ツイート 勢い。 【必見】Twitterで自分のツイートのいいねされた数ランキングを知る方法とは?

【JR信越本線】大雪で電車に閉じ込められていた男性のツイートが猛烈な勢いで拡散中!「JRの対応は素晴らしいと思いました」

ツイート 勢い

ドナルド・トランプ ドナルド・トランプ米大統領が、あるツイートを「いいね」したことで、多くの人々がその行動に困惑しているようだ。 justjared. comなどが伝えている。 6月7日、あるツイッターユーザーが、ドナルド・トランプ米大統領があるツイートをいいねしていることに気が付いた。 そのツイートというのが、「Black Lives Matter」というツイッターネームによるツイートで「今夜の『 インセキュア(原題:Insecure)』のエピソードはこんな風に終わりを迎えてほしかった」という内容のもので、黒人の子供が花畑で手遊びをしているGIFが添付されている。 This is how I wanted tonight's episode of insecure to end... Damn Molly — Black Lives Matter shiningheaux 「インセキュア」は米HBOが放送するドラマで、ロサンゼルスに暮らすアラサーの親友同士のイッサとモリーが、仕事でも私生活でも波乱万丈な毎日を送る物語。 またドラマの中では黒人女性たちによる恋愛、仕事、人種問題など様々な問題に直面する姿を描いている。 現在、トランプ大統領がツイッターでいいねしているのはこのツイート1つのみ。 トランプ大統領といえば、これまでにも人種差別、白人至上主義を促すような発言や行動をしてきていることから、アメリカの過半数の人がトランプ大統領を人種差別主義者としてみている。 そんな中トランプ大統領がこのツイートをいいねしたことに、多くの人々が困惑。 「なぜトランプがこれをいいねしたの?」「アクシデントでいいねした?」「意味がわからない」「黒人をサポートするってこと?」と疑問の声が多く上がっている。 果たしてトランプ大統領はこの件に関して何かコメントを出すのだろうか…。 またトランプ大統領のツイッターといえば、5月29日に、「略奪が始まれば、銃撃を始める」と、暴力賛美ととれるツイートをしたことで大バッシングを浴び、テイラー・スウィフトやレディー・ガガなど多くのセレブ達がトランプ大統領を非難している。

次の

ms.topmarketer.net : トランプ氏、フロリダでクリスマス ツイートの勢いは衰えず

ツイート 勢い

自社アカウントを分析できる公式の無料ツール Twitterが分析ツールとして提供しているのが「Twitterアナリティクス」です。 具体的にはどのような機能が備わっているのかを見ていきましょう。 【1】Twitterアナリティクス Twitterアナリティクスは、Twitterが提供している公式ツールです。 Twitterユーザーであれば誰でも利用できますが、利用可能なデバイスはPCのみです。 利用する際は、まずTwitterにアクセスし、右上のアイコンをクリックします。 そして、出現したプルダウンメニューから「アナリティクス」を選択しましょう。 機能の詳細 1.ホーム画面 過去28日間におけるパフォーマンスの変動を確認できます。 具体的には、「直近28日間のツイート数」「ツイートインプレッション」「プロフィールへのアクセス数」「フォロワー数」などを確認可能です。 加えて、月ごとの「トップツイート」「トップフォロワー(フォローされている人数が多いフォロワー)」も確認できます。 2.ツイート これまでツイートしてきた内容すべてについて、インプレッションやエンゲージメントといったツイートアクティビティを把握することができます。 分析する日付の範囲を変更するには、「過去28日間」と記載されているボタンをクリックします。 また、「データをエクスポート」をクリックし、CSV形式のデータをダウンロード可能です。 CSVでダウンロード可能な項目は「ツイートの固定リンク」「ツイート本文」「日付と時間」「インプレッション」「エンゲージメント」「エンゲージメント率」などです。 「動画」では、Twitterに投稿した動画の再生数や完了率を確認できます。 なお、コンバージョントラッキングを確認するには、ユニバーサルウェブサイトタグの設定が必要です。 自社アカウントを分析できる第三者開発の無料ツール Twitterを分析するツールには、第三者が開発したものもあります。 「自社フォロワーのアクティブな時間がわかる機能」や「自動レポート作成機能」など、Twitterアナリティクスにはない機能が備わっているので、併せて利用し、より詳細に分析しましょう。 Tweriodは、自社アカウントのフォロワーが活動している時間帯を調査できる分析ツールです。 週末・日曜日・月曜日・平日・を選択し、1時間単位でフォロワーの活動している時間をグラフで表示し、比較することができます。 また、フォロワーからのリプライが多い時間帯もわかります。 Tweriodを活用すれば、できるだけ多くのユーザーがTwitterを見ている時間帯を狙い、投稿することが可能です。 Nuzzelは、フォロワーが話題にしているニュースをまとめてチェックできるツールです。 フォロワーがどのようなことに関心を持っているのか、分析するのに役立ちます。 自社アカウントのフォロワーだけでなく、フォロワーをフォローしている人たちについてもチェックできます。 また、ビジネスに関する重要なニュースをメールでお知らせしてくれる機能もあります。 有料プランのほかに、無料トライアルが用意されています。 競合アカウントを分析できる無料ツール Twitterを効率よく運用するには、自社アカウントだけでなく、競合アカウントの分析も重要です。 競合の戦略を把握し、対策を立てましょう。 Twitter IDを入力するだけで、アカウントに関するさまざまなデータを分析できるツールです。 一日のツイート回数やツイートの多い時間帯、ツイート内容の平均文字数、ツイートの間隔(日数)、フォローの状況などを知ることができます。 両思い(相互フォロー)や片思われ(一方的にフォローされているフォロワー)、片思い(一方的にフォローしているフォロワー)といった分類でフォロワーの状況をチェック可能です。 user chartは、Twitterアカウントの特徴や傾向を簡単に分析できるツールです。 主な機能は以下の通りです。 1.ポジション user chartが解析しているユーザーの中でも、対象のアカウントがどれくらいのポジションに位置するのかを可視化してくれます。 数値が高いほど、レベルが高いことを示します。 2.発言傾向 Twitter上での発言傾向を分析して表示してくれます。 「ツイート多め」「URL多め」「リプライ多め」「RT多め」という4つの軸があり、発言内容からマッピングされます。 3.よくつぶやく単語、ブランド 「よくつぶやく単語」では、ツイート内容で頻繁に言及されているキーワードを1位から10位まで把握できます。 「よくつぶやくブランド」では、当該アカウントがTwitterでよく言及しているブランド名が表示されます。 ブランド名をクリックすると、そのブランドについて言及しているユーザーを確認できます。 Twitterのトレンドを分析できる無料ツール Twitterの運用においては、トレンドを把握することも重要です。 ターゲットとしているユーザーのトレンドを把握し、それを意識した内容の投稿を行えば、自社アカウントに興味を示してくれるかもしれません。 ついっぷるトレンドは、「HOTワード」や「画像」「ツイート」など、テーマごとにトレンドをランキング形式で確認できるサイトです。 主なランキングは以下のものが挙げられます。 画像ランキング• HOTワードランキング• ツイートランキング• 有名人ランキング• まとめランキング• ニュースランキング• エンタメランキング 多角的にトレンド情報を取得する上で役立つでしょう。 TwTimezは、「勢い順」「人気順」「新着順」「トレンド」のランキングを確認できるサイトです。 「勢い順」はリツイートされる速さを時速で表し、ランキング化しているものです。 「人気順」では、リツイート数の大きいものから上位に表示されます。 現在注目のツイートだけでなく、過去に反響の大きかったツイートを検索することもできます。 meyou(ミーユー)は、TwitterトレンドやGoogle急上昇ワードなどを一度にチェックできるサイトです。 「企業・メーカー」や「メディア・ニュース・ポータル」「社長・実業家」など、カテゴリーごとに分けて人気のアカウントを確認できます。 Twitterアカウントまとめ一覧では、「新聞・地方新聞のまとめ」「おすすめ仮想通貨のまとめ」など、共通するカテゴリーのアカウントをまとめて把握することができます。 また、プロフィール検索機能を使用し、特定のキーワードが自己紹介文に含まれているユーザーを検索することも可能です。 Twittrendは、東京・大阪・札幌など主要な都市ごとに分けて、ツイートによく含まれているキーワードやハッシュタグを確認できるサイトです。 日本国内だけでなく、海外の都市を選択することも可能です。 都市ごとに、現在・1時間前・3時間前・6時間前・12時間前・24時間前・2日前・3日前の8つの区分で調べることができます。 Trends24は、指定した地域のトレンドを1時間ごとに最大24時間前まで調査できるサイトです。 日本は東京、横浜、千葉、仙台、大阪など、日本全体を含む22エリアをチェックできます。 地域を指定すると、そのエリアでよくツイートに含まれているキーワードやハッシュタグを10個表示してくれます。 日本国内の主要都市だけでなく、世界中のトレンドをチェックすることができます。 【11】Twitterのトレンド機能 特別なツールを使わなくても、トレンド情報をすぐに把握できるのがTwitterのトレンド機能です。 ツイートに使用されている回数が多いキーワードやハッシュタグがピックアップされるため、Twitter上でリアルタイムに話題となっている事柄を知ることができます。 デフォルトの設定では、フォローしているアカウントや位置情報などをもとにトレンドが表示されますが、特定の地域を選択して表示させることも可能です。 人気のハッシュタグを分析できる無料ツール Twitterでツイートする際に記載するハッシュタグは、ツイートを拡散させる上で重要です。 どのようなハッシュタグが人気であるかを把握し、ツイートに記載してみましょう。 HASHTAGIFYは、指定したハッシュタグが含まれているツイートや、そのハッシュタッグへの関連性が強く、影響力のあるアカウントを調べられます。 指定したハッシュタグが含まれているツイートの数を先月分と比較したり、特定の地域のハッシュタグに関するランキング(1カ月分)をチェックしたりすることも可能です。 TweetReachは特定のハッシュタグについて分析し、データを表示してくれます。 リーチ数やツイート数などをチェックすることができるので、使用したいハッシュタグの影響力がわかります。 また、ハッシュタグだけでなく、アカウント名やキーワードを入力して調査することも可能です。 Hashflagsでは、現在使用できるハッシュフラッグを確認することができます。 ハッシュフラッグとは、特定のハッシュタグに期間限定で付けられる絵文字のことを指します。 特定のイベントや話題を盛り上げるために、Twitterが設定しています。 そのため、どのハッシュタグを使用するとハッシュフラッグが付くかは、Hashflagsを利用して確認すると良いでしょう。 Twitterを分析できる有料ツール 有料のTwitter分析ツールには、どのような機能が備えられているのでしょうか。 ここでは、Twitterを分析できる有料ツールをご紹介します。 Social Insightは、株式会社ユーザーローカルが提供している有料ツールです。 主に「クチコミ傾聴分析」 「SNSアカウント分析」 「投稿管理・ソーシャルCRM」といった3つの機能を備えています。 Twitterに関しては、自社アカウントの発言状況やフォロワーの増減状況を記録できるほか、競合アカウントのフォロワー数や発言数の推移を調べることも可能です。 料金 料金プランの詳細については、会社情報を入力するとPDFデータをダウンロードできます。 株式会社朝日新聞社やキッコーマン株式会社、日本コカ・コーラ株式会社など、日本の大手企業も導入しているツールです。 Firehose契約を締結しているため、アメリカのTwitter社が提供する、すべてのツイートデータをリアルタイムで取得できます。 アメリカの特許を取得している独自アルゴリズムを利用したセンチメント分析や、時系列推移の分析、インフルエンサー分析、頻出ワード分析、関連性(クラスター分析)、トピック分析、ライブストリーミング、アフィニティ分析といった豊富な機能を備えています。 料金 導入環境によって異なり、問い合わせが必要です。 POST365は、基本的なTwitterの分析や最適な投稿事例の検索、レポート作成といった豊富な機能を兼ね備えたツールです。 株式会社ガイアックス、株式会社コムニコなどが導入している実績があります。 主な機能は以下の4つが挙げられます。 機能 概要 投稿検索 SNSごとの投稿事例を確認できる。 アカウント検索 指定した期間について、アカウントごとの集計結果(フォロワー数など)を確認できる。 分析 業界別、投稿タイプ別、投稿時間別などの切り口で分析を行える。 ブランド検索 日本国内主要ブランドのSNSアカウントについて、開設状況とフォロワー数を確認できる。 料金 <ライト> 初期費用:10万円(税別) 基本料金:5万円/月(税別) 閲覧可能なSNS:Facebook・Twitter・Instagram・YouTubeの中から一つを選択 利用可能なユーザー数:5 閲覧可能業界カテゴリ:一つを選択 <プロ> 初期費用:10万円(税別) 基本料金:15万円/月(税別) 閲覧可能なSNS:制限なし 利用可能なユーザー数:5 閲覧可能業界カテゴリ:制限なし Social Monitorはデータセクション株式会社が提供しているツールで、365日自動でTwitterアカウントの監視を行えます。 主な機能 1. 監視するキーワードを指定 検索ワードは100文字まで設定でき、表記揺れや別称などもチェックしてくれます。 除外ワードは3000文字まで設定可能です。 監視対象は商品ブランドごとなどのリストで管理し、一つの管理画面で確認することができます。 ツールが24時間体制で監視 設定した条件に沿って、ツールが24時間365日、15分ごとに監視してくれます。 Twitterだけでなく、ブログや各種掲示板、Webニュースも監視対象に含まれています。 リスクが発生したら、アラート機能でメール通知 監視している中で深刻なリスクなどが発見された場合、設定しているメールアドレスにアラートメールが送信されます。 そのため、常時画面を確認しておく必要はありません。 また、アラートメールにはレポートファイルが添付されているため、要点を迅速に把握できます。 レポートを自動作成 ツールによって自動作成されたレポートでは、リスクの重要度や影響度の大きさ、リスクの種類ごとにグラフを確認することができます。 類似した投稿が自動的にグルーピングされるため、同じような投稿を複数回チェックすることがありません。 料金 初期費用:0円 月額費用:10万円 SocialRankは、自社アカウントのフォロワーが Twitter上でどれくらいの影響力をもっているのかを確認できるツールです。 メールアドレスを登録することで、一部の機能を無料で利用できます。 アカウントのフォロワー一覧で、各フォロワーに関するフォロワー数やフォロー数、ツイート数といった情報を確認できます。 「KLOUT SCORE」では、そのアカウントの影響力を数値で把握することが可能です。 「Most Valuable」「Most Engaged」といった項目でユーザーを並び替えたり、特定のキーワードや地域に絞ってフィルタリングしたりもできるので、大多数のフォロワーを抱えるアカウントの分析に有用でしょう。 料金 料金の詳細については、問い合わせが必要です。 Keywordmap for SNSは、全20種類の機能を備えたツールです。 Twitterを中心に、これまでのソーシャルリスニングツールのようにSNS上の声を集めるだけでなく、企業や個人のアカウントを戦略的に強化してファンや売上を作るための機能などを備えています。 主な機能 1. ソーシャルリスニング UGCの抽出が可能です。 指定キーワードが含まれるツイートの内容と投稿数の推移を調査し、消費者インサイトを正確に抽出できるので、精度の高いマーケティングをサポートします。 また、該当ツイートを、愛情・楽しみ・ニュートラル・怒り・悲しみ・恐れの6つの感情から判定することも可能なため、世論の動向や企業のブランドイメージ変化を定量的に測れます。 キーワード・アカウント分析 指定したキーワードやアカウントを多角的に分析することが可能です。 関連性やエンゲージメントの高さから分析できるので、普段見落としがちなユーザーのインサイトや、コンテンツアイデアのきっかけを発見できます。 同時に、デモグラフィック観点からのツイート収集を行っているため、「いつ」「誰に」「どのように」 ツイートされているか、詳細な分析が可能です。 また、特定のキーワードへの反応を、ポジティブ・ネガティブ・ニュ ートラルで比較することもできるので、自社や商品・サービス等の改善に寄与します。 インフルエンサー分析 特定のキーワードを入力すると、該当するインフルエンサー候補を抽出できます。 フォロワー数やエンゲージメント率では測れない、真に影響力のあるアカウントを特定可能なので、効果的な運用方法を調査する際に役立ちます。 アカウント分析・運用 コンテンツ作成に便利なカレンダー形式でトレンドワードをチェックできる機能や、エンゲージメントの高いハッシュタグを抽出する機能、新着・解除フォロワーの特徴を分析可能な機能があります。 また全量ツイート調査では、条件と期間の指定により、ツイートデータの取得が可能です。 料金 料金の詳細については問い合わせが必要です。 ツールの併用で効率的なTwitter運用を目指しましょう Twitterの公式ツールである「Twitterアナリティクス」を利用すれば、基本的な分析は可能です。 しかし、他社が作成したツールにはTwitterアナリティクスには備わっていない「レポート作成機能」や「フォロワーの分析機能」などがあります。 Twitterアナリティクスだけを利用するのではなく、他社ツールを併用することでより詳細な分析ができるでしょう。 今回ご紹介したツールを参考に、自社に適したものを探してみてはいかがでしょうか。

次の

【台風19号】猛烈な勢いで日本に上陸!?各地の状況ツイートまとめ|エンタメビッグ

ツイート 勢い

Twitterには、ツイートアクティビティという自分以外のユーザーが自分のツイートに対して行ったアクションをチェックするツールがあります。 正確には、このツイートアクティビティという機能はTwitterアナリティクスの機能の一部です。 さらにツイートアクティビティにはインプレッションという項目が用意されていて、ツイートが何回見られたかを各ツイート毎に確認することができるのです。 インプレッションとは、ユーザーが自身のツイートを表示した回数です。 つまり、インプレッションは貴方のツイートを見る為のきっかけを示す回数となります。 Twitter利用者にとってとても重要なのがこのインプレッションという項目なのです。 今回はそんなツイートアクティビティにおけるインプレッションについて徹底解説したいと思います。 インプレッションはツイートアクティビティ内にて表示される項目ですが、ツイートアクティビティはTwitterアナリティクスがシステムとしては大元になっています。 ですので、まずはTwitterアナリティクスついて学んでいきましょう! Twitterのアナリティクスとは、Twitterアカウントの分析ツールです。 Twitter上の影響力を測り、高める為のシステムですね。 Twitterより無料公開され、TwitterユーザーならだれでもTwitterアナリティクスを利用することが可能です。 Twitterアナリティクスにて利用できるツイートアクティビティというツールでは、インプレッションやエンゲージメントなどを測り、エンゲージメント率を計算できます。 エンゲージメント率とは、自身のツイートを見かけた回数 インプレッション を実際にそのツイートに対して何らかのアクションをした回数で割った数のことを指します。 これにより、自身のツイートが何%の確率で他のユーザーからアクションをもらえるかのおおよその検討をつけるのです。 このようにTwitterユーザーが自身のツイートをよりたくさんの人達に見てもらうための補助的なツールとして利用できるのが、Twitterアナリティクスなのです。 Twitterアナリティクスは、PC パソコン もしくはAndroidやiPhoneなど、利用できる端末は多種多様です。 Twitterアナリティクスの内容を確認する方法も非常に簡単ですので、ぜひチェックしてみてください。 Twitterアナリティクスの知っておきたい用語としてはまず、『インプレッション』という用語があります。 Twitterでもツイートアクティビティ内にて表示される項目なのですが、このTwitterのインプレッションとは、自身のツイートが他のTwitterユーザーに見られた回数を示しています。 このインプレッションとは、Twitterのタイムラインや自身のアカウントページに並ぶ自身のツイートを、PC パソコン やAndroid、iPhoneなどの端末の画面上に表示された場合カウントされる数のことを指しています。 Twitterアナリティクスにて使用されているこのインプレッションとはつまり、他のユーザーが自身のツイートをチェックするきっかけがどれほどあったかを回数で表しているということですね。 当然ですが、フォロワー数の多いアカウントの場合、タイムラインは恐ろしい勢いで表示されていきます。 見られた回数 インプレッション は必ずしも重要とは言い切れませんが、どれだけ自分のツイートを見てもらえるチャンスがあったかを示してくれますので、インプレッションはデータとして非常に参考になる値かとと思います。 Twitterアナリティクスにて使用される用語には『エンゲージメント』という項目も存在します。 Twitterにおけるエンゲージメントとは、自身のツイートに対してユーザーが実際にアクションを取った回数のことを指しています。 ここでいうアクションとは、リツイートや返信、クリック、お気に入り、いいねといったアクションのことです。 つまり、このエンゲージメントこそ、Twitter上でユーザーが最も望む行動のことを指します。 さらにその回数が分かるということはTwitterでの満足度を高める重要な要素となるでしょう。 実際には、次に紹介する『エンゲージメント率』という値を出す為の計算式に用いるのがこのエンゲージメントです。 ツイートアクティビティはPC パソコン でもスマホ AndroidやiPhone でもチェックできますので、ぜひチェックしてみてくださいね。 では続いてAndroidでTwitterのインプレッション ツイートが何回見られたか を表示する方法ですが、方法はiPhoneと変わりません。 まずTwitterへログインしてください。 すると、画面下部に『ツイートアクティビティを表示』という項目があるかと思います。 こちらをタップしましょう。 その後画面下部にある『ツイートアクティビティを表示』をタップすると、ツイートアクティビティの画面へ移行します。 このツイートアクティビティ内に『インプレッション』という項目が表示されているのを確認できるかと思います。 インプレッションのすぐ下には、『ユーザーがTwitterでこのツイートを見た回数』と分かりやすく説明が記載されていますね。 ここまでがAndroidでTwitterのインプレッションを表示させる方法となります。 インプレッションのことを考えるということは、他のTwitterユーザーに自分のツイートを見てもらう為の最初の一歩の段階です。 インプレッション 見られた回数 が少ないということは、ツイートを見てもらう回数が少ないということです。 つまり、インプレッション 見られた回数 を増やすということはバズるきっかけにもなります。 実際のアクションであるエンゲージメントについ意識がいってしまいますが、このインプレッション 見られた回数 こそ他のユーザーにたくさん見てもらう為の最大の要因ですので、このインプレッション 見られた回数 を増やすことを視野に入れてツイートしてみてくださいね。 せっかくTwitterのツイートアクティビティについて触れたので、Twitterにおけるインプレッション数の平均を上げる方法についても検討していきましょう。 インプレッションを上げるには、まず投稿頻度を上げる必要があります。 投稿頻度を上げれば、それだけ見てもらえる インプレッション 数が増えますからね。 とはいえ、やりすぎると逆に問題です。 インプレッションは増えますが、ウザイアカウントとして勘違いされて肝心のエンゲージメント数が下がる可能性もあります。 マナーは守りつつTwitterを楽しむというのが重要ということですね。 そのほかにもインプレッションを上げる方法として、ハッシュタグを使用する方法があります。 これはフォロワー以外にも見てもらう インプレッションを上げる 方法です。 Twitter上で検索する人達が、ハッシュタグをもとに検索に引っかかって自身のツイートを見てくれるようになる=インプレッションが増すのです。 トレンドをチェックすることもインプレッションを上げる手法の一つでしょう。 Twitterは面白い投稿であればどんどんリツイートされ、インプレッションも跳ね上がるケースがあります。 バズるツイートはインプレッションもきっとものすごい数になっているでしょう。 筆者は一度もバズったことはないのですが、一度は経験してインプレッションがどれだけ跳ね上がるのか見てみたいなとは思っています。 さて、今回はツイートアクティビティにおけるインプレッションについて解説してみました。 いかがだったでしょうか。 インプレッションはツイートが画面上で表示された回数のことです。 他のユーザーが貴方のツイートをチェックするきっかけとなる回数がインプレッションとなります。 インプレッションを増やすことは、貴方のツイートを見てもらう為のきっかけを増やすということです。 よりTwitterを楽しむ為にも、インプレッションは非常に重要な項目となります。 今回取り上げたインプレッションを高める方法は様々な人達が活用している手法ですので、インプレッションを高める際はぜひ活用してみてください。 インプレッションの増加を狙ってツイートした結果どうなるのか、PDCAを回して運営するとより本格的にフォロワーの増加が見込めるかもしれませんよ。 それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。

次の