セミロング。 セミロングのヘアアレンジ集!アップヘアからダウンヘアまで簡単にかわいく♪

セミロングのヘアアレンジ集!アップヘアからダウンヘアまで簡単にかわいく♪

セミロング

最寄駅• 西川口• 東川口• ふじみ野• 北浦和• 北大宮• 北与野• 戸田公園• 南浦和• さいたま新都心• 本川越• 川越市• 市川真間• 京成船橋• 京成八幡• 新津田沼• 津田沼• 東船橋• 本八幡• 東海神• 新松戸• 豊四季• 天王台• 我孫子• 新千葉• 千葉中央• 本千葉• 京成千葉• 県庁前• 青山一丁目• 表参道• 外苑前• 明治神宮前• 代々木公園• 代々木八幡• 赤坂見附• 溜池山王• 赤羽岩淵• 秋葉原• 小伝馬町• 馬喰町• 馬喰横山• 阿佐ケ谷• 高円寺• 新中野• 中野坂上• 西荻窪• 東中野• 方南町• 南阿佐ケ谷• 飯田橋• 神楽坂• 池尻大橋• 駒沢大学• 桜新町• 三軒茶屋• 二子玉川• 雑司ケ谷• 東池袋• 東長崎• 下板橋• 新板橋• 巣鴨新田• 上野広小路• 京成上野• 末広町• 千駄木• 日暮里• 西日暮里• 上野御徒町• 内幸町• 赤羽橋• 恵比寿• 白金高輪• 白金台• 大泉学園• 大岡山• 尾山台• 学芸大学• 九品仏• 自由が丘• 田園調布• 都立大学• 緑が丘• 大崎広小路• 五反田• 大手町• 新日本橋• 水天宮前• 二重橋前• 日本橋• 三越前• 小田急多摩センター• 多摩センター• 西葛西• 後楽園• 水道橋• 京急蒲田• 泉岳寺• 高輪ゲートウェイ• 北千住• 竹ノ塚• 錦糸町• 新小岩• 西大島• 成城学園前• 千歳船橋• 吉祥寺• 三鷹台• 銀座一丁目• 東銀座• 日比谷• 有楽町• 久我山• 下高井戸• 千歳烏山• 立川北• 立川南• 京王八王子• 八王子• 国分寺• 東小金井• 新宿御苑前• 新宿三丁目• 西武新宿• 幡ケ谷• 南新宿• 代々木• 西新宿五丁目• 新宿西口• 下北沢• 東北沢• 新富町• 門前仲町• 築地市場• 高田馬場• 代官山• 中目黒• 西小山• 武蔵小山• 乃木坂• 六本木• 六本木一丁目• 麻布十番• 四ツ谷• 四谷三丁目• 牛込神楽坂• 石川町• 伊勢佐木長者町• 上大岡• 日本大通り• 元町・中華街• 馬車道• 港南台• 大倉山• 神奈川• 桜木町• 高島町• 西横浜• 東戸塚• 日ノ出町• 平沼橋• みなとみらい• 茅ケ崎• 逗子・葉山• 湘南台• 京急川崎• 新丸子• 新横浜• 武蔵小杉• 新百合ケ丘• 百合ケ丘• 向ケ丘遊園• 南林間• 桜ケ丘• センター北• センター南• たまプラーザ• 二子新地• 溝の口• 武蔵溝ノ口• 青葉台• 市役所前• 獨協大学前• 越谷レイクタウン• 南越谷• 新越谷 カラーベース• 茶髪(ブラウン)• ベージュ• アッシュ• マット• レッド・赤• ピンク・バイオレット• イエロー• オレンジ• 黒髪(ブラック)• その他 カラーの特徴• グラデーションカラー• インナーカラー• グレイカラー・白髪染め• グレージュ• マーメイドアッシュ• イノセントカラー• ハイトーンカラー• マーメイドカラー• ブリーチ・金髪• 3Dカラー• ブルージュ イメージ• モテ・愛され• 外国人風• ビジネス・オフィス• クール• エレガント• カジュアル• フェミニン• モード• キュート・ガーリー• エアリー• マニッシュ• ゆるふわ• 爽やか• 韓国風 メニュー• カット• カラー• パーマ• ストレート 前髪• なし 前髪の特徴• センターパート• ぱっつん前髪• 斜め前髪・流し前髪• 眉上・ショートバング• シースルーバング• かきあげ前髪• うざバング• アシメ前髪• ヴェールバング• 重めバング• ストレートバング• フリンジ前髪• 羽根バング・フェザーバング• ザク切りバング• シースルーうざバング• ミディバングス シーン• 成人式• 結婚式・披露宴、パーティ・二次会• 浴衣・着物(和装)• フォーマル アレンジ• アップ• ハーフアップ• ダウンスタイル• 編みこみ• フィッシュボーン• ギブソンタック• シニヨン• おだんごヘア• ねじり 髪型• アシメ• 三つ編み• 巻き髪• マッシュ• ワンレン• Aライン• セミディ• ワンカールパーマ• くるりんぱ• 外ハネ• 伸ばしかけ• ローレイヤー• ショートボブ• ミディアムボブ• 前下りボブ• マッシュボブ• 切りっぱなしボブ• マチルダボブ• シースルーボブ• ワンレングスボブ• フレンチボブ• 重ためボブ• Aラインボブ• リップラインボブ• かきあげボブ• ミディボブ• ホイップボブ• マーメイドボブ• ワンサイドボブ• マッシュラインボブ• セミロング• ウルフ• ツーブロック(刈り上げ)• ボウズ 髪量• 少ない• 多い 硬さ• 柔らかい• 硬い 太さ• 太い クセ• なし 顔型• ベース• 逆三角 年代• 20代におすすめ• 30代におすすめ• 40代におすすめ• 50代におすすめ• 社会人• 子供 注目キーワード• センターパート• オン眉• かきあげヘア• ナチュラルストレート•

次の

セミロングのヘアアレンジ集!アップヘアからダウンヘアまで簡単にかわいく♪

セミロング

」 「中途半端な長さで、 スタイリングが難しい ・・・。 」 「何か変化がほしいけど、どうすればいいのかわからない!」 髪を伸ばしている、もしくは長さは変えたくない、そんなときでも、雰囲気は変えたい!と思いますよね? というわけで、こんにちは! ロングヘアを目指して髪を伸ばしているヘアドレ編集部の堀内です。 私もセミロング、 「髪を伸ばしたいけど、切りたい!でも、切りたくない!」と、毎日葛藤しています。 そこで今回、 「伸ばしかけでも楽しめるセミロング特集」として、プロの美容師さんに取材してきました! 今回の記事では、 最新トレンドを取り入れつつ、髪を伸ばしながらイメージチェンジする方法や、ほかのサイトには掲載されていない オススメのセミロングスタイルを紹介します。 この記事を読めば、変化を楽しみながら髪を伸ばすのに役立ちますよ! 美容師直伝のヘアケア方法も聞いてきましたので、 「髪をキレイに伸ばしたい」 「憧れの うる艶ロングヘア になりたい」と思っている方も、ぜひチェックしてくださいね。 それでは、まいりましょう! 人ひとりの顔立ちや雰囲気に合わせてイメージチェンジすることができるんです。 それは、 「顔周り」を変えること。 顔の輪郭にコンプレックスがある場合は、 顔周りにデザインをしてあげることで、お悩みをうまくカバーできます。 ということで、顔の輪郭3大お悩みを解決するイメージチェンジ方法を聞きました! 面長=耳の高さに丸みを出すのがポイント 顔の縦長感をカバーするため、耳のあたりに丸いフォルムを作ります。 エラはり=ほお骨下からレイヤーを入れるのがポイント 角ばった印象を和らげるために、ほお骨の下から内側にレイヤーを入れます。 丸顔=顔周りにリバースの流れを作るのがポイント 内巻きを基本にしつつ、外に流れるニュアンスを作ります。 - 2019年12月月16日午前6時06分PST オススメのスタイリング剤はコチラ! 香りやツヤ感などを楽しめる、サロンでしか買えない人気アイテムが各メーカーから沢山出ています。 美しい髪を維持するために重要なのが、 早めのケア。 なぜなら、30代を超えると、 「髪が乾燥して傷みやすくなった」「ボリュームが少なくなった」「白髪が出てきた・・・」といった悩みが増えてくるからです。 中には、 今までなかったクセ毛が出てくることも! あなたにも今すぐ取り組んでもらいたいんです。 クセ毛の遺伝子は、直毛の人でも全員持っていますが、 加齢によって毛が細くなったり、コシがなくなったりすることで、突然クセ毛化するんです。 髪がうねると、美しさの印象はガクッと落ちてしまいます。 こめかみ付近や顔周りの髪はもともと細いので、特に注意が必要です。 では、具体的にどんなケアが必要かというと、まずは 「頭皮ケア」。 シャンプーを変えたり、頭皮マッサージをしたりして、 常に 頭皮の血流を 良い状態に保つのが大切です。 月に1回のヘッドスパなども効果的ですね。 頭皮ケアに続いて、 「ヘアケア」も必要です。 髪の毛も化粧品と同じように、年齢を重ねるごとに必要なアイテムが増えていくんです。 シャンプー・トリートメントだけでなく、乾かす前の アウトバストリートメントを加えましょう。 イメージ別オススメセミロング• セミロング7選• なセミロング11選• なセミロング8選• 毛先に束感をもたせてこなれた雰囲気に。 透明感のあるアッシュベージュのカラーで柔らかさをキープしつつ、切りっぱなしの前髪でモード感をプラスするのがオススメです。 ダウンスタイルも楽しめ、アレンジもパーマでしやすいスタイルです。 軽さで動きプラス。 カラーリングは暗めでも透け感あるグレージュカラーがポイントです。 ゆるく巻いてナチュラルなガーリースタイルに。 ウェットなワックスで作る束感がポイント。 髪を伸ばしている間もなりたいヘアスタイルが見つかると、ロングになるのを楽しみながら待てますよね。 私も美容師さんに切ってもらいたくなってきました・・・! 以上、お相手は「ヘアドレ」編集部の堀内でした! またお会いしましょう(^^).

次の

BamBluz JIG SEMILONG

セミロング

セミロングはアップスタイルもダウンスタイルも作りやすいアレンジしやすい髪の長さです。 忙しい朝も時短ですぐ可愛くなれる超簡単アレンジからすっきりまとめ髪、上品ハーフアップ、小物を使ったダウンアレンジまで、オフィスシーンや結婚式のパーティーシーン、浴衣に似合うアレンジなど様々なシーンで使える髪型特集です。 前髪は目の下くらい ヘアカラー:明るめのブラウン パーマ:ナシ 髪コンプレックス: ドライヘアで広がりやすいが、軟毛ゆえトップが潰れやすく、巻いてもカールが取れやすい。 【STEP1】 髪全体にヘアオイルをつけたらもみあげを出す。 ドライヘアで広がりやすいので、ヘアオイルを髪全体になじませて、潤いとツヤを与えます。 そのあと、もみあげだけを残して、サイドの髪を後ろへドライヘアで広がりやすいので、ヘアオイルを髪全体になじませて、潤いとツヤを与えます。 そのあと、もみあげだけを残して、サイドの髪を後ろへ。 【STEP2】 後ろの髪を縦三等分に分ける。 後ろの髪を、縦に三等分になるように分けます。 中央の毛束の幅が、バレッタの横幅と同じくらいになるように取り分けると、仕上がりがひとつ結びのように見えます。 【STEP3】 両サイドの髪をまとめてねじってバレッタで留める。 【STEP2】で三等分にした両サイドの毛束をひとまとめにし、反時計回りに2回ねじります。 ねじった両サイドの毛束を、バレッタを右から差し込んで留めます。 留める位置は、耳の後ろの、中央の毛束の上。 これで後ろの髪をひとまとめにしたように見えます。 【STEP4】 サイドと後頭部の髪をつまみ出す。 片手でバレッタを押さえながら、もう片方の手でサイドや後頭部の髪をつまみ出します。 サイドの髪は少し耳にかかるように引き出すと、前から見てもエレガントに。 前から見ると、落ち着きのある雰囲気。 低めの位置でまとめたような仕上がりに。 バレッタで留めた部分がくびれて、後頭部が立体的で美しくエレガント。 ラム革素材のリボンモチーフなら、甘くならずに大人っぽい。 2分でできちゃうざっくりハーフアップのコツ \お手軽小顔ヘアアレンジNo. 1は「ざっくりハーフアップ」/ かかる時間はたった2分!ほんの一手間で小顔に見せる「ざっくりハークアップ」のやり方をご紹介します。 髪で輪郭を覆い隠すスタイルは、実は小顔を目指す上ではタブー。 窮屈さがかえって重たく見えたり、首も短く見えたりと悪循環を生むからです。 顔周りには、むしろ空間を作って立体感を出す。 これが小顔ヘアの基本。 手ぐしでざっくり作るハーフアップなら、テクニックいらずですっきりした顔印象に。 後ろをバレッタで留めると、きちんと手をかけたような仕上がりがかないます。 【POINT1】ワックスで耳周りをふわんとさせる 耳周りをふんわりセットすると、奥行きが出て小顔効果大。 ワックスを手になじませたら、耳上の髪にもみ込んで根元を立ち上げて。 最後にキープスプレーをかけるとシルエットが長もち。 【POINT2】トップにも立体感をもたせてバランス良く トップに立体感をつけてニュアンスのある仕上がりに。 後ろで留めたバレッタ部分を押さえながら、細めの毛束をランダムに引き出して。 前髪に隙間を作り、カジュアルな軽やかさを! \BACK/ \How to/ 【STEP1】 フロントの分け目が右の場合、後ろの髪はねじりながら右から左へ流す。 うなじがすっきりと出た辺りで、ピン留めに。 【STEP2】 指先に少量のジェルをつけ、前髪に束を作るように少しずつつまんでシースルー風に。 つけすぎるとベタつくので注意。 サイドでくるりんぱしたローポニーテールスタイル 正面から見ると味気ないローポニーは、ほんの少しサイドに寄せるのがポイント。 くるりんぱ後、全体をくずしながら透け感のある「ぼんやり」フォルムに仕上げれば、一気にあか抜け! \ヘアスタイルのポイント/ 顔にシアーにかかる前髪で透け感アップ。 結び目周りのくずし感たっぷりに! \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】サイドに寄せて緩めに結ぶ 前髪を薄く残したら、全体をやや右寄りに結ぶ。 くるりんぱしやすいように、ゴムをやや下げる。 【STEP2】毛束を穴に通してくるりんぱ ゴムの上に穴をあけ、毛束を上から通してくるりんぱ。 毛束を左右に引っ張りながら、ゴムを押し上げる。 【STEP3】ゴム・顔周りの毛束を引き出す ゴム付近がタイトになりすぎないよう、毛束を細かく引き出してくずす。 顔周りも引き出し透け感をプラス。 アップヘア・まとめ髪アレンジですっきり 地味にならないおしゃれなポニーテールのやり方 \飾り付きヘアゴム2本使いのポニーテールHow to/ 【STEP1】ヘアオイルをつけて乾燥を防ぐ ヘアオイルを髪全体になじませて乾燥ケアを。 オイルを手のひらと指の間にもなじませて、手ぐしで髪をとかすようにまんべんなく塗布します。 髪を巻いた後につけるとせっかくのカールが手ぐしで取れやすくなるので、巻く前につけるのがお約束 【STEP2】髪を巻きつけてから挟んでカールをしっかり出す ゆるっとしたポニーテールが気分だから、毛先をコテで巻いて動きをつけます。 コテは26mmを愛用。 毛先からこめかみまでをコテの芯に巻きつけてから挟むと、カールが強めについて持ちがUPします。 【STEP3】もみあげを出してから耳の高さでポニーテールに もみあげで縦のラインを作ると顔の丸さをカバーできるので、髪を結ぶ前に少し引き出しておきます。 結ぶ位置は耳の真ん中くらいの高さで。 耳より低い位置で結ぶとトップにボリュームが出しにくくなってしまうので、この高さがベストです。 【STEP4】飾りを上にしてふたつめのヘアゴムをつける ヘアゴム1 本だと髪のボリュームに埋まってしまうことがあるので、【STEP3】の結び目の下に並べるように、ヘアゴムをもう1本重ねます。 飾りを結び目の上に置いてから結んで行くと、飾りがきちんと上を向きますよ。 【STEP5】トップの髪をグッとつかんで引き出す 顔を縦長の印象にするために、トップにしっかりと高さを出します。 片手で結び目を押さえながら、もう片方の5 本指でトップの髪をつかんで持ち上げます。 少しずつ引き出すよりボリュームを出しやすいですよ。 【STEP6】サイドの髪を耳にかけてラフに 耳をしっかり見せると顔の輪郭が強調されるので、サイドの髪を引き出して耳にかけます。 少しラフな雰囲気になって、今っぽい仕上がりになります。 ゆるっとやわらかく、女性らしいポニーテールの完成!高さのあるトップと下ろしたもみあげ、耳にかけた髪のおかげで、顔の丸さを感じさせない仕上がりに。 ルーズな雰囲気ながらもふたつのヘアゴムできっちりと固定。 重ねた飾りが華やぎ感をUP。 襟足の毛量が多いストレートヘア 髪の長さ:肩にかかるセミロング。 ヘアカラー:ブリーチのハイライトが入った明るめのカラー パーマ:ナシ 髪コンプレックス:ブリーチを繰り返しているため、毛先の乾燥ダメージが気になる。 【STEP1】サイドの髪をつまみ出して女らしく サイドと後ろの髪をひとまとめにして持ち、ヘアゴムで結ぶ前にサイドの髪を少しつまみ出しておくれ毛に。 これでアップスタイルの仕上がりが柔らかい雰囲気になります。 【STEP2】サイドの髪を耳にまたがせてひとまとめに サイドの髪を、耳をまたぐようにして後ろの髪とまとめて、ヘアゴムで結びます。 サイドの髪をすべて耳にかけるとキリッとしてしまうので、これでルーズ感を。 髪をまとめる高さは、襟足部分の低い位置にすると大人っぽい印象に。 【STEP3】ヘアゴムを最後まで通さずシニョン風に STEP2でまとめた髪を、ヘアゴムで結んでいきます。 最後にヘアゴムを通すときに、毛束を通しきらず、途中で留めるとシニョンっぽくまとまります。 【STEP4】髪をつまみ出してふわっと柔らかく STEP3で結んだヘアゴムの結び目を押さえながら、トップやサイド、後頭部の毛を少しずつつまみ出してふんわりとさせます。 【STEP5】毛先でヘアゴムを隠して完成! 毛先の束を少しだけヘアゴムに巻きつけて、ヘアピンで留めます。 ヘアゴムが見えなくなり、ルーズな印象をキープできます。 ヘアゴムひとつとヘアピン1本だけで、大人の余裕を感じる柔らかなシニョン風のアップスタイルに。 リーゼント風アップ。 \TOP/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】前髪をラフにかきあげてゴムで結ぶ 前髪全体を上げてトップで結びポンパドールに。 次のプロセスで髪を引き出すので、きつめに結びしっかり固定。 【STEP2】ポンパドールの髪を思いきり良く引き出す 結び目を指で押さえ、髪を上につまみ出す。 この量が少ないとボリューム不足になるので大胆に引き出してOK。 【STEP3】全体をざっくりまとめてひとつに結ぶ 顔周りの髪を少し残し、ポンパの毛先ごと全体をまとめて結ぶ。 サイドの髪も引き出して耳に緩くかぶせて。 無造作ハイシニヨンアレンジでうなじも美しく パパッと仕上げたようでいて、抜け感テク満載のお団子。 ・アンニュイに落ちたはらっと前髪。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】ざっくりとまとめ上げる 前髪を左右一筋残したら、ざっくりと高い位置にまとめる。 下はゆるっとたるませるように意識して。 【STEP2】お団子結びにする 頭頂部よりもやや下の位置で、きつめにしっかり結ぶ。 このとき毛先は抜き切らず、お団子状に。 【STEP3】余った毛束をゴムに巻きつける 余った毛先を結び目にくるっと巻きつけてゴムを隠す。 くずれないようピンでしっかりと固定して。 【STEP4】お団子を立たせるようにピンを挿す お団子の前側を起こしてピンを挿す。 お団子に高さを出しつつ、ランダムな動きをつけるのが狙い。 ハーフアップでフェミニン上品にまとめる キレイめハーフアップを程よくカジュアルダウン \髪の膨らみを抑えるカジュアルハーフアップアレンジHow to/ 【BEFORE】 髪質:太さは普通だが、毛量は多め。 うねりやすいクセ毛。 髪の長さ:バスト上まであるセミロング。 前髪は口くらいの長さ。 ヘアカラー:ナシ パーマ:ナシ 髪コンプレックス: 多毛かつドライヘアでクセもあるため、膨らみやすい。 毎朝クセの出かたが違うので、スタイリングに悩まされている。 【STEP1】もみあげを多めに残してハーフアップに 耳の上から後頭部へ斜め上に向かって髪を取ります。 この時、もみあげを多めに残しておき、あとで耳にかけます。 これが、カジュアルダウンするコツのひとつ 【STEP2】結ぶ位置を高めにしてフレッシュ感を 【STEP1】で取った毛束を、後頭部の高い位置で結びます。 ヘアゴムで結んだ後に、細いリボンを巻きます。 高い位置で結ぶと若々しい印象に。 これもハーフアップをカジュアルダウンさせるコツです。 【STEP3】トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る 片手で【STEP2】の結び目を押さえながら、トップの髪を少しずつつまみ出していきます。 つまみ出すのはハチとハチの間のみ。 頭に縦のラインを作って、顔の丸みをカバーします 【STEP4】前髪と後ろの髪全体にヘアオイルをつけてまとめる 仕上げにヘアオイルをつけてツヤと毛束感を出します。 ヘアオイルをつけておくと、乾燥による髪の膨らみも防げます 高い位置で結んだハーフアップでフレッシュな印象に。 主張しすぎず今っぽさを引き出してくれる黒いリボンで、大人かわいいハーフアップの完成。 顔周りすっきりなエレガントハーフアップ \バレッタふたつ使いのエレガントなハーフアップスタイルHow to/ 【STEP1】ヘアオイルをつけてツヤを出す エレガントなヘアスタイルには、ツヤ髪が必須。 ヘアオイルを髪全体になじませてツヤを出します。 オイルを手のひらと指の間にもなじませて、手ぐしで髪をとかすとようにすると、まんべんなくつけられますよ。 【STEP2】髪を巻きつけてから挟んでカールを強めに カールが取れやすい髪質なので、コテでしっかりめに巻きます。 コテは26mmを愛用。 毛先からこめかみまでをコテの芯に巻きつけてから挟むと、カールが強めについて持ちがUPします。 【STEP3】もみあげを残して耳から斜め上に髪を取る ハーフアップをするときに髪を耳の後ろへまっすぐ取ってしまうと、髪の分け目が見えたり、取った髪に厚みが出すぎてバランスが悪くなったりするので、耳から斜め上に向かって髪を取ります。 【STEP4】反時計回りに2回ねじって右側からバレッタを差し込む 【STEP3】で取った髪を、反時計回りに2回ねじります。 これがハーフアップをエレガントに見せるコツ。 トップのボリュームも出しやすくなります。 ねじった毛束の右側からバレッタを差し込むと、ねじった髪をキープできます。 差し込む位置は、後ろの髪との境目を狙うのがポイント! 【STEP5】バレッタを少し斜め上の位置で留める バレッタを留める位置は、ハーフアップのねじった髪の中。 これでバレッタがきちんと留まり、崩れも防げます。 【STEP6】トップの髪をつかんで引き出す エレガントさと顔を縦長の印象にするために、トップにしっかりと高さを出します。 片手でバレッタを押さえながら、もう片方の5本指でトップの髪をつかんで持ち上げます。 これも顔の丸みをカバーするテクニックです。 【STEP8】もうひとつのバレッタを斜めに留める 【STEP4&5】で留めたひとつめのバレッタの斜め上に、ひと回り小さいサイズのバレッタを留めます。 トップのボリュームをキープしつつ、華やぎ感がUPします 前から見ると、縦長ラインのエレガントなスタイルに。 引き出したサイドの髪のふんわり感が女性らしさを引き立てています。 後ろから見ると…ねじった髪が流れるようなラインを作ってエレガントな表情に。 ビジュー付きのふたつのバレッタなら、パーティシーンにもぴったり。 ダウンヘアは小物を上手に使って カチューシャを使ったシンプルアレンジ \ハチのボリュームを抑えつつ今っぽい太めカチューシャアレンジHow to/ 【STEP1】トップの髪を後ろに流す カチューシャをつけやすいように、前髪を残してトップの髪をかき上げて後ろに流します。 手のひらにほんの少しヘアオイルを広げておくと、毛流れを動かしやすいですよ 【STEP2】カチューシャを頭頂部から差し込む カチューシャを、とめたい位置の真上から差し込みます。 前から髪を持ち上げるようにするのではなく、差し込むのが今っぽくなるコツです。 【STEP3】毛先にオイルでツヤとまとまり感をプラス ダウンスタイルの時は毛先のパサつきも気になるので、オイルをなじませてツヤを出します。 毛先のまとまり感もよくなりますよ。 【STEP4】トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る カチューシャの後ろのトップの髪をつまんで高さを出します。 これで頭の形が縦長になり、丸顔もカバーできます。 太めカチューシャでハリのボリュームを自然にカバーしつつ、トップはふんわりとしてすっきり縦長に。 大人っぽい雰囲気のカチューシャヘアの完成! 清潔感のあるきれいなお姉さんアレンジ 毎日色々なヘアアレンジを楽しみたいけど、結局マンネリのヘアスタイルになっちゃう…そんな方は、アメピンを使ってワンランク上の仕上がりを目指してみませんか? \ヘアスタイルのポイント/ ルーズなヘアアレンジが主流の今、あえてサイドをタイトにすることで、涼しげで凜とした表情に。 ヘアゴムを使わずにアメピンだけですっきりさせて。 そのとき1で留めた毛束の上あたりで左に一度だけ髪をねじり、アメピンで留める。 そのとき2で留めた毛束の上あたりで右に一度だけねじり、アメピンで留める(留め方は2と同様に)。 トップの横の髪を、取る位置をずらしながら2セットずつ繰り返して、仕上がり写真のようにサイドの髪をすべてまとめる。 ダサくならないクリップ使いで伸ばしかけ前髪をすっきり \中途半端な長さの前髪をクリップで留めてスッキリさせつつ大人っぽく仕上げるHow to / 【BEFORE】 髪質:硬くて多めのストレートヘア 髪の長さ:肩下くらいのセミロング ヘアカラー:毛先に向かって明るいグラデーション パーマ:ナシ 髪コンプレックス:髪が硬くて動きがつきにくい。 日々、ふんわりと柔らかく見えるようなアレンジを研究。 【STEP1】前髪をいつもの分け目より少し外側から分ける 前髪の分け目をふんわりとさせるために、いつもの分け目より少し外側から手ぐしで分けます。 クセが強い場合は、前髪の根元を軽く水で濡らすと動かしやすいですよ。 巻き方は、毛束とコテが垂直になるように。 耳の少し上まで巻くと、仕上がりがバランスの良いひし形になります。 耳上まで巻いたら、コテの向きを縦に変えてから髪を外します。 コテの向きを変えることで、硬い髪でもしっかりとカールがつき、動きがつきやすくなります。 【STEP3】前髪を取る量が大人っぽく仕上げるコツその1! 前髪は、【STEP2】で分けたところからセンターを超えて、逆サイドも同じくらいの分量に。 前髪を取る分量が多すぎると、あとでクリップを留めたときにサイドの髪から浮いてしまい、子どもっぽくなる要因なので気をつけて。 【STEP4】前髪を内側にねじって短い毛が落ちないひと工夫を 伸ばしかけの前髪をサイドに持ってくると短い毛が落ちてきやすいので、内側にねじっておきます。 【STEP5】クリップを留める位置が大人っぽく仕上げるコツその2! 【STEP4】で内側にねじった前髪を、クリップで留めます。 クリップで留める位置は、目尻と眉尻の延長線上にすると、サイドの髪となじんで大人っぽく見えます。 これ以上頭頂部側に留めると幼く見え、後頭部側に留めるとやぼったい印象になってしまうので注意。 幼く見えないクリップ留めテクニックで、伸ばしかけの中途半端な前髪悩みをスッキリと解消!前髪の分け目と毛先のふんわり感が春らしい印象を与えます。 フェースラインをカバーするために、もみあげを多めに取っておきます。 【STEP2】前髪を持ち上げながらカチューシャをつける カチューシャをするときは、前髪を上げてすっきりさせると大人っぽくなるので、前髪の束を後ろに持っていきながら、カチューシャで抑えます。 【STEP3】2本目のカチューシャを少し手前にオン 2本目のカチューシャは、1本目よりも1cmほど手前につけます。 間隔を空けることで髪をしっかり抑えることができ、今っぽい幅広風のカチューシャに見せることもできます。 【STEP4】ヘアオイルで前髪の後れ毛ともみあげに動きをつける 前髪の後れ毛ともみあげが自然とつながるように、ヘアオイルをなじませながら動きを出します。 顔まわりに動きのある毛束があると、フェースラインが目立ちにくくなります。 おでこを出すことで、すっきりとしたカチューシャスタイルに。 オイルを手のひらと指の間にもなじませ、手ぐしで髪をとかすようにすると、まんべんなく塗布できます。 【STEP2】髪を巻きつけてから挟んでカールをしっかり出す カールが取れやすい髪質なので、しっかりと巻くために、髪をコテの芯に巻きつけてから挟みます。 これでカールが強めについて持ちがUP。 【STEP3】もみあげを残して耳から斜め上に髪を取る 上のハーフアップから作っていきます。 まずは耳から斜め上へ向かって髪を取ります。 真後ろに髪を取ると、分け目が見えてしまったり、ボリュームが出すぎたりしてしまうので、斜め上に向かって取るのがポイントです。 【STEP4】髪をねじってからクリップをかませる 【STEP3】で取った髪を、反時計回りに2回ねじります。 ねじりを加えるとエレガントな雰囲気になって、トップのボリュームも出しやすくなります。 ねじった毛束の左側からクリップをかませると、髪が崩れることなくしっかりと留まります。 【STEP5】トップとサイドの髪を引き出す 片手で【STEP4】で留めたクリップを押さえながら、トップとサイドの髪を引き出していきます。 サイドの髪は耳にかかるように下へ向かってたるませると、顔の丸みをカバーして、前から見ても縦長のラインになります。 【STEP6】三等分に分けた両サイドの髪をクリップで留める 後ろの髪を三等分にし、真ん中の毛束を残して、両サイドの髪をひとつにまとめます。 反時計回りに2回ねじったら、もうひとつのクリップで留めます。 真ん中の毛束はおろしたままなので、髪の長さをキープした縦長ラインになります。 【STEP7】髪を引き出してふわっと華やかに 片手でふたつめに留めたクリップを押さえながら、クリップの間やねじった髪を少しずつつまみ出してふわっとした柔らかさを出していきます。 耳にふんわりとかかったサイドの髪が、女性らしいエレガントな仕上がり。 ビジュー感のあるクリップを使えば、パーティシーンもぴったり。 セミロングのエアリーダウンポニーテール 結び目を1回転するだけの簡単 ツイストで技ありの色っぽさ \How to/ 【STEP1】 空気を含ませながら手グシでざっくりととかして、すべての髪を緩めにひとつにまとめる。 襟足から5㎝下の所でゴムで軽く結ぶ。 【STEP2】 右手で結び目の上に隙間を作り、外側から毛束をくぐらせて下に向かって引っ張る。 両サイドが軽く1回ねじれた状態になる。 【STEP3】 ゴムの結び目より上にバレッタで留め、ゴムは抜き取る。 トップや後頭部をつまみ出したり毛先を裂いて散らして、ニュアンスを出す。 浴衣と合わせたいセミロングのアレンジ 女性らしさUP!着物に合わせたいルーズアップ \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 【STEP1】全体をセンターパーツに分けます。 分け目のすぐ横の前髪を少量取り、2回外側にねじってピンで留めます。 【STEP2】フェースラインに沿って、髪を外側に2回ねじってはピンで留めるを繰り返します。 髪を少しずつ足しながら、ねじるのがコツ。 【STEP3】2のプロセス同様に、フェースラインに沿って2回ねじっては留めるを繰り返す。 襟足まできたらしっかり留めます。 【STEP4】襟足より長い毛も同様にねじっては2回留めるを繰り返し、耳後ろでくるりとお団子に。 毛先はお団子の中に入れ込んで留めます。 【STEP5】もう片側も同じように作ったら、表面の毛を少しずつ引き出してちょっとくずす。 ふんわり柔らかな感じを出して完成です。 ミディアムヘアを着物にも似合う巻き込みボブ風に \動画でやり方をCHECK/ \How to/ 【STEP1】前髪をかきあげて、9:1に分けます。 正面から根元に指をぐさっと差し込み、ざっくりとサイドに分けるとうまくいきます。 【STEP2】内側の髪の、毛先から上に向かってくしで逆毛を立てます。 表面の髪は乱さずに、内側に丸いボリュームを出しておきます。 【STEP3】全体を3つに分けて、毛先ギリギリの位置でちょこんとゴムで結びます。 頭の真後ろと両耳後ろの3か所が目安です。 【STEP4】結んだ毛先から折り込むようにして毛束をくるくると丸め、襟足まできたらピンで留めます。 地肌と結び目をしっかり留めて。 CLOSE UP! 【STEP5】全体をボブのシルエットに整えます。 表面の毛を引き出してふわっとさせると今どきに。 前髪はスタイリング剤で毛束を作って。

次の