動画 編集 稼ぐ。 [動画編集で稼ぐ]最低限必要なスキルはたった4つ

[動画編集で稼ぐ]最低限必要なスキルはたった4つ

動画 編集 稼ぐ

フリーランス・複業・パラレルキャリア専門メディア「」を運営している「こーへい()」です。 会社員とフリーランスの 現役パラレルワーカーの視点で、役立つ情報を分かりやすくご紹介します! 動画編集に携わる方なら、フリーランスの動画編集者として独立したいと一度は思ったことがあるのではないでしょうか? YouTubeや動画広告など、オンライン上で動画を見ない日は無い、というくらい動画ビジネスは、社会に浸透しています。 2020年から「5G」時代に突入したため、これまで以上に動画市場の発展が期待され、動画編集者の需要はさらに高まっています。 会社員として働くよりもフリーランスとして働いたほうが、収入も上がり自由も手に入れられる。 そんな素敵な未来を想像するだけで、ワクワクしてきますよね。 派遣社員の平均時給は1,699円、アルバイト・パートでは、1,012円となっています。 日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。 ただし、勤める企業や経験・求められるスキルによって年収は大きく変わってきます。 動画編集者の仕事と必要なスキルは 動画編集の仕事は、撮影した映像や素材を、Webサイトなどで公開するために最適な形に編集することです。 動画編集の仕事に特別な資格や免許は必要ありませんが、必要なスキルはあります。 詳しくみていきましょう。 広告や媒体の知識 動画編集者は、企業用の短編動画や、Facebook、TwitterなどSNSのタイムラインに表示されるインフィード広告、Webサイト上のバナー広告のほかに、YouTubeに投稿する動画や広告コンテンツまで、幅広い動画の編集に携わります。 それぞれの、動画枠の条件にあった編集をしなければならないので、映像だけでなく広告や媒体への知識も必要となってきます。 映像編集ソフトのスキル 今ではスマートフォンなどで利用できる無料動画ソフトがたくさんあり、誰もが簡単に動画を制作することができる時代です。 ただし、無料でできるアプリなどでは、できる機能も限られていますし、映像編集のプロとして活躍することを目指すなら、高度な設定が行える映像編集ソフトのスキルが必要になってきます。 メジャーな映像編集ソフトとしては、AdobePremiereやAfterEffect、FinalCutPro、EDIUSProなどがあります。 すべての映像編集ソフトをマスターする必要はありませんが、まずは、最低でもどれか1つは習得しておきましょう。 また、動画編集ソフトは常に新しいものが登場しているため、操作方法や知識のアップデートは日々欠かさないことも大切です。 動画編集の仕事は、一見華やかそうな仕事に見えますが、実際は地味な作業を根気よく続けるモチベーションも必要です。 動画編集未経験でもフリーランスになるには 動画編集の仕事に特別な資格や免許は必要ありません。 ただし、動画編集の技術や進め方などは、最低限身に着けておかなければならないスキルなので、未経験者がいきなりフリーランスになるのは厳しいです。 そこで未経験者からフリーランスとして独立するためには、以下の方法で最低限のスキルを習得しましょう。 会社に勤めて経験を積む 動画編集スキルが身に付く会社に転職し、実際に動画を編集しながら経験を積むほうが、成長スピードは早いです。 習うより慣れろという言葉通り、実戦で身に着けた技術は一生ものになります。 ただし、フリーランスを目指す気持ちが強い方にとっては、一度会社に勤めるというのはなかなかハードルが高いものがあります。 スクールに通う 動画編集について体系的に学びたければ、専門学校や映像制作・編集スクールに通って技術をみにつけましょう。 メリットとしては、基本的な知識やソフトの操作を一通り学ぶことができることです。 デメリットは、やはり受講期間や費用が高くついてしまうことです。 独学で学ぶ 編集ソフトを準備して、本や動画などで独学でスキルを学ぶという手段もあります。 最近ではYouTubeでも、無料で使い方やテクニックを紹介している動画もありますので、参考にしてみるといいでしょう。 また、単発でソフトの使い方を学ぶ講座や、安価な動画で学習できるUdemyなどを利用してスキルを身に着けていくのもおすすめです。 フリーランスの動画編集者になる方法 ここまで、動画編集者の仕事やスキルについて説明してきました。 動画編集者は専門技術ではありますが、基本スキル習得のハードルが低めのため 年収は低い傾向にあります。 しかし、フリーランスで働いている動画編集者は、正社員の動画編集者よりも、はるかに高い報酬を受け取っています。 フリーランスであれば、 「年収アップ」、「良好な職場環境」、「自由な働き方」を手に入れられる可能性が高いので、ぜひ検討しましょう! それでは、 気になるフリーランスの動画編集者になる方法について解説します。 フリーランスの動画編集者になる方法は、以下の4つです。 CrowdWorks(クラウドワークス)• Lancers(ランサーズ)• ココナラ CrowdWorks(クラウドワークス) ライターやエンジニア、デザイナー、動画編集者など幅広い職種を対象にしたクラウドソーシングサービスです。 業界や職種はもちろん、案件の内容も非常に多岐に渡っています。 ちょっとした隙間時間を活用できる簡単作業から、高額報酬の本格案件まで、あなたに合わせた案件を気軽に探しやすいでしょう。 アプリ版も用意されているため、スマホを使って隙間時間に情報チェックがしたい人にもおすすめです。 Youtubeの動画案件など比較的カンタンな業務内容も取り扱っています。 ますは、 数をこなすことを目標に、受注から動画の納品までの流れに慣れて、実績を積みましょう。

次の

副業の動画編集で月19万円!稼ぐためにした「たった2つのこと」【1万円相当の特典付き】|takagimovieman|note

動画 編集 稼ぐ

パソコン• 動画編集ソフト Adobe Premiere Pro• 撮影機器 iPhoneやデジカメ です。 自分で撮影をしなければ パソコンと動画編集ソフトさえあれば誰でも可能です。 パソコン 動画編集に必須なのがパソコンです。 今は、スマホでも動画編集できるようになってきたんじゃないの?と思われる方もいると思います。 やはりスマホだと高度な編集はできませんし、オリジナリティを出すことが難しいです。 なによりも、スマホだと作業の効率が悪く、 時間がかかってしまうのが一番のデメリットですね。 動画編集に必要なパソコンってどういったものなの? もちろん、長編の映画を作りたい!動画を1日に何本もつくりたい!という方はハイスペックなパソコンが必要です。 しかし、 初心者の方でこれから動画編集をしたいという方には• メモリ:8GB以上• GPU:2GB以上• ハードディスク空き容量:8GB以上 あれば大丈夫です。 動画編集ソフト Adobe Premiere Pro 動画編集のソフトは色々ありますが、 「Adobe Premiere Pro」がオススメです。 Adobe Premiere Proとは、ハリウッド映画や多くのYoutuberも使用している定番の動画編集ソフトです。 Adobe製品なので、高機能で編集、テロップ、エフェクト、オーディオ編集などができ、クオリティの高い動画が作れます。 他のAdobe製品との互換性がよく、使用しているユーザが多いので使い方を調べる際に 簡単に調べることができます。 【Adobe Premiere Pro】は有料ソフトです。 「有料か〜」と懸念される方もおられるかと思いますが、 Adobe Premiere Proを選ぶ理由として どうでしょう?動画編集でまず必要なのはこの4つです。 そう考えると 動画編集って簡単ですよね。 動画編集はどうやって独学すればいいの? 動画編集の独学の方法は他のサイトなどでは書籍を紹介されていたりいますが、 私は 動画編集の独学は動画でするのをオススメします。 動画編集方法はソフトの使い方になるので動画でソフトを実際に動かしている方が圧倒的にわかりやすいです。 オススメの動画で教えてくれるネット完結のスクールは です。 Udemy とは 「あなたのペースで学ぼう」をコンセプトにしたオンライン動画学習サービスです。 2009年にアメリカで設立され、日本では 進研ゼミで有名なベネッセがパートナーとして運用しています。 コースが豊富で 100,000以上のオンラインコースがあります。 学べる分野は 「プログラミング」、「デザイン」、「マーケティング」、「ビジネススキル」、「写真」など多岐に渡ります。 また特徴として、講師はが用意した方ではなく、講師もユーザとしてサイトに登録して動画を投稿する形のサービスです。 ここで学習動画のクオリティ大丈夫なのか?と疑問に思われると思います。 もちろん、すべての学習動画がクオリティが高いとは言えません。 中には「これ有料かよ」って思う動画もあります。 しかしこういったサービスだからこそ、 レビュー・評価が高い動画は信頼性が増します。 私も多数のサービスを利用しましたが、評価が高いものは「本当にこの価格でいいの??」と思うほど 価値のある動画で大変勉強になりました。 Udemyで動画編集を独学するメリット で独学するメリットはまず価格が良心的なところです。 ぶっちゃけ、破格なお値段だと思います。 Youtuberの動画編集で稼ぐことができる Youtubeの利用者数は増加傾向で、日本国内で6,200万人 2017年12月時点。 今もどんどん増えてきています。 その需要に合わせて、Youtuber自体も年々増加しています。 最近はYoutuberとしても活躍されている、インフルエンサーのイケハヤ さんやマナブさん は次のようにいわれています。 動画編集スキルは今後ますます必要とされるでしょうね。 高まる需要に対し供給者が圧倒的に少ない。 参入するなら今ですよ。 まずは編集を請負ってスキルを磨きつつ、自分の動画を立ち上げるのが良さそうですね。 随時アップデートされるYOUTUBE攻略の教科書、好評です。 希少スキルなので、それでも安いくらい。 在宅ワークのなかではかなり高単価といえそう。 在宅で稼ぎたい人は、ぜひとも動画編集学びましょう。 再現性の高い、稼ぎ方です — マナブ バンコク manabubannai 自分でYoutuberになることもありですが、すでにいるYoutuberの動画編集で稼ぐこともできます。 クラウドソーシングで稼ぐことができる クラウドソーシングを使用するというのもありですね。 クラウドソーシングで有名な、クラウドワークスやでも動画編集のお仕事も増えてきています。 で動画編集のサービスを始めても稼げるでしょう。 動画で稼げる「今」から動画編集をしましょう。 動画編集案件のおすすめクラウドソーシング.

次の

【現代最強の副業】「動画編集」で稼ぎ続ける人の条件

動画 編集 稼ぐ

皆さん、こんにちは。 カズです。 動画編集の仕事が今稼げると、動画編集者に転向する方が多くなってきています。 40代以上でも副業として動画編集を始めて、月収より稼げるようになり会社を辞める人も出てきています。 ですが、今のところ動画編集産業はYoutubeがほとんどです。 Youtube以外では、収益性のある動画サイトはほぼなく、 Youtuberの動画編集代行を仕事としないといけません。 ただ、動画編集の依頼を個人で受けるのは、厳しくなかなかすぐに貰えるものでも 継続して編集の仕事がもらえるという保証もありません。 だんだんと動画編集者の人口も増えてきて、今後はもう稼げないのかもしれないです。 では、 今から動画編集を仕事とするには遅いのでしょうか?• 【後悔】動画編集で稼ぐには、もう遅いかも 動画編集の仕事を下さい! 今のところ、動画編集の仕事をしているのは、10代から20代が多く、 30代から40代以上となるとほとんどいません。 特に、Youtubeはここ数年で飛躍的に伸び、Youtuberの年収が億を超える人が たくさん出来てきてからの事なので、 40代以上は、少し損をしているのかもしれないですね。 若い時にこういうコンテンツがあれば、俺も稼いでいたかもと嘆いていも仕方のない事ですが、 単純に若い世代の方が、PCやスマホに慣れているので、動画編集などすぐに覚えられるのです。 では、 40代以上は今から動画編集の仕事を得るには遅いのでしょうか? 動画編集をするには、高額投資が必要 動画編集を仕事にするには、まずPCが必要になります。 最低でも 〇coreシリーズの出来れば、i7位あると良い。 〇メモリは16Gは必須。 〇SSDやHDも容量の大きな物。 これを買うと、モニター込みで20万円以上はします。 また、Macの場合、MacBookProの32Gで30万円以上です。 さらに、動画編集には専用のソフトが必要になるので、月々6000円位。 これだけでもハードルが一気に上がるのに、そこから学習をして仕事を得ると なるとさらに金額が上がります。 40代以上でサラリーマンでもなかなか揃えるには、厳しいと思います。 全てを揃えて、いざ、仕事を探してもすでにライバルが多いのではないでしょうか? さすがにこの金額は辛くないですか? 一気に投資出来れば、まだまだ稼ぐ余地はあるのですが、辛くないですか? リターンを求めると時間もかかりますし、実績の無い内に編集の依頼が来る可能性は低いです。 大まかに全てを入れて約50万円かかったとします。 動画編集が1本平均5000円とすると100本編集をしてからやっと黒字です。 1日1本動画編集をすると稼ぎ出せるのが、大体3か月後になります。 これは、最長コースとして考えていますが、それでも、動画編集で副業するには辛いですね。 本業にするとそこそこ稼げる 上記は副業にした場合で、あまり時間をかけられない人の稼ぎ方ですが、 動画編集は慣れてくると5~10分の動画を2時間くらいで1本作成出来ます。 これを8時間にすると1日4本くらい作業が出来ます。 1本5000円にして、4本で20000円。 時給換算すると時給2500円になります。 これをサラリーマンの平均勤務日数23日にすると、 月約46万円は稼げます。 大手で役職を持っている方ですと給料より低いかもしれませんが、 一般の会社員からすると、だいぶ稼げますよね。 また、 約1か月で初期投資分は稼げるのです。 副業にするにも割においしい 先ほど言いましたように副業にしたら、大体3か月で初期投資費用は稼げると話をしましたが、普通に考えて毎月10万円の収入って嬉しくないですか? 2時間テレビを見るのを我慢する。 2時間ゲームをするのを我慢する。 これだけで、月10万円くらい上乗せ出来ると思うと 副業も割にいいと思います。 副業にしても月10万円くらいになるなら確定申告は必要になるので、 その点の注意は必要です。 他の副業では効率が悪いです 副業の話をすると、楽に稼げる方法を知りたがりますが、楽に稼げるものはないのです。 アフィリエイトでは稼げない 副業で一番稼げるイメージの強いアフィリエイトですが、 今は一番稼げません。 毎日のブログ更新、サイトの構築、キーワードの選定などなど、 アフィリエイトではしないといけない工程が多い為、挫折しやすくすぐに稼げないのです。 また、ライティングも勉強しつつになるので、ハードルが高くなります。 では、Webライティングでの副業はと言いますと、時間を使って作業をしても、 月30万しか稼げないという世界。 片手間にしても、数万円が限度です。 副業で稼ぐための基準 副業で稼ぐには、いかに自分の時間を使えるかがポイントになってきます。 周りが挫折して消えていく中でモチベーションを保ち続けて、 作業に没頭しないといけないため、それなりの覚悟も必要になってきます。 副業=楽に稼げるの思考では、稼げないのです。 最近では、クラウドソーシングサイトも安い案件で募集するところも多く、 思ったほど稼げないと離脱者も多いです。 巷の求人は人手不足でも、副業業界はやりたい人が多すぎて逆に稼げないという 現象が起きています。 動画編集をしながら自分もYoutuberに 一番、効率のいいやり方は、動画編集の勉強をしながら、 自分もYoutubeで動画配信をすることです。 すぐには稼げませんが、今、一番稼ぎに行きやすいです。 Youtube側の規約は大変ですが、チャンネル登録数1000人と視聴時間4000時間は、 一年、毎日更新をすると割と達成は出来ます。 その間に、動画編集の仕事を得れば、副業としても成り立ちます。 Youtubeでの収入を得られれば、後は、自身のYoutubeに注力を入れればいいです。 まだまだYoutube事業は始まってはいないので、これから始めるには効率が一番いいと思います。

次の