新聞配達 アルバイト。 新聞配達のバイトの方の体験を教えてください。

田舎の新聞配達のデメリット・メリットは?(朝刊アルバイト)

新聞配達 アルバイト

子育て中の母親におすすめです! 松本市 30代女性 ご主人と店舗経営 保育園児の息子を持つ私にとってはこの仕事しかないと思っています。 夫が確実に家にいる時間帯の仕事なので、安心して働くことができています。 日中の時間が確保できるので、子供が体調を崩して保育園に行けないときでも面倒をみることができ、会社勤めだったころと比べると本当にストレスがなくなりました。 決まったサイクルで1日がまわせるので予定もたてやすく、自分の自由になるお金も確保できて助かっています。 配達仲間には、夜間営業の飲食店の関係者もいますが、営業終了後に朝刊配達をしてから就寝するというリズムで、効率的にWワークができているようです。 朝の時間でフルタイム並みの月給が魅力 松本市 50代女性 主婦 アルバイトを探していたところ、知人から新聞配達をやっている話を聞き、「新聞配達」が選択肢の一つとなりました。 ただ、実際にどんな仕事なのか、働いている人の口コミを知りたいと思い、インターネットで検索をしたところ、信濃毎日新聞のこのホームページに掲載がありました。 一日3時間(2:30~5:40)くらいの労働時間で週6日勤務ですが、一カ月のフルタイムパート並の給与が魅力です。 朝早いのと、急に休むと代わりの方に迷惑がかかるので大変ですが、実際の作業は他の人との作業ではなく、自分のペースでできるアルバイトなのでやりやすいです。 朝は星がきれいで、とてもすがすがしく、体を使うので運動不足の解消にもなります。 このほかに週3回、昼間の時間帯で別のアルバイトもしています。 マイペースでできるところが気に入ってます 伊那市 30代男性 会社員 家の新築と3人の子どもの教育費のために、昼間の仕事の他にも、空いた時間でできる時給の良いアルバイトを探していました。 そんな時、知人から信毎がインターネットで新聞配達アルバイトを募集していると教わり、このページを見て応募しました。 実際に始めて3ヵ月になりますが、気に入っているところは、他の接客アルバイトなどと違い、自分のペースでできるアルバイトというところです。 朝起きるのと自分の配達区域は坂道が大変ですが、昼間の仕事にも一休みしてから間に合うので体力的にも問題はありません。 家族もサポートしてくれています。 これからも長く続けていきたいと思っています。 始めて10ヵ月、楽しいです 佐久市 40代女性 配達歴10ヶ月 子供にお金がかかるようになり、何かできることはないかと知り合いに相談したところ、「新聞配達をやってみたら」と言われたのが始めたきっかけでした。 毎朝できるだろうかと不安でしたが、今では慣れ、楽しみながらやっています。 生活のほか、自分のためにとトレーニングも兼ねながら歩いています。 まだまだ始めたばかりですが、がんばっていきたいです。 朝の短時間勤務が魅力 飯田市 50代女性 配達歴10年 昼間に長時間働けないため、朝の短時間で結構な収入があり、とても助かっています。 おかげで子供を大学に行かせることもできました。 最初は朝起きれるか心配でしたが、すぐに慣れて自然に目が覚めるようになりました。 また、冬場の配達は寒いですが、逆に風邪を引くことがなくなり不思議です。 昼間の仕事の副業に 下諏訪町 40代男性 配達歴1年 中学一年生の長男が趣味を持ち始め、その趣味を応援してあげたいと思い、収入の足しにとこの仕事を始めました。 日中は個人で美容室を経営していて、配達をした後、家族の時間をもち、それから開店する毎日です。 自分の生活スタイルにフィットした勤務形態のため長く続けられる仕事だと思います。 毎日の達成感と清々しさが癖に 上田市 40代男性 配達歴3年 事情でしばらく仕事をしていませんでした。 新聞配達を始めるようになり、毎日の配達がミスなく終了することの達成感と「おはよう」「ごくろうさま」と声をかけてもらえる清々しさが癖になるくらい楽しく仕事をしています 笑 朝の短時間でやりがいのある仕事です。 子育て中の気分転換に 上田市 40代女性 配達歴20年 子育てに悩んでいて、働くことで気分転換になればと始めました。 天候によって大変な時もありますが、花の香りや鳥の声など季節を直接感じられることをプラスに受け止めています。 大変なイメージがありますが、思い切って始めてみると生活リズムに取り入れやすい仕事だと思います。 専門学校の学費を稼ぎながら 大町市 40代男性 配達歴2年 医療の仕事に就きたいと思い、専門学校の学費のためにこの仕事を始めました。 昼間、学校へ通うにはとても都合が良い時間帯の仕事で、その分勉強がはかどりました。 雪が降った日は配達に時間がかかりますが、学校への影響は特にありませんでした。 また、新聞を読むことに興味を持ち、知識を吸収することの楽しさに気づけたのも良かったです。 3人の子供を大学に 小諸市 60代女性 配達歴19年 長男が小学校1年の時に生活の足しにと始めた新聞配達ですが、早20年になろうとしています。 早朝の配達と家事や子育ての合間をぬって、集金や営業などもさせてもらい収入が増え、3人の子供を大学に出すことができました。 昔はぜんそくぎみで咳き込んでいた私ですが、気がつけばすっかり治っており、毎朝体を動かしているおかげだと思っています。 新聞配達は健康維持の薬 小布施町 70代女性 配達歴25年 子供の学費の一助になればと新聞配達を始めました。 60歳位の時に肺がんを患った時はやめようと思いましたが、主人が三ヶ月間かわってくれました。 今ではすっかり元気になり、朝の澄んだ空気を胸一杯に吸い、「私だけの朝のようだ」と満足に浸って配達しています。 新聞配達は私にとって健康を維持するための薬です。 運動不足解消で体調も回復 箕輪町 40代男性 配達歴2年 自営の仕事をやめて、身体の調子も悪く困っていたところ、医者から運動するよう勧められ、新聞配達を始めました。 冬の大変な時期から始めたので、少々天候が悪いのは苦になりません。 おかげで身体の調子も良く、早朝のさわやかな空気と季節の変化に触れられるのが楽しいです。 趣味は「歌うこと」と「新聞配達」 長野市 80代男性 配達歴45年 最初は小学生だった長女のしつけにと始めた新聞配達でしたが、その後、私が引き継ぎました。 配達後のラジオ体操は気分も爽やかで、生活リズムが安定し、健康維持に役立っています。 昔から歌うことが趣味で、新聞配達45周年を記念して「信毎太郎」という歌を作りました。 9月末にCDも発売になります。 ぜひ皆さんも一緒に歌いながら配達しましょう 笑 未経験でも安心!よくある質問Q&A Q初めてでも大丈夫?ちゃんと続けられるかどうか不安です… 販売店の責任者が順路長や地図にもとづいて丁寧に教えます。 ご安心ください。 信毎販売店では7割の方が勤続5年以上です。 Q配達は原付バイク(スーパーカブなど)を使うの?運転したことがありません。 自家用車も利用できます。 徒歩や自転車を利用する方もいます。 Q配達の開始と終了の時間は? 新聞が販売店に届く時間は2時〜4時と県内各地で大きく異なりますので、開始時間は販売店に確認をお願いします。 信濃毎日新聞では遅くとも6時00分までに配達を終了するよう努めています。 Q休みはとれますか? 年10回程度の休刊日のほか、事前に知らせていただければ代配スタッフが対応しますので休みをとることは可能です。 Q配達中に転んで怪我などをした場合は? 団体傷害保険や労災を完備しています。 信毎販売店では皆さんが安全に安心して仕事ができるよう対応しています。 県内157店のネットワーク お近くの販売店を確認できます まずはお気軽にお問い合わせください 信濃毎日新聞と信毎販売店会が管理するオフィシャル求人サイト Copyright THE SHINANOMAINICHI SHIMBUN. All rights reserved.

次の

横浜市の新聞配達のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

新聞配達 アルバイト

日本全国何処に行っても必ず需要のある新聞配達。 景気や社会情勢に関係なく、安定しているお仕事と言えます。 殆どの場合、経験も職歴も学歴も年齢も性別も不問で、健康な方ならどなたでも働くことが出来ます。 インターネットが普及して色々な情報が氾濫している時代ですが、民主主義を支える新聞メディアの責任のある報道は廃れることはありません。 新聞配達はその大切な情報を、各家庭に毎日お届けするお仕事です。 簡単な業務ですが、社会的に重要な任務でもあるのです。 東日本大震災では情報のライフラインとして、改めて新聞媒体の大切さが見直されました。 携帯電話やネット環境がストップしても、各社の協力の元、新聞配達員が可能な限り各家庭に届けた新聞は、被災地に貴重な情報を届けると共に、どんな状況でも社会が守ってくれるという安心感を、被災者の皆様に与えることが出来ました。 貴方もそんなやりがいのある仕事をしてみませんか?新聞配達ワークは、貴方の希望や条件に合った新聞配達の情報をご提供していきます。 新聞配達は仕事がきつい、給料が安いというブラックなイメージをお持ちかもしれません。 確かに未経験で入った場合最初は戸惑うかもしれませんが、1日のリズムさえ体が覚えてくれば 実際の労働時間はそれほど長くはありません。 他の長時間労働を強いられる業種より楽だと言えるでしょう。 休日もシフト制でしっかり休めるので、プライベートも充実出来ます。 待遇面でも寮・社宅完備の配達所が殆どで、引っ越し費用も負担してくれる販売店も多くなっています。 社会保険完備は当たり前、退職金制度、積立金制度を採用している販売店が多いので安心して働けます。 お給料も頑張れば頑張っただけ支給されるシステムなので、努力次第で高収入をゲットすることが可能になります。 新聞配達業は基本一人で働く業務です。 人間関係に悩むことも少なくストレスを抱える心配もありません。 今のお仕事で人間関係や過酷な労働に悩んでいる方は、是非当サイトをご利用ください。 また新聞配達は、新聞社が運営している「新聞奨学金」という制度があります。 これは家庭の事情で学費の負担が困難な方が、働きながら学費と生活費を得られるシステムになります。 寮・社宅に住みながら働き学費と生活費を得られるので、安心して学生生活を過ごすことが出来ます。 新聞社によって制度の内容は違いますが、入学金、授業料、施設費、諸経費などを立て替えてくれ、限度額はありますが学費の返済免除もしてくれます。 働きながらの勉学は本当に大変ではありますが、心身ともに充実した生活を送れることでしょう。 就職活動でも奨学生は勤勉さで有利に働くと言われています。 大学での4年間、勉学をしながら社会で働く経験は貴重です。 ちゃらちゃらした学生が多い中、働くことの苦労と喜びを知ることが出来るのはとても意義があります。 この経験は必ずや生涯役に立つものと思われます。 まずは「地域から新聞配達店を探す」から検索してみてください。 そして気になる新聞販売店があったら、気軽にWEB応募かお電話で問い合わせしてみましょう。 貴方に最適なお仕事がきっと見つかります。 新聞配達ワークは、貴方の新しい出発をお手伝いしていきます。

次の

新聞配達求人情報【専業社員・アルバイト・パート】

新聞配達 アルバイト

新聞配達のデメリット(朝刊アルバイト) 新聞配達のデメリット(朝刊アルバイト) 新聞配達のデメリットは、「朝が早い」、「雨の日は大変」、「冬は寒い」、「入り止め、休み止めが大変」、「休みたいときに休めない」などがあります。 ひとつずつご紹介します。 朝が早い 朝が早い 新聞屋によりますが、新聞配達は1時間~2時間ていど配達してくれる方を探しています。 とくに2時間ていど配達できる方を探していると思います。 それで、6時くらいには配達を終わらせてほしいと考える新聞屋が多いので、遅くても4時頃には配達をスタートさせなければなりません。 ということは、起きてから着替える時間、新聞屋までの移動時間、新聞屋についてから配達するための準備などで、およそ1時間くらいかかると考えると3時ころには起きなければなりません。 毎朝3時頃に起きて配達するのは、けっこう大変です。 慣れても昼間眠くなります。 雨の日は大変 雨の日は大変 新聞配達をバイクでします。 晴れている日は問題ないですが、雨が降っていると気をつけていても新聞は濡れてしまいます。 バイクから新聞をとってお客さんの家のポストまでに行くだけでも新聞は濡れてしまいます。 さらに、とくにアパート系に多いのですが、お客さんの住んでいる家のポストによっては中まで落とし込めず、そのままにしておくと雨で濡れてしまうことがあります。 新聞が濡れないように袋に入れたりする作業も、けっこう大変です。 冬は寒い 冬は寒い 新聞配達のアルバイトはバイクで配達していました。 夏の朝はさわやかで気持ちがいいのですが冬はヤバイです。 とりあえず寒い。 起きるのが大変で布団から出れません。 さらにバイクでの配達は手は冷たく足の指も冷たくなります。 雪や雨が降ったら、もう最悪です。 入り止め、休み止めが大変 新聞の入り止め 新聞は1ヶ月ごとに新聞を購読するお客さんが増えたり減ったりします。 なので毎月、配達する家の変更があります。 数件ていどなので、慣れればたいしたことはありません。 新聞の休み止め また、「休み止め」があることがあります。 これは、おもに お正月、ゴールデンウィーク、お盆などの長期休暇が多いです。 この休みを使い、旅行に行ったり実家に帰ったりするお客さんがいます。 その間は新聞を届けないでほしいというものです。 留守の家に新聞を配達し続けると新聞はたまってしまい、留守なのがバレてしまいます。 すると空き巣にも狙われてしまうので、お客さんから何日~何日までは新聞を配達しないでください。 と連絡があります。 この「休み止め」はお客さんによって全然違うので、混乱してしまうのです。 休みたいときに休めない 休みたいときに休めない いまは、どこの新聞屋も人手が足りていません。 新聞配達のアルバイトを募集しても昔ほど来ません。 アルバイトが休むときは、その区域を正社員が配ります。 ですが正社員も毎日配達しています。 かなりの部数を配っていることもあります。 なので、アルバイトの休みが重なってしまうと配達ができなくなってしまうので、休みたいときに休めません。 新聞屋によってはできるだけ休めるように考えてくれるところもありますが、休みたいときに休めないこともあると思っておいたほうがいいです。 例えば元旦に休みたいとお願いしても休めないことが多いです。 新聞屋によっては休みが休刊日しかないところもありますので、面接のときに必ず確認してください。 新聞配達のメリットは?(朝刊アルバイト) 新聞配達のメリットは?(朝刊アルバイト) 新聞配達のメリットもたくさんあります。 「仕事内容が簡単」、「1人でできるので気楽」、「自分のペースでできる」、「最初から時給が高め」などです。 なので、サービス業が苦手な方、人といっしょに仕事をするのが苦手な方におすすめのアルバイトです。

次の