英語 を 勉強 する 理由。 英語はあくまで手段!英語を勉強するよりも英語を使って勉強するべき!

勉強をする理由と意味<<実はこんなメリットが!>>

英語 を 勉強 する 理由

今回の講義では、英語の勉強に対するモチベーションを高めるために、私が大切だと考えていることをお話ししていきます。 あなたは今、英語の勉強法についてインターネットを使っていろいろと調査をしているからこそ、このサイトにたどり着いたのだと思います。 つまり、あなたは、「英語を勉強したいと考えている」、もしくは、「すでに英語の勉強をしていて、今よりも上達したいと考えている」、このような思いがあるはずです。 それでは、私が以下の質問を投げかけたとき、どれだけ具体的で明確な理由を話すことができるでしょうか? なぜ英語を勉強したいのですか? なぜ今よりも上達したいと思うのですか? この質問をすると、だいたい以下のような回答が返ってきます。 ・英語が話せたらかっこいいから 今まで自分は特技という特技がなく生きてきました。 だから英語だけはどうしてもできるようになりたいです。 そうすればそれが自分の自信につながって、他の面でも行動が積極的になると思うからです。 英語ができる自分を想像すると、ワクワクします。 英語を覚えて自分の友人や家族にも指導できるようになりたいです。 このように英語を通して自分を変えたいです。 ・海外旅行に行きたいから 今まで英語が話せないという理由だけで、海外を自分の中で遠いものにしてきました。 しかし、人生は経験が大切だと思います。 人生の時間は限りがあります。 生きているうちに世界中のいろいろな景色を自分の目で見てみたいと思います。 その感動が一生自分の宝物になると思うからです。 今まで日本人としか話ができない自分でしたが、世界中のいろいろな人と話して、みんながどんな考えをしているのかを知れたら、それが自分の人生で大きな生きるヒントになると思います。 ・転職したいから 自分は今まで職場でルーティンワークばかりをひたすら10年間してきました。 年齢的にも転職はあと数年で限界がきそうです。 これからあと25年間会社で働くことを考えると、もっとやりがいがあって、自分の成長につながる場に身を置きたいと思います。 そのために転職に有利と言われている英語力を身につけたいです。 転職をしてやりがいを手にしたいですし、給料も今以上にもらうことができ、休日も増えればと思います。 仕事に対して不満や悔いのある人生にはしたくないです。 どうでしょうか、はじめに書いた3つの箇条書きの理由をさらに掘り下げたバージョンを書いてみました。 英語を勉強するのなら、これくらい具体的で未来が想像できる理由を持ちましょう。 考えるだけで、ワクワクするような理由があれば、それは高いモチベーションになります。 人間は、具体的に想像できる未来に対しては信じることができ、それを手に入れるための行動もできるものです。 しかし反対に、曖昧にしか描けていない未来であれば、本当にそれを手に入れたいのか本人でさえも分からなくなってしまうものです。 英語をマスターして自分はどうなりたいのか、何がしたいのか、この理由を明確かつ具体的にしましょう。 それがあなたの行動のエネルギーになります。 最後にもう1つ、モチベーションを維持するために有効な方法を紹介します。

次の

勉強をする理由と意味<<実はこんなメリットが!>>

英語 を 勉強 する 理由

英会話を学習する上で重要なことは「参考書を読むこと」ではなく、 正しい英語を聞いて声に出す、もしくは自分で考えて声に出すことです。 なので自分の言いたいことや質問に対して反射的に、英文を構築し、声に出す必要があるのです。 これらを鍛えるトレーニング方法は電車の中で有効的なので実践してみてください。 では解説していきます。 【英語勉強法】英会話フレーズを思い描く 電車の中でできるオススメの英会話勉強法は 「英会話フレーズ」を作りまくることです。 英会話フレーズは短文で構いません。 例えば 「今日は暑いな。 しかも満員電車。 嫌だなぁ」 自分の感情を表現したシンプルなセリフですが、英語に訳すとどのようになりますか? hot? full? crowd? do not like? dislike? などちょっと迷う部分も出てきますよね? そしてこのフレーズは会社などで「おはよう!元気?」と質問されたときの日常会話に役に立ちます。 「英会話フレーズ」の作り方 電車の中ではさまざまな事象が起こるのでこのような文章を用意に作成できると思います。 乗客を見て物語を想像したり、車内広告を翻訳してみたり、景色から街の様子を想像するなどして英文を作成してみてください。 例えば他人の行動を見て、 電車で勉強をしているあの学生は今日テストなのかもしれません。 なぜなら表情が必死だからです。 自分も昔はテストの前日に追い込まれて勉強していた経験があり~~~ 日本語なら日常的な会話の一部ですが、英語にしたらどうでしょう?あれ?関係代名詞?接続詞?とか迷いますよね。 I think he may be an exam in the school today because his face is very serious. 彼は学校で~~。 彼は怖い顔で~~のように短文で表現しても問題ないです。 慣れてきたら色々な表現をしてみてください。 【英会話上達に向けて】声に出すことが重要 作成した英文はなるべく声に出してみてください。 声に出し、自分の耳で聞くことで記憶に定着しやすくなります。 電車の中なので声が出るか出ないかの超小声でも構いません。 英会話はやはり声に出して話すことが本質です。 なので電車の中でもできる限り実践した方が良いでしょう。 電車の中で参考書を読む勉強法 ちなみに 電車の中で「参考書を読む」とか「アプリで勉強」ももちろん有効的な勉強法ですが、個人的にはオススメしません。 今回は英会話に特化して通勤・通学時間に勉強する方法を紹介しているのも理由の一つですが、それよりも「続かない」ことが懸念されます。 ただでさえストレスのたまる電車移動で参考書をストイックに読み続けられるでしょうか?それよりも英会話フレーズを作っていた方が気が楽だと思います。 リスニングに効果的な英語勉強法 リスニングにはシャドーイングが有効です。 シャドーイングとは音声を聞いた後、即座に復唱する勉強法でリスニングやスピーキング能力の改善に効果を発揮します。 注意点として音を聞くとほぼ同時に発声するように心がけてください。 音声とスクリプト(台本)さえあれば教材は何でも構いません。 こちらも電車の中では小さい声にするか字幕を追うだけでも良いでしょう。 歌詞を見ながら好きな洋楽を聴くだけでも、リスニングの良い勉強になります。 最近では動画配信サービスが発達しており、低価格でコンテンツ動画を視聴できるようになりました。 英語字幕付きの海外ドラマや映画が豊富なHuluは英語の学習に最適です。 もし英語の筆記試験でスコアを上げたいという方は電車の中で「英単語」を覚えたり、文法書を読んだ方が良いです。 英会話に関しては全く勉強法が変わってくるので リーディングとリスニング・スピーキングは別物であるという認識を持ってください。 ほとんどの日本人が英文法は得意ですが、英会話が苦手な人が多いですよね? リスニング・スピーキングを鍛えるには ひたすら英文を聞いて声に出す、もしくは英文を考えて声に出す必要があります。 みなさんも是非実践して英会話スキル向上に役立てください。

次の

英語を勉強する理由

英語 を 勉強 する 理由

最初に言っておきますが、これは僕の勝手な見解です。 ちなみに、僕はカナダに住んでいた時期もありましたし、現地で留学エージェントとして働いた経験もあります。 今はフィリピン留学のエージェントをしています。 そんな僕のストーリーというか意見なので少しはみなさんの役に立てれば嬉しいです。 まず、題名にある通り 日本人は正直英語を勉強しなくてもいいと思っています。 その理由は 「別に英語なんて使えなくても日本語だけで生きていける」から。 僕は日本で生活していて英語が使えないから困ったという経験がほとんどない。 みなさんも考えてみてください。 あまりそういう経験はないはずです。 あるとしたら、あなたが意識的に必要な環境に身をおいているから。 もしくは、観光で来ている外国人に道を聞かれた時ぐらい。。。。 でしょうか?いやいや、もっとあるかもしれませんね。 いずれにしろあなたにとってそんなにたいした事ではなかったはずです。 最近はグローバル化だのなんだので、英語は必要という世の中の流れになっていますし、多くの人達が言われていますね。 その通りだと思います。 そのような環境に身をおこうとしている人達にとっては。 では、別にそんな環境に自分をおこうとしていない人達にとってはどうでしょうか? 例えば、、、 ・ 将来は主婦になって、仕事は簡単なパートをしていたい人 ・ 将来は公務員(公務員もいろいろな職種があると思うが)になって安定した生活をおくりたい人 ・ 海外と仕事をしていない会社で働いている人 ・ ゆくゆくは田舎でカフェや居酒屋がしたい人 などなど。。。 ビジネスに関しては、そもそも日本は国内だけでも回るビジネスがたくさんありますし、それだけの人口やマーケットがあるはずです。 今後は日本だけでは・・・と言われていますがそんな数年で日本全体がそうなるとは思いません。 もしかしたらずっとそんな事は起こらないかもしれません。 それと、日本にも多くの外国人がいます。 あれ?じゃあ彼らと生きていく上で英語が必要なんじゃ? うん。 そうかもしれません。 笑 ただ、日本にいる外国人の方々、日本語が話せる人多いです。 中にはかなり流暢に話せる人達もいます。 少なくとも僕の周りにはいっぱいいます。 日本にいる理由は様々ですが、彼らも僕たちが留学すれば現地の言葉を学ぶように日本語を学びます。 中には全く話せない人もいますが本当に稀です。 という感じで英語は生きていく上でそんなに必要ない物です。 では、ここからそれをわかった上で(僕が考える)英語を勉強した方が良い3つの理由です。 この3つのうち1つくらいは当てはまるんじゃないでしょうか? 1つ目 仕事の面を書きます。 みなさんもお分かりかと思いますが、かなり仕事の幅が広がります。 それは正社員・派遣・バイトどれにおいてもそうです。 就活で有利になる可能性が大きいという事。 なかなか仕事が見つからないと言う人にとっては応募できる仕事が増えます。 また、既にどこかの組織で働かれている方はその中で任せられる仕事が増えます。 想像してみてください。 新卒または中途採用で入った会社。 あなたがする仕事は先輩のアシスタントや雑用など実につまらない仕事。 数週間もして、なれてくると毎日同じ事の繰り返しで面白くない。 そこに英語が必要な仕事があなたの部署に入ってきます。 英語が使えるのはあなただけです。 するとどうでしょう? その仕事はあなたなしでは進みません。 上司・先輩・同期・後輩みんなから頼られるんですよ! もちろん同期との差もつき、雑用を頼まれてた先輩より上の役職に。 月給や時給が上がる可能性もありますね! そんな自分どうですか?笑 うん!かっこいい! ここまでは国内での話。 では、国外ではどうでしょう。 英語ができると海外で働けます。 うまくいくと海外で雇ってくれる会社が見つかる可能性も。 海外で働けて得する事もたくさんあります。 まず海外で働ける、生活できるだけで嬉しい人たくさんいるんじゃないでしょうか?それに欧米の会社では日本の会社ようにサービス残業をさせられたり、休日に出社させられたりする事はほぼありません。 (ただし、偉くなったりすると日本人のように働かないといけない可能性も。 ) 実際、僕がカナダで働いていた時は絶対定時で帰れと言われたし、帰らないと逆に怒られてました。 休日も一度も出勤した事ありません。 また、中には日本語がしゃべれる事で得する国や仕事もあります。 日本(日本人)が大金を落としていってくれる国の一つだと思っている国も少なくないので。 それと、みなさんもご存知かもしれませんが東南アジアで働いている駐在員の人はとても良い暮らしをされていますよね。 男性の方。 かっこいいですね!モテますよ!笑 女性の方。 すごいですねとか言われて、人にも頼られます。 とても良い気分になりますね!笑 2つ目 海外旅行好きな人多いんじゃないでしょうか? 2つ目は旅行に行ったときです。 まず男性の方、彼女と、またはかわいい子達と旅行に行っていると想像してみてください。

次の