医学 書院。 リハビリテーション医学

リハビリテーション医学

医学 書院

『系統看護学講座』の概要• 以来50年の間、必要な教育内容・教科を組み込みながら、より充実したシリーズの教科書として改善を重ねてまいりました。 さらに2009年のカリキュラム改定を受けて、『災害看護学・国際看護学』ならびに『病態生理学』を刊行しました。 2016年版では『看護研究』を、2017年版では『臨床薬理学』を新刊として発刊しました。 2018年版では、『家族論・家族関係論』をリニューアルした『家族看護学』を発刊しました。 2020年版では14巻の改訂を行います。 既刊の各巻についても、引き続きカリキュラムの趣旨に沿って内容の吟味を欠かさず行い、定期的な改訂を行っています。 教科書には、そのときどきの時代的課題や教育的理念を的確にくみ取り、それを紙面に反映させる機能が求められます。 本講座では定期的な改訂を行うことによって、こうした時代の求める課題に対応しています。 また、見てわかりやすい教科書作りにも努め、多くの巻において紙面をカラー化しています。 時代の変化にかかわらず、基本的に疾患・障害をかかえる人が対象となる医療や看護では、「系統別」が実際的であり、学問・教育のうえで無理がなく、また現行の医療のしくみ・制度、診療・看護の実践にも適合するものと考えています。 あわせて、別巻を設けることにより、教育・医療環境の変化に伴うカリキュラム構成の変化にも、柔軟に対応しています。 2017(平成29)年3月に発表された「看護師国家試験出題基準(平成30年版)」にそって、国家試験を念頭に置き本講座の点検を行いました。 別途に作成しましたからも、「出題基準」に示される出題範囲を本講座が網羅していることがおわかりいただけることと思います。

次の

セミナー詳細|医学書院

医学 書院

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年9月) 医学書院 正式名称 株式会社医学書院 英文名称 IGAKU-SHOIN Ltd. 現況 事業継続中 種類 市場情報 非上場 出版者記号 260 取次コード 0305 設立日 代表者 金原 俊() 本社所在地 1-28-23 資本金 7550万円 売上高 109億3700万円(2019年10月期) 従業員数 229名(2020年2月1日現在) ネット販売 自社サイト、 定期刊行物 を参照。 出版以外の事業 得意ジャンル 、、 外部リンク 医学書院(いがくしょいん 英称:IGAKU-SHOIN Ltd. )は、医学系出版社。 (昭和19年)、日本医学雑誌株式会社として創立。 (昭和25年)株式会社医学書院と改称し現在に至る。 本社は。 (平成19年)までの並びに社屋を構えていたが、同年、に面した新社屋に移転した。 医学雑誌、医学書籍、医学辞典などを発行するの中でも最大手。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2019年11月) 医学生向けの教科書「標準」シリーズは、基礎系・臨床系のほぼ全領域を網羅し定期的に改訂されているため、殆どの学生に購読されている(巻数が多くが決して安くないため、全巻を揃えるような買い方はほとんどされない)。 看護学生()を対象とした「系統看護学講座」は、全国の看護学校で圧倒的なシェアを誇る(看護学校では学校で一括して教科書を購入するため、シリーズでまとめて購入する傾向がある)。 一方、を対象とした「新看護学」は競合書の「看護学入門」()とほぼ互角の採用率である。 このように、学生向けのテキストを医学・看護の領域で網羅しているため、「医学書院といえば教科書」というように認知されている。 上記のほかに、年鑑書である「今日の治療指針」は創刊以来50年間安定した購買層に支えられ、目立つ競合書は存在しない。 また、「医学大辞典」や「治療薬マニュアル」は、後発ながら、それぞれの競合書「ステッドマン医学大辞典」()、「医学大辞典」()、「今日の治療薬」()にせまる売上数実績がある。 『リハビリの夜』、2009年。 - 第9回受賞• 『驚きの介護民俗学』、2012年。 - 日本医学ジャーナリスト協会賞受賞• 『中動態の世界 意志と責任の考古学』、2017年。 - 第16回(2017年)、第8回(2018年)受賞• ISBN-978-4260038850。 -第19回(2019年)、第10回(2019年)受賞 など多数刊行されている。 2019年11月3日、シリーズ「ケアをひらく」が、第73回(企画部門)を受賞した。 電子出版 [ ] 早くからに着手し、総合診療ガイド「今日の診療()」は1991年より毎年発行され、広く医療界にて愛用されている。 また、からの商品「看護医学」は看護界でのベストセラーとなり、さらに(20年)3月には、より向け「SR-A10000」を発売し話題となった。 (平成21年)3月には「医学大辞典第2版」を新規搭載した「電子辞書SR-A10001,SR-A10001M」を発売している。 また電子テキストシリーズ「医学書院eテキスト」、雑誌の電子配信サービス「MedicalFinder」、看護技術研修eラーニング「eナーストレーナー」など、数多くのデジタルコンテンツを発売。 雑誌 [ ] 主に、医学・看護の領域でを発行する。 生体の科学(偶数月発売)• 公衆衛生(毎月発売)• medicina メディチーナ (毎月発売)• 総合診療(毎月発売・「JIM」から誌名変更)• 呼吸器ジャーナル(書籍扱い)• 循環器ジャーナル(書籍扱い)• (毎月発売)• BRAIN and NERVE(毎月発売・「脳と神経」 と「神経研究の進歩」 の統合誌として2007年発刊)• 脳神経外科(毎月発売)• 精神医学(毎月発売)• 臨床外科(毎月発売)• 日本内視鏡外科学会雑誌(発行:日本内視鏡外科学会・2019年より電子版のみ)• 臨床整形外科(毎月発売)• 臨床婦人科産科(毎月発売)• 臨床眼科(毎月発売)• 耳鼻咽喉科・頭頸部外科(毎月発売)• 臨床皮膚科(毎月発売)• 臨床泌尿器科(毎月発売)• 総合リハビリテーション(毎月発売)• 理学療法ジャーナル(毎月発売)• 言語聴覚研究(書籍扱い)• 臨床検査(毎月発売)• 検査と技術(毎月発売)• 病院(毎月発売)• 看護教育(毎月発売)• 看護研究(偶数月発売)• 保健師ジャーナル(毎月発売)• 訪問看護と介護(毎月発売)• 助産雑誌(毎月発売)• 看護管理(毎月発売)• 精神看護(偶数月発売) 休刊した雑誌 [ ]• Cancer Board Square(書籍扱い)• 糖尿病診療マスター(2003年創刊~2017年12月号休刊)• 呼吸と循環(2016年休刊・呼吸器ジャーナルと循環器ジャーナルにリニューアル)• 看護学雑誌(1946年創刊~2010年12月号休刊)• 肝胆膵画像(1999年「消化器画像」として創刊~2008年誌名を変更~2012年7号休刊)• JJNスペシャル(書籍扱い)• リハビリテーション医学(発行:日本リハビリテーション医学会・三輪書店に移管) 脚注 [ ] 出典 [ ].

次の

告知!セザキングの本が医学書院より出版決定!!2020年春

医学 書院

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年9月) 医学書院 正式名称 株式会社医学書院 英文名称 IGAKU-SHOIN Ltd. 現況 事業継続中 種類 市場情報 非上場 出版者記号 260 取次コード 0305 設立日 代表者 金原 俊() 本社所在地 1-28-23 資本金 7550万円 売上高 109億3700万円(2019年10月期) 従業員数 229名(2020年2月1日現在) ネット販売 自社サイト、 定期刊行物 を参照。 出版以外の事業 得意ジャンル 、、 外部リンク 医学書院(いがくしょいん 英称:IGAKU-SHOIN Ltd. )は、医学系出版社。 (昭和19年)、日本医学雑誌株式会社として創立。 (昭和25年)株式会社医学書院と改称し現在に至る。 本社は。 (平成19年)までの並びに社屋を構えていたが、同年、に面した新社屋に移転した。 医学雑誌、医学書籍、医学辞典などを発行するの中でも最大手。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2019年11月) 医学生向けの教科書「標準」シリーズは、基礎系・臨床系のほぼ全領域を網羅し定期的に改訂されているため、殆どの学生に購読されている(巻数が多くが決して安くないため、全巻を揃えるような買い方はほとんどされない)。 看護学生()を対象とした「系統看護学講座」は、全国の看護学校で圧倒的なシェアを誇る(看護学校では学校で一括して教科書を購入するため、シリーズでまとめて購入する傾向がある)。 一方、を対象とした「新看護学」は競合書の「看護学入門」()とほぼ互角の採用率である。 このように、学生向けのテキストを医学・看護の領域で網羅しているため、「医学書院といえば教科書」というように認知されている。 上記のほかに、年鑑書である「今日の治療指針」は創刊以来50年間安定した購買層に支えられ、目立つ競合書は存在しない。 また、「医学大辞典」や「治療薬マニュアル」は、後発ながら、それぞれの競合書「ステッドマン医学大辞典」()、「医学大辞典」()、「今日の治療薬」()にせまる売上数実績がある。 『リハビリの夜』、2009年。 - 第9回受賞• 『驚きの介護民俗学』、2012年。 - 日本医学ジャーナリスト協会賞受賞• 『中動態の世界 意志と責任の考古学』、2017年。 - 第16回(2017年)、第8回(2018年)受賞• ISBN-978-4260038850。 -第19回(2019年)、第10回(2019年)受賞 など多数刊行されている。 2019年11月3日、シリーズ「ケアをひらく」が、第73回(企画部門)を受賞した。 電子出版 [ ] 早くからに着手し、総合診療ガイド「今日の診療()」は1991年より毎年発行され、広く医療界にて愛用されている。 また、からの商品「看護医学」は看護界でのベストセラーとなり、さらに(20年)3月には、より向け「SR-A10000」を発売し話題となった。 (平成21年)3月には「医学大辞典第2版」を新規搭載した「電子辞書SR-A10001,SR-A10001M」を発売している。 また電子テキストシリーズ「医学書院eテキスト」、雑誌の電子配信サービス「MedicalFinder」、看護技術研修eラーニング「eナーストレーナー」など、数多くのデジタルコンテンツを発売。 雑誌 [ ] 主に、医学・看護の領域でを発行する。 生体の科学(偶数月発売)• 公衆衛生(毎月発売)• medicina メディチーナ (毎月発売)• 総合診療(毎月発売・「JIM」から誌名変更)• 呼吸器ジャーナル(書籍扱い)• 循環器ジャーナル(書籍扱い)• (毎月発売)• BRAIN and NERVE(毎月発売・「脳と神経」 と「神経研究の進歩」 の統合誌として2007年発刊)• 脳神経外科(毎月発売)• 精神医学(毎月発売)• 臨床外科(毎月発売)• 日本内視鏡外科学会雑誌(発行:日本内視鏡外科学会・2019年より電子版のみ)• 臨床整形外科(毎月発売)• 臨床婦人科産科(毎月発売)• 臨床眼科(毎月発売)• 耳鼻咽喉科・頭頸部外科(毎月発売)• 臨床皮膚科(毎月発売)• 臨床泌尿器科(毎月発売)• 総合リハビリテーション(毎月発売)• 理学療法ジャーナル(毎月発売)• 言語聴覚研究(書籍扱い)• 臨床検査(毎月発売)• 検査と技術(毎月発売)• 病院(毎月発売)• 看護教育(毎月発売)• 看護研究(偶数月発売)• 保健師ジャーナル(毎月発売)• 訪問看護と介護(毎月発売)• 助産雑誌(毎月発売)• 看護管理(毎月発売)• 精神看護(偶数月発売) 休刊した雑誌 [ ]• Cancer Board Square(書籍扱い)• 糖尿病診療マスター(2003年創刊~2017年12月号休刊)• 呼吸と循環(2016年休刊・呼吸器ジャーナルと循環器ジャーナルにリニューアル)• 看護学雑誌(1946年創刊~2010年12月号休刊)• 肝胆膵画像(1999年「消化器画像」として創刊~2008年誌名を変更~2012年7号休刊)• JJNスペシャル(書籍扱い)• リハビリテーション医学(発行:日本リハビリテーション医学会・三輪書店に移管) 脚注 [ ] 出典 [ ].

次の