東方神起解散。 东方神起_百度百科

东方神起解约事件_百度百科

東方神起解散

9月26日,东方神起在韩国时隔两年回归,发行第四张韩语正规专辑《-MIROTIC》,年度销量50万2837张 [34] ,获得第10届MKMF年度最佳专辑奖等五项大奖,第23届金唱片大赏年度大奖、唱片本赏和人气赏 [35-36]。 7月4日-5日东方神起首次登上日本东京巨蛋开演唱会 [39]。 7月31日,东方神起三名成员、和起诉经纪公司SM娱乐提出解约并得到法院支持,最终无需任何赔偿得以离开SM娱乐 [40-41]。 9万张,累计销量18. 5万张。 10月2日,在中国上海虹口足球场演唱会成为五名成员最后合作的演唱会 [42]。 12月31日,东方神起连续两年出席日本第60届NHK红白歌会 [43] ,同日出席日本TBS电视台年终live特别节目《CDTV新年Premiere live》,成为第一个连续三年出演该节目的韩国组合 [44] ,这是五名成员最后的同台演出。 2009年,东方神起在日本公信榜单以年度销售额68. 9亿日元,排名第三位 [45]。 5万张,累计销量28. 9万张,是海外歌手的专辑,在日本流行音乐市场首次突破20万张 [46]。 2月17日,发售日本首张精选辑《BEST SELECTION 2010》初动销量41. 2万张,销量累计58. 4万张 [47]。 3月24日,发行单曲《时ヲ止メテ》初动销量19. 5万张,累计销量22. 8万张,两张单曲都相继夺日本公信榜周榜冠军 [48-49]。 2010年东方神起在日本公信榜单以年度销售额94. 31亿日元排名第二位 [50]。 2010年4月3日,日本经济公司艾回在官方网站上宣布东方神起正式停止团队活动,成员各自发展 [51] ,、、三名成员另成立组合进行活动 [52]。 1月26日在日本发的第31张单曲《? 同年,东方神起当选2011年日本网民搜索最多男艺人 [66]。 3月28日,在日本发行单曲《》夺得日本公信榜第一位 [68] ,也令东方神起成为了公信榜45年来第一个连续10次夺得周销量冠军的国外歌手 [69] ,其中收录曲《 》被选为BeeTV日剧《》的主题曲 [70]。 7月11日,发行日文单曲《》再次夺得日本公信榜一位 [71]。 2013年1月16日,东方神起在日本发行单曲《 -If you wanna》,摘得公信榜单曲榜周榜首位,总计12次获得榜单首位刷新纪录 [77] ,至此总计28张单曲进入公信榜前10位的成绩在国外艺人中排名第一位 [78-79]。 该曲亦被选为富士台剧集《》的主题曲 [80]。 此次巡演共动员85万人次,破了他们自己2012年创下的纪录,亦刷新了在日本海外歌手的动员纪录 [85]。 该演唱会收录盘于10月23日发售,夺得公信榜周榜首位 [86]。 5月,东方神起为日剧《最棒的求婚》献唱主题曲《》 [87]。 7月,东方神起的《》被选为了日本恐怖电影《》的主题歌 [88]。 2014年1月6日,发行10周年纪念专辑《》。 凭借主打歌《》连夺四个音乐节目冠军,并连续两周蝉联唱片销量冠军 [90] [91]。 2月5日,发行日文单曲《》 [92] ,其中A面曲《》被选为日剧《》的主题曲,令东方神起成为连续2年担当春季档周二晚10点档的连续剧主题曲的演唱者 [93]。 11月5日,东方神起在日本推出单曲《》首周创下10万7千张的销量 [99]。 此外,《WITH》23万3千张的首周销量也让东方神起创下了在日本推出的所有专辑首周销量均突破20万大关的纪录 [101-102]。 2015年2月25日,日文单曲《》发行当日即取得95879张销量成绩,这首歌曲被选为日剧《旅馆花嫁》的主题曲 [104]。 7月20日发行纪念专辑《》,这张专辑一经推出便空降Gaon排行榜榜首。 同时,韩国专辑销售排行榜新世界的榜单中也名列第一 [107] ,郑允浩的《》以及沈昌珉的《》两首歌曲在中国百度KING榜周榜单中名分列冠亚军 [108]。 8月19日,发行的日本巨蛋演唱会收录盘《WITH》在公信榜周榜DVD综合榜和蓝光光碟综合榜上排名第一,DVD和蓝光光碟销量合计结果在综合音乐影像榜上同样排名第一 [109]。 从2010年的音乐DVD《Tohoshinki History in JAPAN Special》后,连续六张作品夺冠,累计第八次登上Oricon榜DVD综合榜单的冠军,更新了自己创下的海外歌手DVD总榜夺冠记录 [110]。 [119-120] 9月,日专9辑《》获得日本ORICON公信榜单一位,同时打破了自己创造的ORICON海外男艺人获得冠军次数最多的记录。 [121-122] 11月凭借日文单曲《Jealous》又一次夺得了公信榜周销量冠军,不仅刷新了原本就由他们保持的国外艺人夺得公信榜周销量冠军次数最多的纪录,也让东方神起以459万2000张的单曲总销量成为了在日本的单曲总销量最高的国外艺人。 东方神起) 2007-11-07 (ravex feat. 东方神起『trax』收录) 2009-04-29 (TRF『TRF トリビュートアルバムBEST』收录) 2013-03-13• SPECIAL LIVE TOUR T1STORY 10 福冈海洋展览中心 3• 4 2009年10月28日 东方神起HISTORY in JAPAN BOX 2009年5月13日 Bigeast 3RD FANCLUB EVENT 2008年5月28日 Bigeast 2ND FANCLUB EVENT 2008年3月12日 东方神起 HISTORY in JAPAN Vol. 3 2007年3月28日 东方神起 HISTORY in JAPAN Vol. 2 2006年3月23日 东方神起 HISTORY in JAPAN Vol. 2019年1月28日 LIFE IS A JOURNEY [139] 日本 2006年3月25日 Tomorrow-000777days 2007年9月11日 SHINE 2011年10月29日 太阳 El Sol [140] 2015年9月25日 STAY [141] StoryBook 韩国 2004年3月26日 Hug 2004年8月18日 The Way U are 2004年11月17日 TVXQ! Special Photo Essay in L. A 2005年11月25日 Five Secret Story• com 奖 (获奖)• keep your haead down (获奖)• .韩国娱乐 [引用日期2015-03-06]• .新浪娱乐 [引用日期2014-05-16]• .新浪 [引用日期2019-07-29]• .新浪 [引用日期2015-09-25]• .新浪 .2010-04-04 [引用日期2017-11-13]• .网易 .2010-11-05 [引用日期2017-11-13]• .新浪 .2010-12-29 [引用日期2017-11-13]• .网易 .2011-02-05 [引用日期2017-11-13]• .新浪 [引用日期2015-09-25]• .搜狐娱乐 .2012-11-21 [引用日期2014-05-26]• .腾讯娱乐 .2013-08-19 [引用日期2014-05-26]• .网易 [引用日期2015-09-25]• .新华网 [引用日期2015-09-25]• .新浪 [引用日期2015-09-25]• .网易 .2004-12-16 [引用日期2014-11-11]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .新浪 [引用日期2015-10-07]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .搜狐 [引用日期2015-09-26]• .21CN [引用日期2015-09-26]• .网易 .2005-12-27 [引用日期2014-11-11]• .新浪 .2006-12-31 [引用日期2014-11-02]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .搜狐 .2006-11-16 [引用日期2015-10-07]• .新浪 .2006-12-31 [引用日期2014-11-02]• .搜狐 .2006-12-01 [引用日期2014-11-02]• .新浪 .2007-11-27 [引用日期2014-11-02]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .金鹰网 [引用日期2015-10-24]• .新浪 .2008-12-25 [引用日期2014-11-02]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .新浪 .2008-12-25 [引用日期2014-05-12]• .金鹰网 [引用日期2015-09-27]• .2009-01-08 [引用日期2014-11-02]• .搜狐 .2008-12-11 [引用日期2014-11-02]• .齐鲁网 .2009-03-25 [引用日期2014-05-12]• .网易 .2008-06-13 [引用日期2014-11-02]• .腾讯 [引用日期2015-09-27]• .中国新闻网 [引用日期2015-09-26]• .新浪 .2009-08-04 [引用日期2016-01-19]• .新浪 .2009-08-04 [引用日期2016-01-19]• .搜狐 .2009-08-29 [引用日期2014-11-02]• .中国新闻网 .2009-11-24 [引用日期2015-10-08]• .新浪 .2009-12-28 [引用日期2015-10-08]• .网易 .2009-12-21 [引用日期2014-11-05]• .金鹰网 [引用日期2015-10-10]• .新浪 [引用日期2015-10-10]• .网易娱乐 [引用日期2015-10-10]• .中新网 [引用日期2015-10-10]• .中国影视文化网 .2011-01-14 [引用日期2015-10-08]• .新浪 .2010-04-04 [引用日期2015-10-08]• .etoday .2014-02-21 [引用日期2016-01-19]• .新浪 .2011-01-17 [引用日期2014-05-12]• .新浪 [引用日期2015-09-27]• .腾讯 .2011-01-10 [引用日期2014-05-12]• .环球网 [引用日期2015-09-26]• .starin. edaily [引用日期2015-10-24]• .腾讯 .2011-1-17 [引用日期2014-05-12]• .新浪 [引用日期2015-10-24]• .腾讯 [引用日期2015-09-26]• .国际在线 [引用日期2015-09-26]• .搜狐娱乐 [引用日期2015-10-24]• .腾讯 [引用日期2015-09-26]• .新浪 .2011-10-14 [引用日期2014-05-12]• .日本唱片协会官网 [引用日期2015-10-31]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .凤凰网 [引用日期2015-09-26]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .网易 [引用日期2015-09-26]• .dwango [引用日期2015-10-24]• .中国网络电视台 [引用日期2015-10-24]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .新浪 [引用日期2015-09-27]• .konest [引用日期2015-10-24]• .新浪 .2012-09-20 [引用日期2014-05-12]• .中国娱乐网 .2011-1-27 [引用日期2014-05-12]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .中国娱乐网 .2011-1-27 [引用日期2014-05-12]• .环球网 [引用日期2015-09-26]• .新浪 .2013-03-12 [引用日期2014-05-12]• .新浪 [引用日期2015-09-26]• .日本唱片协会官网 [引用日期2015-10-31]• .腾讯娱乐 .2013-08-19 [引用日期2014-05-13]• .网易 [引用日期2015-09-26]• .网易 [引用日期2015-09-26]• .网易娱乐 .2013-05-10 [引用日期2014-05-13]• .新浪• .凤凰网 [引用日期2015-10-25]• .新浪 [引用日期2015-09-27]• .新浪音乐 .2014年01月20日 [引用日期2014-05-13]• .新浪 [引用日期2015-10-31]• .Navicon [引用日期2015-10-24]• .中国新闻网 .2014-03-25 [引用日期2014-05-12]• .新浪音乐 .2014-02-28 [引用日期2014-03-28]• .新浪 [引用日期2015-10-02]• .日本唱片协会官网 [引用日期2015-10-31]• .网易娱乐 .2014-06-23 [引用日期2014-06-26]• .新浪音乐 .2014-11-11 [引用日期2014-11-17]• 100. .日本唱片协会官网 [引用日期2015-10-31]• 101. .中国青年网 .2014-12-23 [引用日期2014-12-26]• 102. .中国青年网 .2014-12-23 [引用日期2015-01-08]• 103. .环球网 [引用日期2015-10-25]• 104. .网易 [引用日期2015-10-25]• 105. .网易娱乐 [引用日期2015-03-02]• 106. .环球网 [引用日期2015-09-28]• 107. .环球网 [引用日期2015-08-24]• 108. .腾讯娱乐 .2015-07-30 [引用日期2015-08-17]• 109. .网易 [引用日期2015-09-25]• 110. .千华网 [引用日期2015-09-26]• 111. .新浪 [引用日期2015-08-24]• 112. .新浪 [引用日期2015-09-26]• 113. .环球网 [引用日期2015-09-27]• 114. .中国台湾网 [引用日期2015-09-26]• 115. .新浪 [引用日期2017-08-21]• 116. .新浪 .2017-10-31 [引用日期2017-11-13]• 117. .网易 .2018-03-29 [引用日期2018-04-12]• 118. .新浪 .2018-04-04 [引用日期2018-04-12]• 119. .新浪 .2018-06-22 [引用日期2018-07-19]• 120. .网易 .2018-06-11 [引用日期2018-07-19]• 121. .KBS WORLD Radio .2018-09-29 [引用日期2018-10-17]• 122. .ORICON NEWS [引用日期2018-10-17]• 123. .新浪 .2018-11-27 [引用日期2018-12-05]• 124. .naver [引用日期2015-10-01]• 125. .东方神起日本官方网站 [引用日期2018-08-27]• 126. .虾米音乐 [引用日期2019-03-14]• 127. .虾米音乐 [引用日期2019-03-14]• 128. .东方神起日本官方网站 [引用日期2018-08-27]• 129. .东方神起日本官方网站 [引用日期2018-08-27]• 130. .东方神起日本官方网站 [引用日期2019-09-02]• 131. .东方神起日本官网 [引用日期2019-03-24]• 132. .东方神起日本官网 [引用日期2019-03-24]• 133. .新浪娱乐 .2017-05-25 [引用日期2017-12-01]• 134. .新浪 .2017-10-30 [引用日期2017-12-01]• 135. .新浪娱乐 .2017-11-28 [引用日期2017-12-01]• 136. .东方神起日本官方网站 [引用日期2019-05-21]• 137. .东方神起日本官网 [引用日期2019-05-21]• 138. .东方神起日本官网 [引用日期2019-05-21]• 139. .东方神起日本官网 [引用日期2019-05-21]• 140. .酷6 [引用日期2015-09-26]• 141. .东方神起日本官方网站 [引用日期2015-09-26]• 142. .日本公信榜 [引用日期2014-12-19]• 143. .日本公信榜 [引用日期2014-12-22]• 144. .日本公信榜 [引用日期2014-12-22]• 145. .新华网 .2014-04-10 [引用日期2015-01-09]• 146. .新浪音乐 .2011年01月17日 [引用日期2014-05-13]• 147. .新浪 [引用日期2015-09-27]• 148. .韩国首尔中央地方法院 .2009-10-27 [引用日期2016-01-19]• 149. .腾讯 .2010-11-23 [引用日期2015-10-08]• 150. .新浪 .2012-08-19 [引用日期2017-11-13]• 151. .新浪网 [引用日期2017-07-13] 展开全部 收起.

次の

东方神起解约事件_百度百科

東方神起解散

東方神起の解散理由について 数か月前に、東方神起の魅力に気づき、ファンになった者です。 二か月くらいいろいろ葛藤して、ようやく新しい東方神起と、JYJについて理解し、 もうあの日々は戻らないことを納得しました。 でも一つ質問させてください。 JYJが東方神起を抜けた理由はだいたい分かりました(共感も理解もしずらいことですが) でもユノとチャンミンがSMに残った理由は何だったのでしょうか。 事務所の説得だとか、親からの説得だとか、いろいろ読みましたが、 本人たちはどうだったのか、 リアルタイムで東方神起の歴史に立ち会ってこられたファンの方々、 どうか教えてください。 もちろん予想で構いません。 未だにYou Tubeなどで5人の動画を見ては、 ため息をつくこともあります。 どうしてもっと早くファンにならなかったのか、 取り戻せない時間が恨めしいです。 でもこれからの東方神起を全力で応援していくつもりです。 露出もどんどん増えてきているので本当に嬉しいです。 でもどうかもう一つ心の区切りをつけるために・・よろしくお願いします。 補足お答え本当にありがとうございました。 改めてユノとチャンミンの芯の強い誠実な人柄と、 彼らを支えるファンの方々の深い優しさと温かさを感じました。 ベストアンサーはとても決めかねますので、投票でお願いいたします。 本当にありがとうございました。 ユノとチャンミンはSMの会見の時の声明文以外は ずっと何も語りませんでした。 カムバック後にやっとその当時の気持ちを語り始めましたが 訴訟は不本意なものであって、2人は納得していなかったという 気持ちが伝わってきます。 2人は訴訟する理由がなかったから訴訟しなかっただけだと思います。 リアルタイムでずっと見てきていましたが、訴訟の前の年の4集活動時は 上手くいっていた印象です。 その次の年、1月に3人は化粧品に関わり始めるのですが 徐々に変化があったと思います。 メンバーが何か言うわけではないですが メンバー間の関係などが少しずつ変化して行ったと思います。 メンバーの変化で一番わかりやすい変化はジェジュンです。 ジェジュンがジュンスに近づくようになり、いつの頃からか チャンミンに構わなくなりました。 (それまではチャンミンにべたべたする ことが多かったです。 ) そして5月から4thツアーが始まりましたが、ユノの様子がおかしい、元気が ないとファンの間で噂になりました。 私も数回行きましたが笑顔と口数が 少ないと感じました。 (歌、ダンスは頑張っていました) ツアーの前半と後半でユノとジェジュンが変わり、後半はダンスで触れるところも 触れなくなり、アイコンタクトもあまり無くなり、おかしいと思っていました。 2人は喧嘩することが多かったのか、それまでも仲が良い時と悪いような時を 繰り返していましたが、いつもユノの方がジェジュンに気を遣っていた感じ だったのが、その年のツアーではユノはジェジュンに気を遣う感じがあまり 見られなくて、ユノが怒ってるのかな?と思っていました。 そして4thツアーのトンモバのスタッフリポートの写真はユノとチャンミンの 2人の写真がすごく多くて、2人で一緒にいることが多かったのかもと 感じました。 ツアー中に5人の家族とSMの話し合いや625集会がありましたから ツアーの期間がいろいろな分かれ目だったんだろうと思います。 同じものを目指す人同士に、自然と分かれて行ってしまったんだろうと 思います。 仲が良かった時は東方神起だけはずっと続くだろうと思っていました。 でも、少し隙ができるとこんなに簡単に崩れてしまうんだなと思い 仲が良いのを見たきただけにかなり辛かったです。 でも、ユノとチャンミンは大丈夫な気がします。 頑張ってほしいです。 よく調べてから質問に至って良いペンな方ですね。 うれしいです。 早くペンになっていたら もっと深い傷を持つ事になったでしょう。 そしてファンの葛藤に巻き込まれたいへんだったと思いますよ。 笑 ホミンは出る理由がないだけです。 ユチョンのラップ。 ユチョンが感じ取った辛さも ホミンも味わったでしょう。 借金以外 でもホミンは違うのです。 吸収し乗り越えた。 3人は離脱。 『自分以上』 『命』だと言う2人。 これを捨てる事など出来ませんよね。 生きる為 守って来た。 今出た言葉ではなく デビューからそれくらいの気持ちで必死に しがみ付いて我武者羅に日々駆け巡ったのだと思います。 コツコツこなし信じて付いて来た結果 世間も日本も認められる大物となり 協力して頂いた方々を感謝している。 ホミンは変わってないです。 いつも自分達がやったんだからと言う 姿勢ではないです。 みんなで作り上げ共に努力した成果だと 捉えています。 自分だけの感情・嘆きをわぁーぎゃー騒ぐ人とは 違います。 自分達で精一杯で成長出来ていない 口だけ男は狼少年。 相手にもなりません。 今一緒に乗り越え東方神起のファンは 常識があり頼もしく力強いです。 一緒に応援して行きましょう。 (^^) 2人は訴訟をしてまで出る理由がなかったんでしょうね。 ユノは「解決の方法が違っただけ」と言ってます。 SMに対して問題を感じていたのは同じだと思いますが、3人とその家族、松浦の行動にホミンがついていけなくなったかと。 3人はC-jesもいてエイベも味方になってSMを出ることに準備万端でしたから、 作詞作曲をしてやりたいことがたくさんあり、SMの著作権もないハードスケジュール扱いから逃げるほうに価値を見出してしまった。 ホミンが日本ではホテルのスィートを一部屋ずつ用意してもらえるようになった、といってましたし日本で売れてエイベの扱いに目からうろこだったのかも。 自分たちで勝ち取ったという誇りもあっただろうし。。 ホミンが曲を作れない訳ではないと思いますが、訴訟をしてまで逃げ出したいとは思わなかったのでしょう。 義理もあるし。 ドームの成功でSMへの恩返しは終了と一区切り。 それを後押しする3人の家族と、副業にのってこないホミンの家族。 エイベの専属契約と印税の誘惑。 SMを監獄のようだったとふりかえるJYJと、SMを尊敬し韓国人として誇らしかったと感じるホミン。 ホミンは自分たちはあくまで韓国SMとして日本にきているという考え。 だからSMを出る理由がない。 3人側はアーティストとして、またいろいろな意味でSMを出たほうにメリットを見出してしまった。 仲が悪かったわけではないので残念ですね。。

次の

东方神起解散的真正内幕_百度知道

東方神起解散

プロフィール 名前:東方神起(とうほうしんき) 所属:YMCエンターテインメント メンバー ユンホ(ゆんほ) チャンミン(ちゃんみん) ・2003年:東方神起を結成する。 ・2004年:韓国でデビューする。 ・2005年:日本でデビューする。 ・2010年:活動休止する。 ジュンス、ジェジュン、ユチョンが脱退する。 ・2013年:二人組の体制となって活動再開する。 東方神起の歴代メンバーと衝撃の脱退理由がヤバイ!? 人気順も 東方神起は韓国や日本で大人気で、音楽番組に出演するなど大活躍していますよね。 さらに、バラエティー番組にも出演していて様々な活動をしています。 そんな東方神起なのですが、歴代メンバーや脱退理由、また、人気順が話題になっているそうです。 そこで調べてみると、東方神起はこれまでに脱退メンバーが3人もいて、その脱退理由やメンバーの人気順が話題になっているそうです。 東方神起はもともと5人組のアイドルグループとしてデビューして活躍していましたよね。 日本でも5人で活動する姿が人気だったのですが、2010年位を境にして3人のメンバーが脱退して2人で活動するようになったのだそうです。 なので、現在の東方神起はユンホさんとチャンミンさんの二人組のグループとなって活動しているのだとか。 そして、ユンホさんはハングル(韓国語)で「유노윤호」となり年齢は32歳で、ユノ・ユノンホ、チャンユンホという名前でも活動しているそうです。 また、もう一人のメンバーのチャンミンさんはハングル(韓国語)だと「최강창민」で、チェガンチャンミン、シムチャンミンという名前でも活動していて年齢は30歳になるのだとか。 この二人が2018年現在の東方神起のメンバーなのですが、二人で頑張って活動しているものの、昔からの東方神起のファンは寂しく思うこともあるそうです。 スポンサーリンク しかし、二人でも東方神起という名前を守って活動しているので、そんな二人を応援する人も多いのだとか。 また、東方神起を脱退したメンバーは、以下の三人になるそうです。 ・ジェジュン(キム・ジェジュン) 김재중 32歳 ・ユチョン(パク・ユチョン) 박유천 32歳 ・ジュンス (キム・ジュンス ) 김준수 31歳 東方神起を脱退した三人のメンバーは現在はJYJというグループで活動しているのですが、こちらのグループも人気になっているそうです。 かつては、この5人で活動していたということで、このように各メンバーの紹介プロフィールなども注目されているのですが、かつては東方神起として活動していたメンバーが別々になって活動しているということで残念に感じるファンが多いというのも納得ですよね。 スポンサーリンク そして、そのように東方神起から三人のメンバーが脱退した経緯についてなのですが、日本や韓国で活動していた東方神起は、2008年頃からジュンスさん、ジェジュンさん、ユチョンさんがソロで活動するようになり、さらに事務所に無断で広告契約をすることなどがあって、そこから所属事務所のSMエンターテインメントとの関係が悪化してしまったのだとか。 さらに、2009年には三人がSMエンターテインメントに対して専属契約などについて訴訟を行うなどして、本格的に事務所とモメることになってしまい、2010年に東方神起は活動休止になったのだそうです。 この訴訟でジュンスさん、ジェジュンさん、ユチョンさんは裁判所からSMエンターテインメントと契約は続行するものの、事務所とは別に活動することが認められて、東方神起以外での活動も行うようになったのだとか。 なので、この判決を機にジュンスさん、ジェジュンさん、ユチョンさんとSMエンターテインメントとの関係はかなり悪化してしまい、東方神起としての活動は続けられなくなってしまったのだそうです。 そのため、ジュンスさん、ジェジュンさん、ユチョンさんの三人は日本のエイベックスと契約してユニットを組んで活動し、それが後にJYJとなるのですが、すでにこの時点で三人は東方神起を脱退していたのだとか。 そして、残されたユンホさんとチャンミンさんだけとなったものの、東方神起は解散することはなく、2013年から二人組のグループとして再始動するようになって現在に至るのだそうです。 スポンサーリンク なので、東方神起から三人のメンバーが脱退したのは事務所との契約をめぐるトラブルのせいなのだとか。 メンバー同士の不仲ということなどで脱退をしたわけじゃないそうなのですが、ジュンスさん、ジェジュンさん、ユチョンさんの三人とユンホさんとチャンミンさんとに別れてしまったので、どうしても不仲説などが出てしまうのかもしれません。 このように東方神起のメンバーが減った理由は事務所との契約でのいざこざが原因で、メンバーが 減った時期は2010年前後と言えるのですが、5人組だった東方神起が今は2人になっているということでその変遷はかなり凄いですよね。 ちなみに、東方神起を脱退したメンバーの三人の現在はJYJとして活動し、兵役につくメンバーがいたり、ソロ活動を行ったり各人の活動はバラバラなのだそうです。 東方神起は変わらずに二人組のグループとして活動しているのですが、それぞれのグループで活動方法は異なっていて、そうした違いなども注目されているのだとか。 スポンサーリンク また、そんな東方神起なのですが、かつてはメンバーの人気順なども話題になっていたそうです。 1位 ジェジュン 2位 ユチョン 3位 ジュンス 4位 ユンホ 5位 チャンミン メンバーの人気順については人によって感じ方は異なるようなのですが、現在も東方神起は5人で活動してほしいというファンも多くいて、こうした人気順は注目されているそうです。 なので、今も東方神起は大注目されているのですが、東方神起の歴代メンバーと脱退理由、また、人気順は今後も話題になっていきそうですね。 ちなみに、東方神起は他のアイドルグループと同じようにようにメンバーカラーもあって、メンバーカラーはユノさんが緑、チャンミンさんが黄色、ジェジュンさんが赤、ユチョンさんが紫、ジュンスさんが青なのだそうです。 現在はメンバーカラーは特に使用されていないそうなのですが、いつか再び5人で活動するようになって以前のようにメンバーカラーが使用されるようになることを期待したいですね。 スポンサーリンク.

次の