成田 凌 ガキ 使。 天才ふたりが建築論を激しく交わす! 「ル・コルビュジエとアイリーン」本編映像 : 映画ニュース

全力!脱力タイムズ 2019年11月22日 動画 720 HD

成田 凌 ガキ 使

昨年は映画『愛がなんだ』、『人間失格 太宰治と3人の女たち』、『さよならくちびる』、そして初の主演映画『カツベン!』など幅広い作品で圧倒的な存在感を放った成田凌。 最新出演作『弥生、三月 -君を愛した30年-』では、波瑠演じる主人公の弥生を自身の人生をかけて支える山田太郎(サンタ)を演じている。 本作で新たな魅力を見せた成田に、遊川和彦監督の現場で感じたことや10代から50代まで演じた役柄について、また同世代の役者に対する意識などを聞いた。 【撮り下ろし】成田凌、映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』フォトギャラリー• 本作の弥生も正義感の強い女性なので、今回改めてそう感じました。 太郎役のオーディションを受けた時には「カッコイイ男がカッコいい芝居をするのは俺は好きじゃない」ともおっしゃっていて。 出演が決まってからはこの言葉を頭の片隅に置いていましたし、監督は太郎にご自身を投影させているんじゃないかなと思いながら演じていました。 役者は台本をもらって初めてイメージするので、既に画が浮かんでいる監督との擦り合わせはとても新鮮に感じました。 特に監督の理想が詰まっている弥生を演じた波瑠さんは僕よりも苦労されたんじゃないかなと思います。 明るく振る舞えるのって気遣いや優しさを持ってるからだと思うし、色んなところにアンテナを張っていたりもすると思うんです。 心のセンサーが敏感だからこそメンタルにくることもあって、落ちるときは落ちてしまう。 そんなことを意識しながら演じていました。 成田凌 ほんとですか!(笑)。 そういえば僕、出演作の8割ぐらい劇中でビンタされてるんです(笑)。 弥生を30年間思い続けた太郎の気持ちはどのように作っていかれたのでしょうか? 成田凌 知らず知らずのうちに太郎の中で積み重なっていったんじゃないかなって。 最近、高校時代の友達が、幼稚園の頃から好きだった女の子のことを20年以上思い続けていて、何回も告白した結果ようやく付き合うことになったと報告してくれたんです。 成田凌 はい。 僕もそこは凄く理解できました。 人ってそんなにガラッと変わらないので。 だから割と自然に太郎の気持ちを作れたような気がします。 成田凌 僕の父親がいま50過ぎぐらいの年齢なんですけど、めちゃくちゃ元気で若々しいんです。 一日で2回もサッカーの試合に出たり(笑)。 たまにあちこち痛いとか言ったりもしますけど、凄く元気な姿を見ているので50歳の役だからどうのというのは無かったです。 それよりも、太郎がどんな経験をしてきて、その経験によってどうなったのか、そういった劇中には映し出されていない時間のことを凄く考えました。 様々な経験の積み重ねをしっかりと頭に入れつつもシンプルに演じて、そんな中で太郎を演じる軸ができていったように思います。 10代から芸能活動をされている方も多い中で成田さんは成人してから芸能界デビューされていますが、キャリアの長い同世代の役者の方々は成田さんにとってどのような存在なのでしょうか? 成田凌 キャリア関係なくそれぞれの良さがあって、個人のスタイルもどんどん構築されていっていると思うので、僕ら世代の役者達でこの先面白いことができたらいいなと。 仲良しこよしをするつもりもないし、蹴落としたいという気持ちもないので、おじいちゃんになるまでみんなが役者を続けていられたらいいなと思っています。 黙って聞いていたら「話さないの?」と坂口くんに言われて。 彼は先に帰る予定だったので、「これ飲んだら帰るけどいいの?」って。 同世代の役者さんから刺激を受けることは? 成田凌 僕が言うのもおこがましいですが、みんな凄く良いお芝居をされるので、どんな作品に出演しているのかは気になります。 僕より若い役者さんもみんなお芝居が上手ですし。 あと、最近は先輩の俳優さんから刺激を受けることが多くて、安田顕さんや勝村政信さんのお芝居が凄く面白いんです。 勝村さんに「こういうのをやりたいんですけどどう思いますか?」と相談すると「とりあえず全部やってみたほうがいいよ」とアドバイスしてくださったり。 凄く楽しくて勉強になります。 反響はいかがでしたか? 成田凌 出演したどの作品よりも『ガキ使』の感想を沢山頂きます(笑)。 やはり人気の番組ですから反響も大きくて、放送後にインスタのフォロワー数がめっちゃ増えました(笑)。 『カツベン!』のプロモーションで久しぶりにバラエティ番組に出させて頂いたんですけど、昔からバラエティ番組が好きだったからこそ気合いも入りますし、どちらかというとお芝居よりもバラエティでの自分のパフォーマンスに反省したりすることも多いです。 それでも少しでも番組に貢献できたらいいなと思っているので、出過ぎだと思われないように気をつけながら今後も挑戦したいです(笑)。 池井戸潤先生の作品に登場するような、地に足の着いた正義の味方を演じられたらなと。 そのためには説得力を持たせられるような役者になってないといけないので、そこを目指して頑張りたいと思います。 (インタビュー・文:奥村百恵 / 写真:逢坂聡) Information 映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』 2020 年3 月20 日(金・祝)全国東宝系公開• 高校時代に親友(杉咲花)を病気で亡くした、弥生(波瑠)と太郎(成田凌)は、お互いの想いを秘めたまま別々の人生を歩んで行く。 子供の頃に描いた夢に挑み、結婚相手を見付け子供が産まれ…。 しかし人生は順風満帆では無く、離婚を経験し、災害に巻き込まれ、配偶者を無くし、子供の頃に抱いていた夢は断たれてしまう。 激動の30年。 「3 月の31 日間」だけを切り取った誰も観たことのないラブストーリー。 脚本・監督:遊川和彦 出演:波瑠、成田凌、杉咲花、岡田健史、小澤征悦/黒木瞳 製作:電通、東宝 配給:東宝 (C)2020「弥生、三月」製作委員会.

次の

成田凌、俳優人生で8割がビンタされる役「“成田凌”は関係者からどう見られてるんだろう」

成田 凌 ガキ 使

成田凌インスタグラムより 目覚ましい活躍が続く俳優・成田凌。 そのうち2作での演技が評価されたことで、日本アカデミー賞 新人俳優賞やTAMA映画賞の最優秀新進男優賞を受賞した。 また、活動弁士を目指す若者を描いた周防正行監督の映画『カツベン!』では主役として三枚目路線の新たな魅力を放ち、『スマホを落としただけなのに』(18年)と、公開間近の続編『スマホを落としただけなのに 囚われた殺人鬼』では狂気を存分に見せている。 かと思えば、『おしゃれイズム』 日本テレビ系 、『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)、『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)などのバラエティにも積極的に出演。 「過度な潔癖症」「兄が自分を溺愛しすぎている」「自宅では冬でも全裸」などなど、意外な素顔をあっけらかんと公開。 さらに『ガキの使い! 絶対笑ってはいけない 青春ハイスクール24時! 』(日本テレビ系)では「地獄の脱出ゲーム」に助っ人として登場し、罰ゲームをやってのけるなど、お茶の間の好感度も上昇中だ。 ネット上では、これらのバラエティでの活躍に対して「成田凌くんてミステリアスなイメージやったけど、表情豊かでノリが良い、楽しい人なんやなぁ」「めっちゃ面白かった! 顔もよかった!!!笑」「ガキ使の成田凌可愛すぎ~~~~!!!」など絶賛の声が多数上がっている。 しかし、そんな上昇気流に乗っている彼の業界内の評判は、実はすこぶる悪い。 以前から「性格が悪い」「態度がデカい」といった悪評がたびたび聞こえていたが、活躍ぶりを見るにつけ、円くなったのだろうと思われてきた。 だが、いまだに、というか、ますます態度が悪化していると、あるテレビ雑誌編集者は言う。

次の

ガキの使い/未公開/2020見逃し配信/完全版/2019年1月4日放送/無料視聴まとめ|VOD劇場

成田 凌 ガキ 使

All rights reserved. [映画. com ニュース] 近代建築の巨匠ル・コルビュジエと、史上最高額で落札された椅子を手掛けたことでも知られるデザイナーで建築家のアイリーン・グレイという2人の建築家の人生に隠されたドラマ描いた映画「」。 ル・コルビュジエの誕生日である本日10月6日に、2人が互いの建築論について意見を交わす場面の本編映像が公開された。 映像は、画家のと、そして、ル・コルビュジエも同席する庭園で、アイリーンが当時の恋人であり建築評論家のジャン・バドヴィッチに「E. 1027」を建てる最適の場所を見つけたと報告するシーンだ。 互いの建築論を貫こうとする二人の強い誇りと意志を感じさせる映像だ。 1920年代、気鋭の家具デザイナー、アイリーン・グレイは自身の別荘「E. 1027」を南仏の海辺に完成させる。 彼女の建築デビュー作であるその別荘は、のちに建築史に残る傑作と称されることとなるが、長い間、コルビュジエの作とされていた。 その事実の裏には、光り輝く才能を発揮するアイリーンに対する、コルビュジエの嫉妬と欲望が絡まりあう、愛憎のドラマが隠されていた。 、、らが出演。 「」は、10月14日Bunkamuraル・シネマほか、全国順次公開。

次の