伊之助 素顔 何話。 鬼滅の刃しのぶと伊之助の関係は?実は母親だと思ってた!

鬼滅の刃しのぶと伊之助の関係は?実は母親だと思ってた!

伊之助 素顔 何話

出典: 鬼が潜む屋敷の主・響凱と炭治郎の戦いに決着がつきました。 鬼と戦うときにも決して敬意を忘れない炭治郎が見れ、すごくいい子だなあと改めて実感しました。 屋敷から出ると、禰豆子が入っている箱を必死に伊之助から守る善逸。 善逸は普段ビビリなキャラですが、伊之助に臆することなくボロボロになりながらも守り続けていました。 それを見た瞬間、炭治郎は止めに入ります。 鬼殺隊に入っているけれど鬼が怖くて、泣いちゃうような善逸が箱を守り続けていたところに少し感動しました。 耳のいい善逸は炭治郎に会ったときから、箱の中に鬼がいるって知ってたんですね。 屋敷の外へ出ると、先に脱出していた善逸と出会う。 出典: 箱を守る善逸に攻撃する伊之助に、止めに入る炭治郎。 勢いよく伊之助の間に入り込み、腹をグーでパンチします。 それにより伊之助の肋骨が骨折! そのあとも伊之助は戦うのをやめず、炭治郎と伊之助は戦い続けます。 炭治郎の頭突きに耐えられなかった伊之助は泡を吹きながら失神するのでした…。 頭突きした相手に泡を吹かすほどの頭の硬さってすごすぎです! 伊之助はあまり考えずに今を考えて進んじゃうタイプっぽいですね。 出典: 善逸がぼろぼろになっているのを見た炭治郎は、珍しく怒ります。 「鬼殺隊員に刀を抜くなんてダメだ」と言うと拳ならいいんだな、と伊之助が言い始め、2人の戦いは肉弾戦へ! 伊之助の体が柔らかく、低い体勢になりながらの戦いをしてきます。 炭治郎が伊之助の関節の柔らかさを感じていると自画自賛し始める伊之助。 ここまで怒る炭治郎は珍しいですね。 新体操選手になれそうなくらい体が柔らかくてびっくりしました! 刀を使わない人対人の肉弾戦だったのですが、すごくぬるぬる動いているのがわかり、ufotableの戦闘シーンの完成度の高さに実感しましたね…。 自分の柔らかさに自画自賛するので、結構調子に乗りやすいタイプなのかな?と思いました。 出典: 骨が折れている中、自分の体の柔らかさを自慢する伊之助に対し、ついに炭治郎は「骨を痛めているときはやめておけ!」と注意します。 そんな炭治郎の注意には目もくれず、悪化上等!と再び攻撃。 伊之助を落ち着かせるために炭治郎が頭突きすると、伊之助のイノシシの被り物が落ち、初めて素顔が出てきました! 顔を見た善逸は(ムキムキしてるのに女の子みたいな顔が乗っかってる…)と思わず考えます。 伊之助は自分の名前を伝えたあとに、泡を吹きながら失神…。 伊之助の素顔が美人さんで驚きました! 結構声が低めだったので顔とのギャップが大きいですね…それもあって普段はイノシシの頭を被っているのでしょうか。 なかなか善逸の感想がそのまんまというか、感想が口から出ていたら伊之助に殴られてそうだなあって思いました(笑) 出典: 失神からしばらく経つと目覚めた伊之助は、すぐに善逸を追いかけ回します! そんな中、炭治郎たちは屋敷で殺されていた人々を埋葬していました。 手伝わないしそんなことよりも戦おうぜ!と戦う気満々な伊之助に対し、炭治郎が「傷が痛むからできないんだな…」と心配する顔。 亡くなっている人を屋敷から外に出して埋葬するのは大変だからしなくていいよ、休んでと炭治郎が話すとなめるなー!と気合が入る伊之助。 お互いにどこか話がズレていましたが、無事に埋葬は終わりました。 稀血を持つ少年に鬼避けの藤の花の香りがするお守りをあげます。 3人が向かったのは藤の花の家紋持つ屋敷。 そこで怪我が治るまで休息だと連絡鴉から伝達されます。 炭治郎と伊之助の会話がどこかズレていて面白かったですね。 炭治郎の伊之助に対する煽りスキルは無自覚なのでしょうか? やっと炭治郎に怪我を治せる休みがきて良かったです…! 3人ともお医者さんから重症と言われてましたね。 3人ともまさかの肋骨を折っていたなんて…! 骨が折れてる中、お疲れ様でした。 『鬼滅の刃』第14話のTwitterでの評判・口コミ 鬼滅の刃 14話 感想 イノシシの素顔はプリティだった🥺笑 かまぼこごんぱちろうで爆笑したwwwwww みんなあばら折れてて重症www ぜんいつとイノシシいるとギャグばっかwww — あしぴん ホコなんてなかった ashipin7 鬼滅の刃14話感想 小休止小ねた満載回。 たんじろう対いのすけ良かった! いのすけはやっぱり美形やね。 女の子に嫉妬されるレベルや。 ギャグ回はたまにはいいよね。 次回は蜘蛛山! 前半戦の佳境ですな! 楽しみです! OPは映像だけ変えてくれー! — あいすくりーむ snowmiracle14 鬼滅の刃14話感想 一番驚いたのがイノシシの筋肉ムキムキの奴が女だったってことだなw 後、OP見て何となくわかってたけど、鬼滅の刃って雑談回っていうの?茶番回が今までほとんどなかったから ちょっと新鮮でおもしろかったよw — ゲーム世界の住人〈SAO好き〉jek Youtube活動中 jekskjt 鬼滅の刃14話感想。 ギャグ回でした。 猪之助はうるさいけど面白いキャラでしたね!キャラみんな濃すぎやで…あと今回は久々にねづこが出てきました。 美しい… 二期のop変更無しは個人的に嬉しいです!二期からの敵は益々強くなると思うので、4人の活躍を期待です。 善逸・伊之助が加わり、とてもにぎやかになったと思います。

次の

【鬼滅の刃】伊之助が猪の被り物をするのはなぜ?素顔をマスクで隠す理由

伊之助 素顔 何話

炭治郎らが赴いた鬼殺隊士のに同じくして立ち向かい、たった五人生き残った精鋭隊士の一人である。 「」という言葉では片付けられない 『獣』であり、常時上半身を露出して、頭には猪から剥いだ頭皮を被った二刀流の剣士。 他の生き物との力比べを生き甲斐として育ってきたため、他者を『相手にするまでもない 弱者』か『より強くなるための踏み台とするに値する 強者』としてしか認識しなかった。 自分より強いと認識した相手には状況構わず勝負を請うが、戦う力を持ちながらも戦意を持たない相手に対しては 「弱味噌」と怒鳴りつけることもある。 戦う相手が居ない場でもその闘争心が収まらないらしく、大声を張り上げたり意味も無く木の幹に体当たりしたりしている。 まさに獣。 山育ちのために人としての常識が通用せず、 を足蹴にする、屍の埋葬の意図を理解できない、手づかみで物を食べる、清めの切り火を威嚇と思って激怒する、等々。 このように一般常識に欠ける反面、古風な小難しい言い回しや語彙が意外に豊富。 その理由については後述。 一応、言葉によるコミュニケーションが取れる、下半身を衣服で覆う、自らの名を持ちそれを名乗る、無益な殺生は行わないなど、 瀬戸際のレベルで『人間』ではある。 物凄く染まりやすい性格であり、ノリが頻繁に変わる。 名乗ることはできるが、上述の通り読み書き自体ができないため、当然ながら自分では書けない。 山に捨てられた後の彼は、子供を失ったばかりの母猪に育てられた。 そんな彼が言葉をしゃべれるようになったのは、たかはるという青年…の祖父からの影響である。 昔、棲んでいた山の麓にある民家に迷い込んだ幼少期の伊之助は、留守番中のややボケかけて来たたかはる祖父から餌をもらい、家に寄りつく様になる。 そのころから猪の皮を頭にかぶっていた為、たかはるから煙たがれ口汚く罵しられながら追い払われるも、性懲りもなくもう一度たかはる家に来訪。 そこで祖父からを読み聞かせられて言葉を覚え、この時に着用していた褌から自分自身の名前を知る。 意外に小難しいボキャブラリーが豊富なのはこのたかはる祖父の影響と思われる。 そして同時にたかはる青年の乱暴な口調を自らのものとし、その家を自分の縄張りにして時折おかきなどを差し出させた。 鬼殺隊に入隊してからは、とある任務で出会い行動を共にする事となった炭治郎やなど様々な人間の優しさに触れ合う中で、その意識には徐々に変化が訪れており、特に己より遥かに強かったの生き様に立ち会った事で、 『真の強さ』の何たるかを心に描き始めた。 それ以降は、鬼殺隊の隊員たちやの面々、特に同期の二人、炭治郎と善逸との付き合いを通して『人間』として強く成長していくようになる。 蝶屋敷の主人であり度々三人の治療を行っていたには母性を感じることもあったらしく、後にの最期を聞かされた時には、記憶の奥底にわずかに残っていた母親の面影としのぶを重ねていた心境を自覚した。 最終決戦において、によって仲間であった鬼殺隊の隊員たちが大量に殺されていった際には、「同じ飯を食った仲間」として、その仇を討つために無惨に対して「 百万回死んで償え!!」と泣きながら刀を振るった。 そして、との戦いでは、炭治郎と善逸に関しては兄弟のように思っている心境を、悲痛な思いで心中で吐露している。 元より心身頑健な炭治郎が血の滲むような鍛錬を二年間経て習得したものと同等の戦闘能力を独力で身に着けていることから、一面では天賦の才を有していると捉えられる。 なおこの最終選別の際、隊士説明会に参加せずすぐに立ち去ったため、最後に通過した炭治郎は後の任務で出会うまで同期隊士であるとは知らなかった。 鬼殺隊士に勝った基礎身体能力のみならず、野生で生きてきたからこその勘の良さ(殺気に対する反応速度)、二刀流による攻撃力、更には広域探知の技を有していることから、その戦闘能力は高い次元でバランスが取れており、最終選別を誰よりも早く通過したという実績は伊達ではない。 半面、思考能力には難があり、直線的・直情的な行動しかとれないため、搦め手を用いたりとゴリ押しが効きにくい鬼には相性が悪い。 容姿 筋骨隆々な体躯と乱暴な口調に反してその顔立ちは整っており、瞳は深い翡翠色に輝く 「紅顔の美少年」と呼ぶに相応しい容姿をしている。 美しい人間しか食べないのから、「美しい」と評価されて獲物として狙われた事もある。 炭治郎が嗅覚に優れ、善逸は聴覚に優れる一方、伊之助は並外れた鋭い触覚を持つ。 上半身を常に晒しているのは、肌面積を増やすことでパッシブ・センサーとしての能力を最大限に有効化させるためでもある。 身体能力 山の中で獣同然に鍛え上げた身体能力は、地獄のような修練によって『人間』としては極限まで鍛え抜かれているはずの鬼殺隊士を、さらに上回る。 更に伊之助の肉体は高度な柔軟性をも有しており、雑技団のような複雑な体勢も無理なく取る事が可能なため、不安定な足場や空中からでも、通常の剣士では考えられないイレギュラーな体勢から強力な斬撃を放つことが可能。 また、肋骨が4本折れている状態でも意に介さず全力で戦闘行動がとれるなど、苦痛に対する耐性も極めて高い。 薬物耐性も高く、毒物の類が効きづらく致死毒を使う相手との戦闘に於いては、(多少の)不利を打ち消せる。 ただし反面、治療薬も効き辛いためメリット/デメリットが如実に表れている。 但し、炭治郎の場合も適性がない水の呼吸を十分に使いこなしている辺り、適性がないからといって他の呼吸が使いこなせないわけではない。 装備 本来の鬼殺隊士には、個々に専用の日輪刀(玉鋼の時点から本人に選ばせる)と隊士服を支給されるが、伊之助はこれらの支給・説明会に立ち会わずに最終選別の場を去ったため、腕試しで打ち負かした隊士の装備を奪って使用している。 また、伝令及びお目付として担当の鎹鴉(かすがいがらす)をあてがわれている、のだが……。 詳細は。 特別な繊維でできており、通気性はよいが濡れ難く、燃え難い。 更には雑魚鬼の爪や牙ではこの隊服を裂く事すらできないほど頑丈。 上述の通り伊之助は触覚の感度が極めて高く、衣服の接触に対して不快を覚えるため、長袴(ズボン)のみを着用する。 かすがいがらす。 人語を解し、話すカラス。 各鬼殺隊士にあてがわれており、どこからともなく現れ、隊士に任務地やその地で起きている怪異を伝える。 伊之助のカラスは、炭治郎との合流時までに 十八回ほど食われかけた事から、合流後は完全に姿を隠している。 一応、合流前も伊之助は鬼狩りの任務をこなしていたようなので、ギリギリでコミュニケーションはとれていた模様。 尚、炭治郎の鴉も食おうと言った事がある。 余談ではあるが、食用に適しているのはのほうである。 カラスも食べれない訳ではないが、かなり硬くて臭いので結構手間な下処理が必要である(成分としてはクジラ肉に近い)。 つまり、にすれば旨い。 猪の頭皮 猪から剥いだ頭皮。 伊之助は、自身の可憐な顔立ちを気に入っていないようで、ほとんど常に(眠る時ですら)この猪の頭皮を被っている。 これは彼を育てた母猪の形見であり、「山の主」と称している。 このため選別以来久々に彼に出会った善逸や突然彼を見た一般人などは、猪頭の化け物かと誤解した。 その他、腰には鹿の毛皮を、脚には熊の毛皮を巻いている。 ネタバレA 無限城内部での対「」戦。 ネタバレB 鬼の首魁「鬼舞辻無惨」との最終決戦及び「」。 ネタバレC。 ネタバレA 襲来した無惨の手で突如として無限城へと落とされるが、むしろ伊之助は稽古で得た力の成果を試すいい機会だとして、現れる雑魚鬼を嬉々として斬り伏せていった。 しかしその先で、彼は思いもしなかった展開に直面する事となる。 以降の詳細については、 を参照。 当然ながら ネタバレ注意。 ネタバレB 上記の戦いに辛くも勝利した後はカナヲと行動を共にし、途中で善逸、と合流を果たす(ちなみにその際、敵と勘違いして攻撃してしまい、カナヲに叱られていた)。 無限城崩壊後は善逸、カナヲと共に無惨戦に加勢。 の札を使い姿を消した上で無惨に攻撃を仕掛けるが、無惨の全方位攻撃によって一時戦闘不能となってしまう。 死の淵から復活した炭治郎が参戦したのに続き、自身も満身創痍の中立ち上がり、大勢の仲間を奪った無惨に怒りと悲しみをぶつける。 更にそれ以降の詳細は を参照。 ネタバレ注意。 ネタバレC を参照。 ネタバレ注意。

次の

【鬼滅の刃】伊之助が猪の被り物をするのはなぜ?素顔をマスクで隠す理由

伊之助 素顔 何話

鬼滅の刃【160話】のネタバレ!伊之助と童磨の因縁が明らかに 鬼滅の刃160話 「本当に奇跡だぜこの巡り合わせは」 — 熊太郎 ad3690338 159話で、被り物を童磨に奪われ、素顔を見られた伊之助。 その顔を見て、童磨はある女性を思い出します。 15年前、童磨が立ち上げた宗教団体の極楽教に、17歳くらいの女性が赤ん坊を連れてきました。 その女性の顔が伊之助とそっくりだったのです。 童磨は伊之助の母の記憶を話し始めます。 伊之助の母は、美人で歌がうまかったと。 赤ん坊の伊之助を抱いて、子守唄の代わりに指切りげんまんを唄っていたと。 童磨は伊之助の母「琴葉」を気に入っており、寿命がくるまで喰べないで手元に置いておく予定でした。 しかし敏感な琴葉は、童磨が信者を喰っていることに気が付きます。 琴葉は伊之助を抱いて童磨から必死に逃げました。 行き止まりの崖で逃げ場がなくなった琴葉。 二人とも殺されると思った琴葉は、伊之助だけを崖の上から落とし、童磨に斬られ、喰われたのでした。 伊之助は、猪に育てられ、自分には母親などいないと思っていました。 伊之助は昔会った人のことをしのぶだと思っていましたが、それは母親の記憶だったのです。 伊之助は母が童磨に殺され喰われたことを知り、激しい怒りに包まれます。 ただ頸を斬るだけではなく、 「地獄を見せてやる」と叫ぶのでした。 自分はどうなってもいい、何とか子供を助けたい。 伊之助のお母さんの気持ちが身に沁みます。 母の一か八かで助かった伊之助は猪に育てられたということのようですね。 衝撃の事実でしたね~。 伊之助がちゃんとお母さんに愛されていたことがわかって嬉しい気持ちにもなりました。 あと、伊之助のお母さんの琴葉さん、マジでお綺麗!! 伊之助のことは守ると誓い、信者を喰う童磨を許さなかった琴葉さん。 ご主人からもその家族からも虐げられ、天涯孤独でも人を恨まない琴葉さん。 赤ちゃんの伊之助を抱きしめて慈しむシーンはまるでマリア様のようで、本当に胸が暖かくなります。 最後は鬼に喰われてしまう琴葉さんの境遇を思うと、切ない気持ちになります。 すべてを思い出しブチ切れる伊之助ですが、はたして、童磨に通用するのでしょうか?! 冷静さを失っている伊之助に「落ち着いて!お願いだから!」と声をかけるカナヲ。 目の前の人物が自分の親を喰っただなんて知った以上、平静でいられないでしょう。 カナヲの存在が大きいですね。 しかし伊之助の大切な人たちを殺し喰う童磨。 絶対許せませんね! 次回からはいよいよガチバトル開始でしょうか! 鬼滅の刃の漫画をU-NEXTですぐ無料で読む 鬼滅の刃 第160話 「重なる面影・蘇る記憶」感想 童磨vs伊之助の最中、童磨が語った真実。 実は、伊之助の母を殺したのは童磨だった。 母の一か八かで助かった伊之助は猪に育てられたということのようですね。 そこで、無料で読めるU-NEXTを紹介します。 現在U-NEXTでは、 31日間の無料期間があり無料登録直後に600Pが貰えるのですぐに最新刊を1冊無料で読めます。 週刊少年ジャンプ の最新話を無料で読むことはできませんが、最新刊は無料で読むことはできますのでお薦めです。 また、 U-NEXTは月額1990円 税抜 のサービスですが、毎月1200ポイントも貰えるため実質1000円以下です。 もちろん アニメや映画なども充実しており、約13万本が見放題の対象作品となっています。 鬼滅の刃の漫画を読みたい方は、これを機会にチェックしてみてください。 鬼滅の刃の漫画を読みたいと思った方は、 これを機会にぜひお試しください。 鬼滅の刃【160話】のネタバレと感想まとめ 伊之助と童磨の因縁が明らかになります。 伊之助の母親、琴葉について語りだす童磨。 超DV夫に苦しめられていた琴葉は極楽教に保護されていました。 琴葉の心の綺麗さを気に入った童磨は、喰わずに手元に置いておくつもりでしたが、敏感な琴葉は、童磨が信者を喰っていることに気が付きます。 行き止まりの崖まで追い詰められ、二人とも殺されると思った琴葉は、伊之助だけを崖の上から落とし、童磨に斬られ、喰われたのでした。 伊之助は、猪に育てられ、自分には母親などいないと思っていました。 伊之助はちゃんとお母さんに愛されていたのですね。 すべてを思い出しブチ切れる伊之助ですが、はたして、童磨に通用するのでしょうか?! 興奮する伊之助に冷静になるよう声をあげるカナヲ。 2人で協力して童磨を倒してほしいですね! 伊之助の大切な人たちを殺し喰う童磨、絶対許せません! 次回からはいよいよガチバトルが期待されます! 最近の投稿• カテゴリー•

次の