曜日 を 英語 で。 曜日に付ける冠詞について?

【永久保存版】英語で月・日・曜日・時間・年を一気に覚えよう

曜日 を 英語 で

Sponsored Link 曜日は冠詞無し、でも複数形のsはつく 曜日は英語で表記するとき、大文字で始まっています。 というわけで、無冠詞。 「〜曜日に」は、前置詞on を伴って、 I went to school on Sunday. 日曜日に学校へ行きました。 I go to school on Sundays. 毎週日曜日に学校に行きます。 複数形のsがつくことで、複数の日曜日、つまり毎週日曜日ということです。 A I went to school on Sunday. B I go to school on Sundays. 2つの例文を比べると、A は、日曜日に学校へ行ったのは、例えば日曜日に参観日とか特別授業があったとかで、普段は日曜日は学校はお休みなのに、わざわざ日曜日に学校へ行った、という印象です。 一方B は、毎週日曜日に学校へ行くので、キリスト教の日曜学校かなとか、普通の学校教育の学校ではない、何か特殊な学校かなという印象です。 あるいは日曜日の数時間、もっと勉強したい生徒のために、学校が特別授業を毎週開いているとか。 とにかくそういう特別っぽい感じがします。 ここまで意味を深く追求する必要はないですが、曜日に複数形のsがつくと、毎週何曜日という意味になります。 でも曜日に冠詞theがついたの見たことある? 『The Sunday Dinner Cookbook』というタイトルの本があります。 これ、パッと見、曜日に冠詞theがついているように見えます。 しかしSundayに冠詞theがついているのではなく、タイトルの最後の単語Cookbookに伴っているのです。 cookbookって料理本ですが、単に料理のレシピが乗っているわけではなくて、日曜日の夕食用のレシピ。 日曜日の夕食用と、限定するために、冠詞theがあるのです。 また in the Saturday morning in the Friday evening のように曜日の前に冠詞theがあります。 これらは曜日に冠詞theが伴っているのではなく、morningやeveningにかかっています。 ここでは曜日は形容詞的に使われているのです。 このように曜日の直前に冠詞があるからといって、曜日には冠詞がつく、と早とちりしてはいけません。 冠詞がどの単語とセットになっているのか、理解しましょう。 Sponsored Link それでもやっぱり曜日に冠詞がついている!?! どう見てもやっぱり曜日に冠詞がついている、そんなことがあるのでしょうか。 あります。 文脈上、そうなることはあります。 どういうときかと言いますと、例えば、去年のクリスマスの時期何してた?なんて友達とおしゃべりしていたとします。 去年の12月のカレンダーを見ながら、クリスマス直前の土曜日に、彼氏と初めて映画に行った。 それが彼氏との初デートだった。 だからその土曜日は特別だった。 そんなとき、カレンダーのその土曜日を指で指しながら、 The Saturday was special to me. なんてちょっとセンチメンタルな気分にひたりながら、土曜日に冠詞theをつけて言います。 これが冠詞無しで、 Saturday was special to me. と言うと、先週の土曜日は特別だったのかなと思います。 このように文脈上、曜日に冠詞がつくことはあります。 まとめ 曜日と冠詞について、説明しました。 ここで今回のポイントをおさらいしておきましょう。 曜日の最初は大文字 「〜曜日に」は、前置詞onを伴って on Sunday その際、冠詞はつかない 複数形のsがつくと、「毎週何曜日に」 on Sundays.

次の

曜日一覧

曜日 を 英語 で

スポンサーリンク 日常生活でよく使う表現の一つに「曜日」の表現がありますよね。 日曜日から土曜日までのそれぞれの曜日を英語で言うのは簡単ですが、「曜日」「今日は何曜日?」って英語で何て言うのでしょうか? そして、同じように「日付」も日々使う基本的な表現です。 「今日は何日?」「今日の日付は?」も英語でさらっと言えますか? 基本だけど意外と見落としがちな「曜日」と「日付」の表現をおさらいしてみましょう! 「曜日」って英語で何て言う? 「曜日」を表す単語ってどんなものを思い浮かべますか? Sunday、Monday、Tuesday…と中学の時に一生懸命覚えましたね。 でも、それぞれの曜日名ではなく「曜日」自体を表す単語って習ったでしょうか? 実は、英語には日本語の「曜日」のように 一言で表せる単語はないんです。 そこで、 day of the week というふうに「曜日」を表します。 普段の会話では、• What day is it today? 今日は何曜日? がよく使われる表現です。 「曜日」を使った例文を他にも挙げてみましょう。 What day of the week is Christmas Day this year? 今年のクリスマスは何曜日?• What days of the week are you available? 何曜日が都合がいいですか(空いてますか)?• What days do you work? 何曜日が仕事ですか?• What day of the week is best to visit Disneyland? ディズニーランドに行くのは何曜日がベストですか? 「日付」を英語で言ってみよう! では、次は「日付」のお話です。 のように言えますね。 What date is it today? と言っても間違いではありません。 日付を聞かれた時の答え方もおさらいしておきましょう。 今日は12月17日ですね。 省略せずに言うと、•

次の

Excelで日付から自動的に曜日を入力する

曜日 を 英語 で

英語で "今日は何曜日ですか" は簡単にWhat day is it todayと言います。 Yes・No質問にしたらIs today [day of the week]? になります。 例: A:What day is it today? B:Wednesday. 「水曜日、十時。 」 A:Is today Tuesday? そして、アメリカでは人はよく「What date is it today?今日は何日ですか?」というフレーズを使います。。 What day is it today? をWhat date is it today? に聞き間違う可能性があるので注意した方がいいと思います。 「今日は何曜日ですか。 」という質問を英訳すると、「What day is it today? 」または「What day of the week is it today? 」になります。 「Today」は「今日」という意味があって、「what」は「何」という意味があります。 「Day」または「day of the week」は「曜日」です。 」を使っても良いです。 」です。 「Monday」は「月曜日」です。 英語で、曜日の名前はいつも大文字で始めます。 「Monday」:「月曜日」 「Tuesday」:「火曜日」 「Wednesday」:「水曜日」 「Thursday」:「木曜日」 「Friday」:「金曜日」 「Saturday」:「土曜日」 「Sunday」:「日曜日」.

次の