悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ。 悪夢~先生は僕だけのものだと思っていたのに…~の感想ネタバレ2

悪夢~先生は僕だけのものだと思っていたのに…~の感想ネタバレ1

悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ

ネタバレ! クリックして本文を読む 本日テレビ鑑賞をしました。 マンガとアニメをすべて見ましたけど2時間では描き切れてませんでしたね。 リバイバルの演出もちょっとわかり辛かったので原作を知らない人には難しいかもしれません。 主人公である悟と裏の主人公である殺人者八代との勝負なのに書き込みが薄かったように思えます。 ピザ屋の店長のやり取りや近所のお兄ちゃんは全部蛇足になっていますし、八代の兄やハムスターのエピソードを入れた方が良かったように思えます。 前半は割と原作に忠実で時間を使ってしまい、後半は駆け足で原作のサスペンス感がありませんでした。 この映画が面白いと感じた方は原作かアニメをお勧めします。 子どもの悟たちがみんなでヒナを助けて、大人になった悟が八代を追い詰めていく過程がハラハラして凄いです。 ネタバレ! クリックして本文を読む 未来を予測できる主人公が、小学生に戻り、母親と連続誘拐殺人事件の少女が殺されないように救うが、未来に帰って、その誘拐殺人犯ともみ合いの末に死んでしまう。 原作未読ですが、いろんなことを入れ込みひねってみた結果、少しまとまりがなくなってしまっている印象がしました。 大人が小学生に戻っているので、独白は大人の言い回しでいいが、11歳の子供たちが主人公のみならずあれだけの大人びたセリフをいう点は少し違和感あり、言わされている感がある。 それと、冒頭のシーンで、自分の母親が刺されて瀕死の状態で、その現場を離れて、戻ってこないのが違和感ある。 それと、小学生に戻った少年が川に突き落とされた後どうなったの?って思いましたが、結局、未来に戻ったときに死んでしまう意味なのかなと解釈はしてます。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作と異なるラストをつくったのは良いコンセプトだと思う。 とはいえ、映画オリジナル部分はご都合主義の塊で、とりあえず映画化しておきました!感が凄く、崩壊している。 結果、崩壊具合が逆に面白い。 まず、加代救出後、八代の明確に不可解な点は「児童相談所の連絡をしていなかった」ぐらいのもので、それで犯人と疑うには無理がある。 もし、できるとしたら悟は相当なIQの持ち主。 なのに、悟は八代に橋から落とされ、首を切られるけれど、殺人犯を追い詰めにいくのに、何の準備もせず、無防備に突っ込んでいくなんて「バカじゃないの!?」と思わざるをえない。 八代はナイフで切りつける際、手袋もせず感情的にまかせた無計画でずさんな犯行。 もしこんなずさんな犯行をする人間なら、もっと前につかまっているはず。 それにリバイバル解除後、悟が目覚めるまで八代は幼女殺人を繰り返していたわけで、時効を迎えていないんだから、悟は八代を尾行し警察が逮捕できるだけの材料を集めればよかったんじゃないの? 警察に逮捕させてから、刑務所で伝えればよかったんじゃないの? このストーリーだと、「勇気を持ちすぎて無計画な行動をすると死にますよ」というメッセージになってしまうのでは? リバイバル解除についても「母親が殺される運命を変える」ことがファクターになっていたけれど、変更した過去の変化点は加代を救出(これだけでは解除されなかった)、八代を犯人だと特定したこと、悟が漫画家として成功し、バイトをしなくても生きていける経済力をもち、愛梨とも出会わなかったという点ぐらい。 逆に悟は、意識が飛んでいる川に落とされてから目が覚めるまでも自動的(?)に行動していたわけで・・何していた??? 僕だけがいない街。 そんな悲しいメッセージをつたえるために こんな大々的な映画を撮影していたのかと思うと驚く。 そんな風に色々な疑問がわく。 そういう意味で面白いし、ひどすぎて原作を読み返したくなる点で優秀作なんじゃないかと思う。 ストーリーは普通だが、子役の演技とゆうか、演技とゆうのもおこがましいくらい、切実で、痛ましく、健気で、勇気をもらえて、素晴らしい。 石田ゆり子の母親はこれほど輝く母親はいない、うーん、母さんと呼んで、乳吸いたい。 有村架純はこの映画で演技が一番素晴らしい。 一途で、献身的でうーん、キスしたい。 いやいや、違う、この映画の肝は子供時代。 健気な子役に、襲いかかる、悍ましい、計画。 ピカチューじゃない、名前忘れた、えーと、相棒の片割れ、歌歌う俳優、元妻が宝塚スター、檀れい、忘れた。 元に戻り、石田ゆり子が美しい。 有村架純が雨に濡れて太ももの上まですごいですね、はい大変で、それ、私も、へー、そうなんですか、ふーん、それで、二人で雨上がりの空を見上げるんです。 その有村架純の姿が、思い出しただけで泣けてくる。 おれも正義の味方になりてい。 だから、思い出して、犯人は檀れいの元旦那、見事だ、なまえがでてこない。 理不尽で、代償、ふざけるな、解放、正義でなきゃ、さとる、正義の味方は死なないぞ、最後のセリフを俯瞰した。 誰か、犯人の名を教えてください、顔はわかるんだが。 ありがとね、 僕はいないけど、君たちを守りたい、君のそばにいる、セリフそのまま書きました。 世界の片隅で、心の声を聴いてくれた、胸に感じるあなた、信じることはまた歩き出せる力、幾千もの偶然からたどり着いた奇跡、自分を愛する意味を知る、微かな奇跡を、戻らない時間を照らし• 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

僕だけがいない街のレビュー・感想・評価

悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ

夢の象徴するもの------------。 タイトルもあれだし、そんなに期待してなかった今作。 なのに、視聴後の感想は一番手ごたえあったなぁ。 面白いよ、これ。 常に笑顔で優しい『いい先生』な理想的な教師・武戸井彩未(北川景子) 生徒や他の先生の評判もとてもいい先生なのだが・・・ 「羊飼いは楽だけど、顔が疲れるのよ」 そう、 彼女は腹の中では文句や悪口ばかりの2面性を持った女性だったのだ!! 腹黒女。 いるよね。 この顔は笑顔なのに何を考えてるかわからないって人。 心の中で文句言ってても、振り返ったら笑顔~とかさ(わはは) また北川さんがこれすっごく合ってるよ。 そこへ転校生の古藤結衣子(木村真那月)がやってくる。 だが彼女は突然彩未におばあさんを助けてといってきたのだ。 「夢で見たの」 近所の「甲」という家のおばあちゃんが火に焼かれる夢を見たというのだが・・・ その子の言う不思議な言葉を妄想だと信じない彩未。 眼球が上下に早く動き、前髪の一部だけが白い結衣子は、すごく不気味な少女。 前の学校も不登校だったというのだが・・・不登校していたようには見えないだけに、何なのかこの子はというイメージ。 そんな1日の疲れを癒すリラックスタイム。 それが夢。 「夢王子、願いを叶えて」 「彩未の願いは、何だって叶えてやるさ」 お菓子の家。 白馬のペガサス。 優しい王子様。 だが、その途中で発見した「甲」さんの家。 そこで庭にいたおじいさんと目が合う彩未。 挨拶をして誤魔化すも・・・おばあさんは元気かと問うと、おじいさんは元気だといいつつ、不審な目で見られてしまう。 やはり結衣子の妄想ではないのか。 安心して学校へ行くと・・・なんと、 彩未の中傷がネット上に書き込まれてあったのだ!! 「わたしの先生は一度も わたしたちに向かって本当に笑ったことがない。 先生は、ただわたしたちを飼い馴らすためだけにわたしたちの興味を引くような話をする。 だけど先生はわたしたちに興味なんてない。 好きも嫌いもない、心がないのだから・・・。 武戸井彩未は異常者だ!サイコパスだ!」 一体誰がこんな書き込みを? だが・・・あたっているだけに不安が隠せない彩未。 これはきっとクラスの子だろう。 そこでそれとなく生徒たちには、証拠もないことを口にしたり、書いたりするなと忠告。 「みなさんは空想とウソを取り違えないようにしてください」 夢は人間の内側にある無意識が見せるものだと話す彩未。 だが、結衣子は怯えながら暗くなる空を見つめる。 「違う、夢は外からやってくる-----」 翌日、なんと甲さんの家が家事になっていたのだ!! どうやら旦那が寝たきりの奥さんに火をつけて心中したというのだ。 これが結衣子が言っていた事なのか。 あの時もっとちゃんと接していればおばあさんは助かったのか? 言い知れぬ罪悪感を持つ彩未。 一体何故こんな問題が次々と起こるのか。 なのにその結衣子は学校に来ていない。 早速不登校かと、校長に家に行けといわれてしまう結衣子。 結衣子は疫病神か。 悪夢か・・・。 そこで家庭訪問をすることになった彩未。 すると、 結衣子の家から出てきたのは------夢王子!? 一瞬固まる彩未。 どうやら彼は結衣子の父、古藤万之介教授(小日向文世)の助手の志岐貴(GACKT)だったのだ。 そして部屋に案内された彩未。 すると結衣子はおばあさんが死んだのは先生のせいだと責めて来たのだ。 自分が何をしたというのか? 「何もしなかった! だって... !信じてたのに。 先生なら 助けてくれるって... 」 そこへ現れた古藤。 彼曰く、 結衣子は他人の無意識と繋がることができるらしい。 眠ると、その無意識が目覚め、結衣子に予知夢を見せてしまうのだ。 それは他人の夢を盗み見る行為。 しかも、結衣子が見るのは、悪夢・・・凄惨な未来でしかないという-----。 だから怖くて引きこもりになってしまったと。 この町へ来た日、たまたまあの甲のおじいちゃんの無意識と繋がってしまい、燃えるという予知夢を見てしまったというのだ。 では、なぜここへ転校してきたのか? 何故彩未に助けを求めたのか? なんと夢の中で彩未が出てきたからだというのだ!! 「そこにあなたが救世主として夢の中に現れたのだ」 だが、昨晩の夢に彩未が出てきたというのだ。 「彩未先生が、生徒を殺しちゃうの」 だから、一緒に夢札を見て欲しいという結衣子。 夢札とは、データ化された夢のメモリなのだという。 夢を映像化できる装置。 どうやら古藤はその研究をしているよう。 「先生は赤いワニに食べられる」 一体何の予知なのか? だが、結衣子の夢は何かの象徴に置き換えられることが多いので、それがそのまま起こるのではなく、あくまで象徴なのだという。 「その夢を見せてください」 そして、博士の研究施設へ向かった3人。 獏という夢の読み出し機に、透明な札をかざす古藤。 それが夢札で、結衣子が眠るときに頭につけているものからデータを引っ張って作ったものだというのだ。 そこに写ったのは昨日の授業風景。 その時突然赤いボールがガラスを割って教室へ入り込んできたのだ。 それが小さなワニに変わる。 そこで生徒のひとりの相沢美羽が 「先生に必要なのはウソですか? 本当ですか」と問うてきたのだ。 そして彼女は彩未をサイコパスだとなじり、思わず彩未はガラスの破片で彼女を切り裂いてしまったのだ!! すると突然赤いワニが巨大化し、なんと彩未の頭を食べてしまったのだ!! 頭部がなくなった彩未の体。 だがその時、夢の中と同じ質問をされた彩未は思わず書き込みの事を糾弾してしまったのだ。 すると翌日、母親が学校に乗り込み、証拠もないのに美羽が書き込みをしたと決めつけ、美羽はもう学校には来たくないと言っているといいだす。 「娘はあなたに心を殺されたんですよ!」 そして、彩未をクビにしろと訴えてきたのだ。 その時・・・赤いワニ皮のハンドバックを持っていた相沢の母。 首を食べられるというのは、クビの意味だったのか!! 怒りの彩未は、結衣子に今後悪夢を持ち込むなと忠告。 なのに早速翌日悪夢を見たと電話がかかってきたのだ。 「私は悪夢警備隊か!! アクムしてますか」 わはは!! 次の悪夢は、美羽が母親と一緒にいる所へ空飛ぶ馬がやってきて、母親を連れ去ってしまうのだ。 しかもその馬、空中で爆発してしまったのだ!! これは何を意味するのか。 そこで養護員の平島琴葉(優香)と共に結衣子が美羽を見舞う事に。 まぁたこの琴葉がいい味でてるわ。 彩未の二面性を絶対に見破ってやると息巻いてる彼女、狂気を孕んでていいよ(^^) どうやら美羽が落ち込んでいるのは、母のせい。 父は単身赴任先で女と一緒のよう。 そして母もまた、男と一緒に空港で待ち合わせして、どこかへ行く話をしているのを聞いてしまったのだ!! その話を聞いた彩未は、飛行機事故を連想。 駆けつけた空港には、なんと美羽の姿も。 「お母さん、私を置いていかないで」 そして手に持っていたコンパスの先を母親に向かって突き刺そうとしていたのを見て、思わず身体を張って庇った彩未。 「あの夢は、あなたが私の象徴で、私があなたの象徴だったの? あなたと私は似ている...。 先生もいつも笑顔を絶やさなかった。 施設でもどこでも。 そうしないと行く所がないと思ったから。 ホントは少しも いい子じゃなかったのに。 あなたは今 やっと自分を出せた。 だから後悔するなよ!」 彩未もまた母親に捨てられた一人。 そして、最後の力を振り絞り、飛行機をもう一度チェックしろと訴えた彩未。 そのまま気を失ってしまうのだった・・・。 目覚めた彩未を待っていたのは無数のフラッシュと記者たち。 どうやらあの後、飛行機に欠陥が発見されたようで、結果的に彩未の一言が大勢の命を救ったのだ。 ではコンパスは? どうやらいつもの習慣で巻いていた腹巻のおかげで助かったよう。 そんなオチかい(><) 相沢母はどうやら3日ほど家を空けるだけのつもりだったよう。 ブログは、美羽が犯人ではなかったよう。 ただ、美羽を疑うって事の象徴だったようで。 だが・・・この結果に興味を持ったのは・・・助手の志岐。 どうやら彩未が結衣子と同じ能力を持っているのではないかと思ったようで、彼女を酒でもどうかと酔わせ、研究所へ連れて行き、その夢を探ることに----------。 って、これ、夢の中で夢王子そっくりの自分が出てきたってことで利用するんだろうなぁ(^^;) なるほど、がっくんはそういう立場になるのね。 いやぁ、キャラも個性的で面白かったよ。 何せ抽象的な夢が何を表してるのかっていうのが判明してからのくだりはテンポもよかったし、続きがすごく気になった。 これは意外と今期一番のダークホースになる可能性が出てきたね。 goo.

次の

「『僕だけがいない街』『名探偵コナン純黒の悪夢』登場車種について(ネタバレ含む)」あぶない特命係の青島/いいこまのブログ | 光岡ビュートが気になるけどスイフトを買ったスバリストのブログ

悪夢 先生 は 僕 だけ の もの だ と 思っ てい た の に ネタバレ

ネタバレ! クリックして本文を読む 本日テレビ鑑賞をしました。 マンガとアニメをすべて見ましたけど2時間では描き切れてませんでしたね。 リバイバルの演出もちょっとわかり辛かったので原作を知らない人には難しいかもしれません。 主人公である悟と裏の主人公である殺人者八代との勝負なのに書き込みが薄かったように思えます。 ピザ屋の店長のやり取りや近所のお兄ちゃんは全部蛇足になっていますし、八代の兄やハムスターのエピソードを入れた方が良かったように思えます。 前半は割と原作に忠実で時間を使ってしまい、後半は駆け足で原作のサスペンス感がありませんでした。 この映画が面白いと感じた方は原作かアニメをお勧めします。 子どもの悟たちがみんなでヒナを助けて、大人になった悟が八代を追い詰めていく過程がハラハラして凄いです。 ネタバレ! クリックして本文を読む 未来を予測できる主人公が、小学生に戻り、母親と連続誘拐殺人事件の少女が殺されないように救うが、未来に帰って、その誘拐殺人犯ともみ合いの末に死んでしまう。 原作未読ですが、いろんなことを入れ込みひねってみた結果、少しまとまりがなくなってしまっている印象がしました。 大人が小学生に戻っているので、独白は大人の言い回しでいいが、11歳の子供たちが主人公のみならずあれだけの大人びたセリフをいう点は少し違和感あり、言わされている感がある。 それと、冒頭のシーンで、自分の母親が刺されて瀕死の状態で、その現場を離れて、戻ってこないのが違和感ある。 それと、小学生に戻った少年が川に突き落とされた後どうなったの?って思いましたが、結局、未来に戻ったときに死んでしまう意味なのかなと解釈はしてます。 ネタバレ! クリックして本文を読む 原作と異なるラストをつくったのは良いコンセプトだと思う。 とはいえ、映画オリジナル部分はご都合主義の塊で、とりあえず映画化しておきました!感が凄く、崩壊している。 結果、崩壊具合が逆に面白い。 まず、加代救出後、八代の明確に不可解な点は「児童相談所の連絡をしていなかった」ぐらいのもので、それで犯人と疑うには無理がある。 もし、できるとしたら悟は相当なIQの持ち主。 なのに、悟は八代に橋から落とされ、首を切られるけれど、殺人犯を追い詰めにいくのに、何の準備もせず、無防備に突っ込んでいくなんて「バカじゃないの!?」と思わざるをえない。 八代はナイフで切りつける際、手袋もせず感情的にまかせた無計画でずさんな犯行。 もしこんなずさんな犯行をする人間なら、もっと前につかまっているはず。 それにリバイバル解除後、悟が目覚めるまで八代は幼女殺人を繰り返していたわけで、時効を迎えていないんだから、悟は八代を尾行し警察が逮捕できるだけの材料を集めればよかったんじゃないの? 警察に逮捕させてから、刑務所で伝えればよかったんじゃないの? このストーリーだと、「勇気を持ちすぎて無計画な行動をすると死にますよ」というメッセージになってしまうのでは? リバイバル解除についても「母親が殺される運命を変える」ことがファクターになっていたけれど、変更した過去の変化点は加代を救出(これだけでは解除されなかった)、八代を犯人だと特定したこと、悟が漫画家として成功し、バイトをしなくても生きていける経済力をもち、愛梨とも出会わなかったという点ぐらい。 逆に悟は、意識が飛んでいる川に落とされてから目が覚めるまでも自動的(?)に行動していたわけで・・何していた??? 僕だけがいない街。 そんな悲しいメッセージをつたえるために こんな大々的な映画を撮影していたのかと思うと驚く。 そんな風に色々な疑問がわく。 そういう意味で面白いし、ひどすぎて原作を読み返したくなる点で優秀作なんじゃないかと思う。 ストーリーは普通だが、子役の演技とゆうか、演技とゆうのもおこがましいくらい、切実で、痛ましく、健気で、勇気をもらえて、素晴らしい。 石田ゆり子の母親はこれほど輝く母親はいない、うーん、母さんと呼んで、乳吸いたい。 有村架純はこの映画で演技が一番素晴らしい。 一途で、献身的でうーん、キスしたい。 いやいや、違う、この映画の肝は子供時代。 健気な子役に、襲いかかる、悍ましい、計画。 ピカチューじゃない、名前忘れた、えーと、相棒の片割れ、歌歌う俳優、元妻が宝塚スター、檀れい、忘れた。 元に戻り、石田ゆり子が美しい。 有村架純が雨に濡れて太ももの上まですごいですね、はい大変で、それ、私も、へー、そうなんですか、ふーん、それで、二人で雨上がりの空を見上げるんです。 その有村架純の姿が、思い出しただけで泣けてくる。 おれも正義の味方になりてい。 だから、思い出して、犯人は檀れいの元旦那、見事だ、なまえがでてこない。 理不尽で、代償、ふざけるな、解放、正義でなきゃ、さとる、正義の味方は死なないぞ、最後のセリフを俯瞰した。 誰か、犯人の名を教えてください、顔はわかるんだが。 ありがとね、 僕はいないけど、君たちを守りたい、君のそばにいる、セリフそのまま書きました。 世界の片隅で、心の声を聴いてくれた、胸に感じるあなた、信じることはまた歩き出せる力、幾千もの偶然からたどり着いた奇跡、自分を愛する意味を知る、微かな奇跡を、戻らない時間を照らし• 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の