おしりの黒ずみ解消。 おしりの黒ずみの6つの原因と10つの対策!

座りっぱなしでおしりに黒ずみが発生?その解消法とは

おしりの黒ずみ解消

ありがとう、オロナイン。 )なんだけど、おしりの穴にもできたみたいでこれが常時挟まれてる状態だからどの体勢でも痛くてつらい。 — かずま aoihuro ネット上の口コミを詳しく調べてみたところ、お尻のニキビや吹き出物、痔などにオロナインを使ったという口コミは見つかりましたが、黒ずみ自体に使用したという口コミは見つかりませんでした。 そこで、実際に自分で試してみることにしました! 実際におしりの黒ずみがオロナインで解消できるか試してみた! 早速使ってみます。 値段も安いので、遠慮なく使えます! おしりにオロナインを塗り続けて1ヶ月 私の場合は、 おしり下(座る時にちょうど骨盤底面の骨が当たる部分)に黒ずみができています。 お風呂上がりに黒ずんでいる部分を中心にやや広めにオロナインを毎日塗ることを1ヶ月間続けました。 1ヶ月間続けたところ、よくできていた吹き出物ができなくなりました。 また、角栓が埋まって少しザラザラしていた手触りが大分スベスベしてきました。 しかし、残念なことに鏡で見てみたところ、黒ずみには全く変化がありませんでした。 ただし、吹き出物はできなくなったので、ニキビの予防や角栓を取りたいという事ならば効果があったと言えます。 何とか安くおしりの黒ずみを解消したいと思って、2ヶ月毎日塗り続けてきたのですが、 残念ながら黒ずみ解消の当初の目的は達成できませんでした! これ以上続けても変わらない感じがしたので、2ヶ月でオロナインのおしりへの使用は断念しました。 収れん作用、殺菌作用 マクロゴール 軟膏の基剤 グリセリン ほとんどの化粧水に配合される保湿成分の1つ オリブ油 オリーブ油を精製したサラサラした油 ステアリルアルコール 皮膚を保護しなめらかにする作用 サラシミツロウ 軟膏の基剤 ワセリン 皮膚の上に油性の保護膜をつくり保湿します 自己乳化型ステアリン酸グリセリル 安定性の高い乳化剤 香料 基剤の強いニオイを改善するために配合 オロナインに配合されている成分を詳しく調べてみて分かったことがあります。 黒ずみの解消に良いと言われる美白成分や新陳代謝を高めてくれる成分が、一切配合されていないということです! これでは、保湿作用のある油分が配合されているとはいえ「オロナイン」だけでお尻の黒ずみを解消するには無理があると言えそうです。 また、一方「オロナイン」には、 「クロルヘキシジングルコン酸塩液」と 「ミョウバン」という二種類の殺菌成分が配合されています。 ニキビの原因となる細菌 「アクネ菌」にも効果が期待できるので、ニキビによる新しい黒ずみの発生の予防は可能かもしれません。 おしりの黒ずみをオロナイン以外の方法で解消する方法を比較! 方法 効果期待度 手軽さ 1ヶ月のだいたいのコスト おすすめ度 クリーム 1ヶ月約5千円程度 レーザー治療 1回約1~2万円 ジャムウ石鹸 約2千円~3千円 ピーリング 1回約1万円~2万円 スクラブ 約3百円~2千円 ハイドロキノン 約5千円~1万円 オロナインにおしりの黒ずみの解消は期待できないとなると、どのような方法が良いのでしょうか? おしりの黒ずみ解消方法と、効果の期待度・だいたいの価格などを比較してみました! 美白クリーム以外にも家庭で手軽に出来る方法としては、石鹸やスクラブを使う方法がありますが、接触時間が短かかったり逆に刺激となって黒ずみの原因となってしまうのであまりおすすめできません。 美容皮膚科でのレーザー治療は、費用は高いですが比較的短期間に安全に黒ずみの解消が期待できます! ピーリングやハイドロキノンといった塗り薬の使用は、比較的多く使われる方法ですが、敏感肌などの人に一定数肌に合わない人がいることが知られており、 逆に黒ずみの悪化の恐れがあるのでおすすめできません。 とりあえずは、手軽に始められるクリームでのケアがおすすめです!.

次の

おしり歩きで黒ずみができてヤバイ!おしりの黒ずみを治す対策〜クリームで解消

おしりの黒ずみ解消

原因を取り除かずに幾らおしりの対処をしても、後から同じ症状に悩むことになってしまいます。 基本的な原因は、 外部からの刺激や圧力がおしりにかかることです。 その中でもおしりにニキビができたり、おしりに炎症が発生したことに気が付かずに放置しておくとニキビや炎症自体は治っても、その後おしりに色素沈着してしまい、黒くなってしまいます。 また、 乾燥や摩擦などの刺激によって角質が厚くなる過角化という症状がおしりに起こります。 例えばサイズが合わない肌着をおしりに身につけていると、その肌着によって締め付けられ、肌着と肌が摩擦を起こすので、肌着が締め付けられている部分に過角化が起こります。 過角化が起こると、おしりに 色素沈着が起こり、皮膚が黒くなります。 全体的におしりが黒ずんでいる場合には、 長時間座っていることが原因です。 長時間座っていると、その間上半身の圧力が座面に加わり続けるため、正常な新陳代謝が行われなくなるため、おしりが全体的に黒ずんできます。 黒ずみ・ざらつきなどのお尻トラブルや解消法について お尻は他人に見られる機会もそうそうないかもしれませんが、30代以降の女性は特に黒ずみやざらつきなどの肌トラブルが気になる人が多いようですし、20代でも悩んでいる女性が多いようですから、そういった肌トラブルの良い解消法を知りたい女性は多いでしょう。 お尻の肌トラブルは圧迫・摩擦や衛生状態などが主な原因となりますが、そもそもお尻は新陳代謝が停滞しやすい体の部位であるため、肌の角質が厚くなってしまう角質肥厚を引き起こしやすく、ザラザラした肌触りになってしまいやすいのです。 また汗や生理用品であったり下着や衣服の影響でムレも起こしやすく、衛生状態が悪くなりやすい部分でもあるのでニキビもできやすい部位ですから、新陳代謝が滞りやすい影響でニキビ跡も残りやすく、ボツボツ・ブツブツとした見た目が悪いお尻になってしまう可能性があります。 さらにパソコンに長時間向かう座り仕事が多いと椅子との間で摩擦が生じやすく、肌がダメージを受ける事でニキビが炎症性のニキビに悪化して色素沈着を起こし黒ずみにつながります。 こういったお尻の肌トラブルの解消法についてですが、まず下着や衣服選びにおいてムレる環境を作りやすい通気性の悪いものは避けて、綿や綿などの通気性が良く肌触りの優しい素材が使われているものを選びましょう。 下着や衣服だけではなく毎日清潔さを保つ事がもちろん重要ですから、汗をかいたり汚れたりしたらこまめに下着や衣服を取り替えた方が良いでしょう。 ただお風呂で洗う時はざらつきやニキビ、黒ずみなどにつながるので摩擦を起こすゴシゴシ洗いは絶対に避けるようにしましょう。 洗う時は石鹸をよく泡立てて泡で洗う感覚で行うのが効果的です。 長時間のデスクワークなど座り続ける仕事の人であれば黒ずみにもつながるので、普段から気を付けたいのはなるべく肌に負担のかけない座り方を心がける事です。 できるだけ深く椅子に腰かけるようして脚をまっすぐ伸ばして正しい姿勢で座る事が大切です。 ただ同じ姿勢を続けると圧迫している状態が続くので、時間が空いたら脚を伸ばすなどのストレッチを行うのが理想的です。 こういった点に普段から注意するのが肌トラブルの改善・予防につながりますが、保湿ケアも非常に効果的なので入浴後に専用のジェルクリームを塗ってケアを行うというのも良いでしょう。 また加齢による筋力の衰えも肌トラブルにつながるのでストレッチや運動で筋力を強化するのも有効です。 他にもザラザラとした肌でざらつきが気になるという人であれば、ピーリング剤や顔用のスクラブ剤で古くなった角質を落として、肌の新陳代謝を高めるのも効果的になります。 ただピーリングやスクラブ剤を使った後は少なからず肌にダメージがあるので保湿ケアはしっかり行うようにしましょう。 他にも対策としては自宅で改善に取り組むよりも費用がかかりますが、お尻の肌トラブル専用のエステを行っているサロンであったり、クリニックでの治療を受けるのも有効な解消法です。 ニキビができた場合には先ずおしりのニキビを治療することです。 この時、痕が残るとその部分に色素沈着が起こりますので、潰したりせず市販の治療薬を使ったり、 皮膚科を受診して治療してもらいます。 おしりに炎症がある場合には、素人が市販薬を使用して治療するとさらにひどい状態になる恐れがあります。 炎症の原因が分からないからです。 そのため、皮膚科を受診した方が無難です。 肌着のサイズが合わずにおしりが締め付けられている場合の対策は、何よりも先ず 適正なサイズの肌着を着用することです。 但し、それだけではすでにダメージを受けた肌への対処としては不十分です。 ダメージを受けたおしりの肌を回復させるためには乾燥が大敵なので、 保湿クリームを使用して肌を保湿することです。 長時間座っていることでおしりが全体的に黒くなっている場合、仕事で長時間のデスクワークが避けられない場合には、 クッションを用いて圧力の分散をするとともに、おしりの十分な保湿を心がけることが対処法となります。 おしりの黒ずみの主な原因は、下着や洋服などによる摩擦や、座っている時にかかる圧による摩擦。 下着はナイロン製のものを多く身に付けるとこの摩擦による黒ずみは悪化します。 こういった、摩擦による黒ずみやザラつきは 「摩擦黒皮症」というそうです。 これは、肌の深い部分でシミができてしまっているので、色素が定着しています。 そのため、この黒ずみを改善するのにはかなり時間がかかってしまうんです。 それでも、自分でケアしたい場合は、肌の深い部分に出来ているシミ(黒ずみ)を改善する 美白美容液をしっかり浸透させる必要があります。 そのため、ターンオーバーがうまくいかず肌表面に残ってしまっている古い角質を優しく取り除いてあげる必要があります。 酵素石鹸や、ふき取り化粧水などの 角質ケア製品を用いて優しく丁寧にケアします。 その後は、肌が固くなってしまっている黒ずみ部分にしっかり化粧水などで保湿して、美白美容液を塗ってあげます。 あとは、それらがしっかり保護される様なクリームを塗って整えてあげる事がおススメです。 また、この頑固な黒ずみを早急に直したい時は、美容皮膚科などで黒ずみ専用のレーザー治療と、医師が処方する美白クリームなどと合わせての治療がおススメです。 また、クリニックで行うケミカルピーリング(古い角質のケア)などの治療法もある様です。 お尻の黒ずみも、仲の良い友人にも話しにくい内容です。 黒ずんだ状態だと、ヒップの肌は汚く見えてしまいます。 夏になれば水着も着用しますし、完全にヒップラインが隠れるわけではありませんから、肌に黒ずんだ状態があると、思い切り水着や海も楽しむことができません。 そんなヒップの悩みは、皮膚科などの肌の専門家に相談して、解決へと導きましょう。 そもそもヒップラインの肌が黒ずんでしまうのは、それなりに原因があるわけです。 皮膚は外部よりの刺激により、防御反応を発動させてメラニン色素生成を活発に行います。 ヒップは常に、衣類に包まれていますし、座ったり横になったりして、外部刺激を盛んに受けるパーツでもあります。 椅子に座れば圧力で刺激がありますし、下着や衣類によっても摩擦は起こります。 そんな柔らかい刺激であっても、肌にとっては色素沈着となる要因になりやすいです。 それに、肌の乾燥も良くはありません。 顔の肌とは違い、ヒップラインは保湿などのケアは怠りがちです。 水分が少ないと、肌は厚くなり固さも出てきて黒っぽくなります。 しかし、こうしたお尻の黒ずみは、医療機関での治療をしていくことにより、徐々に改善に向かわせることができます。 美容皮膚科などでは、ヒップラインのケミカルピーリングによる、肌質の改善の治療を受けることができます。 顔のピーリングはよく聞くケアですが、ヒップラインは知らなかった人もいるかもしれません。 美容クリニックでは顔の肌だけではなく、ボディに関しても必要に応じて、ケミカルピーリングのケアを行っています。 専用の酸の力を用いて、ヒップラインの肌の、古い角質もなくしていきます。 皮膚の細胞は新陳代謝が良くなり、くすみとかざらつきもなくなっていきます。 美容クリニックでのケミカルピーリングと一緒に、美白クリームでのケアなども併用で、相乗効果を狙うことができます。 美容クリニックでは、美容医療のマシンも充実していますから、ヒップの肌への光やレーザーによる施術も可能です。 レーザーや光を気になるヒップの肌に照射することにより、多すぎるメラニン色素を見事に破壊していきます。 レーザーや光の照射の施術を受けたあとは、皮膚はいつもよりも乾燥しやすくなります。 そのため、自宅に帰ったらヒップの肌の保湿もしっかりと行いましょう。 保湿効果が高いものと、ホワイトニング成分を含む、ローションやボディケアアイテムを使用すると、より美白の効果は高まることになります。 美容クリニックでは、自宅で使用できるピーリング石鹸も販売しているので、それを購入してホームケアで使用していくのも良いでしょう。 内側からもサポートするものとして、クリニックでホワイトニング効果を促す、内服薬を処方してもらうのも良い手段です。 ビタミンCやビタミンEなどは、抗酸化作用も強いです。 投稿ナビゲーション.

次の

ピーリングでおしりの黒ずみは解消できる?種類と成分から解説

おしりの黒ずみ解消

ピーリングでおしりの黒ずみは解消できる?種類と成分から解説 ピーリングでおしりの黒ずみは解消できる?種類と成分から解説 2019. 10 ピーリングを使えば古い角質を取り除くことができるので、おしりの黒ずみがキレイになるのではと考えてはいませんか? しかし、ピーリングは肌に刺激になることがあるため、ピーリングを繰り返すたびに肌が硬くなる危険性や、肌が弱い方はかぶれや荒れる原因となることもあるため 逆効果の場合があります。 おしりの黒ずみを治す方法については「」で詳しくまとめているので合わせて確認してみて下さい。 なぜピーリングでおしりの黒ずみを解消することができないのか、掘り下げて詳しく見てみましょう。 ピーリングでおしりの黒ずみは消える? ピーリングとは、皮膚表面にある古い角質をこすり取ることで表皮細胞の新陳代謝を促す効果のある美容法です。 おしりの黒ずみができたばかりの状態であればピーリングによって解消できる可能性はありますが、基本的におしりの黒ずみは肌の奥に色素沈着を起こした状態なので、ピーリングで肌表面の古い角質をこすり取っても根本的な解決をすることができない場合が多いです。 ピーリングは成分の効果を活かして、古い角質の除去を行うことで、ターンオーバーの乱れを正常にするのを目的として使用されます。 ピーリングの種類 一言でピーリングと言ってもさまざまな種類があります。 自宅でできるホームピーリングには、石けんタイプ、洗顔料タイプ、化粧水、美容液などがあります。 これらは主に、毛穴ケアや角質ケアの目的で使用されるのですが、医薬品でないモノが多いため皮膚が弱い方が使用することで肌を傷つけてしまったり、場合によっては炎症をおこしてしまったりすることがあります。 また、 病院やクリニックで受けるピーリングには、シミや黒ずみ、肌荒れなどの肌トラブルに効果的なモノがあります。 ケミカルピーリング• レーザーピーリング 病院やクリニックで行う黒ずみ解消法については「」で詳しくまとめてあります。 自分に適した治療法はどれなのか、参考にしてみてくださいね。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングとは薬剤ピーリングとも呼ばれ、フルーツ酸などのピーリング剤を使用して皮膚表面や毛穴部分の角質を剥離させるピーリングです。 ケミカルピーリングの薬剤には、グリコール酸や乳酸、サリチル酸マクロゴールなどが使われています。 これらには、古い角質を溶かして表皮細胞を活性化させて新陳代謝を整える効果やコラーゲン、エラスチンの生成促進効果で肌にハリや弾力を与えてくれます。 また、しみ、くすみ、色素沈着、肌の色むらを改善してキメ細かい肌へと導く効果が期待できます。 ケミカルピーリングは基本的に2~4週間に1回のペースで行い、5~6回ほど治療を行います。 1回あたりの料金は、病院やクリニックによってことなりますが5,000円前後となっています。 レーザーピーリング レーザーピーリングの機器は病院やクリニックによってさまざまですが、基本的に毛穴の開き、シミ、肌のキメやハリなどに効果があります。 レーザーピーリングの効果の仕組みは、レーザーを照射することによってコラーゲンを生成させる効果を高めて肌のさまざまなトラブルを改善させます。 治療時間は15分程で、2~4週間おきに5回ほど施術を行います。 費用は部位や病院によってことなりますが、1回あたり10,000円前後となっています。 ピーリングはおしりの黒ずみケアに向いている? 自宅で行うホームピーリングは、成分や効果をみてもおしりの黒ずみ解消は期待できません。 しかし、病院やクリニックでおこなうピーリング治療は肌の奥に浸透してしまった色素沈着を取り除く効果が期待できるのでおしりの黒ずみを解消することができると言えます。 定期的に通う必要やトータル的に費用が高額になってしまう可能性はありますが、とても有効な黒ずみ解消法の1つと言えます。 しかし、そこまで費用をかけなくても「」で説明しているようにおしりの黒ずみは治すことができます。

次の