ポケモン ブラック。 ゾロアーク入手方法

ポケットモンスター ブラック・ホワイト完全攻略

ポケモン ブラック

DS2台。 ポケモンブラック・ホワイトのソフト。 2010年ポケモン映画前売券でもらった色違い3犬 ライコウ、エンテイ、スイクン がいるソフト。 D、P、Pt、HG、SSのどれか• ポケモンブラック・ホワイトのに行く。 中央広場の北にあるどうろ沿いのビルの11階に行く。 広場から入って左側のビル• 研究員に合言葉を教え転送マシンを使えるようにしてもらう。 合言葉は「みんな ハッピー かんたん つうしん」。 レポートして電源を付け直し、タイトルメニューで「てんそうマシンを つかう」を選ぶ。 色違い3犬がいるソフトを挿したDSの電源を付け、メニュー画面で「DSダウンロードプレイ」を選ぶ。 ソフト内にいる色違い3犬が自動的に選ばれてブラック・ホワイトに転送される。 転送された色違い3犬を手持ちに入れて、16ばんどうろの北にあるに行く。 女の人とバトルになり、ゾロアークが3犬に化けて出現するのでゲットする。 最初は特性「イリュージョン」でライコウ、エンテイ、スイクンに化けて出現するが、攻撃すると「イリュージョン」が解ける。 比較的捕まえやすいので「ハイパーボール」でも捕獲可能。 1本のソフトで1回しか発生しないイベントなので、間違って倒してしまわないように注意する。 エンディング後であれば、上記の方法以外にを用いて3犬をブラック・ホワイトに連れて来ることもできる。 おや : プレイヤー名• タイプ :あく• とくせい : イリュージョン• もちもの : なし 特別なポケモン入手方法•

次の

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2とは (ポケットモンスターブラックツーホワイトツーとは) [単語記事]

ポケモン ブラック

概要 2006年の以降およそ4年ぶりの新世代ソフトである。 本作はニンテンドーDS用ソフトであるが、がのカメラ機能に対応しているため、DSi対応ソフトでもある。 また本作にはが設定されており、DSi、DSi LL XL 、3DS、3DS LL XL 、New 3DS、New 3DS LL XL では 本体から見た国外版をプレイすることはできない(DS、はリージョンコードを無視するためプレイ可能)。 本作はおよび同様、に対応している(発売前にはとの通信が対応する噂があったが、実際には非対応(生活リズム計も同様))。 上記のように世代が変更され、新ポケモンの追加や新システムの追加が行われた。 パッケージに描かれているポケモンは、ブラックが、ホワイトがである。 『ファミ通』クロスレビューは40点満点を獲得したが、これはポケモンシリーズ初の快挙。 発売までの経緯• 2010年1月29日 - ポケットモンスター公式ホームページにて開発中であることを発表。 この時点ではまだタイトルが公表されていない。 2010年2月15日 - ポケットモンスター公式ホームページと同日発売の誌上にて新ポケモン「」、「」の2体を公開。 2010年4月9日 - ポケットモンスター公式ホームページにてタイトルを発表。 2010年4月15日 - ゲーム画面を一部公開。 より3D感を増したフィールド画面やポケモンの後姿が全身映っているバトル画面を公開。 2010年5月14日 - 最初のパートナーとなる「」「」「」、ならびに冒険の舞台となる地方名「」を発表。 2010年5月29日 - 伝説のポケモンとなる「」「」を発表。 さらに「舞台」「最初の三匹」の動画を公開。 2010年6月15日 - 新ポケモン「」「」「」「」「」「」「」、イッシュ地方におけるポケモン研究者の、新ポケモン図鑑、バトル画面、ならびに新通信機能の「」「」「Webで広がる遊び」を公開。 2010年6月27日 - ポケットモンスター公式ホームページにて発売日を発表。 2010年7月8日 - ポケットモンスター公式ホームページにて予約開始日(7月31日)と商品情報を発表。 赤外線通信に対応することが明らかに。 2010年7月15日 - 新ポケモン「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、バージョン間の違い、幼馴染「」、「」、アララギ博士の同級生「」、謎の青年「」、通信機能「」、「」、「」、「」、「」、「」、システム「」、Web連動「」公開。 また、トリプルバトルのいくつか詳細も公開。 2010年7月25日 - 幻のポケモン「」を公開。 2010年8月2日 - プロモビデオ2公開。 トレーナー「」、悪の組織「」、Cギア詳細、ハイリンク詳細(紹介中に地名、、アイテム、確認可能)、今までのに匹敵する「」(紹介中にの姿、の姿確認可能)、フィーリングチェック詳細、IR詳細(紹介中にシキジカの名前、、、わざ、、、、確認可能)、ポケモングローバルリンク詳細、、フィールドが季節ごとに変化する点、ミネズミの進化、が公開された。 2010年8月11日 - 新ポケモン「」「」「」「」「」「」「」、システム「による違い」、登場人物「プラズマ団」「」、「ジムリーダーアロエ」、通信機能「デルダマ」「」、新機能「ポケシフター」、「」、「」、「」、「バトルサブウェイ」、「ポケモンミュージカル」、PGL詳細公開。 2010年8月23日 - 新ポケモン「」を公開。 2010年9月12日 - 新ポケモン「」、「」、「」、「」を公開。 2010年9月15日 - PGLの新コンテンツ、プラズマ団メンバー「」、デントと同じサンヨウシティジムリーダーの「」と「」、新ポケモン「」、「」、アロエの専門タイプを公開。 2010年9月16日 - 新ポケモン「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」、「」公開。 2010年9月18日 - 発売。 PGLのアクセス集中によるシステム障害発生。 2010年9月19日 - 前日のアクセス集中に伴うPGLのシステムメンテナンス。 2010年10月4日 - PGLサーバー復旧。 毎週火曜日16時~20時は定期メンテナンスで、全サービスがストップする。 2010年10月13日 - PDW の再開。 ただし、遊べる時間は1日1時間のみで、利用開始から1時間経過した後は24時間経たないと再び利用できなくなる制限がかけられた。 システム 新たに追加されたシステム 1か月に1度季節が変化するようになった。 季節が変わるとまわりの風景が変わり、地形も変化する。 場合によっては特定の季節にしか行けない場所も存在する。 現実世界と同じサイクルで季節を変えていては悠長すぎるためか、この世界では毎月の周期で季節が変わる。 1,5,9月が、2,6,10月が、3,7,11月が、4,8,12月がである。 の発展形。 大きな特徴として「原則として 向かって二つ隣の相手に攻撃ができない」という点が挙げられている。 とトリプルバトルの変則形。 ポケモンを一度に3匹場に出すが実際に行動するのは1匹だけで、毎ターン自分と相手はモンスターの位置を変更しながらバトルを進めていくというもの。 最大の利点は先頭、そして上から2番目までの育てたいポケモンを並べておけば、ポケモンを入れ替えて1ターンむだにすることなく対戦できることである。 通常の草むらとは異なる色の濃い草むらがあり、こちらでは別のトレーナーとタッグを組んでいなくても野生ポケモンが2体出現することがある。 また、近くの通常の草むらと比べて比較的レベルが高いポケモンが出現する。 の新ルール。 従来は通信対戦ではトレーナーは道具を使うことができなかったが、このルールではある一定のターンが経過するごとにポイントが貯まっていき、このポイントを利用することでいろいろな道具が使えるようになるというものである。 これまでのシリーズにおけるのような施設。 また、前者は後者を含め例外なく、その条件になればどの戦闘状態で同じBGMである。 また、道路などは季節によってフィールドのBGMが変わる場所がある。 イベント演出の強化 今作ではイベント中に画面がイラストに切り替わり、そのままイベントが進行するという のような仕様がみられる。 (夢特性)、 を介して、これまでとはまったく違うを持ったポケモンを出会うことができる。 ただし、本作初登場のポケモンに関しては、など一部を除いてブラック2・ホワイト2との通信交換やイベント配布なしで入手ができず、までのポケモンでもポケモングローバルリンクで出会えるものとそうでないものがいる。 今作で仕様が変更されたシステム ここでは、大きな変化があった・影響が大きいと思われるもののみを記している。 の算出方法 相手よりが低ければ、より多くの経験値が貰えるようになった。 レポートについて レポートが以来、「はい」を1度押すだけでレポートに復活。 レポート中、下の小さい点が待ち時間を表すようになった。 使い捨てでなくなり、ひでんマシン同様何回でも使えるようになった。 その代わりに、どれも1つしか手に入らず、購入するものも高額になった。 例えば は90000円 である。 また、ポケモンに持たせることはできなくなり、通信では交換できない。 当然、四天王戦でPPを満タンにするような対策はなされており、覚えさせる前のPPのままわざを変えることになる。 バッジを1つ持っていれば、それ以上バッジを持っていなくてもフィールド上で自由に使用できるようになった。 そのため、該当するを入手する前でも、そのひでんわざを覚えているポケモンを通信交換で連れてくれば、すぐにでもやなどが使用できる。 そのため、今作では「ひでんわざが使えるようになるまで次の町へは進めない」といったことがない。 代わりに、ひでんわざとは無関係のイベントにより道が塞がっていて、1つ1つバッジを入手しないと次の場所へ行けず 、なおかつ殿堂入りするまでは1本線のルートのためバッジを無視して別経由で次のシティやタウンへ向かうこともできないため、他の本編に比較するとストーリーの進め方が限定される。 おこづかいの上限 前作まではお小遣いの上限が999,999円であったが、9,999,999円に変更となった。 ブラックとホワイトの差異• 登場する街が一部異なる。 ブラックでは近未来的な雰囲気の都会、ホワイトでは自然に囲まれたが登場する。 同一の街であってもバージョンでその雰囲気が異なる(設計やBGM)。 出現するポケモンが異なる。 たとえば、ブラックなら「」が、ホワイトなら「」が出現する。 スペック ブラック 型番 TWL-P-IRBJ 発売日 2010年9月18日 対応機種 および互換機(、のカメラ機能に対応) 新品価格 4,571円+税 ROM容量 2Gbit(256MB) ホワイト 型番 TWL-P-IRAJ 発売日 2010年9月18日 対応機種 ニンテンドーDSおよび互換機(ニンテンドーDSi、ニンテンドー3DSのカメラ機能に対応) 新品価格 4,571円+税 ROM容量 2Gbit(256MB)• 一部のBGM、SEはのものを流用している。 あらすじ 詳細はを参照のこと。 ブラック・ホワイトに関する総情報• ニューヨーカーの反戦思想を取り入れたと、2011年1月号のでが発言している。 シナリオの制作期間はプロット込みで約1年半。 旧世代ポケモンの図鑑説明は「」のものが流用されている。 今作はの重要度が低く 、(で1回だけ使う必要あり)のみでエンディングを迎えることも可能となっている。 無しでひでんわざが使えるのもこの理由である。 なお続編のでは従来のシリーズ通りひでんわざがないとストーリーが進められない場面が復活している。 一部のポケモンの進化レベルが非常に高く設定されている。 今までは・のレベル55が最高であったが、今回はのレベル64が最高であり、もレベル59での進化となっている。 そのほか、レベル50台で進化するポケモンも多い。 おそらく公式戦でが採用されたのも理由の1つである。 本格的な多言語展開がこのソフトから始まったが、タイトル判明時には特に北米圏の人権擁護界隈が「黒人、白人を色によって連想させる差別的なタイトルだ」と騒ぎ立てた。 これに対して日本の当時のユーザーは「過剰反応」「白、黒を表す単語に難癖をつけるならオセロもできないではないか」「ではは黄色人種を連想させるのか? 」と冷ややかな反応を示した。 日本版をプレイしていても、トレーナーのなかには英語、ドイツ語、スペイン語などの外国語で話す者がいる。 BW以前では7500円だった。 本編お馴染みの最初のバッジ入手前の「に勝利しないとこの先大変になる」があるのはもちろん、工事中であったりなどさまざまな理由で道が塞がれることとなる。 なお、過去作と異なり、進捗により障害物が消えることがあり、人による通せんぼと異なりどこが進捗により解放されるルートであるか予測しにくい。 ただし、ひでんわざを使用しないと行けない場所も少なからず存在する為、が不要になったわけではない。 外部リンク• 関連項目•

次の

『ポケットモンスターブラック・ホワイト』公式サイト

ポケモン ブラック

大丈夫じゃない。 大問題だ。 目次の次のページには出会い系サイトのレビュー。 ポケモンの挿し絵は一切なく、謎の生物の挿し絵が沢山。 ちなみに主人公は悪人面。 種族値一覧があるのは唯一評価できますが、これにも挿し絵がないため見辛い。 「そのポケモンに使用可能な技マシン一覧」は、技マシンの番号が書いてあるだけ。 何の技かは書いていない。 ちょいちょい挟まれている出会い系サイトの広告。 残りの内容は全て改造コード。 最高です。 こんな斬新な攻略本は見た事ありません。 「攻略本は詳しく書かれていなければダメ」という方にはおすすめしません。 色々な作品のクソっぷりを楽しむ方におすすめします。 「デスクリムゾン」や「チャージマン研! 」が大好きな方は楽しめると思います。

次の