忙しいにもかかわらずありがとう 英語。 英語でどう言うのですか??

「ご多忙の折」の意味は?ありがとう・ご自愛・恐縮との使い方、「ご多忙の中」との違い

忙しいにもかかわらずありがとう 英語

言葉の定義と使い方をおさらい クライアントやお客様、上司などから連絡をもらった場合、よく使われるお礼の言葉として「ご連絡ありがとうございます」が知られています。 ビジネスメールや電話など、連絡手段を問わず利用できる便利な敬語表現です。 例えば、都合が良いタイミングで連絡をいただけるようにお願いしていた取引先の担当者から、実際に電話連絡を受けたときなどに使います。 電話や返信メールの冒頭で、自分の名前を名乗ったあとに「ご連絡ありがとうございます」と続けるスタイルが一般的です。 同様の意味を持つ表現として、「ご連絡いただきありがとうございます」や「ご連絡下さいましてありがとうございます」があり、代わりに利用することも可能です。 なお、さらに相手に対する敬意を表現するために、連絡をいただいたことに対するお礼の言葉を最後に添える場合もあります。 そのようなときには、「ご連絡ありがとうございました」といった過去形を用いるのが通例です。 会話やメールの最後をスマートな印象で締めくくることができるので重宝されています。 ビジネスメール等で使いやすい変化形 ビジネス上のメールや電話をやりとりする中で、「ご連絡ありがとうございます」を多少変化させた表現もよく使われています。 なぜならば、そのときの状況やタイミングなどに合わせて的確な言葉を付け加えることで、より気持ちが込められた敬語表現が完成するからです。 一般的な例として、以下のようなケースがよく見られますので、例文とともに確認していきましょう。 例文1:「お忙しい中ご連絡いただきまして、誠にありがとうございました」および「お忙しい中ご連絡ありがとうございます」 連絡を取りたい相手が頻繁に離席や外出をしており、とても忙しいことが推測される場合などに使用します。 相手の方が貴重な時間を割いてくれたことに対して、感謝の気持ちが強く伝えられる表現です。 例文2:「早速のご連絡、ありがとうございます」および「迅速なご連絡、ありがとうございます」 相手からの返信や回答が早くもらえたら助かるといった状況の中で、すぐに折り返しの電話や返信メールをもらったときに使用します。 例文3:「早朝にもかかわらず、ご連絡ありがとうございます」 勤務時間外に対応いただいたと予想されるときに使用します。 敬語「ご連絡」を正しく使うコツ 敬語表現を使っているときに、「ご連絡」か「連絡」か、いずれが正しい表現か判断しかねることはありませんか。 最も判断に迷いやすいケースは、自分が相手に対して連絡する場合に、接頭辞「ご」を付けて「ご連絡」とするか否かという点です。 以下、敬語表現「ご連絡」に関係する論点を整理していきます。 前章まででご紹介したとおり、相手から連絡をいただいたときにお礼を言う場合には、「ご連絡ありがとうございます」という表現で正解となります。 一方、その反対のケースで、自分から相手に連絡する場合はどうでしょうか。 例えば、取引先の担当者に対して、分かり次第速やかに連絡をする約束をしたと仮定します。 その際、自分が発する言葉としては、「分かり次第、速やかにご連絡いたします」とするのが正しい表現とされています。 ここで「連絡」ではなく「ご連絡」とする理由は、自分からの連絡を受ける相手側に対して敬意を表す必要があるからです。 つまり、連絡をする側か受ける側かにかかわらず、敬語表現を使う場合には、「ご連絡」を使用するのが基本だと覚えておけば問題ありません。 重宝する!「ご連絡」を含む定番表現 ビジネスマナーとして、定番の敬語表現をできるだけたくさん知っておくことも大切です。 「ご連絡ありがとうございます」以外にも、仕事上よく使われる「ご連絡」に関連する定番の言い回しを例文で紹介します。 例文1:「後ほどご連絡申し上げます」 自分から相手に対して、連絡を約束する謙譲表現です。 例文2:「ご連絡いただければ幸いです」 相手から自分に対して、返事や回答をお願いする柔らかい表現です。 例文3:「お手すきの際に、ご連絡いただけますようお願い申し上げます」 忙しい相手に対して、「都合が付くときに連絡してほしい」という意向を伝える丁寧な表現です。 例文4:「ご連絡が遅くなり、申し訳ございません」 上司やお客様などに対して、当初の予定よりも連絡するタイミングが遅れた場合に使うお詫びの表現です。 まとめ 状況に合わせて、上記で紹介した「ご連絡ありがとうございます」のバリエーションを使いこなすことで、相手に対して好印象を与えることができます。 気の利いたお礼の言葉をタイミング良く伝えられるよう、普段から使い慣れておくことも大切ですね。

次の

お忙しいところ ありがとう 英語

忙しいにもかかわらずありがとう 英語

「お忙しい中」の類語としては、「お忙しいところ」「ご多用の中」「ご多忙中」などといった言葉が挙げられます。 ビジネスシーンでは、そのときの状況や相手にあわせて使い分けると良いでしょう。 例えば、「お忙しい中〜ですが」は話し言葉としては言いやすいですが、メールなど文章にする場合には、「ご多用の中〜ですが」も同じように使うことができます。 「お忙しい中、恐れ入りますが」や「お忙しい中すみませんが」などは、柔らかい印象を受けるので、話し言葉で使用する人が多いです。 一方で、メールや書面などの文章では、「ご多用中、お手数をおかけしますが」や「ご多忙の中、誠に恐縮ですが」 などといった表現を使うことで、よりしっかりとした印象を与える文章を作ることができます。 このように、言葉の頭につける枕詞はいくつかのパターンがありますので、把握しておくと大変便利です。 「お忙しい中」とは敬語なのか? 「お忙しい中」という言葉は、相手が実際に忙しいかどうかは関係なく、使うことができるので、使用に際しての注意点としては、時間に余裕があることが明らかな場合など、嫌みに聞こえてしまうことがあります。 そのような状況の場合には、あえて「お忙しい中」を使わないという判断も賢明です。 また、その他の注意点として、「お忙しい中」を使用した場合は、相手に要求しすぎないことが大切です。 相手のことを考慮した言葉を使って、自分のお願いごとを聞いてもらっているにもかかわらず、納期を決めたり、複数のことを依頼したりすることはやめておきましょう。 そして、「お忙しい中」を使用した際は、相手に「指図」をしないようにしない気を付けましょう。 例えば、「早めのご返信お待ちしております」といった書き方は、相手に「早く返信するように」と指図していることになるので、このような書き方はやめましょう。 「お忙しい中」を使用するときの多くは、何か相手にお願い事をしたり、相手に回答を求めたりと、相手側に何かと労力や時間をかけさせてしまいそうな時によく使用します。 特に、上司や先輩といった目上の人に使用します。 「お忙しい中」という枕詞をお願い事をする際、冒頭に付け加えるだけで、相手の状況に気を遣っていることが伝わりますし、謙虚な姿勢で自分がお願い事をしているという状況も伝えることができます。 また、「お忙しい中」には、相手に猶予をもって取り組んでもらう、といった意味合いもあります。 相手の状況を配慮し、「お忙しい中」を付け加えることで、「もし可能であれば」といった意味合いや、「あなたのタイミングや都合に合わせます」といった意味合いをお願い事に付け足すことができます。 その結果、依頼された相手もそこまで負担感を持つことなく、お願い事を受け入れてもらいやすくなります。 正しい使い方2:感謝の気持ちを込めて 自分のために、誰かが何か時間を割いてしてくれたとき、相手の手間や労力を想像して「お忙しい中〜してくださってありがとうございます」などと使うことができます。 相手は、自分自身でもやることがある中、依頼した自分のためにわざわざ時間を割いてくれたことに感謝している気持ちを表しています。 実際に、相手からもし「お忙しい中」と言われた場合、もしかすると流してしまうような定型文でもあるのですが、「お忙しい中」を言われなかったら言われなかったで、なんだか寂しい気持ちになってしまう人もいることでしょう。 ただ、「ありがとう」と言われるよりも、プラスアルファで「お忙しい中」と言われた方が何だか嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。 正しい使い方3:時間を割いてもらった時 「お忙しい中」という言葉が出てくるのは、相手に時間を割いてもらっている、という意識があるから言えることです。 例えば、「お忙しい中ありがとうございます」を英語で表現すると、「Thank you for taking your time. 」といいます。 英語にしてみると表現が率直でさらに相手に時間を割いてもらっている、ということが伝わります。 どのような内容であったとしても、相手に時間を割いてもらっている、時間をかけてもらっていることに関して、英語でいう「time」の部分を日本語では「お忙しい中」と表現していることがわかります。 それでは続いて、「お忙しい中」の挨拶の例文をご紹介しますので、参考にしてみてください。 例文1:「お忙しい中恐れ入りますが」 英語で「お忙しい中」を表現する際、先ほどの「Thank you for taking your time. 」(お忙しい中ありがとうございます)の他にも、下記のような表現があります。 ・I know you must be busy.(あなたが忙しいことを知っている。 ) ・your busy schedule.(あなたの忙しいスケジュール) 上記の表現を使用した例文をご紹介します。 (すみません、あなたがお忙しいことは分かっていますが、少しお時間をいただきたいです。 ) ・Thank you for taking time out of your busy schedule. (忙しいスケジュールの中、お時間を割いてくださってありがとうございます。 ) 「お忙しい」とよく似ている表現に「ご多忙」があります。 こちらも「お忙しいところ」と同じように意味にほとんど違いはありません。 強いていうならば、口頭では「お忙しい」、書面では「ご多忙」の方がよく使用されている傾向があります。 また、似ている言葉で「ご多用」という表現もありますが、この言葉も「お忙しい中」や「ご多忙のところ」とほぼ同じ意味で使います。 「ご多忙」に「折」をつけた「ご多忙の折」という表現もありますが、これも「お忙しい中」という表現と大きな違いはありません。 「ご多忙の折」とは、会合やイベントなどの招待状でよく使用される表現です。 この場合の「折」というのは、時間や場所、機会や状況を表します。 一般的に、ビジネスの世界では、基本的に決められたスケジュールや時間の中で、忙しく働いているという前提があります。 そのような前提の中で、忙しい相手に対して、手間を必要とする仕事や予定以外の調べものなどを依頼する場合、誰でも多少なりとも恐縮してしまいます。 つまり、お願い事をする相手に対しての申し訳なさや謙虚さを表現している「お忙しい中」が、仕事を円滑に進める上で大変重宝されています。 後者の方が、格段に相手への印象が良く、その後の仕事もお互いにやりやすくなることが明確です。 今回、「お忙しい中」という言葉から、類似した意味を持つ言葉まで、色々な例文の挨拶パターンや正しい使い方をご紹介してきました。 今まであまり意味を深く考えずに、定型文として使っている機会もあったことでしょう。 また、中にはどのような場合に使うべき言葉なのか、毎回定型文として使用して良いのか、といった疑問を持ったこともあったのではないでしょうか。 本来の「お忙しい中」という意味を考え、相手の状況や立場を踏まえることで、これからは「お忙しい中」の使い方に対する迷いは少なくなるのではないでしょうか。 また、自分が相手にお願い事をする場面に直面した際、相手にどのような言葉を伝えたら快く引き受けてくれるだろうか、ということを常々考えながら、自分のためにも相手のためにもその都度、言葉を選んで上手に使っていきましょう。

次の

「お忙しいところ」の使い方と例|恐縮ですが・ありがとうございます

忙しいにもかかわらずありがとう 英語

記事の目次• 主に誰かのために何かする場面で使われる表現です。 誰かが自分のために何か特別なことをしてくれた時、「そこまでやってくれるなんて、本当にありがとう」という気持ちを込めて使ってください。 A: Thank you for going out of your way to get me the medicine. (私のためにわざわざ薬を買ってきてくれて、ありがとう。 Just take a good rest. (お礼なんていいから。 ゆっくり休んで。 早く良くなってね。 こちらは、相手が自分のためにあえて時間を割いて何かをしてくれた場面で使える英語フレーズになります。 A: This is for you. Happy Birthday, Mika! (これ、あなたに。 誕生日おめでとう、ミカ!) B: Wow, that looks amazing! Thank you for taking the time to make such a beautiful cake for me. (わぁ、すごいね!わざわざ私のために素敵なケーキを作ってくれて、ありがとう。 ) Thank you for making time to see me. わざわざ会う時間を作ってくれて、ありがとう。 相手が忙しいスケジュールを調整して自分のために時間を作ってくれた場面では、この英語表現がぴったりです。 A: I had a really good time today! (今日はすごく楽しかったよ!) B: Me too! Thank you for making time to see me. (私も!わざわざ会う時間を作ってくれて、ありがとね。 相手が遠くから訪ねてきた時には必ずと言っていいほど使う英語表現なので、覚えておくと便利ですよ。 A: I missed you, Tomoko! (会いたかったよ、トモコ!) B: Hi David, thank you for coming all the way to Japan! How have you been? (デイビッド、はるばる日本まで来てくれて、ありがとう!元気にしてた?) 他にも、こんな風に使うこともできますよ。 Thank you for coming all the way from London. (はるばるロンドンから来てくれて、ありがとう。 ) Thank you for coming to see me in Japan. (はるばる日本まで会いに来てくれて、ありがとう。 わざわざそんな事よかったのに。 直訳すると「そんな事する必要はなかった」という意味ですね。 そのままの意味でも使うフレーズですが、状況によっては感謝の気持ちを表すこともできるんです。 先に気をまわして何かやってもらった時などに、「そんな事よかったのに」といった感じで、少し謙遜しているようなニュアンスを表せます。 ただ、口調によっては「余計なことしなくてよかったのに」というニュアンスに聞こえてしまうので注意してください。 A: Thank you for having me here today! I brought a bottle of wine. (今日は呼んでくれてありがとう!ワイン持ってきたよ。 But thank you. (あら、そんな事わざわざよかったのに。 でもありがとう。 ) 後ろの部分を省略して言うこともできますよ。 (わざわざそんな事よかったのに。 ) こんな風に言っても同じニュアンスになります。 (わざわざそんな事よかったのに。 お気遣いありがとう。 こちらの英語フレーズは「そんな事してくれるなんて、あなたは親切だね」「お気遣いありがとう」といったニュアンスがあります。 相手の優しさが嬉しかった時、誰かに親切にしてもらった時など、ぜひ使ってみてください。 A: Good morning. (おはよう。 (お気遣いありがとう。 (ご親切にありがとう。 ) スポンサーリンク わざわざしなくてもいいよ 次に、相手の申し出に対して、丁寧に断りたい時に使える英語フレーズを紹介します。 わざわざいいよ。 相手が何かしてくれようとして「わざわざいいよ」と丁寧に断りたい時に、気軽に使える英語表現です。 Shall I drive you to the station? (今日はすごい雨だね。 (そんなのわざわざいいよ。 たった5分歩くだけだし。 わざわざ必要ないよ。 We always just walk in. (わざわざ必要ないよ。 あそこはいつも予約なして行くから。 ) もっとカジュアルな場面では、こんな風に短く言う事もできますよ。 No need. (わざわざいいよ。 お構いなく。 A: Do you want me to help you? Thank you for asking though. (あぁ、お構いなく。 聞いてくれてありがとう。 (どうぞお構いなく。 それはさすがに申し訳ない。 このフレーズ全体を訳すと「あなたにそれをさせることはできない」となります。 相手からの申し出に対して「わざわざそんな事はさせられない」「そんな事やってもらうのは申し訳ない」といったニュアンスで使う英語フレーズですよ。 (やばい、もう5時だ!息子の迎えに遅れちゃう。 ) B: Oh no, do you want me to drive you there? Besides, you still have work to do. (それはさすがに申し訳ないよ。 それに、まだ片付けなきゃいけない仕事もあるでしょ。 ) スポンサーリンク なんでわざわざ? 続いて、相手が必要以上に手間や労力をかけようとしている時や、面倒な事をしようとしている時に、「なんでそんな事やるの?」「やる必要なくない?」と伝えられる英語フレーズを紹介します。 Why bother? A: Kevin is not here? (ケビンはまだ来てないの?電話してみるね。 ) B: Why bother? He always cancels at the last minute. (なんでわざわざ?あいつはどうせまたドタキャンだよ。 ) Why put yourself through so much trouble? フレーズ全体で「なんであえて大変な事するの?」と訳せますが、ここでは反語的に「あえてそんな大変な事する必要ないよ」というニュアンスになります。 A: I have to go to a bank to cash a cheque today. (今日は、小切手を換金しに銀行に行かなきゃいけないんだ。 ) B: Why put yourself through so much trouble? You can do it easily with a mobile application. (なんであえてそんな大変な事するの? 携帯のアプリで簡単にできちゃうよ。 ) Why do you trouble yourself? A: I have a lot of dishes to wash today. I hate it. (今日は洗い物がたくさんあるな。 ほんと嫌になっちゃう。 ) B: Why do you trouble yourself? (なんでわざわざそんな事するの?食器洗い機を使おうよ。 Why do we trouble ourselves? 苦労して色々やったのに期待する結果が得られなかった時、「せっかく苦労してやったのに」という気持ちを表すことができる英語フレーズですよ。 A: Did you hear that Jane is quitting? I went through all the trouble of getting her the job she wanted. (ジェーンが辞めるって聞いた?わざわざ彼女のやりたい仕事を紹介してあげたのに。 ) B: Sorry to hear that. (それは残念だね。 具体的に何をしたのか説明せずに、単に「大変だったのに」と言いたい時にはこれだけでも伝わりますよ。 I went through all the trouble. (わざわざ面倒なことやったのに。 I went through all that trouble. (わざわざあんなに面倒なことやったのに。 せっかく手間や時間をかけてやったのに上手くいかなかった時など、時間を無駄にしたような気がする場面で使える英語フレーズです。 A: How was your presentation? (プレゼンはどうだった?) B: Oh it was a disaster…my mind went totally blank. I spent so much time preparing for this presentation. (あぁ、最悪の出来だったよ…頭の中が真っ白になっちゃって。 せっかく時間かけてプレゼンの準備したのに。 わざわざ頑張ったのに残念な結果になったり、せっかく何かしてあげたのに相手の反応がイマイチだったり、色々な場面で使えるので覚えておくと便利ですよ。 ちなみにこの英語フレーズは、文の始めでも終わりでもどちらにも使えます。 (わざわざ苦労して旅行の計画したのに、あんまり楽しめなかったんだよね。 ) B: Well, it happens. (まぁ、そうゆうこともあるよ。 ) 他にも、こんな風に「わざわざ〜したのに」という気持ちを表すことができますよ。 After all the time I spent cooking, I burned everything in the oven. (せっかく時間をかけて料理したのに、全部オーブンで焦がしちゃった。 (彼のために色々やってあげたのに、お礼さえ言わなかった。 (あんなに努力したのに、彼女は最終選考までいけなかった。 ) おわりに いかがでしたか? 「わざわざ」の英語表現をたくさん紹介しましたが、使えそうなフレーズはありましたか?すぐに使えるフレーズの形で覚えることが、英会話上達の近道になりますよ!ぜひ明日から実際の会話で使っていってくださいね。

次の