エクスペディア エース。 XperiaのデータをSDカードに移動して本体を軽くしよう!

Xperia Ace ケース so02lカバー SO

エクスペディア エース

xperiaのQRコード読み取り 数あるスマホの中でもXperiaを使用している方にとってQRコードの読み取りができないというのは最早あるあるですよね。 もちろんXperiaではQRコードを読み取ることができないというわけではありませんが、QRコードを読み取るアプリが中々発見できないのです…。 私自身、アプリを発見することができず、結局Google Playストアからダウンロードしたのは今でもよく覚えています。 そこで今回の記事ではXperiaでのQRコードの読み取りアプリはどこにあるのか、そしてQRコードの読み取り手順についてご紹介していきます! XPERIAでQRコードを読み取るには XperiaでQRコードを読み取りするにはどうすればいいのか、ということについて悩んでいる方もいることでしょう。 そこでXperiaでQRコードを読み取るアプリ、いわゆるバーコードリーダーアプリはどこにあるのかはひとまず置いておいて、まずXperiaでのQRコードの読み取り手順について紹介していきます。 すると画像のように「アプリを提供しているサービス一覧」と書かれているページがありますのでそちらをタップします。 次に開いたページの画面下部にある、「ICタグ・バーコードリーダー」をタップ、そしてダウンロードします。 インストール完了後、ICタグ・バーコードリーダーを開き、QRコードにアプリをかざすことで読み取りが行えます。 ただ、dメニューからだと数あるメニューの中から該当する箇所を探す手間がありますので、可能であればこちらの方法がおすすめです。 私の使用端末がdocomoのxperiaであるためスクショ画像はありませんが、docomoの場合とは違い、わざわざアプリを探してインストールする必要はありません。 そのため、docomoのxperiaよりは簡単かつ楽にQRコードの読み取りが行えるのでは、と思います。 参考元: XPERIAでQRコードが読めるとこんな利点がある ここまでdocomoとソフトバンクのxperiaでのQRコードの読み取り方法について紹介してきましたが、QRコードを読み取りできることの利点についてはわからない方が多いのでないでしょうか。 そんな方にスマホでQRコードを読み取ることができることについての利点を以下にまとめます。 郵便物の再配達依頼が楽に行える• サイトに簡単にアクセスが可能• メールアドレスを読み取ることも可能• プレゼントやキャンペーンなどの応募も行える Etc… このようにQRコードの読み取りが可能であれば様々な利点があります。 もちろん様々にある利点の中でも一部であり、他にも多くの利点がありますのでバーコードリーダーアプリをインストールするかどうか迷っている方は参考にしてみてください。 XPERIAではQRコードリーダーのアプリは最初から入っていない 上記で紹介したQRコードの読み取り方法では、xperia端末 docomo にわざわざアプリをインストールし、読み取りを行うという手順について紹介しました。 しかし、なぜQRコードリーダーをわざわざインストールしなければならないのか、疑問に思う方もいることでしょうから、その疑問について紹介していきます。 XPERIAにはQRコードリーダーのアプリは別の名前で入っている XperiaではバーコードリーダーやQRコードリーダーではなく別名でインストールされていることがあります。 これは上記で紹介したソフトバンクのxperiaでのQRコード読み取り方法を見てもわかるのではないでしょうか。 アプリ一覧に表示されずに、ツール欄に入っていたり、別名で入っていたりすることはXperiaだけではなく他機種でもあることです。 なので、一通り探したけどバーコードリーダーがなかったという方はこの点を踏まえたうえでもう一度探してみてください。 docomoのXperiaでは自分でインストールする必要がある ソフトバンクのxperiaでは名前が少し異なるものの、バーコードリーダーアプリが入っていました。 しかし一方で、 docomoのxperiaには最初からバーコードリーダーがインストールされているわけではありません。 docomoのxperiaでは自分でバーコードリーダーアプリをインストールする必要があるため、上記のような方法となっているのです。 なぜ、このような不便な仕様となっているのかはわかりませんが、一部の人の中ではいらないアプリが勝手にインストールされているのよりは良い、との声もあります。 こういったユーザーの声に耳を傾けた結果、バーコードリーダーが必要な人は各自インストールしてもらうような仕様としたのかもしれませんね。 他にもXPERIAでQRコードが読めるアプリはある スマホでQRコードを読み取るためにはバーコードリーダーを利用しなければならない。 このように考えている方も多いのではないでしょうか。 しかし実はスマホでQRコードを読み取るにあたり、 必ずしもバーコードリーダーを利用しなければならないというわけではありません。 SNSツールとして有名な ラインにツイッター、フェイスブックなどのアプリでもQRコードを読み取ることが可能なのです。 別にバーコードリーダーアプリがなくても良いというXperiaユーザーは、そういったSNSツールをぜひ利用してみてください。 ちなみに参考までにツイッターでのQRコードの読み取り方法はというと以下のようになります。 ツイッターでQRコードを読み取りするには、左上にあるメニューボタン ハンバーガーマークのボタン をタップし、QRコードをタップします。 いくつか権限の認証が必要になりますが、そちらを認証すればQRコードの読み取りが可能になります。 ラインの場合は友だち追加方法の一つである「QRコード」から読み取りを行うため少し違いますが、フェイスブックの場合もツイッター同様にメニューから遷移しQRコードの読み取りが行えます。 参考元: XPERIAでQRコードがなかなか読み込めない場合 最後にQRコードの読み取りが上手くいかない場合、なかなか読み込めない場合の対処法について紹介していきます。 というのも、利用するバーコードリーダーアプリによっては読み取りたいQRコードとは相性が悪くスムーズに読み込めないということもあるからです。 いくら評価の高いバーコードリーダーアプリでも自分にとっても使いやすいかどうか、ということには必ずしもつながるわけではありませんので、ぜひこちらの対処法をお試しください。 例えば暗い場所や、カメラのレンズが汚れていること、読み取る際にブレているなど様々な要因によりQRコードの読み取りは上手くいかなくなります。 できるだけ明るい場所かつ読み取りたいQRコードに対しスマホが平行に、そして手ブレしないように気を付けつつ読み取りを行うようにしましょう。 まとめ Xperiaの中でもドコモのXperiaの場合はQRコードの読み取りを行うためのアプリであるバーコードリーダーアプリがインストールされていません。 そのため、ドコモのXperiaを使用している方がバーコードリーダーアプリを使用するには自分でインストールする必要がありますのでご注意ください。 ちなみに今回の記事ではdocomoが配信しているバーコードリーダーアプリをインストールし、QRコードを読み取る方法について紹介してきましたが、当然google playで配信されているアプリを使用しても構いません。 基本的にバーコードリーダーアプリを起動し、QRコードにかざすことで読み取りができるということについては変わりませんので、好きなアプリを探してみてもいいかもしれませんね。

次の

Xperia(エクスペリア)の画像をパソコンに転送したいのですが、、...

エクスペディア エース

NTTドコモは6月1日、Xpriaシリーズの新コンパクトモデル「Xperia Ace(エース)」を発売します。 今回、短い時間ではありますが、発売前の実機を事前に触れたので、インプレッションをお届けしたいと思います。 まさに片手にしっくり——。 「Xperia Ace SO-02L」は、約5. 0型のフルHD+ディスプレイを搭載するスマートフォン。 縦横比率は18:9です。 これは、2018年夏モデルで登場した「Xperia XZ2 Compact SO-05K」と同じ。 1mmと比べると少しだけ大きく、やや薄めです。 筐体デザインはフラットになりました。 まん丸な音量キーのデザインが個人的に可愛いくてグッとくる。 Aceはあくまでミッドレンジモデル。 プロセッサを比較すると、AceがSnapdragon 630であり、Spapdragon 845を搭載するXZ2 Compactと比べるとやや性能は控えめ。 一方、RAM 4GB、ROM 64GBという仕様は共通で、OSもAndroid 9です。 とは言え、日常的なコミュニケーション用途をメイン使う分には、特に不満は感じません。 バッテリーは2700mAhで、コネクタにはUSB Type-Cを採用。 STAMINAモードやいたわり充電などのXperiaならではのバッテリー関連機能にも対応しています。 側面の電源キーは指紋センサーを兼ねます。 欲しいやつ、全部入りです。 これで価格は4万8600円(税込)。 グラフィック処理の重いゲームなど頻繁に利用しない人にとって、端末コストを抑えつつ日々の使い勝手を維持できる狙い目の端末と言えるでしょう。 サイドセンス対応だけどAce独自のUIに パパッとアプリを起動できる機能と言えばこちら——。 Xperia Aceは、ハイエンドシリーズと同様に「サイドセンス」に対応します。 ただし、Xperia XZ3やXperia 1などと比べると、ディスプレイ側面をダブルタップするのではなく、表示されたバーから起動する点などが異なります。 あと、どうやらマルチウィンドウへのショートカット作成はないみたい。 このサイドセンスバーは設定アプリからカスタマイズ可能。 「左右どちらに(あるいは両方に)表示するのか」「バーの長さをどうするのか」などを、持つ位置に合わせて調整すれば、使用頻度の高いアプリを起動しやすくなります。 片手操作が前提になるコンパクトモデルだからこそ、こうしたアプリの起動がスムーズになる機能が使えるのは重要。 インカメラは広角撮影に対応 まぁカメラはそこそこ綺麗に撮れれば文句ありません。 Xperia Aceのリアカメラは1200万画素でF値1. おなじみ「プレミアムおまかせオート」では、13種類のシーン認識と被写体の動きの有無など4種類のコンディションを自動で認識し、最適な色味を再現できます。 また、動画撮影では、光学式+電子式のハイブリッド手ブレ補正に対応しています。 普段使いで困ることはまずないでしょう。 そのほか、特徴的な撮影機能としては「4コマストーリーモード」があります。 こちらは4枚の連続写真を動画やコラージュとして記録できるというもの。 さほど目新しさは感じませんが、複数人で使えばそこそこ楽しめるかなという印象でした。 ちなみに、ARエフェクトとか、Google Lensとか、マニュアル撮影とか、おなじみの機能も使えます。 インカメラは800万画素。 背景を含めたセルフィーやグループでの記念撮影が行いやすく、美肌加工も併用可能。 使い勝手はとても良いです。... 撮影画面のスクリーンショットは取りづらかったけど。 サウンドは細部にこだわらなければ満足 内蔵スピーカーはステレオです。 通話で耳に当てる部分と、下部側面のスピーカーから音が出ます。 軽く音源を再生してみたところ、音の定位は問題なく正面でバランスよくサウンドを楽しめました。 ただし、スピーカーの性能はそれなりのようで、大音量だとシャカシャカした音の割れる感じはありました。 要するに、ソファに座りながら小さめの音でYouTubeを見るひとには問題ないですが、Netflixで映画を臨場感の音で楽しみたいという人向けではありません。 5mmイヤホンジャックが付いているので、その場合には、有線イヤフォンかヘッドフォンを使うのが良いと思います。 ハイレゾ音源には対応していますし、通常音源をハイレゾ相当の音質に変換する「DSEE HX」にも対応しています。 また、LDACやaptX HDもサポートしているので、ワイヤレスヘッドフォン派でも高音質で楽しめます。 まとめると、Xperia Aceは4万円台という価格で、防水やFelicaなどの便利機能に一通り対応しており、コンパクトなAndroidスマートフォンを望む層には、オススメしやすい端末だと感じました。 一方で、ゲームや音楽など、エンターテインメント用途をメインに想定しているならば、やや頼りない部分があるのも事実。 特にサウンドにこだわりがある場合には、ヘッドセット使用を前提に考えるのが良いでしょう。 なお、エンタメ用途にこだわりがある場合、予算に余裕があるならば、上位機種の「」も検討すべきです。

次の

Xperia Ace ケース so02lカバー SO

エクスペディア エース

基本スペックの表 カラー パープル ホワイト ブラック サイズ 高さ 約140mm 幅 約67mm 厚さ 約9. 3mm 最厚部 約9. 0 High Speed 機能 Device mode: MTP, ADB, RNDIS(USB tethering), MIDI, Android Open Accessory 2. 0 イヤホンマイクジャック 3. 4Mbps 送信時 5. 11n Wi-Fi 4 2. 11ax Wi-Fi 6 2. 対応周波数詳細の表 国内 4G(LTE) FD-LTE バンド1 2. 4GHz,3. 5GHz または 2. 5GHz または 1. 5GHz または 1. 5GHz または 2. 5GHz または 2. 5GHz または 1. 5GHz または 2. 5GHz または 2. 5GHz または 2. 5GHz または 2. 5GHz または 2. 4GHz - その他対応バンド組み合わせ - 海外 4G(LTE) FD-LTE バンド1 2. 0GHz 〇 バンド3 1. 7GHz 〇 バンド4 AWS - バンド5 850MHz 〇 バンド7 2. 6GHz - バンド12 700MHz 〇 バンド13 700MHz - バンド17 700MHz 〇 バンド28 700MHz - TD-LTE バンド38 2. 6GHz - バンド39 1. 9GHz - バンド40 2. 3GHz - バンド41 2. 5GHz - バンド42 3. 8GHz 〇 1. 9GHz 〇 制限事項 バンド19、バンド21は日本国外でご利用になれません。 2) その他 -• マルチリンガル機能の表 表示言語 スペイン語、フィリピン語、フランス語、クロアチア語、インドネシア語、アイスランド語、イタリア語、ラトビア語、リトアニア語、ハンガリー語、オランダ語、ノルウェー語 書籍語 、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、アルバニア語、スロバキア語、スロベニア語、セルビア語、フィンランド語、スウェーデン語、ベトナム語、トルコ語、ギリシャ語、ブルガリア語、カザフ語、マケドニア語、ロシア語、ウクライナ語、ヘブライ語、アラビア語、ペルシャ語 ダリー語 、マラーティー語、ヒンディー語、ベンガル語、タミル語、テルグ語、カンナダ語、マラヤーラム語、タイ語、韓国語、日本語、中国語 簡体 、中国語 繁体 入力言語 対応言語につきましては、以下のホームページをご覧ください。 263, H. 264, H.

次の