江東区マンション神隠し事件。 星島貴徳が自殺で死亡?生い立ちから現在【江東マンション神隠し殺人事件】

江東区潮見 あのマンション

江東区マンション神隠し事件

東京には沢山の鉄道路線があり、実際に住んでいる者ですらその全てを把握しきれることは困難なほどだ。 そんな中、JRの路線でも「」という路線が存在することを、年配者の一部は知らないかも知れない。 JRの路線では最も新しく、1990年に全線開通している。 東京駅の本体から離れた有楽町寄りの地下ホームから、東京ディズニーランドの最寄り駅である舞浜を通り、海浜幕張、蘇我までを走る。 市川塩浜より先は武蔵野線が分岐する、という路線。 首都圏の鉄道路線では最も海沿いを走る路線であり、強風のために最も運行トラブルが激しいことでも有名である。 なにも東京ディズニーランドの客だけがこの路線を使っている訳ではない。 車窓からは倉庫街と工場と海しか見えない激しく地味な路線であるが、そこでも新興住宅地が芽を生やし東京一極集中の病的な側面を示している。 東京駅から京葉線の各駅停車に乗って3つ目。 潮見駅で下車した。 あの東京駅から、たったの3駅目とは思えない、閑散としたホーム。 周辺には倉庫街しかないというのに、いびつな形で立派なマンションが建ち並ぶ。 東京駅までたったの3駅というロケーションに騙されそうになるが、さすが京葉線、各停しか止まらない潮見駅の運行ダイヤは昼間15分1本という貧弱なものである。 京葉線はベッドタウン千葉県民のためのものであり、都民は随分冷遇されているのが特徴。 この先にはという、これまたディズニーブランドで成長したようなファミリー向けベッドタウンなどもあり、全く違った景色が待っている。 小さな駅の改札を降りると、小さな駅前ロータリーがあり、何本かバスの路線も走っている。 申し訳程度にスーパーマルエツやマクドナルド、コンビニ、それになか卯といった店舗が一式あるのみで、人通りはまばらだ。 駅前の平屋建ては製本・印刷業者が入居している企業団地。 そこを越えた先に若干ながら住宅地が広がっている。 潮見駅から少し離れた場所にある住宅地は、古臭く寂しいながらも若干飲食店がある。 京葉線が出来る以前からここにあったものだろう。 潮見地区の案内図を見ても分かるが完全に周囲を運河で囲まれている地区だ。 北西側はオールドコリアタウンの枝川地区、その向こうに地下鉄東西線東陽町駅方面に続く。 南側には辰巳の都営住宅密集地帯、東側はひたすら何も無い倉庫街。 そして駅の周辺でやたら目立つのが新築マンションの数々だ。 ここ十数年程でただの倉庫街でしかなかった潮見駅に多数のマンションが建設され、一日の乗降客数も増えており、開業当初の1990年の3,341人から、2007年には10,645人と、3倍の増加を見せている。 で、そんな新築マンションの敷地にある公園ではお子様連れのファミリーが思い思いの休日を過ごしているのである。 もっとも、見た目は辺鄙でどうしようもない潮見駅なのに、都内にあることと、東京駅至近にあることから、家賃相場はやたら高いゆえ、貧民が移住してこれる状況にないという特徴もある。 駅北側の運河沿いには高速旅客船などを製造している老舗の「」の建物がある。 また、駅の裏側にはヤマダ電機のでかい店舗も出来ており、これからまだまだ発展が見込めそうなエリアではある。 潮見駅の南側に出ると、そこにも9階建ての新築マンションが姿を現す。 間取りは単身用の1Kが多く、家賃は7万円台後半から9万円台。 150世帯が入居できる。 ペット飼育可能。 2008年2月に入居が始まったばかりの新築マンションがたったの2ヶ月で日本中を震撼させる惨劇の舞台になろうとは。 隣人の女性を自分の部屋に監禁した上殺害、その後、言葉では説明するのも躊躇うような凄惨な方法で遺体を処理した、あの「」の現場だ。 現在もこのマンションには人が生活を続けている。 どんな気持ちで居るのか想像もできないほどだが。 ちなみに京葉線の高架橋に向かい合っているので、車窓からもしっかりと建物が見える。 このマンションの周囲は人通りもなく、もし誰かに襲われて助けを呼ぼうとしてもちょっと無理がありそうな状況だ。 なんでこんな土地に人が生活する場所を作ったのだろうか。 マンションの入口にはセコムのステッカーが貼られていた。 こんな辺鄙な場所だったら警備会社の存在も意味がないように見える。 手の届く所に人が居ないような地域に、本来なら住宅を作るべきではないというのが、私の個人的な意見だ。 四方を運河と工場に囲まれた孤島のような潮見という街のマンションの一室で、誰にも気づかれず命を落とした一人の人間がいることの意味を考えろ。 潮見駅前の空しく見える看板。 「この町は犯罪を許さない 皆で監視の目を光らせよう」 エリアから記事を探す• 811• 217• 157• 101•

次の

【江東マンション神隠し殺人事件の全貌】犯人の生い立ちと現在は?

江東区マンション神隠し事件

<東条さん宅での出来事> 2008.4.18日午前8時21分58秒過ぎ、被害者が帰宅する。 被告は、被害者が内側からカギをかける直前に襲っている。 ブーツを脱いでいたところへ玄関から押し入った。 被害者は驚いてキャー、イヤーと叫んで大声を上げた。 被告が被害者の顔を見たのはこのときが最初であった。 振り向いた被害者とともみ合いになった。 被害者は被告を外に押し出そうとした。 被告は、予想以上に抵抗されておとなしくさせようと殴りつけた。 右手で拳を握ってこめかみを狙って顔面を殴った。 実際には左前の上あたりを全力で殴った。 手加減しなかった。 被害者は抵抗を止め、うずくまるような姿勢になった。 その後、部屋に押し入り、台所前の廊下に押し倒した。 被害者はうずくまるように体を丸めていた。 背中の上に馬のりに乗りひざを伸ばさせるように足首を引っ張った。 それからブーツを脱がせた。 被害者の息が上がっていた。 次に、右手でコートの襟首をつかみ、左手で頭をつかんで洋室へ連れ込んだ。 脅すために被害者の部屋にあった包丁を掴んだ。 最初は左手で取り、右手に持ち替えた。 被害者はつまずいたようにマットの方に倒れ込んだ。 この時は、洋室の照明はつけていなかった。 部屋のカーテンは閉まっていたが閉め直した。 タオルを見つけた。 縛るには使いづらいと思い、包丁で縦に切り裂いた。 残りは手で引き裂いた。 タオル片で両手首を縛った。 被告は、「東城さんのコートを半分ずらし、両腕を後ろ手に縛って自由がきかないようにした」と陳述している。 被害者は、屈伸運動をするかのように前にかがみ込んで、後ろ手に両手を縛られた。 無抵抗でなすがままだった。 目隠しするものを探すと、横に黒いラインが入ったピンクのジャージーズボンが足下にあった。 ズボンを1本のタオルのように考えて顔を覆った。 被害者の顔がジャージーでグルグル巻きにされた。 <容疑者宅に東条さんを連れ込む> よいよ被害者を918号室の自室に連れ込むことになる。 玄関を出る前に、被害者の首かほっぺたのあたりに包丁をあてて、「これから外に出すからおとなしくしろ」と言い渡した。 外に誰かいるか確認したところいなかった。 出掛けに、つまずいたのかどうか分からないけれども、前のめりに倒れて床に頭を打ち付けた。 引っ張り上げて起こした。 この時、被告は玄関に黒いバッグを見つけ、相手の素性を知るために拾う。 この時、玄関の壁に指紋が残されており、事件の犯人が被告だと裏付ける決定打となる。 被告は包丁とバッグを手にして、被害者を後ろから押すようにして歩かせた。 被害者は抵抗しなかった。 被害者は両腕を後ろ手に縛られ、目隠しをされ、頭が床に付くほど前屈姿勢のまま、被告の部屋に連れ込まれた。 被告の室内は、ベランダ側に寝台部が高くなったベッド、右側に机がある。 ベッドの脇の壁には大きなアニメのポスターが飾られていた。 机の上にはパソコンがあった。 ベッドの下には段ボールとかが入れられる空間になっていた。 被告は、連れ込んだ被害者を正座させるような格好で座らせた。 抵抗しなかった。 包丁を机の上に置いた。 被害者を寝かせるのにベッドの上に持ち上げるのは難しいと考えて、部屋の左側の南東隅にエアマットを敷いた。 被害者の手首のところを右手でつかみ立たせ、マットまで歩かせた。 ベランダ側に頭を、足を玄関側に向けて仰向けに寝かせた。 この間、声を立てなかった。 次に、部屋のクローゼットから白いフェイスタオルを持ち出し口に詰めた。 左手で被害者の頬をつかみ、右手の人差し指と中指でタオルをつまみタオルの)3分の1か半分くらい詰め込んだ。 ベッドの下の段ボールの中に無造作に入っていたビニールひもで手首と足首と両腕を縛った。 手首は4重ほど巻き付け、きつく縛った。 コートの上から巻き付け、腕と胸と背中を縛った。 足首は両足が揃うようにして、仰向けのまま4重くらいに縛った。 縛ってマットに仰向けに寝かせた後、携帯電話を探した。 バッグを物色したところ中にあった。 白のぬいぐるみのようなものがアクセサリーに付いていた。 電源を切ろうとしたが、ボタンがわからず電池をはずした。 マイナスドライバーを探して、携帯の裏蓋をこじ開けた。 その後バックに戻した。 被害者苦しそうだったので、目隠しが鼻にまでかかっていたのを少し緩めた。 その時、気付くと、おでこの左側に大きな傷があった。 5センチくらいでたんこぶのようにふくれていた。 ジャージーに血が付いていた。 被害者は汗をかいていた。 傷口は冷やさないといけないと思い、クローゼットからハンカチを探して水に濡らし、おでこにあてて冷やした。 「とりあえず、出血をなんとかしないといけない』と思った」と陳述している。 廊下にも血がついているのではと思った。 誰かが通ったら不審に思われ通報されると思い、クローゼットからタオルを2枚持って廊下に出た。 916号室の扉の前に、数センチの血痕があった。 部屋の中にもあるかと思い916号室に入った。 部屋の奥まで進み、自分の足跡と血痕を見つけた。 部屋の廊下のフローリングを後ずさりするように綺麗に拭いた。 被告が被害者を襲った時は靴下だった。 靴下が雨水を吸ったので足跡が付いていた。 これを消した。 紋を消すためキッチンの扉も拭いた。 玄関の三和土(たたき)とフローリングに、お菓子と中のクリーム、(雑誌の)ホットペッパーが転がっていた。 お菓子はつぶれた状態で、玄関を汚していた。 あやしまれる思い、お菓子などを持ち去った。 マンションの廊下に落ちていた血の跡も拭いた。 ブーツもきれいに脱いだように位置をそろえた。 玄関ドアもきれいにふいた。 最後に玄関のドアノブを拭いた。 午後8時42分 東城さんの姉が帰宅する。 マンションのエレベーター内の防犯カメラにも帰宅時の映像が映っている。 午後8時46分 姉が東城さんに電話をかけるが繋がらない。 室内を捜しても居ない。 姉は、「何処にいる? 家鍵かけてないよ」のメールを送信した。 午後9時7分 白いコートを着た姉がマンションの1階で東城さんを探している姿が映し出されている。 車の中を覗いたが居なかった。 午後9時13分 姉がマンションのゴミ捨て場で被害者を探す姿が防犯ビデオに映っている。 午後9時15分 自宅に戻ろうとする姉がエレベーターから降りる姿が映っている。 姉が部屋に戻って電灯をつけて確認すると、壁や雑誌に血がついていた。 タオルも半分に切れていた。 午後9時16分 姉が110番通報する。 警察は、チャイムが鳴っても警察と分かるまでドアを開けないように伝えた。 午後9時27分 通報から10分後、警視庁深川署の捜査員がマンションに到着。 姉は、包丁やピンクのジャージーがなくなったことや、玄関付近にピアスの留め具が落ちていたことを証言。 警察が実況見分を開始し、捜査が始まった。

次の

星島貴徳の現在!江東マンション神隠し殺人事件の犯人は自殺の噂?

江東区マンション神隠し事件

心霊否定派に真面目な質問です。 江東区マンション神隠し殺人事件の容疑者インタビューの映像の中で被害者宅のベランダの網戸が誰もいないのに動く(ように見える)ことについて、 科学的になぜ動いているように見えるのかを教えてください。 科学的にはどのような考察ができそうですか? 被害者の方のご冥福を心よりお祈りいたします。 補足否定派は霊魂そのものを否定するからご冥福を祈ることもできませんね。 霊魂の存在自体を否定しちゃダメですよ。 それこそが亡くなられた方々を冒涜してますよ? 心霊否定派は人としてダメですね。 それに知能の低い否定派は科学的考察もできないようですね。 かわいそうに。 被害者の無念が網戸を動かしたのです。 否定派はいいかげん霊魂の実在を受け入れなさい。 重ねて被害者の方のご冥福を心よりお祈りいたします。 どうしてこれが科学が必要なんだ?相変わらずトンチンカンだねぇ、、、 あんたの言う話は 誰もいない が前提。 それすら間違ってるんじゃね。 網戸じゃなく、元々窓は開けていた。 そもそも網戸のレールは風ではまず動かない。 特にマンション上階では事故や怪我になるからね。 カーテン見れば明らかにカーテンの向こう側から、閉めてる感じ。 全てが常識内。 そして現場検証や実況検分中、もしくは遺族が遺品整理や、事情聴取に来ていた。 事件後は、家族や遺族も立会いするからね。 そこへ、ヘリのような音、隙間から見るとテレビ局のヘリコプター。 慌てて警察か、家族がカーテン越しに窓を閉めた。 ごくごく普通の事。 それだけでしょ。 ヘリの風がマンションに当たるような低飛行する訳がない。 >被害者の方のご冥福を心よりお祈りいたします。 本当にそう思うならこんな質問しねーよ。 マジで気の毒な事故や事件をオカルトネタにするの辞めようよ。 死者への冒涜、死者を弄んではいけない。 それにあんたが肯定派代表みたいな質問すると、肯定派はメッチャ恥ずかしいと思うよ。 この動画の画質で見る限りは、〝そう見える〟のではなく、動いていると思う。 たしかに不審であるが、思い当たる仮説は3つ。 捜査員がベランダにしゃがんで作業していて動かした。 風で網戸がスライドした。 見えない者が動かした。 まず、動画には鑑識などの作業は見当たらない。 話を聞いた時に想定していたのは中にいる場合だったけど、これはどちらも戸が閉まっているし、ベランダにいる様子もない。 次に風、網戸は滑車が付いているので、網戸と平行に近い角度で強い風が吹きつけると簡単にスライドする。 ただ、スライド量が大きく、他の部屋は動いていないようだし、前触れもないのは不自然にみえる。 ただ、問題の部屋を中心にして取材ヘリが旋回しているため、視点の移動に伴い網戸が動いているので、ヘリのダウンバーストが風に影響した可能性は否定できない。 角度がおかしいと思うかもしれないが、横がちょうど仕切りになっているので巻き風になって強くなり、傾いだ位置になった時にスライドしたと。 実際にヘリの高度が高いのか、低いのかの問題もあるが、カメラアングルからすると離れた低空にみえる。 見るところ、他の部屋は網戸が左にあるともとれる。 これらも推測の域を出ず、実際に確信はできない。 他の仮説もあるかもしれないが、映像を見て、この3つしか浮かばなかった。

次の