約束 の ネバーランド 166。 約束のネバーランド【第166話】ゴーバックホームのネタバレ!GF農園へ突入!|漫画市民

約束のネバーランド・166話「ゴーバックホーム」のネタバレ・感想

約束 の ネバーランド 166

約束のネバーランド【第166話】のネタバレ 侵入者を報せる警報が鳴り響くGFハウス。 しかし動力室に侵入され、停電を起こされようとも、そのことを予期していたのかピーター・ラートリーらは慌てる様子を見せないでいました。 冷静に予備電源に切り替え、ピーター・ラートリーたちはエマたち侵入者を迎え撃つのでした。 GF侵入の作戦を立てるエマたち 3日前 11月10日 エマたちはGFの見取り図を見ながら作戦を立てていました。 まるで蟻塚のように地下に伸びたGFの中で、レイは人質を匿うならおそらくここだろうと、地下2階の第2備品庫を指差します。 そんなレイの判断に妥当だろうというような反応を示すヴィンセント。 GFには30~40の常駐の職員の鬼がいるというエマ。 それはミネルヴァが生きていた頃の話だろうと言われながらも、ノーマンはスミーの報告でも似たようなものであり、妥当な数だと判断します。 とはいえ、職員の半数が盗難防止用の警備兵であり、シスターも約100人、さらには王兵2000もいるとノーマンは語るのでした。 侵入当日、森の中から窺ったGFハウスの様子は… 今朝 11月13日 高台の森の中からGFの様子を窺うエマたち。 エマたちの予想通り、ピーター・ラートリーたちは王兵をハウスの外に配置していました。 予定通り3手に分かれて侵入するエマたち。 人質の奪還と安全確保。 捕らわれた仲間たちを救い出すため、エマたちは地下2階の第2備品庫を目指すのでした。 ジリアンたちが子供たちを確保するが… そんなエマたちの侵入を予期していたピーター・ラートリー。 お手並み拝見と、予備電源に切り替えて侵入者を迎え撃とうとします。 しかし予備電源に切り替わるその瞬間を狙って、鬼たちの背後から忍び寄るジリアンとザック。 鬼に気付かれるも閃光弾で目を眩ませ、ジリアンたちは子供たちを連れ出すことに成功するのでした。 子供たちを追おうとする鬼たちを狙撃するオリバー。 子供たちの奪還は成功したかに見えましたが、アンナはジリアンに待ってと声をかけます。 すでに出荷の第1陣として選別されたナットたちが別の場所に移されていたのでした。 そんなイザベラの言葉にナットたちは不安げな表情を見せます。 そんな時、銃声と共に壁が崩れます。 現れたのはエマ、レイ、ノーマン。 3人はジリアンたちとは別動でナットたちの救出に向かっていたのでした。 エマたちの登場に期待に満ちた表情を見せるナットたち。 しかしエマたちの視線の先には、かつてのママ イザベラの姿が映るのでした。 退路を塞いだピーター・ラートリーに対し、エマたちぎ取った行動は… 久方ぶりの対面を果たすエマたち。 それにも気を取られず、レイはナットたちを先導して脱出に移ります。 逃げようとする侵入者を慌てて追おうとする警備兵たち。 そんな警備兵に対してピーター・ラートリーは、慌てることはないと話すと、すでに全ての出口を塞いであることを告げます。 しかしそのこともエマたちの予測の範疇にありました。 ピーター・ラートリーたちが退路を塞ぐことを予期していたエマたちは在庫保管室のドアを開けてその中に立て籠ります。 U-NEXTは31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに無料で読めますよ。 約束のネバーランドを絵付きで読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 ここまで鬼たちから逃げるための戦いが多かったですが、最後の戦いは真っ向勝負といった感じになりそうです。 保管庫を占拠したエマたちですが、何をもってして勝利とするのでしょうか? そのあたりが次回の話の主題になっていきそうです。 次回の展開にも注目したいと思います! 次回、約束のネバーランド【第167話】掲載の週刊少年ジャンプ2020年12号の発売日は2月17日になります! まとめ 以上、約束のネバーランド【第166話】のネタバレ・感想を紹介しました。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の

【約束のネバーランド181話ネタバレ最新話最終回】子供たちとエマが感動の再会を果たす!|ワンピースネタバレ漫画考察

約束 の ネバーランド 166

約束のネバーランド166話ネタバレ最新話の考察や予想 前回165話のあらすじ 前回の約束のネバーランド165話では、グランマ・サラが出荷され、イザベラが自由と引き換えにラートリーと手を組んだいきさつが明かされました。 そして「グランマ・イザベラ」として子供たちのママとなったのですが、明日の夜明けまでに子供たち全員を「摘んでください」とラートリーに言われます。 イザベラは不敵な笑みを浮かべながら了解するのですが、最後にエマ、ノーマン、レイ達が子供達の奪還に現れるところで終わりました。 約束のネバーランド166話の焦点 約束のネバーランド166話以降では、本格的にイザベラとエマ、ノーマン、レイ達の対決が始まると思います。 作中でも最強クラスの頭脳を誇るイザベラは、今回で更に自由への渇望という強力な武器を手に入れました。 生きたいて自由になるという意思は、人間を時に狂気に変えてしまうぐらい強いものですので、最後の敵に相応しい激戦になると思います。 一方のエマたちは自分のママであるイザベラも助けようとするかもしれません。 エマの言う全員助けるは、鬼も人間も含めてという意味です。 当然イザベラにも救いの手を差しのべようとするでしょう。 彼女らの激闘に注目です。 人質をとられてる状況でエマ達はどう戦うのか 現在イザベラたちのもとには、グレイスフィールドの子供達が人質にとられています。 この状況でエマたちが存分に戦うことは難しいかなと思います。 なので、部隊を二つに分けて人質の救出側と、イザベラと戦うか取り引きをする側に分かれるのではと考えています。 自分の予想では救出側はエマとレイが、イザベラと戦うのはノーマンが引き受けると予想します。 理由としては、子供達とより多く過ごしたエマやレイの方が状況を把握しやすいってのと、ノーマンとイザベラはグレイスフィールドでの因縁もあるので、それをここで回収するのかと思います。 どちらにせよ、作中最高クラスの頭脳戦が見られるかと思いますのでとても楽しみです。 ソンジュとムジカたちの処刑の行方は? 今回では王都の状況は描かれませんでした。 処刑を待つソンジュとムジカや、二人の血を飲んでしまった鬼たちの詳細は不明のままです。 今動ける勢力は全員グレイスフィールドに向かっているので、彼らの救出は難しいかと思われます。 こちらの予想としては、邪血を飲んだ鬼の子供達アウラとマウラが兵士たちに訴え、それを受けて兵士たちが過ちに気づくという予想を立てています。 このタイミングで新たに名前を出してきた・・・ということは何かしらの理由があるはずです。 そしてそれは、捕らわれのソンジュとムジカを助けるという役割だと思っています。 以上が来週号166話の考察と予想となります。 クライマックスは近いのでアツい展開になることは間違いないと思われますので、とても楽しみですね。 約束のネバーランド「ネタバレ」166話最新話確定情報 約束のネバーランド「ネタバレ」166話最新話確定情報は入り次第、こちらに掲載いたします! *次週の2月17日発売の週刊少年ジャンプは作者取材のために休載です。 更新をもう少しお待ちください!(2月10日発売予定・週刊少年ジャンプ11号に掲載予定) 約束のネバーランド166話の最新話ネタバレ情報が確定しました! こちらから文字バレです! 前回165話のあらすじ ラートリーにより生かされていた、マザーことイザベラは、グランマとして鬼たちを従え子供たちに牙を剥きます。 出荷や始末といった単語を隠すこともなく子供たちの前で口にし、その狂気を露にしていきます。 ついにグレイスフィールドに侵入するエマたち 敵側の戦力を分析し、どこに子供たちが捕らえられているかの目星をつけたエマたちは、計画を実行に移します。 まず館内を停電にして、その隙に捕らえられている部屋に一気に侵入します。 情報によると鬼たちだけでも30~40体、その他にママたちがおよそ100人ほどに加えて王国の兵士2000人がグレイスフィールドを取り囲んでいます。 正面突破ではなく、敢えて撹乱作戦を選んだのもこれらの戦力との戦闘を避けるためでした。 子供たちの部屋に到着 撹乱作戦を成功させ、子供たちが捕らえられている部屋に侵入したザックとオリバー。 エマたちは3つに別れてそれぞれが別の作戦を担当していました。 ザックたちが鬼と戦闘してる間に、備品庫の警備をしていた鬼たちをドンとギルダが撃破し、エマ、ノーマン、レイは更に別に行動していました。 ザックたちは鬼たちを倒し子供たちを連れ出そうとしますが、そこにはナットたちがいなかったのです。 エマたちの作戦 エマたちは子供たちを連れて備品庫に急いでいます。 途中イザベラと遭遇し、お互いににらみ合いになりましたが、エマたちはすぐに走りだします。 その様子を見ていたラートリーは、落ち着いた様子でこのままでいいと言います。 彼らは侵入したのではなく、侵入されられたのだと続け、この中で彼らを終わらせると用意周到に策を張り巡らせています。 そして備品庫にたどり着いたエマたちは、扉をガッチリとロックし、今からこのグレイスフィールドを占拠すると宣言し今回は終わりとなります。 エマたちは敢えて正面突破や戦力を集中するのを避けて、撹乱作戦を選んで人質の救出に成功します。 一方ラートリーたちも、まだなにか策を持っているようで来週からも目が離せません。

次の

約束のネバーランド【第166話】ゴーバックホームのネタバレ!GF農園へ突入!|漫画市民

約束 の ネバーランド 166

この時のママは 「商品を守れず、第三プラントを焼失してしまう」という失態を犯した直後だ。 そしてママはどうやら今の状態を 「やっとママを辞められる」みたいな感じで捉えていたっぽい感じ。 このことから、ママは本心では 「子供たちを出荷するような日々」に抵抗を感じているものと考えられる。 約束のネバーランド165話より引用 ママの本心を表す表情! で、この様子に対してピーターラートリーがかけた言葉は以下。 死は救いでも何でもない。 もしママがピーターラートリーの力になるなら、彼女のことを自由にする。 これが今回行われた、2人の間にある取引だったようだ。 約束のネバーランド165話より引用 ピーターラートリーの言葉が意味深! ただ上記のカットはピーター・ラートリーのほうに主導権があるようにみえて、選択権はママのほうにあることを理解しておきたい。 ママは 「絶望」の中に身を置いており 「何をやっても結局地獄」といった精神状態にあるはず。 であればピーターラートリーとの取引に乗ろうが乗るまいが、ママ的にはどっちにしても…という考えに至ることも考えられるだろう。 チラつかされた希望に抗えるかどうかが、ひとつの鍵となってくるね! 【スポンサーリンク】 決戦、GFでのやりとり! で、次に確認してみたいのは以下のカット。 ママの表情がかなり神妙だよね。 ナットの折れた指を逆にへし折って元の位置に戻すなど、ありえないサイコパスぶりを見せる彼女。 しかしそれもこれもラートリーを欺くためだったとしたら…。 彼女個人の心理状態を考えると(ナットには悪いけど)そういうルートが見え隠れしているような気がするかな。 もちろんママがこのまま敵として立ちふさがる流れも視野からは外さずに読んでいきたいけれども! 約束のネバーランド165話より引用 ママの表情から何を汲み取るべきか? で、今回のラストは以下のカット一連の流れで終了。 こっちにはエマ・レイ・ノーマンが武器を備えて到着することになった。 完全に多勢に無勢ではあるもの、最高レベルの頭脳を持つ3人が結集している今。 かつて最強の敵として立ちふさがってきたママとの第二回戦が、長い時を経て再び始まろうとしている! 約束のネバーランド165話より引用 ママとの第二回戦が、長い時を経て再び始まろうとしている! ここから注目すべきなのは主に以下の2点。

次の