ペグ フィル グラス チム。 フィルグラスチム(遺伝子組換え)キットの薬価比較(先発薬・後発薬・メーカー・剤形による違い)

頭頸部癌化学療法におけるペグフィルグラスチムの使用経験

ペグ フィル グラス チム

目次(クリック可)• 白血球(好中球)の役割と分化 通常、生体は 白血球(リンパ球、顆粒球)等によって 免疫機能が保たれています。 従って、少しの菌やウイルスに接触しても体調を崩すことはありません。 白血球の中でも特に「 好中球」は血中の割合が多く、 免疫機能の中心を担っています。 このように免疫機能を担っている白血球、そして赤血球や血小板等の血球成分は「 骨髄」に存在している「 造血幹細胞」から作られています。 造血幹細胞は様々な刺激や因子を受けて、各血球成分へと成長します。 がん化学療法と骨髄抑制 がん患者さんが抗がん剤治療(がん化学療法)を受けている場合、抗がん剤は様々な臓器を障害してしまいます(副作用の発現)。 障害を受けてしまいやすい臓器としては、以下のような体内で 活発に増殖する細胞が多い臓器です。 髪の毛• 粘膜 このうち、骨髄が障害されてしまい、その機能が低下することを「 骨髄抑制」と呼んでいます。 骨髄の機能が低下すると、白血球の中でも特に免疫に重要な「 好中球」の産生量が減ってしまい、免疫力が低下してしまいます。 免疫力が低下することで 感染症にかかりやすくなってしまい、重症化してしまうこともあるため注意が必要となります。 発熱性好中球減少症とは 抗がん剤の骨髄抑制によって、 好中球が著しく低下し、かつ 発熱が持続して感染症が疑われる状態を「 発熱性好中球減少症」と呼んでいます。 放置してしまうと 重篤な感染症、 敗血症等を引き起こし死に至る可能性もあるため、「 好中球」を増加させるための迅速な処置が必要となります。 従って、発熱性好中球減少症は発現させないように「 予防」することが非常に重要です! 今回ご紹介するジーラスタは、 発熱性好中球減少症のリスクが高い抗がん剤を使用する際、その発現を 予防する目的で使用できる薬剤です。 ジーラスタ皮下注の特徴と類薬との違い 同じくG-CSF製剤の類薬としては、以下があります。 グラン(一般名:フィルグラスチム)• ノイトロジン(一般名:レノグラスチム)• ノイアップ(一般名:ナルトグラスチム) これらのG-CSF製剤は発熱性好中球減少症等の「 治療目的」で使用することができますが、「 予防目的」で 使用することはできません。 ジーラスタは初めて「 予防目的」で使用できるG-CSF製剤です。 また、ジーラスタは有効成分のフィルグラスチムを「 PEG(ペグ)化」している製剤です。 タンパク質をペグ化すると、 体内での分解が抑制されたり体外への排泄が減少することで、半減期が延長し、血液中でより長期間残存するため、医薬品の 作用時間を延長することが可能になります! ジーラスタ皮下注の副作用 主な副作用としてLDH上昇、背部痛、発熱、関節痛、倦怠感、筋肉痛、などが報告されています。 あとがき 発熱性好中球減少症を予防できることから、好中球減少症による感染症発症リスクを低減し、化学療法の投与量やスケジュール遵守が可能となるといった、医療上のメリットも期待されています。

次の

医療用医薬品 : ジーラスタ

ペグ フィル グラス チム

7mL1筒 先発 13752. 6mL1筒 先発 8609. 7mL1筒 後発 8609. 7mL1筒 後発 8609. 7mL1筒 後発 8609. 7mL1筒 後発 6898. 3mL1筒 先発 5414. 6mL1筒 後発 5414. 6mL1筒 後発 5414. 6mL1筒 後発 5414. 6mL1筒 後発 3386. 3mL1筒 後発 3386. 3mL1筒 後発 3386. 3mL1筒 後発 3386. 3mL1筒 後発 このページに掲載される薬剤に関する情報は、データインデックス株式会社の協力により提供しています。

次の

薬物動態・薬効薬理

ペグ フィル グラス チム

ジーラスタ(ペグフィルグラスチム)の作用機序:好中球減少症治療薬 現在、日本でがんは死因の一位です。 しかし、その治療は困難を極め、薬を投与するにしても副作用の強い医薬品が使用されます。 特に、抗がん剤の投与による副作用として、好中球減少症と呼ばれるものがあります。 好中球は白血球の一種であり、これが減ってしまうと感染症に罹りやすくなります。 そのため、重症の好中球減少症であると、肺炎や敗血症を頻発します。 そこで、抗がん剤による好中球減少症を治療するため、 ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)が使用されます。 ペグフィルグラスチムはG-CSF製剤と呼ばれる種類の薬になります。 ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)の作用機序 通常、細胞は成長が止まっています。 勝手に細胞分裂が行われると、臓器の肥大化などを引き起こして機能不全に陥るからです。 そのため、傷を負ったときなど、適切な場面でなければ細胞は増殖しません。 しかし、正常な細胞とは異なり、がん細胞は無秩序な増殖を繰り返します。 そのため、一般的に「がん細胞の増殖は速い」といわれています。 がん細胞にはこのような特徴があるため、 抗がん剤の基本的な性質としては「増殖速度の速い細胞をターゲットにする」ことがあります。 しかし、これでは副作用の問題も発生します。 正常細胞の中には、白血球など増殖速度の比較的速い細胞も存在するからです。 つまり、好中球などの白血球は抗がん剤の影響を受けやすいです。 そのため、薬の投与によって好中球の数が減少していきます。 これが、好中球減少症の副作用が発生する理由です。 このような場合、外から刺激を与えることで好中球を増やせば良いことが分かります。 そのために重要な因子として、 G-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)があります。 G-CSFが放出されると、これが合図となって好中球が作られるようになります。 そこで、薬として外からG-CSFを投与すれば、減少した好中球を増加させることができます。 このような考えにより、抗がん剤の投与によって減ってしまった好中球を回復させ、好中球減少症を治療する薬がペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)です。 ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)の特徴 遺伝子組み換え技術によって、G-CSFを生成することができます。 ただ、このとき作られるG-CSF製剤を投与すると、すぐに分解されてしまうので1日1回の投与が必要です。 例えば、既存のG-CSF製剤としてフィルグラスチム(商品名:グラン)が知られています。 この製品は、前述の通り1日1回の投与です。 そこで、 G-CSF製剤に対して、ポリエチレングリコール(PEG)を付加させた製品の創出を行いました。 これが、ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)です。 フィルグラスチム(商品名:グラン)では投与回数が多く、連日投与が必要だったのに対して、ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)では化学療法1サイクルのうち1回の投与ですみます。 抗がん剤は副作用が強いので連続投与をせず、休薬期間を設けます。 抗がん剤を投与している期間は好中球減少症の副作用が表れやすいので、そのときにペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)を1回だけ投与するのです。 皮下投与による半減期(薬の濃度が半分になる時間)を調べたところ、フィルグラスチム(商品名:グラン)は2. 15時間でした。 それに対して、ペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)は50時間程度にまで延長されています。 このような特徴により、G-CSFを加工することで半減期を長くし、薬の投与回数を減少させた好中球減少症治療薬がペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ)です。

次の