マイクラ pe マルチ サーバー。 [MiRm]マイクラサーバーを無料で簡単に作る方法 スマホ版・パソコン版対応

【マイクラPE】Realmsやマルチサーバーで影MODを利用する(反映させる)方法

マイクラ pe マルチ サーバー

マイクラサーバーを立てる流れ マインクラフトのサーバーを立てるのは以下のような手順で進めていきます。 サーバーをダウンロードする• サーバーの設定をする• サーバーを起動する• ポート開放をする 難しそうに見えるかもしれませんが全然そんなことはないので、順を追って見ていきましょう! マイクラサーバーのダウンロード まずはサーバーをダウンロードしていきます。 ただ、からは、最新版のサーバーしかダウンロードすることができません。 そこで、全バージョンのサーバーをダウンロードできるサイトを使っていきましょう。 今回はサーバーをダウンロードするので、 Download Server Jar をクリックします。 左下にこんなメッセージが出るかもしれませんが、無視して 保存をクリックします。 ダウンロードした server. jar は適当なフォルダを作ってそこに入れておきます。 (ファイル名がserver. jarではないケースがあるかもしれませんが、ファイル名は別に何でもいいので気にしないでください。 ) 起動しても何も表示されませんが、上の画像のようにファイルが追加されているはずです。 この中の eula. txt を開きます。 これは利用規約に同意しますよーという意味です。 書き換えたら、 必ず 上書き保存をして閉じてください!忘れずに! ここまで出来たら次はサーバーの設定をしていきます。 マイクラサーバーの設定 それではサーバーの設定をしていきます。 普段マイクラを遊ぶときは、難易度やモードを選んで始めると思いますが、サーバーも同じように難易度などを決めてあげる必要があります。 先ほどのフォルダから、 server. properties を開きます。 ずらずらテキストが書かれていると思いますが、これを編集して設定を変更していきます。 ただ、変更する必要のない箇所がほとんどなので、ここでは主要なパラメータのみ説明していきます。 数字・英語のどちらで指定しても大丈夫です。 数字・英語のどちらで指定しても大丈夫です。 プレイヤーがプレイヤーに攻撃できるかどうかを設定できます。 falseにしておくのをオススメしますが、殺伐としたマイクラを求めている方はtrueにしましょう。 だいたいいじる箇所はこの3つですね。 さらにマニアックな設定をしたい人は、などを参考にしてください。 マイクラサーバーの起動 設定が終わったらいよいよサーバーを起動していきましょう。 server. jar を起動します。 起動するとまずワールドが生成されていき、最後に Done! と表示されたら完了です。 この画面を開いている間はサーバーが立っていることになります。 サーバーを閉じたいときは、右下に stop と打ち込んでEnterキーを押せば閉じることができます。 それでは実際にサーバーに入れるかどうかを確認していきましょう! Minecraftを起動して、 マルチプレイをクリックします。 サーバーを追加 をクリックします。 サーバー名とサーバーアドレスを入力します。 サーバー名は好きな名前にしておきましょう。 サーバーを立てる人の名前にしておくと分かりやすいのでオススメです。 サーバーアドレスには、自分のサーバーに入る場合は localhost と入力します。 入力が終わったら完了を押します。 最後に サーバーに接続 を押せばサーバーに入ることができます。 無事に自分のサーバーに入ることができました。 今回の初期スポーンはメガタイガでした。 もし海の孤島など、変な初期スポーンを引いてしまった場合に、ワールドをリセットしたい場合があると思います。 そのときは、先ほどのフォルダにある world フォルダを削除しましょう。 これを削除してからもう一度 server. jar を起動すれば、ワールドが再生成されます。 もちろん前のワールドは消えるので注意してくださいね。 逆にワールドのバックアップを取りたい場合は、このworldフォルダをどこかにコピーしておけば大丈夫です。 server. jar:サーバーを起動するファイル• server. properties:サーバーの設定をするファイル• world:ワールドが保存されているフォルダ ポート開放のやり方 さて、このままでは自分はサーバーに入れますが、他の人は入ってくることができません。 なので最後にポート開放をしていきましょう。 おそらく多くの人はここでつまずきます。 ですが、私がポート開放について分かりやすく解説した記事があるので、こちらを参考に頑張ってみてください。 本当はここで書きたかったのですが、 ポート開放についての説明は長くなるので別記事にしています。 よくある質問 サーバーに関するよくある質問をまとめてみました。 ポート開放ができない ポート開放についてのよくある質問はこちらの記事にまとめています。 サーバーがラグい 今回紹介したサーバーの立て方では、サーバーのラグが酷い可能性があります。 (ブロックがなかなか壊せないなど) ラグの改善方法についてはこの記事で解説しています。 OP権限ってなに? OPとは管理人みたいなものです。 サーバーに関するいろいろなコマンドを使えるようになります。 server. jar の入力欄に、「op ユーザー名」と入力すると、プレイヤーにOP権限を付与することができます。 OP権限があるとできることなどは、ggると詳しく書かれたサイトが出てくると思います。 まとめ 以上がマインクラフトのサーバーの立て方でした。 分からないことがあったら下のコメント欄から気軽に質問してください!.

次の

【マイクラPE】マルチプレイが簡単にできるMODアプリ『PocketMine Servers』

マイクラ pe マルチ サーバー

マインクラフトの種類• Java版• 統合版• その他(PS4、PSvita、3DS) どれも同じマインクラフトですが、同じワールドでマルチプレイするためには、ワールドに参加する人が同じ環境でプレイしている必要があります。 Java版ならJava版の人と、統合版なら統合版の人としかマルチプレイをすることができません。 なので、複数人でやる場合は、お互いが使っている環境でやる必要があるんですね。 今回はマイクラの中で最も自由度が高くてアップデートも早いJava版でやってみることに。 Minecraft(マインクラフト)Java版でマルチプレイをする 更にマインクラフトのJava版でマルチサーバーを立てる方法は2通りあって• サーバーのソフトを使ってPCをサーバーとして利用する• レンタルサーバーをマインクラフトのサーバーとして利用する 1の方法はネット環境のあるパソコンさえあれば、ソフトをダウンロードして設定すればできます。 ですが、パソコンをサーバーとして利用するため、サーバーを管理しているパソコンを起動している間しかワールドに出入りすることができないというデメリットがあります。 例えば、友人とマルチプレイしている場合、サーバーを管理している人のPCが起動している間しか遊べないということです。 しかも、やり方を調べてみると設定方法が結構ややこしい。 一方2のレンタルサーバーを利用する方法は多少のお金はかかりますが、24時間稼働でいつでもワールドに出入りできる環境を作ることができます。 しかも、レンタルサーバーによっては簡単に設定できるみたいなので、今回は2の方法を選択しました。 Conoha VPS「Minecraft マルチサーバーかんたん構築」でマルチサーバーを立てる 今回利用するレンタルサーバーは、「」です。 マイクラをやるには月額900円のプランを契約する必要がありますが、「マインクラフトかんたん構築」というマインクラフト専用のプランが用意されており、複雑な設定をする必要もなく利用できるとのことで、これにしました。 Minecraftマルチサーバーかんたん構築を申し込む まずは「」からサーバー利用の申し込みを行います。 Conoha VPS公式サイトのページ下部にある「Minecraftマルチサーバーかんたん構築」をクリックします。 すると、マインクラフトの説明が書かれているページが出てきますので、案内を読んで申し込みましょう。 必要事項を入力する まずは必要事項を入力します。 電話・SMS認証を行い、お支払い方法を選択・入力する 次にアカウントの電話・SMS認証を行います。 電話・SMS認証とは 電話・SMS認証はスマートフォンのSMS(ショートメッセージ)を利用した個人認証機能のこと。 セキュリティ強化をするために用いられる。 認証ができたら料金の支払い方法を選択して入力します。 なお、この時点ではサービスのプランの選択がまだなので、料金の支払いは完了していません。 サービスのプランを選択する 次にサービスのプランを選択します。 サーバーのスペック、保存できるデータ容量などによって料金が変わります。 今回は1GB900円/月のプランを選択しました。 ちなみに1GBのプランだと同時に4名くらいで遊べるそうです。 もっとたくさんの人と同時に遊びたいという場合は上位のプランを選ぶ必要があるみたいですね。 次にイメージタイプという項目にある「アプリケーション」をクリックします。 すると、右から2番目の項目に「Minecraft」が出てくるので、これをクリックします。 次にrootパスワードとネームタグ」を設定します。 rootパスワードは不正アクセスされないように英数字記号ありで入力します。 rootパスワードを忘れてしまうと管理画面に入れなくなるので、必ずどこかにメモをしておくようにしましょう。 ネームタグは、サーバーの名前のようなもの。 管理画面上で表示されるだけなので任意の文字列でOKです。 ここまで入力が終わったら画面右に選択したプランが表示されているので、間違いないか確認をして「追加」をクリックします。 マインクラフトを起動してマルチプレイの設定をする これでサービスの申し込みは完了です。 あとはマインクラフトでマルチサーバーの設定をすればOKです。 サーバー管理画面の「ネームタグ」をクリック サービスの申し込み画面の「追加」をクリックすると、サーバーの管理画面が表示されるので、その中にある「ネームタグ」をクリックします。 IPアドレスをメモする するとサーバーに関する情報が表示されるので、「ネットワーク情報」にある「IPアドレス」を確認します。 マインクラフトを起動後に入力することになるのでメモしておきましょう。 マインクラフトを起動する IPアドレスがわかったらマインクラフトを起動し、「マルチプレイ」をクリックします。 サーバーを追加する 画面右下にある「サーバーを追加する」をクリックします。 すると、「サーバー名」と「サーバーアドレス」の設定画面が出てくるので、こちらを入力します。 サーバー名には任意の名前を、サーバーアドレスには先程メモしたIPアドレスを入力します。 入力できたら「完了」をクリックします。 するとマルチプレイで遊ぶという項目の下にサーバーが追加されました。 画面右上にある「0/20」と書かれたアンテナの部分が緑色になっていればサーバー接続ができたことになります。 あとはこの追加したサーバーに接続するだけです。 誰かと一緒にやりたいときは、IPアドレスを伝えてあれば接続できるようになります。 まとめ 今回はレンタルサーバーConoHa VPSを使ってマインクラフトのマルチサーバーを立てる方法をご紹介しました。 PCにソフトを入れてやる方法は設定が難しかったのですが、ConoHa VPSはお金はかかるものの、複雑な設定が必要なく手軽にできるので良かったです。 マインクラフトでマルチサーバーを立ててみようかなと思っている方の参考になれば幸いです。

次の

【マイクラ】統合版でのマルチサーバーの立て方【公式】

マイクラ pe マルチ サーバー

端末を持ち寄って遊ぶパターン まずは、端末を持ち寄って遊ぶ場合です。 こちらの方法は Xbox Liveのアカウントを作る必要がないので、アプリをインストールしてすぐマルチプレイが楽しめます。 マルチプレイをする条件は以下の3点です。 一緒にプレイする人が同じ場所にいる• 接続可能なWifiがある• ホストのIPアドレスがわかる 一緒にプレイする人が同じ場所にいる 一緒にプレイする人は、同じWifiにつなげる距離にいる必要があります。 接続可能なWifiがある ホストがWifiでつないだサーバーに、友達を招待するといった形でプレイをしますので、パスワードなどがある場合は知っておかないといけません。 また、同じ場所にいるという条件をクリアしていてもWifiがない場合はマルチプレイはできません。 例えば、 屋外でマルチプレイをする場合はPocket Wifiが必要になります。 ホストのIPアドレスがわかる ホストが接続しているWifiのIPアドレスを使用して同じサーバーに接続するので、IPアドレスを聞く必要があります。 また、 ホストをPCにするかスマホにするかによっても、設定するIPアドレスが変わってきます。 IPアドレスは住所のようなものです。 絶対にインターネットに公開したりしないようにしましょう。 PCがホストをする場合 タスクバー右端の ネットワークの設定アイコンをクリックします。 接続しているWifiが表示されますので左クリックします。 プロパティーをクリックします。 Wifiの情報が表示されますので、IPv4アドレスを一緒にプレイする人に教えてください。 ここからはスマホの方の操作になります。 遊ぶをタップします。 サーバー名に適当な名前、サーバーアドレスに先ほどのIPv4アドレスを入力します。 ドットも必要です。 すると、追加したサーバーが一覧に表示されます。 スマホがホストをする場合 次に、iPhoneを例にスマホがホストをする場合を説明します。 設定から Wifiをタップします。 IPアドレスを確認して、一緒にプレイする人に教えます。 IPアドレスを教えてもらった人は、先ほどと同じようにゲーム内でサーバーを追加します。 遠く離れた人と遊ぶパターン それでは今度は、遠く離れた人と遊ぶ場合の設定方法を解説します。 こちらの方法は Xbox Liveのアカウントを作る必要があります。 マルチプレイをする条件は以下の1つだけです。 Xbox Liveのアカウントにサインインしている Xbox Liveのアカウントさえ作ってしまえば、IPアドレスを教える必要もないのでかなり安全です。 注意としては、アカウント無しなら無制限に出来た名前の変更が、Xbox Liveでは無料で1回しか出来なくなります。 それではマルチプレイの設定方法です。 まず、タイトル画面の左下にある サインインをタップします。 作成という文字をタップします。 この時点で、すでにアカウントを持っている場合は、そのままサインインしてください。 サインインすると、人とふきだしのアイコンに変わります。 ゲーマータグはデフォルトで適当な名前が割り振られます。 名前を変更したい場合はXboxアプリをインストールする必要があります。 PCからはWindowsアプリストアのXboxアプリから変更できます。 フレンドを追加します。 お友達のゲーマータグを入力して検索してください。 申請を送ると相手側に通知がいきます。 通知を受け取った側の人はXboxアプリで フレンドを追加します。 これで相互フォロー状態となり、お互いをゲームへ招待できるようになります。 次に、ホストをする側のサーバーをマルチプレイ対応にするための設定をします。 ワールドの右端の 鉛筆マークをタップします。 マルチプレイ設定のXbox Liveで配信をONにします。 ここまできたら準備完了です。 ホスト側が先にサーバーに接続すると、フレンドの人の端末に、Xboxのアイコンと共に参加できるフレンドのワールドが表示されます。 タップで無事接続できました。 ちなみに、マルチプレイの同時参加人数はホストも含めて5人までとなります。 5人以上でプレイするには別でサーバーを準備する必要があります。

次の