ぎゅう すね シチュー。 【みんなが作ってる】 牛すね シチューのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

「美味しい牛すじビーフシチューのレシピ」

ぎゅう すね シチュー

ブロッコリーは、小房に分けて食べやすい大きさにしてから、3分ほど色よくゆでる。 トマトは湯むき(メモ1)して横に切って種を取り、2cm角に切る。 セロリはすじを取り、5cm長さ幅7? 8mmの拍子木切りにする。 2 牛すね肉は少し大きめに切り、焼く直前に下味をつける。 3 フライパンを温めて油とバターを溶かし、すね肉の両面を強火でこんがりと焼き色がつくまで焼き(A、メモ2)、取り出して煮込み鍋に入れる。 同じフライパンにたまねぎを入れ、きつね色に色づくまでいため同じ煮込み鍋に加える。 4 3)に赤ワインを加え、3カップの湯(分量外)を注ぎ、ローリエを入れ、フォンドボーを(固形の場合はくずして)加え、最初は強火で煮立ったら火を弱めてアクを取る(アク取りシートを利用すると便利)(B、メモ3)。 5 弱火で60分煮る。 トマト、トマトの水煮、セロリ、を加え、さらに30分コトコトと煮込む(C、メモ4)。 水煮缶のトマトが、煮崩れてとろりとなるのが目安。 6 ブロッコリーを加え、塩・こしょうで味を調え、ひと煮立ちさせる。 ソースがおいしいので、たっぷりとかけてすすめる。 A:肉の表面を焼きつけ、うま味を封じ込める。 B:アクをていねいに取り除く。 C:火を弱めてコトコトと煮込む。 沸騰した湯にトマトをさっとくぐらせ、すぐに水にとる。 手で、簡単に皮がむける。 また、横に切ることで種を取りやすくなる。 2 肉の表面を焼きつけ、うま味を封じ込める・・・肉は煮込む前に、強火で表面を焼きつける。 こうすることで高温で肉の表面のたんぱく質を凝固させて組織を収縮させ、内部の肉汁が流れ出るのを防ぐ。 3 アクをていねいに取り除く・・・煮立つにつれて浮いてきたアクは、玉じゃくしなどでていねいにすくい取る。 アクを除いておかないと、料理の味やつやを悪くする。 アクがすくいやすいように、火は弱めて。 アク取りシートを使用すると、手間をかけずにアクが取れる。 4 火を弱めてコトコトと煮込む・・・必要以上に強火で煮込むことはなく、かえって煮くずれの原因になったり、水分がたくさん蒸発してしまうことになる。 静かに煮立つくらいの火加減で、じっくり煮込むこと。 5 早く煮込むには圧力鍋が便利・・・圧力鍋は、時間のかかる煮込み料理やかたい素材を早くやわらかくするのに大活躍する調理器具。 圧力鍋は、鍋とふたを密着させて内部を密閉状態にし、蒸気を閉じ込めて圧縮するので、沸騰点を110? また、余熱調理も可能。 時間だけでなく光熱費の節約にも。 事前に必ず取扱説明書をよく読んで使うこと。 6 「牛すねのトマトシチュー」を圧力鍋で作る場合は、材料を入れた鍋を火にかけ、沸騰してから弱火で30分煮、そのままおく。 20分は開かない。 必ず取扱説明書の指示に従って。 〉 栄養価(1人分) エネルギー 411 kcal たんぱく質 46. 2 g 脂質 17. 8 g 炭水化物 15. 1 g 灰分 4 g ナトリウム 790 mg カリウム 763 mg カルシウム 82 mg マグネシウム 44 mg リン 138 mg 鉄 2. 6 mg ビタミンB1 0. 16 mg ビタミンB2 0. 17 mg ナイアシン 1. 6 mg ビタミンC 55 mg コレステロール 118 mg 食物繊維 4. 4 g 食塩相当量 1. 9 g 注)全て4訂および5訂成分表をもとに算出。

次の

牛すねのトマトシチュー

ぎゅう すね シチュー

牛すね肉の赤ワイン煮を作る。 玉ねぎは縦薄切りに、にんじんは縦2〜4つに切って、横3cm幅に切る。 牛肉は室温にもどして一口大に切る。 厚手の鍋に油大さじ1を熱して牛肉を広げ入れ、上下を返しながら、全体にがつくまで焼く。 一度に入らない場合は、数回に分けて焼いて。 煮汁の材料と玉ねぎを加えてさせ、を除いてふたをし、弱めの中火で約1時間煮る。 にんじんを加えて、再びふたをして弱めの中火で約20分煮る。 肉を焼きつけてから赤ワインを加える• 保存容器に肉とにんじんを汁ごと入れ、冷蔵庫で約1週間保存可。 作り方• 小さい器にバター大さじ2を入れ、室温にもどす。 バターをクリーム状に練り、小麦粉大さじ3を加え、なめらかになるまで混ぜる。 牛すね肉の赤ワイン煮の肉、煮汁、にんじんを鍋に入れ、の水を足して火にかけ、温める。 1を2に加え、鍋底から混ぜながら煮溶かし、約10分煮る。 切り方 皮をむく(1) 上下を落として皮をむく。 皮をむく(2) 残った先端の茶色い部分は包丁でむき取る。 輪切り 玉ねぎの繊維を切る向きに、用途に応じた厚さに切る。 みじん切り(1) 縦半分に切り、切り口を下にして置き、根元を切り離さないよう、根元の手前まで縦に細く切れ目を入れる。 みじん切り(2) 90度回して、へたを左側にし、厚みに何本か薄く切り目を入れる。 右側から細かく切るとみじん切りに。 くし形切り(1) 根元を切らないよう、根を切り落とす。 くし形切り(2) 包丁を繊維に沿って斜めに入れて適当な大きさにする。 薄切り 縦薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして縦に置き、繊維に沿って、端から料理に応じた厚さに切ります 画像のもの。 形が崩れにくいので、料理の中で形を残したいときに。 横薄切りにする場合、縦半分に切って、切り口を下にして横 輪切りと同じ向き に置き、端から料理に応じた厚さに切ります。 サラダなどに使う場合で、早く辛みを抜きたいときは、横に薄切りにして水にさらします。 切り方 輪切り 横にして小口から厚さをそろえて切れば、輪切りに。 厚さは、料理に合わせて調節を。 いちょう切り(1) 作りたい分量の長さに切り、縦四つ割りにします。 いちょう切り(2) 四つ割りにしたうちの2本を、切り口を下にして置き、端から薄切りにします。 厚さを揃えて切ると、火の通りが均一に。 せん切り(1) 皮をむき、斜め薄切りにします。 せん切り(2) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 せん切り(3) 縦薄切りにしてからせん切りにしても。 この場合、4〜5cm長さに切ったら、縦に薄切りにします。 このとき、端を1枚切ったら、その切った面を下にして置くと、安定して切りやすくなります。 せん切り(4) これを少しずつずらして重ね、端から細く切ります。 短冊切り(1) 4〜5cm長さに切ったら、縦に1cm厚さに切ります。 短冊切り(2) 端から薄切りにします。 あられ切り(1) さいの目切り(約1cm角)よりさらに細かく、約5mm角に切る角切り。 4〜5cm長さに切ったら、5mm厚さの薄切りにします。 あられ切り(2) これを5mm角の細切りにしたら、端から5mm幅に切って、立方体にします。 ねじ梅 野菜を花の形に切る「花形切り」の一つで、立体感のある梅の花の形にしたもの。 煮ものなどに。 ねじ梅(1) にんじんは皮をむいてから7〜8mm厚さの輪切りにし、花形の抜き型を使って、抜きます。 ねじ梅(2) 花びらの境目5カ所全部から中心に向かって、包丁の刃元を使って2〜3mm深さの切り込みを入れます。 ねじ梅(3) 花びらの中心から、左側の境目の切れ込みに向かって、包丁の刃元を斜め下向きに進め、薄くそぎ落とします。 これを花びらごとに繰り返します。

次の

大きなすね肉のビーフシチュー 作り方・レシピ

ぎゅう すね シチュー

【ブラウンルー】*つくりやすい分量。 約250gできる。 100gを用いる。 ・小麦粉 カップ2 ・バター 100g 【いためたまねぎ】*つくりやすい分量。 約150gできる。 50gを用いる。 砂糖カップ1を弱めの中火にかけ、混ぜずになべを回して焦がしていく。 濃い茶色になったら熱湯大さじ3を加え、弱火で1分間煮詰める。 冷蔵保存可能。 ・白みそ 大さじ2 ・塩 ・こしょう ・小麦粉 ・サラダ油 ・バター.

次の