桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力。 政府「反社会的勢力の定義は困難」を閣議決定に怒りの声が殺到

桜を見る会の問題から逃げるため、反社会的勢力の定義まで捨て去った国民

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

政府は、「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁書を閣議決定しました — 毎日新聞 mainichi 安倍首相主催で、公金を使って開催されていた「桜を見る会」に参加していたとされる「反社会的勢力」。 この言葉について、政府は、立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難」とし、「反社会的勢力」の過去の使用例と意味については「政府の国会答弁、説明資料などでの使用のすべての実例や意味について、網羅的な確認は困難」と回答。 しかし、政府は以前、菅氏を含む全閣僚で構成されている犯罪対策閣僚会議の幹事会申し合わせで策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」で「反社会的勢力」という言葉をすでに用いていた。 同指針では、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団・個人」と定義していることから、今回の答弁と矛盾が生じているのは明確である。 これについて「異なる定義があるなら対応を変更する必要が生じかねない」との指摘を受けると、「現在、企業は指針を踏まえて取り組みを着実に進めている」と濁した。 「桜を見る会」を筆頭に、苦しい言い訳が続く安倍内閣。 国民が納得する説明を聞くことができる日はくるのだろうか。 これについて日本のネット上では「閣議決定って首相の犯罪を隠蔽するためのシステムみたい」「民間企業はどうやって反社かどうかの判断すれば良いんだ」「ほぼすべての人が理解してる」「自分で決めた定義を自分でひっくり返すのは、さすがにまずい」と呆れた声が挙がっている。 Twitterの声 「自民党の複数の議員が反社会勢力の構成員と記念写真を撮っていた問題を追及されている安倍晋三首相は10日、「反社会勢力の定義は社会状況によって変化するため、統一的に定義することは困難」という答弁書を閣議決定した」とのこと。 閣議決定って首相の犯罪を隠蔽するためのシステムみたいだね。 国として反社会的勢力の定義が揺らぐという…。 >RT — 電羊齋 Talkiyan Honin Jai talkiyanhonin 安倍政府は、反社会勢力を判断する力が無いという無能ぶりを自ら訴えたのですね。 政治を執行する能力に欠けてるので、安倍政府即刻全員辞職するべき。。 🙄 — Mich Mitsuru46661264 じゃあ公的機関との契約で必ず提出させられる「私は反社会的勢力ではなく、反社会的勢力とも取引した事がない」旨の宣誓書は今後要らなくなるんだな。

次の

桜を見る会問題

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

政府は、「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁書を閣議決定しました — 毎日新聞 mainichi 安倍首相主催で、公金を使って開催されていた「桜を見る会」に参加していたとされる「反社会的勢力」。 この言葉について、政府は、立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難」とし、「反社会的勢力」の過去の使用例と意味については「政府の国会答弁、説明資料などでの使用のすべての実例や意味について、網羅的な確認は困難」と回答。 しかし、政府は以前、菅氏を含む全閣僚で構成されている犯罪対策閣僚会議の幹事会申し合わせで策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」で「反社会的勢力」という言葉をすでに用いていた。 同指針では、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団・個人」と定義していることから、今回の答弁と矛盾が生じているのは明確である。 これについて「異なる定義があるなら対応を変更する必要が生じかねない」との指摘を受けると、「現在、企業は指針を踏まえて取り組みを着実に進めている」と濁した。 「桜を見る会」を筆頭に、苦しい言い訳が続く安倍内閣。 国民が納得する説明を聞くことができる日はくるのだろうか。 これについて日本のネット上では「閣議決定って首相の犯罪を隠蔽するためのシステムみたい」「民間企業はどうやって反社かどうかの判断すれば良いんだ」「ほぼすべての人が理解してる」「自分で決めた定義を自分でひっくり返すのは、さすがにまずい」と呆れた声が挙がっている。 Twitterの声 「自民党の複数の議員が反社会勢力の構成員と記念写真を撮っていた問題を追及されている安倍晋三首相は10日、「反社会勢力の定義は社会状況によって変化するため、統一的に定義することは困難」という答弁書を閣議決定した」とのこと。 閣議決定って首相の犯罪を隠蔽するためのシステムみたいだね。 国として反社会的勢力の定義が揺らぐという…。 >RT — 電羊齋 Talkiyan Honin Jai talkiyanhonin 安倍政府は、反社会勢力を判断する力が無いという無能ぶりを自ら訴えたのですね。 政治を執行する能力に欠けてるので、安倍政府即刻全員辞職するべき。。 🙄 — Mich Mitsuru46661264 じゃあ公的機関との契約で必ず提出させられる「私は反社会的勢力ではなく、反社会的勢力とも取引した事がない」旨の宣誓書は今後要らなくなるんだな。

次の

桜を見る会問題

桜 を 見る 会 反 社会 的 勢力

政府は、「反社会的勢力」の定義について「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難だ」とする答弁書を閣議決定しました — 毎日新聞 mainichi 安倍首相主催で、公金を使って開催されていた「桜を見る会」に参加していたとされる「反社会的勢力」。 この言葉について、政府は、立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に「その時々の社会情勢に応じて変化し得るものであり、限定的・統一的な定義は困難」とし、「反社会的勢力」の過去の使用例と意味については「政府の国会答弁、説明資料などでの使用のすべての実例や意味について、網羅的な確認は困難」と回答。 しかし、政府は以前、菅氏を含む全閣僚で構成されている犯罪対策閣僚会議の幹事会申し合わせで策定した「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」で「反社会的勢力」という言葉をすでに用いていた。 同指針では、「暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団・個人」と定義していることから、今回の答弁と矛盾が生じているのは明確である。 これについて「異なる定義があるなら対応を変更する必要が生じかねない」との指摘を受けると、「現在、企業は指針を踏まえて取り組みを着実に進めている」と濁した。 「桜を見る会」を筆頭に、苦しい言い訳が続く安倍内閣。 国民が納得する説明を聞くことができる日はくるのだろうか。 これについて日本のネット上では「閣議決定って首相の犯罪を隠蔽するためのシステムみたい」「民間企業はどうやって反社かどうかの判断すれば良いんだ」「ほぼすべての人が理解してる」「自分で決めた定義を自分でひっくり返すのは、さすがにまずい」と呆れた声が挙がっている。 Twitterの声 「自民党の複数の議員が反社会勢力の構成員と記念写真を撮っていた問題を追及されている安倍晋三首相は10日、「反社会勢力の定義は社会状況によって変化するため、統一的に定義することは困難」という答弁書を閣議決定した」とのこと。 閣議決定って首相の犯罪を隠蔽するためのシステムみたいだね。 国として反社会的勢力の定義が揺らぐという…。 >RT — 電羊齋 Talkiyan Honin Jai talkiyanhonin 安倍政府は、反社会勢力を判断する力が無いという無能ぶりを自ら訴えたのですね。 政治を執行する能力に欠けてるので、安倍政府即刻全員辞職するべき。。 🙄 — Mich Mitsuru46661264 じゃあ公的機関との契約で必ず提出させられる「私は反社会的勢力ではなく、反社会的勢力とも取引した事がない」旨の宣誓書は今後要らなくなるんだな。

次の