レシピ チャーハン。 電子レンジと耐熱ボウルで3分!なのにスプーンが止まらないおいしさの「ハム卵チャーハン」

パラパラチャーハンのレシピを<銀座アスター>が伝授。プロ並みの味を作る裏ワザとは?

レシピ チャーハン

こんにちは、料理研究家のYuuです。 今回ご紹介させていただくレシピは、レンジでできる「お手軽チャーハン」。 今までも、 などなど、いくつかレンチンチャーハンのレシピはご紹介させていただきましたが、今回はなんと、卵とハム、あれば長ネギだけのシンプルチャーハン。 ご飯さえあれば、冷蔵庫にあるものでパパッとできてしまうのがうれしい! 作り方は、 具材とご飯を混ぜ合わせ、あとはレンジで3分チンするだけ。 工程も具材も超シンプルですが、スプーンが止まらなくなるほどおいしいんです~。 ハムと長ネギはキッチンバサミで切れば包丁いらずでOK。 晩ごはんに、お休みの日のランチに、それから朝ごはんにもぜひ! Yuuの「ハム卵チャーハン」 【材料】(1~2人分)• 温かいご飯 200g• ロースハム 2枚• 卵 1個• 鶏ガラスープの素 小さじ1. ごま油 小さじ1• 粗挽き黒胡椒 少々 (用意するもの)• 耐熱ボウル 1個 作り方 1. ロースハムは1cm角の色紙切りに、長ネギはみじん切りにする。 耐熱ボウルに卵を割り入れ、1、(A)を加えて混ぜ合わせる。 ボウルの真ん中をあけるように端に寄せ、空いた部分に温かいご飯を入れ、電子レンジ600wで約3分加熱する。 (ラップなし) 3. 写真のような状態になるので、これをよく混ぜ合わせたら完成! 家にあるもので、超シンプルな一皿 具も味付けもシンプルなチャーハン、こういうのがスプーンが止まらなくなるんですよね~。 仕事から疲れて帰ってきて何もしたくない日や、家から一歩出たくない休日の推しメシです。 ハムと卵とご飯だったら、家にありそうな気がしませんか(笑)。 長ネギはなければ省いても大丈夫。 あまりの簡単さに、もうフライパンで炒める作り方には戻れないかも?.

次の

最強の街場チャーハンは「しっとり」が旨い!大山『丸鶴』秘伝のレシピを大公開

レシピ チャーハン

中でも安心して食べられるチャーハン。 冬のダイエット、どう成功させようか悩んでいる人も少なくないでしょう。 運動はさておき、食事コントロールをしようとすると、やっぱり大敵は、「糖質」。 こういう我慢って、できればしたくないものですよね。 そこで今回は、いつものお家チャーハンを美容向けにするための簡単コツを3つご紹介したいと思います。 そのために重要なのが、「たんぱく質」。 野菜に多く含まれる「食物繊維」は、血糖値コントロールの点で役立ちますが、食欲増進に関わるグレリンというホルモンを刺激するのは、たんぱく質であることが分かっています。 また、美肌・美髪作りには欠かせない栄養素でもあります。 チャーハンに使用するごはん量をいつもの8割にセーブし、卵やチャーシュー、かまぼこ類などを2倍量にすることで、全体量をコントロールしながら、満足度の高い美容チャーハンに仕上げましょう。 できれば加熱に強い美容オイル 「ダイエットの時には油は控えめに」というのは大いなる誤解。 特に主食(米・パン・ジャガイモなど)による血糖値の急上昇を緩やかにするために、オイルは有効であることが分かっています。 つまり、積極的に使うべき。 せっかくなので、美容オイルを選びつつ、加熱に強いものが理想的です。 オリーブオイルかアボカドオイルがオススメです。 あまりにたくさんの食材を入れすぎると、チャーハン本来の魅力が失われてしまいます。 そこで推奨したいのは、「チャーハンの脇に美容食材を添える」というアイディア。 ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラルがしっかり補えることや、肌に潤いを与えたり、整腸作用を期待すべく、オススメしたいのは、豆苗、海苔、ナッツ。 これらは食感や香りもアップして、チャーハンの味わいに奥行きを与えてくれます。 以上3点をふまえて作ったレシピをご案内しましょう。 【作り方】 1 大きめのフライパンにオリーブオイルと生姜をひいて火にかける。 香りが出てきたら、溶き卵を流して、かき混ぜる。 2 卵が8割固まってきたら、ごはんとチャーシューを加えて香ばしく炒める。 火加減は強めの中火。 3 オイスターソース、マヨネーズ、こしょうを加えて強火で仕上げる。 4 お好みの器に盛り、豆苗、海苔、ナッツをお好みで添える。 <文・写真/スギアカツキ> 【スギアカツキ】 食文化研究家、長寿美容食研究家。 東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。 基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。 現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。 女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。 著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。 Instagram: sugiakatsuki/Twitter: sugiakatsuki12 外部サイト.

次の

がっつり「チャーハン」をダイエットの味方にする無敵レシピ

レシピ チャーハン

中でも安心して食べられるチャーハン。 冬のダイエット、どう成功させようか悩んでいる人も少なくないでしょう。 運動はさておき、食事コントロールをしようとすると、やっぱり大敵は、「糖質」。 こういう我慢って、できればしたくないものですよね。 そこで今回は、いつものお家チャーハンを美容向けにするための簡単コツを3つご紹介したいと思います。 そのために重要なのが、「たんぱく質」。 野菜に多く含まれる「食物繊維」は、血糖値コントロールの点で役立ちますが、食欲増進に関わるグレリンというホルモンを刺激するのは、たんぱく質であることが分かっています。 また、美肌・美髪作りには欠かせない栄養素でもあります。 チャーハンに使用するごはん量をいつもの8割にセーブし、卵やチャーシュー、かまぼこ類などを2倍量にすることで、全体量をコントロールしながら、満足度の高い美容チャーハンに仕上げましょう。 できれば加熱に強い美容オイル 「ダイエットの時には油は控えめに」というのは大いなる誤解。 特に主食(米・パン・ジャガイモなど)による血糖値の急上昇を緩やかにするために、オイルは有効であることが分かっています。 つまり、積極的に使うべき。 せっかくなので、美容オイルを選びつつ、加熱に強いものが理想的です。 オリーブオイルかアボカドオイルがオススメです。 あまりにたくさんの食材を入れすぎると、チャーハン本来の魅力が失われてしまいます。 そこで推奨したいのは、「チャーハンの脇に美容食材を添える」というアイディア。 ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラルがしっかり補えることや、肌に潤いを与えたり、整腸作用を期待すべく、オススメしたいのは、豆苗、海苔、ナッツ。 これらは食感や香りもアップして、チャーハンの味わいに奥行きを与えてくれます。 以上3点をふまえて作ったレシピをご案内しましょう。 【作り方】 1 大きめのフライパンにオリーブオイルと生姜をひいて火にかける。 香りが出てきたら、溶き卵を流して、かき混ぜる。 2 卵が8割固まってきたら、ごはんとチャーシューを加えて香ばしく炒める。 火加減は強めの中火。 3 オイスターソース、マヨネーズ、こしょうを加えて強火で仕上げる。 4 お好みの器に盛り、豆苗、海苔、ナッツをお好みで添える。 <文・写真/スギアカツキ> 【スギアカツキ】 食文化研究家、長寿美容食研究家。 東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。 基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。 現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。 女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。 著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。 Instagram: sugiakatsuki/Twitter: sugiakatsuki12 外部サイト.

次の