投入し飼育の開始です。 使用するサイズは800ccでも1100ccでもどちらでもOKです。 ビンの中の菌糸が減ってきたら交換のタイミングです。 新しい菌糸ビンに移し替えてあげましょう。 幼虫飼育~羽化までは詳しくはコチラのページに詳しく書かれておりますのでご参照下さい。 【】 サナギになったら 菌糸ビンの中でサナギになるための準備でもある蛹室が確認できたらその後はしばらく安静にしておきましょう。 掘り起こしたりする事は初心者の方にはおすすめではありません。 1か月~2ヶ月で(飼育温度によります)羽化すると思いますのでそれまではじっと我慢です。 羽化に成功したら オオクワガタも羽化したばかりの頃は何も食べません。 自力でビンの中から出てくるまでそっとしておいてあげましょう。 そしていよいよオオクワガタがビンから出てきます。 親虫にエサをやり、環境を整えてあげ、割り出しを行い、幼虫飼育を行ってきた月日を思い出します。 皆さんのオオクワガタも立派な成虫となって出てくる事でしょう。 オオクワガタは成虫でも長生きをする昆虫です。 長い期間愛情を込めて育ててあげて下さい。 最後になりますが、オオクワガタを飼育する上での最大のポイントは何と言いましても、 溢れんばかりの クワガタ愛です。 大きなクワガタ愛を持って育ててあげてあげて下さい。 > > >菌床ブロック() > > を使うとお手軽にオオクワガタの産卵にチャレンジできます。 初めての方にはオススメです。

次の

2018年オオクワガタ繁殖状況 能勢YG Eライン

オオクワガタ 繁殖

ホペイオオクワガタの繁殖は非常に簡単です。 ホペイは国産オオクワガタよりも卵を産みやすいので、今まで生き物を飼育したことのない人でも確実に成功するでしょう。 ホペイオオクワガタのペアリング ホペイオオクワガタのペアリングは、オスとメスを小さなケースに数日間同居させるのが一番確実です。 ホペイのオスは国産オオクワガタと同じく、メスを攻撃することはほとんどありません。 そのため、ハンドペアリングよりも確実にペアリングさせられるため、同居させることをおすすめします。 ホペイオオクワガタの温度 ホペイオオクワガタは低温にも強く、真夏の高温(30度以上)に気を付ければ、室温で飼育できます。 ペアリングさせる場合、24度から26度程度に温度を上げる必要があるので、冬場に繁殖させたい場合はエアコンなどで保温しましょう。 ホペイオオクワガタの産卵セット ホペイオオクワガタは、主に産卵木に卵を産み付けます。 飼育ケース(小サイズ~中サイズ)に朽ち木を入れて、埋め込みマットで朽ち木を埋めます。 この際、ホームセンターに売っている朽木でも構いませんが、もっと確実に多くの卵を得る方法があります。 それは、菌床産卵です。 菌床産卵のやり方は簡単で、 菌糸ボトルを飼育ケースに入れ、メスを投入するだけです。 菌糸の種類はカワラタケでもヒラタケでもよく、安く売られているものでかまいません。 ちなみに、ホペイは菌床産卵を好み、たくさんの卵を産み付ける傾向があります。 私は昨年の夏、カワラタケの菌床ボトル(1100cc)を産卵セットに入れ、一週間放置した結果、なんと20個もの卵を得ることに成功しました。 他にも人工カワラ材などを用いても多くの卵を得ることができます。 菌床産卵なら材と違って割り出しの手間も省けますし、値段も大差ない(安売りの菌糸ボトルなら200円前後)ため、是非お試しください。 ホペイオオクワガタの幼虫飼育 ホペイオオクワガタは昆虫マットや菌糸ビンなどの方法で飼育できます。 大きく育てないなら菌糸ビンで育てたほうがよいです。 ホペイの幼虫を飼育するうえで注意することは、温度が上がるとすぐに蛹になってしまうことです。

次の

オオクワガタの成熟ってなに?成熟期間や判断するポイントを解説!

オオクワガタ 繁殖

クワガタの交尾について はじめに 飼っているクワガタを産卵・繁殖させて次世代に夢をつなぐ、これはクワガタ飼育の醍醐味のひとつです。 なんとなく「難しいこと」としてイメージされている方もいらっしゃるかと思いますが、むずかしい手順や、特殊な道具なども必要ありませんので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。 この記事では産卵・繁殖させるための、交尾のさせ方やコツ、注意点などについて触れていきたいと思います。 交尾をする時期とは クワガタも人間と同じで、ある程度成長して繁殖能力が発達してからでないと子供を作ることができません。 昆虫業界では「繁殖能力が備わり子供を作れる状態になる(なった)」ことを「成熟する(した)」といった表現を使います。 羽化して成虫になったばかりの個体は人間でいうとまだ赤ちゃんや子供の状態です。 成虫として一定の期間を過ぎてからでないと、子供を作る事が可能な「成熟した」状態にはなりません。 月虫流「成熟した」状態の見分けかた 1 マット上を頻繁に動きまわる 2 エサの食いつきが多くなる 一般的にクワガタは成熟すると活動が活発になるため、頻繁に動きまわりエサも良く食べるようになります。 「よく動くなあ」、「エサの減りが早いなあ」と思ったら、「成熟した」可能性が高い状態といえるでしょう。 エサを食べるギラファノコギリクワガタのオス 交尾の方法 交尾をさせて産卵させるためにはオスメスともに「成熟した」状態にあることが必要となります。 上記を参考に成熟している可能性の高いオスメスをペアにしてあげましょう。 さて交尾には「虫にまかせる方法」と「人がさせる方法」があります。 この記事では、虫にまかせる「同居ペアリング」と、人がさせる「ハンドペアリング」をそれぞれご紹介します。 クワガタの気分にまかせて交尾を促す方法です。 メスのフェロモンの出る場所にオスの感覚器を近づけオスにやる気を出させる事を目的に行います。 ・ハンドペアリングのメリット 交尾したことを確認できる オスメスが攻撃し合った場合に止めることができる ・ハンドペアリングの方法 1、「月虫流クロス交尾法」(オオクワガタ・ヒラタクワガタ等におすすめ) メスの小循板(しょうじゅんばん)の所にオスの口ひげ部分がクロスになるようにして置く方法です。 体高がない平べったい種の場合によく用います。 2、「月虫流平行交尾法」(ニジイロクワガタ等におすすめ) メスの小循板の所にオスの口ひげ部分が当たるようにしてそっと置く方法です。 体高があり体に厚みがあるような種によく用います。 口ひげと小楯板(モデル:ギラファノコギリクワガタ) ・交尾モードになるかどうかの見極めはできる? オスはメスのフェロモンを感じると触覚の動きが変わります。 このような様子が見られれば、交尾に移行する可能性が高い状態と考えられます。 交尾を嫌がる原因、よくある3つのポイント 成熟した(可能性の高い)オスメスを交尾させようとしても、うまくいかないことがあります。 よくある原因として3つをあげると、 1 メスが交尾済である 2 オスメス両方、または片方が成熟していない 3 オスメスの相性が悪い メスは交尾が済んだあとは産卵の準備のためか交尾を拒否することがあります。 同様に成熟していない個体も交尾をしたがらない傾向にあります。 また、人間でもそうですが、お互い「合う/合わない」の相性があるようで、成熟したペア同士であっても交尾を嫌がる場合があります。 その場合にはオスまたはメスを別の個体と取り替えてチャレンジする方法もあります。 交尾完了の確認はできるのか 交尾完了の確認は一言でいうと「難しい」です。 メスの体に一見してわかるような特徴の変化(色が変わる、体の一部が変形するなど)が現れないので、確実に交尾を確認するには、同居中のケース内で目視で確認するか、ハンドペアリングを行うなどの方法が必要となります。 ただし状況から推測する方法はあります。 同居ペアリングを開始してから数日後にオスメスが仲良くエサを食べていたり、寄り添っているようであれば、ペアリングが完了している可能性が高いので目安にできるでしょう。 寄り添うクワガタのオスメスペア 交尾後はどのようにすればよいのか 無事に交尾が完了した後には、オスが産卵の邪魔をしないように、それぞれ別の容器に移すとよいでしょう。 この時メスをすぐに産卵セットに移しても良いですが、体力消耗の激しい産卵に備えて3日~1週間程度、成虫飼育用の容器で高タンパク質のエサを与える「エネルギー補給期間」をとってあげるのも良いかと思います。 タンパク質を配合した昆虫用ゼリーが市販されていますので、それを使うと効率よく栄養を与えることができるのでおすすめです。 クワガタの交尾についてまとめ 1 交尾は大人になってから(成熟してから) 2 交尾には同居ペアリングとハンドペアリングがある 3 同居で仲良し、「できた」のサイン(成功した可能性が高い) クワガタの交尾についてのあれこれ 交尾回数はどれくらいがよいのか 基本的には1回で充分です。 ただし交尾後のメスを産卵セットに投入した後に、「マットに潜りっぱなしになっている状態」や「エサを食べなくなってきた」などの産卵の兆候が見られない場合や、メスを投入後3~4週間経過して産卵セットを開けた時に卵や幼虫が全く見られない場合は、時間をあけて改めて交尾させたり、オスを別の個体に取り替えて行うこともあります。 再度交尾(ペアリング)に挑戦する場合も 交尾回数と寿命の関係は 交尾をした分だけ体力を消耗し、その分寿命が縮むということは充分に考えられます。 特にメスについては交尾後に産卵を控えているため、体力の温存のためにも交尾回数は必要最小限にとどめたほうがよいでしょう。 交尾後のメスは体力を温存させたい 交尾時間はどれくらいか 交尾そのものの時間は10分程度~数時間くらいです。 同居ペアリングをさせる場合は、4~5日程度置いておくのが月虫流です。 交尾後に死ぬことがある? 交尾後に死ぬ個体もまれに見受けられますが頻度としてはごくまれです。 原因もはっきりとはわかりませんが、「ちょうど寿命が来た」「エネルギーを使い果たした」「興奮状態でショック死した」などが考えられます。 クワガタの交尾についてまとめ 1 交尾は必要最小限に 2 交尾が済んだら離すべし 3 産卵前にはタンパク補給 この記事でご紹介したアイテム 月夜野きのこ園クワガタ菌床販売部にてご購入頂けます。 > > > >.

次の