カルロス エドゥアルド ロブレド プッチ。 19歳の殺人鬼…カルロス・ロブレド・プッチ

カルロス・エドゥアルド・ベンディニ・ジュスティ

カルロス エドゥアルド ロブレド プッチ

この名前は、に従っています。 (母方の)は ベンディニ、(父方の)は ジュスティです。 国内リーグ戦に限る。 2019年12月11日現在。 2014年12月25日現在。 ( ) エドゥアルド( Eduardo)こと カルロス・エドゥアルド・ベンディニ・ジュスティ(Carlos Eduardo Bendini Giusti、 - )は、・ ()出身の。 ・所属。 ポジションは、。 、所属時およびブラジル代表での登録名は『 ドゥドゥ』。 移籍以降はとの重複を避けるため『エドゥアルド』を登録名としている。 経歴 [ ] クラブ [ ] ブラジル時代 [ ] 8歳の時から ()の下部組織に所属。 同クラブでの活躍が評価されてに移り、からはのでプレーした。 メトロポリターノに復帰した、17歳でプロデビューを果たした。 オーストリア時代 [ ] 2012年8月、(2部)の ()に。 翌年1月、同じエアステリーガのに再び期限付き移籍した。 ガイナーレ鳥取 [ ] 7月、・に期限付き移籍。 監督により、左、など様々なポジションで起用され 、リーグ戦15試合に出場したが、シーズン終了後に退団が発表された。 栃木SC [ ] 1月、J2・に期限付き移籍。 第1節戦からセンターバックのレギュラーを務め、リーグ戦19試合に出場した。 柏レイソル [ ] 8月、・に期限付き移籍。 同じ『ドゥドゥ』という登録名の選手()が既に在籍していたため、登録名を『 エドゥアルド』に変更した。 加入発表から4日後の第20節戦に先発出場し、前半に移籍後初得点を挙げた。 翌年は、の負傷もあってセンターバックのレギュラーに定着し 、リーグ戦29試合に出場。 では、消化試合となったグループリーグ第6節戦を除く全9試合にフル出場し、ベスト8進出に貢献した。 川崎フロンターレ [ ] 2月、・に期限付き移籍。 開幕直後の移籍となったが川崎でも主力として活躍した。 2017年より完全移籍。 松本山雅FC [ ] 1月、・に完全移籍。 代表 [ ] 2014年11月、に初招集され 、ので開催された国際親善大会に参加した。 個人成績 [ ] 国内大会個人成績 年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 期間通算 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ブラジル リーグ戦 オープン杯 期間通算 2011 1 0 - - 1 0 2012 0 0 - - 0 0 オーストリア リーグ戦 リーグ杯 期間通算 2012-13 FCルステナウ07 5 12 2 - 2 0 14 2 2 10 0 - - 10 0 日本 リーグ戦 期間通算 6 15 2 - 0 0 15 2 22 19 2 - 0 0 19 2 24 6 1 3 1 0 0 9 2 13 29 2 1 0 3 0 33 2 0 0 - - 0 0 23 25 0 5 0 5 2 35 2 14 0 3 0 2 1 19 1 3 1 0 0 1 0 4 1 15 7 0 4 1 0 0 11 1 3 通算 ブラジル セリエD 1 0 - - 1 0 オーストリア エアステ 22 2 - 2 0 24 2 日本 J1 84 4 16 2 13 3 111 9 日本 J2 34 4 - 0 0 34 4 総通算 141 10 16 2 13 3 170 15• 2016年• 1試合0得点• 2018年• 1試合0得点 国際大会個人成績 年度 クラブ 背番号 出場 得点 13 9 1 23 1 0 3 0 通算 AFC 13 1 出場歴 [ ]• Jリーグ初出場 - 第26節 対• Jリーグ初得点 - 2013年 J2第33節 対 代表歴 [ ] 出場大会 [ ]• 2014年 - Wuhan International Youth Football Tournament 2014 脚注 [ ]• フットボールチャンネル 2014年10月25日. 2014年12月25日閲覧。 Jornal Metas 2014年10月23日. 2014年12月25日閲覧。 プレスリリース , SC Austria Lustenau, 2013年1月30日 ,• プレスリリース , ガイナーレ鳥取, 2013年7月15日 ,• Football LAB. 2015年12月18日閲覧。 プレスリリース , ガイナーレ鳥取, 2013年12月12日 ,• プレスリリース , 栃木SC, 2014年1月6日 ,• プレスリリース , 柏レイソル, 2014年8月12日 ,• サッカーキング 2014年8月12日. 2014年12月25日閲覧。 スポニチ Sponichi Annex 2014年8月17日. 2014年12月25日閲覧。 大島和人 2015年9月7日. 2015年12月18日閲覧。 プレスリリース , 川崎フロンターレ, 2016年2月28日 ,• プレスリリース , 川崎フロンターレ, 2017年1月2日 , 2017年1月2日閲覧。 プレスリリース , 松本山雅FC, 2019年1月11日 ,• プレスリリース , 柏レイソル, 2014年10月28日 ,• 石原遼一 2014年10月29日. BLOGOLA. 2014年12月25日閲覧。 Football Web Magazine 『Qoly』 2014年11月17日. 2014年12月25日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - による選手データ (日本語)• eduardo. jp23 -•

次の

世界を発情させた「死の天使」は大のポケモンファン──“南米のディカプリオ”ロレンソ・フェロインタビュー

カルロス エドゥアルド ロブレド プッチ

映画やドラマで描かれる連続殺人犯というのは、大抵はその手口に美学があったり、犯人そのものがとても美しかったりする。 犯人を追う刑事にも、ダークサイドの一面があり、一歩間違えれば犯人と同じ立場になりうる、という描かれ方をすることもある。 「殺人」は遡れば神話の時代にも登場する最も原初的な犯罪だからこそ、幻想的かつ倒錯的な美を結びつけたくなるのかもしれない。 まさに天使と呼ぶにふさわしい美しい金の巻き毛、憂いをたたえた瞳。 カルリートスを演じるロレンソ・フェロは「Kiddo Toto」名義でラップシンガーとしても活躍している。 実在のモデル:カルロスは本当に美少年! この映画の元になったのはアルゼンチン犯罪史で最も有名な連続殺人犯の少年、カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。 フレスコ画に描かれる天使そのものの美貌だったことから「死の天使」「ブラック・エンジェル」と呼ばれて世間を騒がせたそうです。 実際のカルロスの犯罪歴を調べるとたった2年で17件の強盗、12人の殺人のほかに誘拐や性犯罪などもあって、乳児を抱えた女性に情け容赦なく発砲したり、仲間を殺害してから暴行を加えて焼くなど、手口そのものがかなり極悪なのですが、それでも妖しい魅力を感じてしまうのは、カルロス本人の類稀な美しさ故なんですよね。 ちなみに、彼は67歳になった現在も終身刑で収監されていて、獄中47年はアルゼンチン犯罪史上最長になるそうです。 舞台は1971年。 ラモンのもみあげも当時はワイルドでイケてたようです。 ふたりの蜜月のような関係は、いつしかすれ違いとともに溝を深めていく…。 なぜ天使は犯罪に手を染めたのか? 正直、カルロスの犯罪歴を見る限り残忍性が際立ち、ロマンチックな動機で犯罪に手を染めてしまったという印象はないのですが、事実がどうだったのかはカルロス本人だけが知るところ。 今作「永遠に僕のもの」は思春期の少年ならではの脆さと危うさが引き金となって犯罪に身を堕とす青春クライムとして描かれています。 欲しいものは盗んででも手に入れてきた天性の犯罪者のカルリートス。 新しい学校で知り合った男性的なラモンに対し、まるで少女になったような甘いときめきを感じたカルリートスは、まるで好きな男の子の気を惹くために花を摘む感覚で平然と人を殺すのだった。 でもその出会いは、カルリートスの中に眠る「死の天使」を目覚めさせる王子様のキスに過ぎなかった……。 劇中で語られる「世界はこんなにも自由なのに」というカルリートスの言葉。 彼にとっての自由とはなにを意味する言葉なのだろうか? ペドロ・アルモドバル監督が描く危険で可愛い。 アルゼンチンで2018年に大ヒットし、第71回カンヌ映画祭「ある視点部門」第91回アカデミー賞「外国語映画賞アルゼンチン代表」として上映されたこの作品をプロデュースしたのは「トーク・トゥ・ハ-」「人生スイッチ」のペドロ・アルモドバル。 実在のモデル、カルロスは終身刑を言い渡されたとき「これはローマのサーカスの茶番だ」と言ったそうです。 もしかしたら映画「永遠に僕のもの」を観れば、カルロスの言葉がなにを意味するのか、分かるかもしれません。 神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス(ロレンソ・フェロ)。 彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。 息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。 やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモン(チノ・ダリン)と意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。

次の

第201回:無邪気な美少年はなぜIKAトリノで暴走したのか 『永遠に僕のもの』 【読んでますカー、観てますカー】

カルロス エドゥアルド ロブレド プッチ

2019年8月16日 月 全国ロードショー アルゼンチン映画NO. 彼の美しいビジュアルから『ブラック・エンジェル』『死の天使』などと称され、当時の社会に衝撃を与えた人物です。 そして、逃走する前に眠っていた所有者を銃で撃ち射殺。 同年5月9日 共犯者とメルセデス・ベンツの自動車部品を扱う会社で働くビセンテ・ロペスの家に侵入 ロペス夫妻と生まれたばかりの子供を見るなり銃を発砲する。 ビセンテは死亡、妻は撃たれたが一命を取り留めた。 生まれて間もない子供は、放置されたが後に発見され無事保護されている。 この時、40万アルゼンチンペソ相当を強奪し逃走。 同年5月24日 スーパーの従業員を殺害 同年6月中旬 2人の若い女性を襲撃。 1人の女性を強姦するが、もう1人の女性は逃げ延びている。 同年8月5日 カルロス・ロブレド・プッチは、アイバニーズを乗せ運転していたが事故を起こし、アイバニーズは死亡。 その後逃走し、アイバニーズは事故死として処理されたが 実際には、事故に見せかけ殺害している。 アイバニーズは、カルロス・ロブレド・プッチの共犯者とされているが、どのくらい関わっていたのかは分かっていない。 その後、ヘクター・ソモサと共に 犯罪を開始する。 同年11月15日 ソモサとスーパーマーケットに侵入し、警備員に発砲し負傷させた。 同年11月17日 ソモサと車の販売代理店に押し入り、従業員を射殺。 同年11月24日 別の車のディーラーに、ソモサと侵入する。 従業員を脅し、金庫の鍵を奪って100万アルゼンチンペソを強奪。 その後、従業員の頭を撃って射殺し逃走。 1972年2月1日 ソモサとハードウェアストアに向かい、警備員を殺害して店の中に侵入 強盗する中、カルロス・ロブレド・プッチは、 ソモサを撃って殺害する。 その殺害したソモサの胸を裂き 顔を殴打し、火をつけ燃やした。 その後、商品を盗み逃走 それから3日後・・・ 1972年2月4日 カルロス・ロブレド・プッチは逮捕される。 この時、カルロス・ラブランド・プッチは20歳になったばかりだったという事です。 カルロス・ロブレド・プッチは・・・ 殺人が11人、1件の殺人未遂、17件の強盗、1件の強姦と1件の強姦未遂、1件の性的虐待、2件の誘拐等で起訴された。 1980年 裁判で終身刑が言い渡された。 終身刑を言い渡された、カルロス・ロブレド・プッチの言葉は 『これはローマのサーカスの茶番だ』 現在、67歳になるカルロス 獄中47年は、アルゼンチン犯罪史上最長になるそうです! 映画『永遠に僕のもの』で、カルロス・ロブレド・プッチがどの様に描かれるのか? とても興味が湧いてきますが その連続殺人犯の、カルロスを演じる俳優さんは誰なのか? 永遠に僕のもの 映画 の主演俳優も! 映画『永遠に僕のもの』の主演を務める俳優さんは? 美しい連続殺人犯を演じるのは! 今回スクリーンデビューとなる アルゼンチンの新星ロレンソ・フェロ 映画の中では、無邪気であどけなさを感じさせる雰囲気 そして大人びた、色っぽい表情を見せてくれますよ〜 映画『永遠に僕のもの』で、デビューとなるロレンソ・フェロのプロフィールなどの情報は見つかりませんでしたが… 6月下旬に来日する予定ですよ~.

次の