ロバート ウォルター ズ 評判。 ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント

ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント

ロバート ウォルター ズ 評判

ロバートウォルターズの登録の手順• 公式ページをワンスクロールして『まずはキャリア相談』をクリック• 各種必須項目を入力し『送信する』をクリック• ワンスクロールして赤枠になっている『まずはキャリア相談』をクリックしてください。 各種必須項目を入力し、職務経歴書を添付『送信する』をクリックしてください。 Step4:登録完了(約1分) 『送信する』をクリックすると上記のページに移動します。 このページが表示されれば登録完了となります。 お疲れ様です。 英語が公用語ではない日本にとっては、外資系企業に入るのは至難の業。 ただ、それでも外資系企業に入りたいという人は自分のスキルを磨き、チャレンジしてみるといい。 どこまで自分が通用するのかを確認することも大切だ。 元転職エージェントからみたロバートウォルターズの評価 ロバートウォルターズのメリット・デメリットについて確認していきました。 続いて、元転職エージェントである私から見たロバートウォルターズについて紹介していきます! 私からみるとロバートウォルターズは『 外資系企業への転職を本気で考えている人におすすめな転職エージェント』と言えます。 日本の転職エージェントは総じて外資系企業の求人が少ないです。 その点、ロバートウォルターズは外資系企業に特化した転職エージェント。 他の転職エージェントでは扱っていない企業も豊富に扱っています。 世界的な人気企業もあり、スキルや経験があれば転職することも可能です! また、年収も大幅にアップするので、転職するだけで世界が大きく変わることでしょう。 外資系企業によって必要なスキルや経験が変わってきますので、自分でも応募できる企業があるのであれば、積極的にチャレンジすることをおすすめします。 「英語を生かしたい!」そんな思いから外資系の企業に転職しようと考え始めました。 学生のころの留学で英語をマスターしていたこともあり、次は英語をうまく活用した仕事をして人の役に立ちたいと思うようになりました。 そこで利用したのがロバートウォルターズです。 外資系企業への転職を専門に扱っているので、要望が通じやすくサポートも的確。 安心して任せることができました。 英語が話せると言うこともあり、転職の候補も充実。 自分が希望する企業に転職することができました。 他のエージェントでは取り扱っていない企業でしたし、一般で受ければまず受からない難しい企業だったのでかなり満足です。 Twitter(ツイッター)の口コミ そうなんだ!外国語使いたいならロバートウォルターズか、haysっていうところが結構求人持ってるよ!あんまり面接の準備してくれないけど笑 — fake nigga tay-k chickenugets 外人転職エージェントのコネクションを新規開拓したけど、結局マイケルペイジとロバートウォルターズでいいやんってなった… 求人の質もそうだけど、役員とか採用担当者とダイレクトの繋がりあったりするから、フィードバックまでのスピードが全然違うみたい。 いい会社だとスピード大事だもんなぁ… — くまこ kumako35 今回もロバートウォルターズが日系、外資ともに圧倒的にいいとこ沢山紹介してくれる感あるなぁ。 ビズリーチ、解除忘れで有料会員なってしまって三千円くらい取られたけど、英語使う大型案件あんまりなさそう。 メールきても最近見てない。 — くまこ kumako35 Yahoo! 知恵袋の口コミ 【質問】 ロバートウォルターズジャパンという会社のコンサルタントから突然ヘッドハンティングの電話がありました。 どこで私のことを調べたのか分かりませんが、どういうことでしょうか?詳しい方、教えてください。 【回答】 外資系ビジネスマンです。 副業で転職エージェントをしています。 ロバートウォルターズジャパンは一昨年10周年を迎えた渋谷に日本支社がある外資系に強い人材紹介会社 転職エージェント です。 私自身も大阪から東京に転職を伴って来た時、ロバートウォルターズにお世話になってます。 担当コンサルタントも外国人が多く、セールス・マーケティングの職種に強みがあります。 厳密に言えばヘッドハンティングではなくスカウトですね。 おそらくご質問者様の経験値・スキルに合う案件がいくつかあって、声をかけてきたのだと思います。 彼等は登録した候補者に転職を斡旋するのがメイン業務ですが、候補になりうる人材 彼等にすれば商品 を仕入れるのも仕事です。 ですので、業界セミナーや異業種の集まり、在日 商工会議所 パーティ、営業や人事系のセミナー、はたまた財界人のゴルフ等あらゆるところに顔を出して優秀な人材の情報を得ます。 決して怪しい事ではないので、ご興味があれば一度コンサルタントにどんな案件か聞くのも良いですし、面談する事でご自身のマーケット価値がある程度解ります。 引用: 他のエージェントとの違い• 外資系企業に転職するためのサポートが充実している• 他にはない外資系企業を豊富に取り扱っている• そもそも外資系企業を取り扱っている転職エージェントが少ないので、外資系の転職に関して言えば業界No. 1と言っても過言ではないでしょう。 外資系の企業は、通常の転職とは流れも選考基準も異なります。 確実に外資系企業へ転職したいのであれば、流れを熟知しているエージェントを利用するべきでしょう。 違いその2:他にはない外資系企業を豊富に取り扱っている 外資系企業の転職に特化していると言うことは、サポートだけでなく求人も豊富に取り扱っているということです。 大手転職エージェントでも扱っていないような海外の企業がたくさん。 もちろん業種や職種で選ぶことができますし、年収やキャリアでも選べます。 外資系の求人を「選ぶ」ことができるのです。 違いその3:世界トップクラスの人材会社が運営しているので安心 ロバートウォルターズは世界で活躍する人材会社になります。 世界規模で活躍しているので、そう簡単に潰れることはありません。 日本の大手転職エージェントも安心できますが、それ以上に安心して転職活動だけに集中することができます。 こんな人におすすめ• 英語を活用した仕事につきたい• 海外で働いてみたい• スキルや強みを世界規模で生かしたい• 外資系の企業に転職したい• 安心できる転職を行いたい• 年収を上げたい• キャリアアップさせたい• かっこいい仕事がしたい etc.. このような人はロバートウォルターズを利用すべきでしょう! 外資系企業専門の転職エージェントなので、 外資系に興味があり、自分のスキルや強みに自信を持っていると言うのが大前提です。 他の転職エージェントでは絶対に取り扱っていない求人が豊富に存在するため、転職の幅は外資系といえど広いです。 「私は外資系に働けるレベルなのかな?」と思っている人もチャレンジするのはタダです。 利用してみましょう! 転職をしてレベルアップを測りたいのならこれ以上ない転職エージェントだ。 難しいがチャレンジしてみると良い。 ポイント ロバートウォルターズでしか転職できない外資系企業に転職できるチャンスを得られる・自分が培ってきたスキルを試せるetc.. コメント 世界中の外資系企業にコネクションを持っている『ロバートウォルターズ』。 外資系企業の求人が充実している。

次の

ロバート・ウォルターズ・ジャパンの評判の実際は?特徴、メリット、不満、登録おすすめ度

ロバート ウォルター ズ 評判

ロバート・ウォルターズは、外資系企業への転職に強みを持っている転職エージェントです。 ロバート・ウォルターズは、リクルートエージェントやDODAなどの日系の転職エージェントではなく、本社をイギリスに持ち、ブリュッセル(ベルギー)、メルボルン(オーストラリア)、ニューヨーク(アメリカ)、アムステルダム(オランダ)など、世界中に27の拠点をもっている、グローバル系の転職エージェントになります。 もちろん「ロバート・ウォルターズ・ジャパン」として日本にも拠点があり、東京と大阪にオフィスを構えています。 転職エージェント「ロバートウォルターズ」の拠点 ロバートウォルターズは2015年現在、下記のように世界各国に27の拠点を持っています。 オーストラリア• ベルギー• ブラジル• フランス• ドイツ• インドネシア• アイルランド• 日本(東京、大阪) 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東急ビル14階 大阪府大阪市北区豊崎3-19-3 ピアスタワー15階• ルクセンブルグ• マレーシア• オランダ• ニュージーランド• シンガポール• 南アフリカ• スペイン• スイス• UAE• イギリス• アメリカ• ベトナム 日本だと東京と大阪に拠点を持っている「ロバートウォルターズ」の口コミや評判は? 日本だと東京と大阪に拠点を持っている転職エージェントのロバートウォルターズですが、外資系企業、日系グローバル企業への転職に強みを持っていることが口コミや評判からわかります。 「ロバートウォルターズ」は、バイリンガルスペシャリスト向けの転職や、大手企業のグローバル人材採用の支援に力を入れている印象が強いですね。 を使うことで、ハローワークや転職サイトを使うよりも、満足いく転職活動がおくれる可能性が高くなるので、ぜひ活用してみてください。

次の

ロバートウォルターズ「英語を活かした転職」で評判の転職エージェント

ロバート ウォルター ズ 評判

回答者 3. 5 働きがい: 正直なところ、給与の良さ、人間関係の良さというところが大きく、仕事としての働き甲斐は少ない。 仕事を任せてもらえ、個人で動けるのは良いが、求職者に対してもベストな提案をしているかというとそうでないと感じることも多い。 あまり評判の良くない会社であっても、売り上げにつながりそうであれば内定に向けて尽力するしかない。 人の為になるのか、というとそうであることもあるが、そうでないこともあり、しばしば葛藤を感じる場面もある。 成長・キャリア開発: 成長できるかというとそうは思わない。 同じことの繰り返しで、他業界で重宝されるようなスキルはあまり身につかない。 社内を見ても、結局は身勝手でお金のことだけを考えられるような人が上に上り詰めていく印象。 短期的な売り上げだけを追い、あまり頭もいらないので、正直勢いと気合がある方が成功するのではと思います。 回答者 3. 8 基本的に休みもとりやすく、休暇申請に理由の用意も必要ない。 風潮として、成果を出せていればとりやすい側面はあるが、だいたいの場合気兼ねせずに休みを取れるので、部門で休みの人が常にいるような状態であり、常にお土産のお菓子があるイメージだ。 また、休みの人がいることによる他者への追加業務などはほとんど発生しない反面、自身が休みのときもある程度状況を自分自身で確認する必要があるときもある。 また残業も新人は多くしている印象にあるが、業務に慣れてくれば自ずと減少傾向にあるかと思う。 残業が称賛される文化ではないので、時間内に最大限のパフォーマンスを要求されるが、その分ワークライフバランスは良いのではないかと思う。 パフォーマンスがあれば、よりいいワークライフバランスがえられるかとぞんじます.

次の