コロナ 頭痛 薬。 「イブプロフェンで新型コロナが悪化する?」臨床医に聞いて分かった“飲んではいけない薬”の真偽

フランスが警告「新型コロナに使うと悪化する解熱薬」とは?

コロナ 頭痛 薬

フランスのベラン保健相が3月14日に、「イブプロフェンを服用すると感染症を悪化させる可能性がある」とツイート。 それがネットニュースとなり、大きな話題を呼びました(「」2020年3月15日 Yahoo! ニュースJapan)。 たくさんの人が利用している薬なだけに、心配になった人が多かったのではないでしょうか。 だとしたら、ただ事ではありません。 一方で、ウイーン大学医学部がツイッターでこの内容を「フェイクニュースだ」と否定したというニュースや、医師が「イブプロフェンを服用することによって新型コロナウイルスが増えるとか感染が激しくなるとか、あるいは感染しやすくなるというような論文は今までに一度も見たことがなかった」と語る記事も配信され、真偽のわかりにくい状態になっています(「『イブプロフェンで悪化』 『エアロゾル=空気感染』は誤り!? ニュースJapan)。 私たちはこのニュースをどのように受け止めればいいでしょうか。 1月から警鐘を鳴らしていた日本人研究者 イブプロフェンは非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs=エヌセイズなどと読みます)という種類の薬です。 市販の痛み止めに使われている代表的なNSAIDsには他に、「アセチルサリチル酸(アスピリン)」、「ロキソプロフェン(ロキソニン)」などがあります。 また、NSAIDsには分類されませんが、よく使われる消炎鎮痛薬に「アセトアミノフェン」があります。 実は、武漢で新型コロナウイルスが猛威を振るい始めた1月頃から、NSAIDsを新型コロナウイルスに使うべきではないと警鐘を鳴らしていた研究者がいます。 慶應義塾大学薬学部(旧共立薬科大学)や近畿大学薬学部で教授を務めた松山賢治さんです。 なぜでしょうか。 しかし、プロスタグランジンの働きが過度に抑えられると、免疫細胞を刺激する『サイトカイン』という物質が過剰に作られることがわかっています。 そのために免疫細胞が暴走して、ウイルスなど外敵だけでなく、健常な細胞や組織まで攻撃するようになるのです。 これをサイトカインストーム(サイトカインの嵐)と言います」 サイトカインストームが起こると、免疫細胞が肺の細胞を傷害して、重篤な肺炎を起こすことがあります。 また、肝臓、腎臓、心臓などの器官も傷害して多臓器不全に陥り、死に至るリスクも高くなります。 松山教授は、中国・武漢で肺炎の死亡者が多かったのは、NSAIDsによるサイトカインストームの多発も一因ではないかと推測しています。 「中国では新コロナウイルスにかかった人が、とりあえず熱を下げようとNSAIDsをたくさん使ったのではないでしょうか。 NSAIDsを使うと必ずサイトカインストームが起こるというわけではありませんが、若くして肺炎を起こした患者さんの中には、これが原因で亡くなった人も多かったのではないかと推測しています」 日本小児学会による勧告も 松山教授がそう推測するには、次のような歴史もあります。 ひとつには1960〜80年代にかけて、非常に稀ですが、インフルエンザなどウイルス感染症の子どもがNSAIDsの一種であるアセチルサリチル酸(アスピリン)を服用すると、急性脳症(ライ症候群)が増えるという研究結果が米国であったことです。 その要因と考えられたのが、NSAIDsによってサイトカインストームが引き起こされ、脳が炎症を起こしたことでした。 厚生省(当時)も1999年と2000年にNSAIDsとインフルエンザ脳炎・脳症について調査しました。 その結果、それらの関連性については否定したものの、ジクロフェナクナトリウム(商品名・ボルタレン)を使った例では致死率が高くなっていたことから、日本小児科学会はインフルエンザの発熱に使用するのであればアセトアミノフェンを使い、NSAIDsの使用は慎重にすべきとの勧告を出しています(「インフルエンザ脳炎・脳症における解熱剤の影響について」)。 より古くにさかのぼると、1918〜19年にスペイン風邪が世界中でパンデミック(爆発的な流行)を起こし、感染者5億人、死者5000万〜1億人と世界中で多くの犠牲者を出しました。 死亡者には短時間に重度の肺胞炎・肺胞浮腫を起した人が多かったとされていますが、その一つの要因として言われているのがアスピリンの過剰投与による中毒死です(「インフルエンザ菌とスペイン風邪(Spanish flu)(その1)」紺野昌俊)。 複数の臨床医に意見を求めてみたところ…… 新型コロナウイルスでもNSAIDsによってサイトカインストームが起こり、重症肺炎が多発した可能性があるのでしょうか。 松山さんの指摘を受けて、複数の臨床医に意見を求めてみたところ、(1)ウイルス感染症によるサイトカインストームは、NSAIDsを服用していなくても起こりうる。 (2)実際に新型コロナウイルス感染症患者のデータを多く集めて、NSAIDsを服用している患者で重症肺炎や死亡例が高かったかどうか検証されないかぎり不明……というのが、共通した意見でした。 また、18日にはWHO(世界保健機関)が、新型コロナウイルスが疑われる場合には、イブプロフェンの服用を避けるようにという注意喚起を行いました。 ただし、その理由はサイトカインストームを起こすからというのではなく、世界的な医学誌である「ランセット」に新型コロナウイルスの感染を促進して症状を悪化させるという仮説が掲載されたことを踏まえてと報道されています。 また、それが死亡リスクを高めるかどうかについては、WHOは「調査中」としています。 このように、イブプロフェンやロキソプロフェンなどの馴染みのあるNSAIDsが本当にサイトカインストームや感染を促進させ、新型コロナウイルスの重症肺炎や死亡のリスクを上昇させるかどうかは、現時点では何とも言えません。 また、新型コロナウイルスの発熱でNSAIDsを飲んだからといって、全員が悪化するというわけではないので、過度に心配する必要はないと思います。 インフルエンザやふつうの風邪でも服用は避けたほうがいい ただし、多くの医師に取材した結果としては、「インフルエンザやふつうの風邪であっても解熱のためにNSAIDsを服用するのはあまりお勧めしない」「高熱でつらい時には、作用が穏やかで比較的安全なアセトアミノフェンにしたほうがいい」というのが、共通した意見でした。 その理由は、サイトカインストームが心配というだけではありません。 NSAIDsには胃腸障害や腎障害を起こす、ぜんそくを誘発するといった副作用があるからです。 とくに効き目の強いロキソプロフェンでは、慢性的な痛みで長期的に飲んでいる人が消化管出血や腎不全を起こして入院する例があるそうです。 胃を保護する成分を配合した商品も多く出ていますが、NSAIDsは漫然と飲み続けるべきではない、注意が必要な薬なのです。 また、さまざまな成分が配合された風邪薬(総合感冒薬)も、あまりお勧めしないという医師が多くいました。 市販の商品だけでなく医師が処方するPL配合顆粒もそうですが、これらは一つの薬ではなく、熱を下げるNSAIDsやアセトアミノフェンの他に、鼻水を止める「抗ヒスタミン薬」や、気分をすっきりさせる「カフェイン」、咳をとめる「鎮咳去痰薬」などが配合されています。 それぞれに副作用があり、高齢者では抗ヒスタミン薬の副作用でおしっこが出なくなる「尿閉」や、眼圧が高くなって目が痛くなる「緑内障発作」を起こす人がいます。 また、カフェインに敏感な人では、一緒にコーヒーやお茶を飲むと濃度が高まり、不安発作を起こすリスクがあります。 そもそも総合感冒薬は、複数の種類の薬を一度に飲むことになるので、「実は侮れない薬なのだ」と話す医師もいました。 アセトアミノフェンにもリスクはある 通常の風邪やインフルエンザもそうですが、持病がなく普段健康な人ならたいていは、薬を飲まなくても数日で熱が下がり、自然に治っていきます。 熱、鼻水、せきなど不快な症状をどうしても取りたいというなら薬を使うことは否定しませんが、飲むとしても副作用のリスクもあることは知っておいたほうがいいでしょう。 また、薬で熱が平熱に戻り、症状が消えたとしても、完全に治ったとは限りません。 もし新型コロナウイルスで発熱していたのに、薬を飲んだことで「治った」と勘違いして買い物や仕事に出かけたら、まわりの人に感染を拡大させてしまう危険性があります。 ですから、37. それから、アセトアミノフェンにも肝障害のリスクがあります。 比較的安全だからといっても、漫然と飲み続けるのはやはり危険なので、用法用量を守るとともに、症状が続く場合には医師に相談をしてください。 くれぐれもアセトアミノフェンがいいからと聞いて、ドラッグストアでの買いだめなどは、絶対にしないでください。 急に必要になる人がいるかもしれないからです。 多くの人の安心のためにも、必要な薬がドラッグストアの棚にいつもあることは、とても大切なことだと思います。 (鳥集 徹) 外部サイト.

次の

新型コロナウイルスの可能性があるときに飲んではいけない市販薬とは?飲んでも大丈夫な解熱剤や風邪薬は?

コロナ 頭痛 薬

「Getty Images」より 新型コロナウイルスに感染した場合、症状緩和にはどんな薬がいいのか。 最近では、新型インフルエンザ治療薬「アビガン錠」や、エボラ出血熱への候補薬である抗ウイルス薬「レムデシビル」などの投与試験が始まり、急性膵炎の治療薬「フサン」の効果も研究が進みつつある。 2月17日には、中国政府機関の一部門である中国国家中医薬管理局は、新型コロナ対策として中医薬の「清肺排毒湯」が効果的だと発表した。 中医薬とは、いわゆる漢方薬である。 すでにインフルエンザ治療での「麻黄湯」などがよく知られているように、感染症に対する漢方薬の可能性が注目されている。 感染症の特効薬がないときに、どう乗り切るか 東京・渋谷にある漢方外来を専門とする金王坂クリニックでは、このほどインフルエンザや新型コロナウイルスなどを視野に入れた「免疫強化外来」を始めた。 西大條文一院長は、これまでのインフルエンザ、ノロウイルス治療の経験をもとに、細菌学・免疫学の知識と漢方医学の知見を融合させ、自己免疫力を増強する漢方薬を中心に、症状に応じて西洋薬も組み合わせ、治療法の確立されていない未知の感染症への処方を実践するという。 新型感染症の特効薬の入手ができない場合に、どのような対応ができるのか。 西大條院長には、こんな経験があるという。 「私が老健施設の施設長をしていた時、入居者に感染症のような症状が出たことがありました。 ノロウイルス様の嘔吐や下痢も頻発していました。 数日間の休日が続き、血液検査もインフルエンザの迅速検査もできない。 抗インフルエンザ薬のタミフルもなく、薬も限られている状態下で、施設内での感染爆発は絶対に防がなければならない。 こういった状況で漢方薬をうまく併用して、一切の感染を出さずに乗り切った経験が何度かあります」 具体的には、どんな漢方薬を使うのだろうか。 「たとえば、気を補う補気剤として有名な補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、六君子湯(りっくんしとう)などは貧血、食欲不振、疲労倦怠など慢性疾患による体力低下に使用されますが、補気剤は免疫賦活作用を有していて、種々の病態の改善に効果があると考えられています。 そもそも漢方薬には、症状だけでなく、年齢、性別、体型、体質、ライフスタイルに従って、数百種類の処方がありますが、診察のなかで、一人ひとりにもっとも適した処方を組み立てていきます。 何より、自己免疫力の増強をはかることこそ、感染症に打ち勝つための大きな目的です」(西大條院長) 西洋薬では、「エリスロマイシン」など14員環系の抗生剤、「ビオフェルミンR」などの整腸剤に「ムコソルバン」「ムコダイン」などの去痰剤などを加える。 さらに、解熱が必要な場合は「アセトアミノフェン」その他の解熱剤を処方するという。

次の

コロナだけじゃない…!イブプロフェンは「こんな病気にも注意」

コロナ 頭痛 薬

全世界で感染拡大が続く新型コロナウイルス(COVIT-19)。 治療薬も見つかっていない中、飲んでよい薬・飲んではいけない薬はあるのでしょうか? 中国・武漢から始まり、日本や欧米でも感染拡大が続いている新型コロナウイルス・COVIT-19(以下、新型コロナ)。 私が営んでいる漢方薬局でも「抵抗力を上げる漢方に変更して欲しい」といった旨の相談が多くなっております。 同氏が挙げた新型コロナの感染者が避けるべき薬とは 「イブプロフェン」や「コルチゾン」と呼ばれる抗炎症薬です。 同氏は続けて、感染者がこれらの薬を服用すると症状を悪化させる恐れがあると記しています。 これは信頼できる情報なのか、実際にこれらの薬は避けるべきなのか、本記事では一般の方がドラッグストアなどでも入手可能な「イブプロフェン」に絞って解説いたします。 イブプロフェンとは……頭痛、生理痛、歯の痛みなどにも使われる抗炎症薬 イブプロフェンとは、炎症を鎮める代表的な薬です。 専門的にはNSAIDs(エヌセイズ:非ステロイド性抗炎症薬)と呼ばれるカテゴリーに含まれます。 イブプロフェンは炎症を抑える作用があることから、主に頭痛、生理痛、腰痛、関節痛、歯の痛み、そして発熱などに対してしばしば使用されます。 イブプロフェンは病院で医師が出す処方薬としてだけでなく、一般の方がドラッグストアなどで購入できる頭痛薬などにも含まれることが多い成分でもあります。 その分、今回のツイート内容が多くの方にも注目されているのでしょう。 新型コロナでイブプロフェンを避けるべき根拠はあるのか 大国の厚生大臣が発表するほどのことですので、根拠が薄いとも考えにくいのですが、同大臣のツイッターでも「新型コロナ感染者がイブプロフェンなどを服用していると症状が悪化する」と短く記されているのみです。 本記事を執筆している2020年3月18日の段階では、まだ新型コロナとイブプロフェンの明確なつながりはわかっておらず、科学的根拠は明らかにされていません。 まだ確実な情報とは断言できない中で、どのような薬を選ぶべきなのか、現状の薬は変更する必要があるのか、悩まれる方は少なくないと思います。 以下では、現状の新型コロナウイルスの脅威の中で、私たちがどのようにイブプロフェンに代表される抗炎症薬と付き合っていくべきかを解説します。 病院からイブプロフェンが処方されている場合……自己判断での安易な中止は避ける 腰痛や関節痛など何らかの症状があり、既に病院からイブプロフェンが処方されている場合、 自己判断での中止は避けるべきです。 急な服用停止により、抑えていた痛みなどが再燃してしまう可能性もありますので勧められません。 一方、病院受診時とは異なる症状が現れた場合は、処方医や調剤を受けた薬局に連絡を入れて指示を仰ぐのが良いでしょう。 具体的な「異なる症状」とは、 急な発熱、咳やのどの痛み、関節痛、寒気などといった、いわゆる「インフルエンザや風邪のような症状」です。 その理由については後述します。 市販薬のイブプロフェンを服用している場合……無症状なら過度な心配は不要 もし頭痛や生理痛などで市販薬のイブプロフェンを服用している場合も、上記で挙げたようなインフルエンザや風邪のような症状がなければ過度に心配する必要は少ないでしょう。 一方でそのような症状がある場合は薬剤師などに相談しつつ、NSAIDsとは異なるカテゴリーに含まれる 「アセトアミノフェン」という抗炎症成分が入った薬を選ぶのが良いでしょう。 冒頭で紹介した仏厚生大臣も発熱の際などはアセトアミノフェンの使用を推奨しています。 イブプロフェンによる「ライ症候群」とは……ウイルス感染症時の服用による副作用 ではなぜ「インフルエンザや風邪のような症状」が出たときは、まず専門家に相談するべきなのか。 その理由の一つに「 ライ症候群」の存在があります。 イブプロフェンに代表されるNSAIDsには、ライ症候群という副作用が知られています。 ライ症候群とは、インフルエンザなどのウイルス感染症を患っている際にNSAIDsを服用すると意識障害、嘔吐、けいれんなどが起こりやすくなるというものです。 特にライ症候群は小児に起こりやすいことが知られています。 つまり、新型コロナかどうかに関わらず、ウイルス感染症に対して、NSAIDsの使用には注意が必要なのです。 一般の方は、発熱があっても、その体調不良がただの風邪なのか、インフルエンザによるものなのか、新型コロナなのか、またはそれ以外のものなのか判断することは不可能でしょう。 したがって、インフルエンザや風邪っぽい症状がある場合、特に小児の場合は、市販薬で対応するのなら、アセトアミノフェンを含んだものが推奨されています。 イブプロフェンは「悪役」ではない……正しく理解して適切な使用を イブプロフェンに代表されるNSAIDsは決して怖い薬ではありません。 冒頭で挙げた通り、炎症を鎮める代表的な薬なので、頭痛、生理痛、関節痛など、幅広い症状の緩和に有効です。 一方で上記のように今回の新型コロナウイルス感染症に限らず、インフルエンザなどの感染症とは相性が悪いこともすでに知られている通りです。 繰り返しになりますが、 新型コロナに対してNSAIDsがどのように影響するのか、現段階では分からない点が多いです。 しかし、 新型コロナに限らず感染症による症状が疑われる場合、NSAIDsはより慎重な使用が求められます。 誤解やフェイクニュースに注意 本記事をご一読頂いた方は問題ないと思うのですが、他メディアにおいて見出しだけを見るとあたかも 「アセトアミノフェン(またはイブプロフェン)が新型コロナの撃退に有効」と勘違いしてしまいそうなものがあります。 SNSが発達した現代では素早く情報が世界中を駆け巡ります。 一方で誤解やフェイクニュースも新型コロナと同じように国境に関係なく拡散してしまいます。 その点にも気を付けながら日々の情報に接して頂きたいと思います。 本記事のまとめ• 仏厚生大臣が「新型コロナにかかった場合においてイブプロフェンなどの服用は症状を悪化させる」可能性に言及した• 一方でイブプロフェンを含むNSAIDsという抗炎症薬のグループは危険な薬などではない• しかし、インフルエンザを含む一部の感染症においてNSAIDsは慎重な使用が求められる• 感染症の可能性がある場合、抗炎症薬にはアセトアミノフェンが推奨されている 新型コロナ感染症騒動に思うこと……基本の手洗いと睡眠時間確保で体調管理を 最後に一薬剤師として、今回の新型コロナウイルスの感染拡大に、私たちはどう向き合うべきかについても触れたいと思います。 まず現時点で、 新型コロナに対する一番の対処法は、自身の免疫力を落とさないことに尽きると考えます。 新型であろうと旧型であろうと、ウイルスに対して私たちの身体に備わっている免疫はそれを排除し、さらに崩れた体調をもとに戻そうと働きます。 連日の報道を見ていると、ついその日の感染者数や死亡者数にばかり目が行って不安な気持ちになってしまうかもしれませんが、多くのケースでは感染後に回復しています。 詳しくは厚生労働省の「」をご参照ください。 したがって、西洋医学的な治療法が確立していない現段階においては、頻繁な手洗いと睡眠時間の確保が最も有効な対応法と考えられています。 最新の情報に接するのは良いことですが、情報過多になり睡眠不足になってしまっては本末転倒です。 本記事が新型コロナ、さらに感染症とNSAIDsに代表される抗炎症薬との正しい付き合い方の一助になれば幸いです。

次の