お 体 に 気 を つけ て 年賀状。 「お体に気をつけて」の意味と上司・転職での使い方、返事、類語、英語表現

年賀状の一言メッセージの文例は?友達&親戚~ビジネスまで使える文例をご紹介!

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

こういったことに気を付ければ大丈夫だと思います。 では、 友人に送る年賀状の文例について、いくつか紹介していきましょう。 お互いの共通の話題を入れたり、近況を報告したりなどすれば、それだけでいい年賀状が出来上がってくると思います。 久しぶりに年賀状を出してみようかな という相手には、どんな文面がいいのか、その文例をいくつか用意してみました。 スポンサードリンク 友人へ結婚報告するときの年賀状の文例 また、ご無沙汰の友人とかになると、 年賀状で結婚報告をするといったこともあるかもしれません。 そんな場合の文例も少し用意してみました。 最初は普通ですが、結婚報告を入れることと今後について入れておくといいと思います。 スポンサードリンク 年賀状の文例で親戚に送る場合 親戚に年賀状を送る場合には、友人に送るわけではないので 丁寧さが求められると思います。 ただ、その中でも仲のいい親戚なら、少し砕けた文面が入っていてもおかしくはないと思います。 そのあたりを考えながら、いくつか文例を用意してみました。

次の

年賀状の一言添え書き。親戚へ健康を気遣うメッセージ文例!

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

もくじ• 年賀状に添える一言メッセージ文例 一人暮らしの友人に送るならともかく、家族で住んでいるのなら、誰かに見られる機会もないとは言えませんので、 読まれてもいいような文章を書かなければいけません。 友人同士ではシャレで通じるものでも、他の人には不快に感じる表現などは、使わない方が無難です。 そういった個人的なメッセージは、メールやLINE上でやりとりすればいいですから。 また、気を利かせて手書きの一言メッセージを添えるのに、そこで マナー違反をおこすような言葉をうっかり書いてしまうのも避けたいものです。 忌み言葉や不祝儀に関する言葉を使わないようにしましょう。 そうなると、おのずと書く内容も違ってくるはずですので、勢いで全部同じにしてしまうことのないよう、気をつけてくださいね(笑) 今年は会っている友人へ• 今年もまた遊びに行きましょう!• 昨年はありがとう 今年もよろしく• 今年もお茶会しようね!• また時間がある時にでも会ってお話しようね!• いつもありがとう! 感謝!• 最近老眼になったみたい いいサプリがあったら教えて• 今年もいっぱいいろんなところに遊びに行こうね!• 昨年はいろいろ楽しかったね 今年もいっぱい楽しみましょう!• 今年もまた一緒に食事にいこーね!• 昨年と変わらず今年もよろしくねー! また遊びに行こう!• 今年もいっぱい飲みに行こうね!• 女の子を出産したよ! 遊びにきてね• 昨年はありがとう! 今年も嫌になるほどバカ騒ぎしようね!• 今年も仲良くしてね! 新年会しよう• 今年もランチしようね• 今年も楽しくいこう!• 前より暇になったのでいつでも誘ってね• 今年の夏はどこに行く?今年も沢山話ししようね!• 美味しいお店でご飯食べようね• 一緒に陶芸教室で器作りしようよ• 今年もたくさん飲みに行こうね 美味しいお店もたくさん見つけよ!• 今年こそダイエットを成功させて『美人』になります!• 今年はお互い受験生の親だね・・・子供のバックアップ頑張ろうね。 休みを合わせて温泉旅行へ行きたいね• 今年こそはダイエットを成功させるよ• 今年もたくさんの笑いをありがとう 来年も一緒にカラオケに行こうね! 今年は会わなかった友人へ• 今年は何か一緒にやりましょう!• 元気にしてますか?今年は会いたいね• ご無沙汰してるけど元気?また時間があれば連絡していいかな?• 今年こそは都合を合わせて飲みに行こうね• 今年こそは絶対飲みに行こうね!• 元気にしてますか?また遊びに行けたらいいね!• 今年こそ一緒に食事にいこーね!• 元気にしてますか??今年はぜひ会いたいなぁ~呑みに行こう!• 赤ちゃんが産まれたので遊びにきてね• 昨年はなかなか会えなかったけど今年こそご飯行こうね!• 変わらず元気にしてますか?今年は会えたら嬉しいな• 会ってないけど元気してる?• 昨年は結局一度も会えず残念…今年こそ再会しようね!• 昨年はお互い多忙で会えませんでしたが今年はまた遊びに行きたいですね。 近いうちに必ず会おうね• 最近どうかな?会えたら近況聞かせてね。 なかなか会えないけどいつか会えるはず!• 今年こそ会おうね~話したい事が山積みでもう崩れそう!• お久しぶりです!今年こそゆっくり会ってお話しましょう!• 今年は絶対に時間つくっておいしいランチにでも行こうね• 遠くて会えないけど またちょくちょくLINEしてね• 今年こそはぜひ都合つけて会いましょうね~• こっちに来たらぜひ連絡頂戴ね• お互い忙しくなかなかお会い出来ていませんが ゆっくり食事でも出来たら良いですね 年賀状の一言文例 親の場合 親と言っても、実の親だったり義両親だったり、またどちらであっても仲の良さなどもメッセージに関係してくると言えます。 親にはメッセージを入れない、という方もいらっしゃるようですが、何か書いてあげると心がほっこりとするものです。 ぜひメッセージを添えましょう!• とにかく体だけには気をつけて!• 身体に気を付けて無理しないでね• 今年も新米の季節になったらお米送ってね!• なかなか家に帰れなくてごめんなさい 健康には気をつけてね!• 今年もまた健康のためスイミングとウォーキング続けてね• 昨年も今年も来年もお世話になります• 親になるのって大変ですね• 昨年は色々ありがとう 今年は旅行でも行けたらいいね 体に気を付けて過ごしてね• 元気ですか?また近々そっちに帰ります• 今年も長生きしてください• いつもありがとう 時間があるときは帰るね• 今年こそ彼女を連れて帰る!つもりです 頑張るぞ!• しばらく会ってませんが変わりないですか? 体に気をつけて元気に過ごして下さいね• いつも感謝しています• また子供を連れて集金(お小遣いの)に行きます(笑)• いつも仕送りしてくれて助かっています• 今年こそ必ず顔を見せに帰ります 少し太ったけどわかるかな?• 今年も沢山孫と会ってね• 今年も子供たちが騒がしいけど永い目で暖かく見守って下さい• いつも迷惑掛けっぱなしで申し訳ありません• 帰省したらお味噌汁の味見をお願いします• 何かあったらすぐ連絡 何かなくてもたまに顔見せ• 帰った時には肩もみしてあげるよ• いつもおいしいつも美味しい新鮮な野菜を送ってくれてありがとう!長生きしてね!いつか親孝行するから 年賀状の一言文例 親戚の場合 親戚づきあいを頻繁にしている方もいらっしゃるでしょうが、冠婚葬祭のときぐらいしか会わない、という関係の方も多いと思います。 なので、年賀状で元気だよ!の報告とともに、それなりに媚び売っておきたいところです。 当たり障りのない、でも温かい一言を加えたいですね。 家族ともども楽しくやっています• 今年も体に気を付けて元気にお過ごしください• 私の子供ももう3歳 ずいぶん大きくなりました• 近いうちに子供つれて遊びに行きますね• 本年度も変わらずよろしくお願いします• みなさんお変わりありませんか?また近くにお越しの際は遊びに来てください• 赤ちゃんを連れて近いうちに遊びにいきます• 昨年はお世話になりました 今年も私たち家族を暖かく見守ってください• 風邪など引かれてないでしょうか お体大事にしてください• いつもミカンをありがとうございます!• 家族みんな元気です!• 昨年はお世話になりました 今年も梨狩りに伺わせてもらいます よろしくお願いします• ごぶさたしておりますがお元気ですか?お体には気をつけてお過ごしくださいませ• お体をご自愛ください• 近くまで来たら是非寄ってください• 近いうちに顔を出します• 今年も夏の集まりを楽しみにしています また朝まで語りましょう!• お変わりありませんか 家族みな健康で暮らしています• お蔭さまで元気にやっています• たまには連絡しますので無理せずお元気で• 是非遊びに来てくださいね• ご無沙汰しております お体にお気をつけてお過ごし下さい まとめ 毎年パターンを決めてそれしか書かない、なんてのはつまらない、と思いがちですが、昨年の年賀状の一言って、案外覚えていないものです。 まぁ、昨年分を見て今年分を作成する方にはバレますけど・・・w センスのよい言葉がするすると出てくるといいのですが、なかなかそういうワケにもいきませんよね。 なので、もらった年賀状で「この言葉いいな!」と思うものがあれば、 来年用にスマホにでもメモっておきましょう!.

次の

友達や親戚への年賀状に添え書きする一言メッセージ文例集!

お 体 に 気 を つけ て 年賀状

「お気をつけて」の意味について まず初めに「お気をつけて」という言葉の意味について紹介します。 改めて問われると正しい意味や使い方って、説明するのが難しいですよね。 なんとなく理解しているとは思いますが詳しく意味についてまとめていきます。 「お気をつけて」の意味 「お気をつけて」は「気をつける」に「お」をつけて敬語表現にして、さらに助詞の「て」をつけた言葉です。 相手に対して「気をつけるように・注意をするように」と注意喚起する、注意を促す言葉となります。 「気付け」という言葉ではよりその意味が明確になり、元気をつけるという意味と断定できます。 「お体お気をつけてください」の意味 先述した通り、気をつけるには元気をつけるという意味と、注意を促すという二つの意味があります。 これが「お体お気をつけください」となると、病気や健康に気をつけるとともに、体を元気にしてくださいね。 といういたわりの気持ちや労いの気持ちも込められた意味が強くなります。 前後につく言葉で意味がより強調される言葉だということを知っておきましょう。 お気をつけては失礼? 上司や目上の人に対して「お気をつけて」とお辞儀をしながらいうシーンが目に浮かびますが、これは失礼な言動に値するのでしょうか? 答えは明確に失礼ではないがモヤっとしたものが残るというところが実際の印象でしょう。 また「お体お気をつけて」と言ってもこちらもなんだか失礼ではないけどモヤモヤした気持ちが残ります。 なんだか、社会人としてふさわしい言葉遣いのようには感じられません。 ではどのような言葉が正しいのでしょうか? スポンサーリンク 「お気をつけて」の正しい使い方 「お気をつけて」を上司や目上の人に使用する場合の正しい使い方について紹介します。 それぞれの使用シーンごとの正しい使い方や言い回しについて確認しましょう。 オーソドックスな表現 いつでも使用できるオーソドックスな表現としては「お気をつけください」という表現がもっとも普通で当たり障りのない表現でしょう。 お気をつけてという表現をもっと丁寧にした表現が「お気をつけください」になります。 これであれば相手にとっても失礼に感じることなく耳に届くでしょう。 もっと表現を丁寧にしたい時や念押しをしたい時はくれぐれもお気をつけください。 と頭にくれぐれもをつけるといいでしょう。 しかしあまり念押しをしすぎると、くどくなってしまうこともありますので注意しましょう。 お見送りをするときの表現 上司や目上の人を見送る時は「お気をつけていってらっしゃいませ」や「お気をつけておかえりください」と表現するといいでしょう。 お気をつけてという言葉だけでなく、そのあとに気の聞いた言葉をつけることがポイントです。 お気をつけて!と深々とお辞儀をして威勢良く言うだけだとヤクザっぽくなるだけですので注意です。 上司を見送る言葉としては「お気をつけて行ってらっしゃいませ」がもっとも誠実感があり、丁寧な言い方でしょう。 相手の体を労わるときの表現 相手の体調や体を労わるときには「お気をつけてください」という表現もありますが「ご自愛ください」という表現もあります。 特に「ご自愛ください」という言葉は手紙やビジネスメールなどでの文書でのやり取りのときに適している言葉でしょう。 言葉での労いの言葉をかける時も「お気をつけて」と言うよりも「お気をつけください」と表現した方が適切でしょう。 スポンサーリンク お気をつけての誤用 頻繁に使用するシーンの多い「お気をつけください」ですが、これを誤用してしまうことがあります。 誤った使用方法や間違った言葉の使い方について、その使用例を紹介します。 誤った敬語表現 お気をつけてと言う言葉の誤った敬語表現について紹介していきます。 目上の人には使用しないよう注意しましょう。 語尾に注意しましょう。 であればお気をつけください。 とシンプルに表現した方がいいでしょう。 その他の表現としてお気をつけなさいませを紹介しました。 〜なさいませ、は尊敬表現になるのですが、「お気をつけなさい(ませ)」という言葉に若干角が立って聞こえてしまうかもしれません。 」 お気をつけて、まではいいのですが「来てください」という言葉が尊敬語や丁寧な言葉になっていないのでNGとしました。 より丁寧な言い回しにするのであれば「来る」の尊敬語に当たる「お越しになる」と表現した方がいいでしょう。 スポンサーリンク メールでの例文 お気をつけてを含むあらゆるシーンでのメールの文面について紹介します。 これから帰ってくる上司に向けて送る文面 出張をする上司や、これから外出先から帰って来る上司に対して「お気をつけて」の意味を含むメールを送ることって結構ありますよね。 そんなときに失礼の内容に上司を労うメールの文面いについて紹介します。 ご無事なお帰りをお待ちしております お気をつけてお帰りください。 と同様の意味での言葉です。 「道中長旅とは存じますが、ご無事なお帰りをお待ちしております。 」と表現すれば失礼に当たることはないでしょう。 道中お気をつけてお帰りくださいませ 「道中気をつけてお帰りくださいませ」 これもこれから帰ってくるはずの上司に送るメールに適している文末です。 お世話になった人を労うときの文面 社会人にもなると恩師やお世話になった人も増えて、お礼や感謝の気持ちを伝えることも多くなります。 そんなときに使う文章を紹介します。 お体にお気をつけてくださいませ 「本日はありがとうございました。 どうぞお体にお気をつけてくださいませ。 」 丁寧語の表現も交えつつ、大きく背伸びもしすぎないちょうどいい表現です。 「お体に気をつけて」だけですと、ちょっと親しすぎる間柄になってしまいますので、その辺はご自分の感覚で判断してみてください。 お体ご自愛ください 上記でも紹介したご自愛くださいと置き換えたときの文面です。 「季節柄猛暑の日々が続いておりますが、体調を崩されませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 」 「くれぐれもお気をつけください」と文末を締めくくることもできますが、よりかしこまった表現をすることができます。

次の